該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Cloud@Customer

Oracle Cloud@Customerがパブリック・クラウド・インフラストラクチャ、フルマネージドクラウド・サービス、およびOracle Fusion SaaSアプリケーションのオラクルの完全なポートフォリオをデータセンターに組み込みます。Oracle Cloud Infrastructureにあるのと同じハイパフォーマンス機能、自律運用、低コストのサブスクリプション価格設定を使用して、アプリケーションをより速く実行し、コストを抑えられるようにします。データの完全な制御を維持しながら、これらすべてを取得し、データの主権、セキュリティ、接続性の問題に対処できます。

Oracle Cloud@Customer
Larry Ellison氏がデータ・センター向けの新しいオラクル自律型サービスを紹介します

Oracle Dedicated Region Cloud@CustomerおよびOracle Exadata Cloud@Customerを使用してデータの主権を維持しながら、レガシーアプリケーションを最新化、運用コストを削減し、SaaSアプリケーションを実行する方法をご覧ください。

Gartner社:オラクルは、お客様に最初の完全なオンプレミスのパブリック・クラウド・エクスペリエンスを提供します

Gartner社の著名なVPであり、アナリストのLydia Leong氏のブログを読み、なぜOracle Dedicated Region Cloud@Customerが初めての顧客のデータセンターで完全なパブリック・クラウド・エクスペリエンスを提供することになったのかをご確認ください。

Cloud@Customerの違い

パブリック・クラウド・エクスペリエンスをデータセンターに導入

オラクルは、すべてのOracle Cloud Infrastructureのパブリック・クラウド・サービスとOracle Fusion SaaSアプリケーションをデータセンターで実行できる唯一のクラウドプロバイダーです。Oracle Cloud@Customerを使用すると、高性能クラウド・インフラストラクチャにアプリケーションとデータベースをデータセンターに統合できます。また、クラウド・ネイティブ・アプリケーションを作成し、既存のアプリケーションを機械学習と最新のクラウドサービスでアップグレードするための必要なツールを提供します。

  • Oracle Cloud@Customerの機能をスケーリングして、Exadataのみと専用リージョンの導入を選択して、ビジネスニーズに合わせます。
  • Oracle Cloud Infrastructureにあるのと同じ強力なアーキテクチャとサービスを使用して、オンプレミスのワークロードをクラウドへ移行するのを促進します。
  • ERP、HCM、SCM、CXなどの最新のOracle Fusion SaaS製品を、データセンターで低レイテンシーやデータ主権の懸念なしに実行するというニーズに応えます。
  • Cloud@CustomerとOracle Cloud Infrastructure全体で同じユーザーインターフェース、SLA、API、ツールを使用して、すべてのワークロードのセキュリティ、管理、ガバナンスのシンプルで一貫したエクスペリエンスを実現します。
  • Oracle Cloud Infrastructureと同じ高性能のExadata機能を使用して、既存のOracle Databaseインスタンスと自律型データベースをデータセンターで最適に実行します。
Constellation Researchの分析を読む(PDF)
新技術のパブリック・クラウド

データ主権、セキュリティ、ガバナンス

Oracle Cloud@Customerを使用すると、最新のOracle Cloud InfrastructureサービスとOracle Fusion SaaSアプリケーションをデータセンターで使用しながら、厳しい規制、データ主権、およびアプリケーション・レイテンシー要件を満たすことができます。Oracle Cloud Infrastructureと同じ可用性とパフォーマンスのSLAで、すべてのワークロードに適用できるシンプルで標準化された運用ポリシーを使用して、データと運用の制御とガバナンスを強化します。

  • データセンターの専用Cloud@Customerリソースで、すべてのデータとその物理的セキュリティを完全に制御することにより、データ主権とセキュリティ要件を満たします。
  • 常時有効な暗号化と広範なOracle Cloud Infrastructure認定により、データのプライバシー、規制、ガバナンスの懸念に対処します。
  • 継続的な機械学習ベースのセキュリティの監視、分離、修復で、サイバー攻撃や盗難によりデータを失うリスクを最小限に抑えます。
  • Cloud@Customerリソースと自律型データベースの迅速で無停止のパッチとアップグレードにより、オンプレミスITリソースのセキュリティを強化します。
Oracle Cloudのセキュリティの詳細
データセキュリティ制御

自律型運用

Oracle Cloud@Customerは、多くの手動管理タスクを取り除くことにより、オンプレミス・データベースとオペレーティング・システムの管理の複雑さを軽減する自律機能を提供します。また、システムへのパッチ適用やアップグレード、データの保護など、多くのオンプレミスの管理タスクを自動化することで、Oracle Cloud@Customerは運用コストを削減し、人為的ミスを招く可能性のある多くの手動タスクを取り除きます。

  • データベースとインフラストラクチャの運用を自動化することで、管理作業とコストを最大80%削減します。
  • ダウンタイムなしで最新のオペレーティングシステム・カーネルとデータベースパッチおよびアップデートを自動適用することで、サイバー攻撃に対する脆弱性を軽減します。
  • 機械学習ベースのセキュリティ強化により、侵入と脅威をリアルタイムで検出し、それらの分離と修復を加速する能力を向上させます。
  • 自動化されたデータ保護とシングルクリックのディザスタリカバリにより、あらゆるタイプの停電と障害からすべてのデータ保護を簡素化します。
Autonomous Databaseのビデオを見る(1:00)
自律機能

パフォーマンスと最新化

Oracle Cloud@Customerを使用すると、データセンターのスケーラブルで高性能なクラウド・インフラストラクチャで既存のアプリケーションとデータベースを最新化して実行し、そこで新しいものを迅速に開発、スケーリング、展開できます。お使いのすべてのアプリケーションが、Exadata Cloud@Customer上のAutonomous Databaseのスピード、スケール、シンプルさと強力なOracle Cloud Infrastructureサービスおよびツールを組み合わせることで、高速かつ安全に実行されます。

  • ベアメタルコンピュート、VM、GPU、自律型データベース、Exadata Cloud@Customerを使用して、アプリケーションをより高速かつ大規模に実行します。
  • 最適化された専用地域のCloud@Customerリソースを使用して、最も要求の厳しいハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)ワークロードを加速します。
  • Oracle Databaseと共同で開発された60を超える固有のOracle Exadata機能を使用して、より高いOracle Databaseのパフォーマンスを実現します。
  • AWS OutpostのAmazon Relational Database Service(RDS)よりも7倍大きいデータベースと高いパフォーマンスで、データベース統合の効率化を実現します。
  • Container Engine for Kubernetes、Docker、サーバレス機能などのクラウド・ネイティブ・サービスを使用して、データセンターで実行されているアプリケーションを最新化します。
IDCのExadata Cloud @ Customerビジネスブリーフ(PDF)を読む
高性能クラウド

コストの削減と価値の向上

Oracle Cloud@Customerは、アプリケーションのニーズに合わせてリソースの消費を拡大および縮小し、多くの手動インフラストラクチャ管理およびデータベース管理タスクを取り除くことにより、データセンターの運用コストを削減します。アプリケーションが少ないリソースでより高速に実行されるため、ITが組織に提供する価値も高まり、直接のコストが削減され、待ち時間が減るため、生産性が向上します。

  • AWS Outpost上のの同様のインスタンスを使用する場合よりも、汎用およびメモリ最適化ワークロードで最大2倍の安価/パフォーマンスを実現します。
  • AWS Outpostと比較してHPCワークロードの実行コストを最大30%削減し、彼らが提供していないローカルSSD、2倍のメモリ、RDMAネットワーキング、パフォーマンスSLAを利用します。
  • 半分のコストでAWSの最大20倍のブロック・ストレージIOPSパフォーマンスで、IO集中型のアプリケーションをより高速に実行します。
  • Oracle Databaseの実行コストを最大90%削減し、Autonomous Databaseリソースを自動的にスケールアップおよびスケールダウンして、リアルタイムのワークロードの需要と秒単位の課金に対応します。
  • Autonomous Database on Cloud@Customerを使用して、データベース管理コストを最大80%削減し、イノベーションにリソースを再投入できます。
eBookを読む(PDF)
クラウドでのパフォーマンスの向上

Cloud@Customer製品群

データセンターでの完全なパブリック・クラウド・エクスペリエンス

Oracle Dedicated Region Cloud@Customerは、Oracleの第2世代のパブリック・クラウド・サービスとOracle Fusion SaaSアプリケーションをすべてデータセンターに持ち込み、データ主権の懸念なくそれらを実行する、完全なマネージド・クラウド・リージョンです。人為的エラーを無くし、データのセキュリティを最大化する自律的な運用を可能にします。最高のパフォーマンスで真に伸縮性のあるServerlessサービスを提供します。既存のデータセンターのリソースに接続する際に、厳しい遅延要件を満たしながら、低消費ベースのクラウド・サブスクリプション価格でコストを削減します。

特長

–オラクルのパブリック・クラウドで使用できるまったく同じSLA、API、およびツールは、一貫したエクスペリエンスを提供

–データセンターでのERP、HCM、SCM、CXなどのOracle Fusion SaaSアプリケーションをサポート

–コントロールプレーンを含むすべてがデータセンターに配置され、データの主権とガバナンスを厳密に制御

–オンプレミスのアプリケーションおよびデータベースとの低レイテンシー相互作用

 

–すべてのインフラストラクチャおよびプラットフォームのクラウドサービスの柔軟な構成と低消費ベースの価格設定により、コストを削減

–Container Engine for Kubernetes、Docker、Bare Metalサーバーなどのクラウド・ネイティブ・サービスにより、最新のアプリケーションを簡単に作成

–データセンターでの広範なアプリケーション、業界、規制認証

–Oracle Cloud Infrastructureで利用可能になると、データセンターの新機能やセキュリティのアップデートがすぐに利用可能になります。

データセンターの自律型データベース

Exadata Cloud@Customer上のOracle Autonomous Databaseは、Exadataをデータセンターに配置することによるすべてのメリットと、自律型クラウド・サービスのシンプルさを兼ね備えています。Exadataの高いパフォーマンスを備えたオンプレミス・エンタープライズ・アプリケーションをサポートしながら、厳格なデータ主権とセキュリティ要件を満たし、多くの手動データベースおよびインフラストラクチャ管理タスクを取り除くことができます。リアルタイムのワークロード要件に基づく効率的なリソースの使用率と従量制のサブスクリプション料金設定および削減されたデータベース管理の組み合わせで、運用コストを最大80%削減します。

特長

–プロビジョニング、構成、チューニングの機械学習ベースの自動化により、管理コストを削減

–エラーの検出、修正、およびパッチの自動化により、計画的および計画外のダウンタイムを削減

–機械学習ベースの脅威の検出と修復により、データを保護

–ダウンタイムなしの自動スケーリングにより、真の従量制データベースクラウドを獲得

 

–ファイアウォールの後ろにあるデータセンターに導入

–オンプレミス・データベースの展開でTCOを最大80%削減

–データセンターで自律型データウェアハウスおよび自律型トランザクションの処理サービスをサポート

–データセンターの重要なアプリケーションのクエリパフォーマンスを最大15倍高速化

データセンターでのExadataクラウドの力

Oracle Exadata Cloud@Customerには、Oracle Exadataのパフォーマンスと、データセンターのマネージド・データベース・サービスのシンプルさ、柔軟性、および手頃な価格が組み合わされています。既存のExadataシステムおよびExadata Cloud Serviceとの完全な互換性を提供するため、既存のOracle Databaseをクラウドに移行する最も簡単な方法です。また、他のオンプレミス・データベース・クラウド・サービスよりも高いデータベース統合とスケーリングを実現しながら、既存のデータセンターのリソースへのデータ主権と低レイテンシー接続のニーズを満たすことができます。

特長

–1時間ごとの消費ベースの請求と、低コストのサブスクリプションベースのデータベース・クラウド・サービスでコストを削減

–データセンターのファイアウォールの後ろへ安全に導入

– Oracle Autonomous DatabaseまたはOracle Database Enterprise Editionを使用してデータセンターで利用可能

–ビジネスニーズに合わせてオラクルで完全に管理される4つの高性能シェイプを使った8Xスケーリング

 

–重要なアプリケーションとデータベースの統合用の、AWS OutpostのRDSより最大で7倍大きいデータベース

–AWS OutpostのRDSと比較して、共有ストレージへのSQL IOPSが最大で12倍になるため、分析アプリケーションは可能な限り高速に実行

– AWS OutpostsのRDSよりも共有ストレージへのSQLスループットが最大で10倍も大きいため、データウェアハウスが高速化

–AWS OutpostのRDSよりも共有ストレージへのSQL低レイテンシーが最大で98%低いため、OLTPアプリケーションの応答性が向上

より資源に富んだ人事

Oracle Human Resources(HR)クラウドは、グローバルな労働力を管理するという固有の要件を満たすように設計されたオールインワンのHRシステムです。Oracle HR Cloudを使用して、文化や国を超えて運用効率を高めます。

モジュール
  • コア人事
  • オンボーディング
  • 利点
  • 欠勤管理
  • 労働力のモデリングと予測
  • 労働力ディレクトリ
  • 人事ヘルプデスク
  • ワークライフソリューション
  • 高度なHCMコントロール

すべての顧客成功事例を表示

Oracle Cloud@Customerの成功

何百ものお客様が、Oracle Cloud Infrastructureの管理、サブスクリプションの価格設定、および多層防御のセキュリティの利点を活用して、Oracle Cloud@Customer上のデータセンターでアプリケーションとOracle Databaseを実行しています。

Ford Otosan社のロゴ
Vale社のロゴ
Kingold社のロゴ
Energy Transfer社のロゴ
Sejel Technology社のロゴ
n11.com社のロゴ
Dialog Semiconductor社のロゴ
AT&T社のロゴ
Kingold社のロゴ

Kingold社がAzureからExadata Cloud@Customerに移行してデータを保護し、コストを44%削減

Cloud@Customerのユースケース

  • データセンターでパブリック・クラウドを使用しながら、過酷なデータ・レジデンシー要件に対応

    Oracle Cloud@Customerを使用すると、データセンターのセキュリティにおいてデータの主権の完全制御を維持しながら、重要なアプリケーションとデータベースをクラウドで実行できます。

    Wikibonの分析を読む (PDF)

  • データセンターの専用クラウド・インフラストラクチャにアプリケーションを統合

    Oracle Cloud@Customerは、データセンターにある専用クラウドリージョンの高性能クラウド・インフラストラクチャでアプリケーションとデータベースを実行することにより、マルチテナントのセキュリティとリソースの競合に関する懸念を解消します。

    DSCの分析を読む(PDF)

  • シングルテナントの柔軟なクラウド・インフラストラクチャでITワークロードのポートフォリオを実行

    Oracle Cloud@Customerを使用すると、顧客はインフラストラクチャとデータを物理的に制御してシングルテナント・クラウド・インフラストラクチャ上でITポートフォリオ全体を実行し、最も要求の厳しいデータ主権要件を満たすことができます。既存のデータセンターのリソースへの低レイテンシー接続と、これまでと同じ高性能のOracle Exadata機能により、クラウドへの移行を簡素化します。

    ESGの分析を読む(PDF)

  • データセンターでOracle Fusion SaaSアプリケーションを実行

    Oracle Cloud@Customerを使用すると、ERP、HCM、SCM、CXアプリケーションなどのOracle Fusion SaaSアプリケーションをデータセンターのセキュリティで実行して、データの主権とセキュリティの懸念を解消し、データガバナンスを簡素化できます。

    Oracle SaaSアプリケーションの詳細

  • 人為的エラーを減らすためにデータベース操作を最新化

    Cloud@Customer上のOracle Autonomous Databaseは、手動タスクを除去する高度な機械学習ベースのデータベース・ライフサイクル自動化機能を提供します。これにより、ITチームは、最大90%まで時間を革新的なイニシアチブに費やし、データベースのパフォーマンスを他のクラウドサービスと比較して最大で4倍向上させ、データセンターの人為的エラーの多くの潜在的原因を取り除くことができます。

    Constellation Researchの分析を読む(PDF)

人の手によるクラウドへの移行
2020年7月8日

オラクル専用地域のCloud@CustomerおよびOracle Autonomous Database on Exadata Cloud@Customerを発表

Oracle Cloud Infrastructure Engineering、エグゼクティブ・バイスプレジデント、Clay Magouyrk氏

Oracle Dedicated Region Cloud@Customerを使用すると、顧客は、インフラストラクチャとデータを物理的に制御してシングルテナント・クラウド・インフラストラクチャ上でITポートフォリオ全体を実行し、最も要求の厳しいデータ主権要件を満たすことができます。オンプレミスまたはオラクル・パブリック・リージョンがない国やパブリック・クラウド・リージョンが選択できない国に残しておく必要があるデータを安全に保存して処理します。

全文を読む

こから始めよう


Oracle Cloud Free Tierを試す

オラクルのAlways Freeサービスをご体験ください。


お問い合わせ

Exadata Cloud@Customerがどのように役立つかをご覧ください。