Exadata Cloud@Customer

Oracle Exadata Cloud@Customerは、エンタープライズ・データ・センターにExadata Database ServiceとフルマネージドのAutonomous Databaseによるパフォーマンス、自動化、経済性をもたらします。これは、お客様が自社のデータセンターでクラウド・データベース・リソースの使用を開始する最も簡単な方法であり、厳しいデータ・レジデンシー要件を満たす上で役立ちます。Exadata Cloud@Customerには、Oracle Databaseワークロードをより少ない管理とコストで高速に実行できるようにする独自の最適化が組み込まれているため、組織はデータからより多くの価値を得ることができます。

Exadata Cloud@Customerの動画サムネイル

Exadata-イノベーションはつづく:究極のスケール、パフォーマンス、価値 (24:20)

オラクル、生成AIを強化し開発者の生産性を飛躍的に向上させる統合ベクトル・データベースを発表

Oracle Database 23cの新しいAIベクトル類似性検索では、セマンティックデータとビジネスデータの検索を組み合わせて、精度の高い回答を迅速かつセキュアに提供できます。

Oracle Data Platformによるエンドツーエンドのデータ管理の簡素化

Oracle Data Platformを使用すると、組織はデータ・インサイトの向上を図りながら、統合の複雑さとコストを削減できます。

データドリブンな銀行の再考

Omidaは、金融サービス機関にとって、Oracle Cloud@Customerのポートフォリオが、オンプレミスのデータベース・クラウドの導入に関するビジネスおよびテクノロジー面のあらゆる目標を達成するための主要な選択肢であるという事実を強調しています。

Oracle Database Worldのオンデマンド配信を開始しました

自律型データベースと非自律型データベースを同じOracle Exadata Cloud@Customerで実行することで運用効率を高め、開発者にフルマネージドでセルフサービス型のデータベース・クラウドを提供する方法をご覧ください。

Exadata Cloud@Customerの機能

Exadata Cloud@Customer X10M

分散クラウド・データベース・プラットフォーム

Exadata Cloud@Customer X10Mは、Exadata Database Serviceのクラウド自動化と消費ベースの価格、およびOracle Cloud Infrastructure(OCI)のフルマネージドのAutonomous Databaseを組織のデータセンターに提供します。オラクルが所有し、リモートで運用するこのソリューションにより、企業は重要なアプリケーションのためにクラウド・リソースを簡単に利用できるようになり、現在のオンプレミス・システムやデータ・ソースに接続し、データ・レジデンシー要件を満たすことができます。

ハイパフォーマンス・アーキテクチャ

Exadata Cloud@Customer X10Mは、第4世代のAMD EPYCプロセッサをデータベース・サーバーとインテリジェント・ストレージ・サーバーに統合する独自のスケールアウト・アーキテクチャに基づいており、旧世代のプラットフォームよりも多くの処理コアとより高いコアあたりのパフォーマンスを提供します。インテリジェント・ストレージ・サーバーはデータベース・サーバーからSQL処理をオフロードしてSQL I/ Oの高速化を実現し、Exadata RDMA MemoryはSQLの読み取りI/Oレイテンシを17マイクロ秒未満に短縮します。

優れたトランザクション・パフォーマンス

OLTP アプリケーションは、Exadata独自のRDMA対応スケールアウト・アーキテクチャにより高速に実行されます。ストレージ・サーバーは、最も頻繁に使用されるデータを極めて低レイテンシのExadata RDMA Memory Data Acceleratorと大容量の超高速NVMeフラッシュ・キャッシュに自動的にキャッシュし、システム全体のパフォーマンスを向上させます。Exadata Cloud@Customer X10Mは、380の利用可能なプロセッサ・コア、毎秒560万SQLの低レイテンシな読み取りI/O操作および毎秒2TB近いメモリ帯域幅を備えた1/4ラック構成から開始され、事実上あらゆる組織のトランザクション処理ニーズに対応した拡張が可能です。

分析と機械学習の高速化

I/Oオペレーションを排除し、分析SQLクエリとMLアルゴリズムをストレージ・サーバーにオフロードすることで、分析とデータベース内の機械学習(ML)ワークロードをより迅速に実行します。極めて高い分析スループット、あらゆるストレージ・サーバーにわたる並列処理、独自の圧縮アルゴリズムにより、あらゆる規模のデータ・ウェアハウジング・ワークロードを高速化します。Exadata Cloud@Customer X10Mは、135 GB/秒のスキャン・スループット、190TBの非圧縮データベース容量、および1/4ラックでOracle Hybrid Columnar Compressionを使用して最大1.9 PBのデータウェアハウスを保持する機能から始まります。そのスケールアウト・アーキテクチャにより、最大2,880 GBsのスキャン・スループット、4PBの非圧縮データベース、40PBのHybrid Columnar Compressionによる圧縮データウェアハウスの容量を、データ集約型のワークロードに使用することができます。

データベース・コンピュートとストレージを個別にスケーリング

データベース・サーバーは、190の利用可能なプロセッサ・コアと最大2,800 GBのメモリを提供します。ストレージ・サーバーは、64プロセッサ・コアと80TBの使用可能なストレージを提供します。データベースとストレージのリソースは、個々のサーバーを追加することで独立して拡張することができ、当初のラックでは合計16台まで、複数のラックでは最大32台のデータベース・サーバーと64台のストレージ・サーバーまで拡張可能です。ソフトウェア・スタック全体の最適化により、コア数が多く大容量のメモリを搭載したExadata X10Mサーバー上での実行時には、データベースのパフォーマンスがリニアにスケールすることが保証されます。

データベースの優れた統合性

前世代のプラットフォームよりもさらに多くのデータベースを単一のExadata Cloud@Customer X10Mに統合できるため、管理効率が向上し、コストを削減できます。組織は、自動化されたExadata Database ServiceとフルマネージドのAutonomous Databaseを同じExadata Cloud@Customerインフラストラクチャ上で同時に実行できるため、あらゆる種類のワークロードを効率的に統合できます。

詳細を見る


Exadataのパフォーマンス、スケール、および可用性

優れたトランザクション・パフォーマンス

ビジネスクリティカルなOLTP アプリケーションは、Exadata独自のスケールアウト・アーキテクチャにより高速に実行されます。初期システム構成では、データベース・サーバに190のプロセッサ・コアと2TB/秒のメモリ帯域幅、17マイクロ秒のSQL読み取りIOレイテンシ、16倍のコンピュート・スケーラビリティを提供し、あらゆる組織のニーズに対応します。

分析と機械学習の高速化

インテリジェント・ストレージ・サーバーで低レベルのSQLクエリ、分析、機械学習(ML)アルゴリズムを処理することにより、企業は分析およびデータベース内機械学習アプリケーションをより高速に実行できます。初期システム構成では、ストレージ・サーバーのSQL処理用に192個の処理コア、毎秒135 GBのスキャン分析スループット、192TBの非圧縮データベースまたは1.9PBの圧縮データウェアハウス用のストレージを提供します。

データベースの優れた統合性

あらゆる種類のAutonomous DatabaseおよびExadata Databaseのワークロードを1セットのExadata Cloud@Customerインフラに統合することで、運用の分離を維持しながらインフラと管理コストを削減することができます。

Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)

Autonomous Database ServiceとExadata Database Serviceは、Oracle RACを使用して、ミッションクリティカルなデータベース・ワークロードのオンラインでのパフォーマンス・スケーリングと高可用性を実現します。単一のシステム上に複数のクラスタを構成し、それらを個別に管理することで、多様なワークロードや組織のニーズをサポートします。

Oracle Maximum Availability Architecture (Oracle MAA)

Oracle MAAのベストプラクティスはミッションクリティカルなOracleデータベースを障害やデータ損失から保護するものです。Exadata Cloud@Customer上のOCIコンソールから簡単にアクセスでき、Autonomous Database Serviceに組み込まれています。

詳細を見る


Oracle Autonomous Database

チューニングと拡張の自動化

Oracle Databaseのワークロードは、自動的に分析、チューニング、拡張されます。業務を中断させることなく、OLTP、分析、アプリケーション開発のワークロードのパフォーマンスを最適化します。

従量制料金の経済的メリット

Autonomous Databaseは、予想される消費量ではなく、実際の消費量に対してのみ課金することで、お客様のコスト削減を支援します。ワークロードの即時のニーズに合わせたオンライン・コンピュート・スケーリングにより、需要の急増時にはパフォーマンスを向上させ、需要が少ない時にはコストを削減します。

自動プロビジョニング

必要なときにいつでもデータベースを迅速にプロビジョニングできるセルフサービス型のデータベース・クラウドにより、開発者の生産性が向上します。

障害管理とパッチ適用の自動化

最新のソフトウェア更新とセキュリティ・パッチの自動適用により、障害、メンテナンス、ユーザーエラー、サイバー攻撃によるダウンタイムからお客様の重要なデータベースを保護します。

スタッフの生産性の向上

パフォーマンス監視やデータ保護を含むすべてを自動化することで、Autonomous Databaseは、少ないITリソースをマニュアル作業ではなく、イノベーションとビジネス要件に集中させることができます。

カスタマイズ可能な環境

組織は、同じサービス内で異なるVMクラスタを使用することで、さまざまなワークロードのサポートを強化し、異なるワークロードやデータベース・ライフサイクルのさまざまな段階に対応することができます。開発用、ステージング用、本番用のVMクラスタは、それぞれ異なる構成、アクセスルール、クォータ、ライセンス(Oracle Bring Your Own Licenseまたはライセンスを含む)を持つことができるため、パフォーマンスとコストを最適化することができます。

詳細を見る


Oracle Database Cloud

集約されたデータベース

組織はAutonomous DatabaseとExadata Database Serviceを、事実上あらゆる種類のデータ、ワークロード、開発スタイルに使用できます。単一のデータベースで標準化することで、データのサイロ化や、複数の単一目的のデータベースによって引き起こされる管理とセキュリティの断片化を排除することができます。

最新のアプリケーション開発

開発者は、あらゆる種類のデータ、ワークロード、および開発モデルを使用して最新のアプリケーションを作成できます。アプリケーションは、ハイパフォーマンス、一貫性のあるセキュリティモデル、およびミッションクリティカルな機能の恩恵を自動的に享受するため、開発者は統合作業にではなく、イノベーションにより集中できます。また、Oracle APEXローコード開発環境などの組み込みツールにより、開発者の生産性がさらに向上し、開発ライフサイクルが短縮されます。

データベース管理の統合

ITチームは、Oracle Multitenant機能を使用して数百ものデータベースを同時に管理し、数千ものOLTP、分析、および混合データベースのワークロードを単一のExadata Cloud@Customerに統合できるため、業務効率が向上します。

複数のデータベースのバージョン

同一のExadata Cloud@Customer上で複数のOracle Databaseバージョンを使用できるため、クラウドへの移行が簡素化されます。

データベース内の機械学習

スタンドアロンのMLサービスで必要なデータの抽出、再フォーマット、移動が不要になるため、Oracle DatabaseアプリケーションにML機能を簡単に追加できます。また、高スループットのインテリジェント・ストレージ・サーバーにより、データベース内のMLアルゴリズムが加速されます。

Oracle Real Application Clusters(RAC)

Autonomous DatabaseとExadata Database Serviceは、Oracle RACを使用して、ミッションクリティカルなデータベース・ワークロードのオンライン・パフォーマンス・スケーリングと高可用性を実現します。単一のシステム上に複数のVMクラスタを構成し、それらを個別に管理することで、多様なワークロードや組織のニーズをサポートします。


セキュリティと回復性

多層防御

OCIは、重要なOracle Databasesを複数のセキュリティ・レベルで保護し、脅威をリアルタイムで特定して、それに対応します。Exadata Cloud@Customerには、Oracle Data Safeデータベース・セキュリティ・コンソールが追加料金なしで含まれており、お客様はデータベース・フリート全体のOracle Databaseセキュリティ・ポスチャを監視および管理することができます。

運用の分離

Exadata Cloud@Customerでは、Exadata Database ServiceとAutonomous Databaseを分離された複数のVMクラスター上で実行し、個別のネットワーク構成にすることで、お客様のデータセンターにおけるセキュリティ・ポスチャを向上させます。

エンドツーエンドの暗号化

保管中のデータ、移動中のデータ、およびバックアップ・データは、お客様固有の暗号化キーによって常時暗号化され、Oracle Database内の機密データは保護されます。

オペレータ・アクセス制御

Oracle Operator Access Controlは、Oracle CloudのオペレータがアクセスできるExadata Cloud@Customerリソースと、リモート管理セッション中にオペレータが実行できるアクションを完全に監視できるようにすることで、セキュリティを強化します。

オラクルによるフルスタックのパッチ適用

オラクルは、Exadata Cloud@Customer用のフルスタックのパッチセットを作成し、迅速に導入できるようお客様のITチームと調整します。これにより、ビジネスを中断することなく脅威とリスクを軽減します。

Oracle Maximum Availability Architecture

Oracle Maximum Availability Architectureのベストプラクティスは、Oracle Databasesを障害やデータ損失から保護するためのもので、Exadata Cloud@CustomerのOCIコンソールから簡単にアクセスでき、Autonomous Databaseにも組み込まれています。

詳細を見る


高可用性

Oracle Maximum Availability Architecture

実績のあるOracle Maximum Availability Architectureのベストプラクティスを使用して、非常に重要なOracle Databaseの可用性と保護を最大限に高めます。

単一障害点なし

Exadataのサーバー、ストレージ、およびネットワークは包括的に冗長化されており、障害が発生しても、お客様の重要なOracle Databaseが24時間365日稼働します。

事前対応型の障害管理

Autonomous Database on Exadata Cloud@Customerは、AIを使用してユーザーより先に潜在的な問題を検出して修正するため、お客様のOracle Databaseの可用性を高めるのに役立ちます。

Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)

Oracle Exadata Cloud@Customerは、Oracle RACを使用してお客様の重要なデータベースのローカル・パフォーマンスのスケーリングと高可用性を実現します。

Oracle Active Data Guard

ビジネス継続性と障害時リカバリを実現するために、Active Data Guardは、同期されているスタンバイとレプリカの両方のOracle Databaseをお客様のデータセンターまたはクラウドに保持します。

詳細を見る


低コスト

Exadata Fleet Updateによるメンテナンス作業の自動化

Exadata Fleet Updateは、大規模なデータベース導入において、データベースとグリッド・インフラストラクチャを1つのメンテナンス・スケジュールとサイクルにまとめることで、メンテナンス作業を自動化します。

消費コストの削減

Exadata Cloud@Customerにデータベースを統合し、Autonomous Databaseで自動的に消費量をスケーリングすることで、他のハイブリッド・クラウド・データベース・サービスよりも65%から75%少ないインフラストラクチャとコストでデータベース・フリートを稼動できます。

スケーラブルな消費

Exadata Database Serviceの消費量のオンラインスケーリングとAutonomous Databaseの完全自動スケーリングを使用して、企業はデータベース・サービスが消費するCPUコアに対してのみ料金を支払うことができます。CPUコアのスケーリングはオンラインで実行されるため、継続的な運用が可能です。

ゼロ消費のデータベース

Autonomous Database on Exadata Cloud@Customerでは、データベースの作成時や、消費量がゼロの時には消費コストがかからない、永続的データベースを作成できます。

より効率的なデータベース統合

Exadata Cloud@Customer X10M は、高いコンピュート密度とストレージ密度を提供するため、Oracle Database のワークロードを小規模な構成に統合して、コストと消費電力、データセンターの使用スペースを削減することができます。

管理負荷の低減

データベースをExadata Cloud@Customerとオラクルが管理するインフラストラクチャに統合することで、管理効率とインフラストラクチャの利用率が向上します。Autonomous Databaseによるデータベース管理の自動化により、データベース管理が軽減されるため、イノベーションを加速するためにリソースを活用できます。


ソフトウェア機能

複数のデータベース・サービスの同時実行

Autonomous DatabaseとExadata Database Serviceは、同じExadata Cloud@Customerインフラストラクチャ上の分離されたVMクラスタで同時に稼働します。そのため、お客様は、初期費用なしで完全自律型のデータベース・サービスを簡単に利用できます。

スマート・スキャン

SQLクエリ、分析、MLアルゴリズムがインテリジェントなストレージ・サーバーにオフロードされるため、データ転送を最小限に抑え、データベース・サーバーのリソースが他のワークロードに振り向けられるため、大量のデータを処理しながら、高速にアプリケーションが稼働します。

Exadata RDMA Memoryの最適化

データベース・サーバーは、オペレーティング・システムやネットワーキングのオーバーヘッドなしに、共有ストレージサーバーのExadata RDMA Memoryに直接アクセスし、読み取りレイテンシを17マイクロ秒未満に短縮します。そのため、組織の重要なトランザクション・アプリケーションをより高速に実行できます。

自動リソース管理

組込みのI/Oリソース管理とMLベースの自動インデックス作成、およびデータベース・チューニングにより、DBA管理者の介入なしにデータベースを最高速度で実行できます。

VMクラスタのカスタマイズ

コンピュート・リソースとストレージ・リソースの組み合わせをカスタマイズしてExadata Database ServiceとAutonomous Database用の複数のVMクラスタを作成できるため、さまざまなワークロードや重要なワークロードの運用分離要件をサポートできます。

クラウド・コントロール・プレーン

ユーザーは、暗号化されたWebブラウザ、コマンドライン・インターフェイス、またはREST APIを使用して、OCIコントロール・プレーンへのセキュアな接続を通じてデータベースをセキュアにプロビジョニングおよび管理できます。


Exadata Cloud@Customerの各製品

Exadata Cloud@Customerの基本システム

38 TBのNVMeフラッシュキャッシュおよび73 TBの使用可能ストレージを備え、0~48個のOCPUを使用でき、最大562,500のSQL IOPSを実現します。

Exadata Cloud@Customer X9Mクォーターラック

4.5 TBのPMEM、76 TBのNVMeフラッシュキャッシュ、および190 TBの使用可能ストレージを備えた0~124個のOCPUで、最大560万のSQL IOPSおよび144コアのSQL処理能力をインテリジェント・ストレージ・サーバーで実現します。

Exadata Cloud@Customer X9Mハーフラック

9 TBのPMEM、153 TBのPCIe 4.0 NVMeフラッシュキャッシュ、および381 TBの使用可能ストレージを備えた0~248個のOCPUで、最大1,120万SQL IOPSおよび288コアのSQL処理能力をインテリジェント・ストレージ・サーバーで実現できます。

Exadata Cloud@Customer X9Mフルラック

18 TBのPMEM、307 TBのPCIe 4.0 NVMeフラッシュキャッシュ、および763 TBの使用可能ストレージを備えた0~496個のOCPUで、最大2,240万SQL IOPSおよび576コアのSQL処理能力をインテリジェント・ストレージ・サーバーで実現できます。

Exadata Cloud@Customerストレージサーバー

お客様は、Exadata Cloud@Customerの柔軟なストレージ拡張を使用することで、ストレージ容量を増やし、計算サーバーを追加することなくインテリジェントなストレージ処理能力を向上できます。基本、クォーター、およびハーフラックシステムを使用する組織は、合計12台のストレージサーバーまで拡張できます。

高性能ネットワーク

PCIe 4.0のデュアルポート・アクティブ-アクティブ100 Gb/秒RDMA over Converged Ethernet(RoCE)ネットワークは、ストレージサーバーと計算サーバー間でX8Mシステムよりも80%優れたスループットを実現し、お客様の統合ワークロードをより高速に実行できます。アプリケーション・サーバーおよびマルチクラウド環境との通信は、最大16か所の25 Gb/秒イーサネット接続にわたって最適化されます。

クラウド・コントロール・プレーン・サーバー

ネットワークが使用できない場合でも、2台のローカル・サーバーを使用して、リモートでのOracleインフラストラクチャ管理とローカルの操作を行うことができます。


 

ドイツ銀行、大幅なコスト削減に向けてExadata Cloud@Customerを採用

「オラクルは、当社の戦略にフィットし、既存の取り組みを補完してくれます。オンプレミスの環境に留まるアプリケーションもあるので、それらを簡素化するための投資も必要です。オラクルは当社のクラウド戦略を完全にサポートしてくれるほか、テクノロジーのサービス利用をサポートしてくれることで、大きな経済的利益をもたらしてくれてます。」

ドイツ銀行、テクノロジー、データ、およびイノベーション担当責任者
Bernd Leukert氏

Fibabaka、市場投入までの期間と顧客満足度を改善

「複数のデータベースと関連環境に継続的にパッチを適用することは、私や技術スタッフにとって悪夢でした。私たちは長時間、週末も働いていました。Oracle Exadata Cloud@Customerを導入したことで、これらの作業はすべてOCIに任せられるようになりました。ワークライフバランスが回復し、チームも私もずっと幸せになりました。」

Çağatay Avşar氏
システム・インフラストラクチャ担当ディレクター

テキサスA&M大学、Oracle Exadataを使用して、パフォーマンスを高速化

「1990年代初頭、データベースやその他のプラットフォームがたくさんありました。その中で、Oracle Databaseは市場で最も優れたデータベースを提供していました。私たちはオラクルを選択しましたが、その選択は間違っていませんでした。私は質の高いツールで仕事をしたいと思っているので、オラクルはまさにぴったりです。」

Leonarda Horvat
Texas A&M University、 研究情報システム部門長

LALUX、Oracle Exadata Cloud@Customerによって、データ主権を革新および維持

「ソルベンシーII、クラウド・ガイドラインITガバナンス、GDPRなどに取り組んでいました。これらのルールに準拠し続けることは、革新的なプロジェクトを犠牲にして、予算と作業量の重要な部分を消費します。しかし、特にデータに関する新しい技術の世代は、イノベーションを実現するものとして、LALUXにとって大きなチャンスとなります。」

LALUX、IT部門担当責任者
Vincent Arnal氏

Hcor、パフォーマンスを20%向上させ、100万米ドルを節約

「大規模なITトランスフォーメーションには、最高のパートナーが必要です。当社がOracle Exadata Cloud@Customerを選択した理由は、当社の長期的なヘルスケア戦略を支える最強のプラットフォームとサポートを提供してくれるからです。」

Alex Vieira氏
Hcor、テクノロジーおよびデジタルシステム担当監督者

Kingold、Oracle Exadata Cloud@Customerでコストを44%削減

「デジタルトランスフォーメーション "の核となるのはデータとクラウドであり、データセキュリティ、データローカリティ、データ主権が重要な課題だと考えています。Exadata Cloud@Customerは、ハイブリッドプラットフォームでありながら、ファイアウォールの内側にあるなど、非常にスマートな革新的技術です。」

Kingold、CIO
Steven Chang氏

Exadata Cloud@Customerのユースケース

  • データベース・クラウドでのデータ・レジデンシーの確保

    OCIによる管理とAutonomous Databaseを使用して運用を簡素化しながら、パブリック・クラウド・データセンターでは実現できないデータ・レジデンシーと接続の要件を満たすことができます。

    EOPYYの事例を読む

  • ピーク時のビジネス要件への対処

    動的なリソース・スケーリングにより、時間的制約のあるデータベース・ワークロードの実行、新しいビジネス・プログラムの開始、四半期決算の迅速化を実現します。

    n11.comの事例を読む

  • 動的スケーリングによる開発とテスト

    組込みのML機能とフルスケールのデータベースを活用してOracle Databaseアプリケーションを開発およびテストすることで、イノベーションを促進できます。料金は使用した分にだけ発生します。

    A.C. Camargo Cancer Centerの事例を読む

  • データベースの統合により、効率性の向上とコスト削減を実現

    自律型データベースおよび非自律型データベースを同じOracle Exadata Cloud@Customerを並行稼働させ、統合効率を高めるとともに、管理コストと消費コストの両方を削減します。

    MoMRAHの事例を読む

Exadata Cloud@Customerの価格設定

Exadata Cloud@Customer Infrastructure

製品
 
月額(米ドル)
Exadata Cloud@Customer - Quarter Rack - X10M
 

Exadata Cloud@Customer - Quarter Rack - X10M-XL
 

Exadata Cloud@Customer - Database Server - X10M
 

Exadata Cloud@Customer - Database Server - X10M-XL
 

Exadata Cloud@Customer - Storage Server - X10M
 

Exadata Cloud@Customer - Expansion Rack - X10M
 


  • Oracle Gen 2 Exadata Cloud@Customer Infrastructureは、4年間サブスクライブする必要があります。
  • OCPUは別売りです。最小OCPU購入数は、データベース・ノードごとにOCPU 2個で、ラックあたりの最大OCPU数までです。

Oracle Database on Exadata Cloud@Customer

製品
比較価格(/vCPU)*
単価
単位
Oracle Database Exadata Cloud–Database


1時間あたりのOCPU
Oracle Autonomous Transaction Processing–Exadata Cloud@Customer–ECPU


ECPU/時間
Oracle Autonomous Data Warehouse–Exadata Cloud@Customer–ECPU


ECPU/時間

Oracle Autonomous Database ECPU – よくある質問(PDF)



Oracle Database on Exadata Cloud@Customer Bring Your Own License (BYOL)

製品
比較価格(/vCPU)*
単価
単位
Oracle Database Exadata Cloud–Database–BYOL


1時間あたりのOCPU
Oracle Autonomous Transaction Processing–Exadata Cloud@Customer–ECPU–BYOL


ECPU/時間
Oracle Autonomous Data Warehouse–Exadata Cloud@Customer–ECPU–BYOL


ECPU/時間

オラクルの適格なオンプレミス・ソフトウェア・ライセンスと変換率(つまり、ソフトウェア・ライセンス・メトリックとクラウドの同等メトリックの比率要件)を含む、Bring Your Own License(BYOL)要件については、Oracle PaaSおよびIaaSユニバーサル・クレジット・サービスの説明ドキュメントをご覧ください。

Oracle Autonomous Database ECPU – よくある質問(PDF)

*複数のクラウド・サービス・プロバイダの価格をさらに簡単に比較できるように、オラクルのWebページには、価格がコンピューティングベースの製品向けのvCPU(仮想CPU)とOCPU(Oracle CPU)の両方の価格が表示されます。製品自体、ポータル内のプロビジョニング、請求などでは、OCPU(Oracle CPU)ユニットを引き続き使用します。OCPUは物理CPUコアを表します。ほとんどのCPUアーキテクチャ(x86を含む)は、物理コアごとに2つのスレッドを実行するため、1つのOCPUはx86ベースのコンピューティングの2つのvCPUsと同等です。お客様にはOCPUごとに2つのvCPUのコンピューティング能力が提供されるため、お客様に請求される1時間あたりのOCPU料金は、先行インスタンスなどのサブコア・インスタンスである場合を除き、vCPU料金の2倍です。

 



2023年6月22日

Exadata Cloud@Customer X10Mのご紹介

Exadata Cloud@Customerプロダクトマネジメント担当バイスプレジデント、Bob Thome

革新的なパフォーマンスを実現するため、ソフトウェアスタック全体に大規模な最適化を実施しました。これにより、高いコア数と大容量のメモリを搭載した新しいExadata X10Mサーバー上での運用では、データベース・パフォーマンスのリニアなスケーラビリティが保証されます。Exadata RDMAアルゴリズムがメモリ管理ユニットを使用してより高いパフォーマンスを発揮できるように強化されました。また、インメモリ・カラムナー・アルゴリズムがAMDのAVX-512命令を使用してさらに高速に実行できるように最適化されました。

全文を読む

技術資料

Exadataのパフォーマンス

Oracle Autonomous Databaseの新しく低コストなエントリー・ポイントをご紹介します。

オラクルのEVPであるJuan Loaizaは、Gen 2 Exadata Cloud@Customer上でAutonomous Database ServiceとExadata Database Serviceを同時に実行し、開発者の生産性向上と統合効率を実現する新機能について紹介します。

Exadata Cloud@Customerのドキュメント

Exadata Cloud@Customerのドキュメント

Exadata Cloud@Customerの導入およびその他のOracle Cloud Infrastructure機能の構成と管理に関する重要な情報を手に入れて、リソースを最大限に活用しましょう。



関連製品

Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer X10M

データセンターで使用できる包括的な自律型データベース

Oracle Exadata X10M

Oracle Databaseを実行するための最も高速でスケーラブルなマシン

Exadata Database Service

最も高速で柔軟なOracle Databaseパブリック・クラウド

Dedicated Region Cloud@Customer

データセンターで使用できる包括的なOracle Cloud
Oracle Playbookシリーズ

人材、プロセス、システム戦略の秘訣をまとめました。そして、それを皆さんにお伝えできればと考えています。

Exadata Cloud@Customerの使用を始めよう


Oracle Cloud Free Tierを試す

Oracle Cloudではアプリケーションを無料で構築、テスト、導入できます。


お問い合わせ

Exadata Database Cloud@Customerがどのように役立つかをご覧ください。