該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
画期的なデータベース・パフォーマンスと価値

新しいOracle Exadata X8Mはデータベースに最適なプラットフォームです。永続メモリとRoCEの機能を搭載した初のデータベース・システムであり、Oracle Databaseと共同設計されたこれらの機能によって、レイテンシを削減し、パフォーマンスを向上させます。Oracle Exadata独自のパフォーマンス、スケーラビリティ、セキュリティ、自動化は、企業がかつてないほど高速かつ効率的に、高いコスト効果で稼動できるよう支援します。

Oracle Exadata Database Machine X8M

性能

  • シームレスに連携するようにOracle Databaseと共同設計されたソフトウェア、コンピュート、ネットワーキングおよびストレージ
  • 永続メモリとRoCEネットワーキングにより、IOのレイテンシを最大10分の1に削減し、パフォーマンスを最大2.5倍に改善
  • Oracle Database Enterprise Editionをサポートし、キャパシティ・オンデマンド・ソフトウェア・ライセンスにより、成長に応じて支払う方式でスケーラビリティを確保
  • 独自のソフトウェア・アルゴリズムによってストレージにデータベース・インテリジェンスを実装し、自動索引付けを可能にすることでパフォーマンスと容量を増強しながらコストを低減
  • オンライン・トランザクション処理(OLTP)、データ・ウェアハウス(DW)、インメモリ・アナリティクスや混合ワークロードの統合など、あらゆるタイプのデータベース・ワークロードを実行
  • お客様のデータベースやアプリケーションに変更を加えることなく、パフォーマンスを大幅に向上
  • 互換性のある導入オプション:オンプレミス、Cloud at Customer、Oracle Cloud
  • ビジネスの拡大とともに拡張できる柔軟なライセンス・オプション
  • データベース処理用に1ラック当たり最大912のCPUコアと28.5TBのメモリを搭載
  • インテリジェント・ストレージ・サーバーに最大27TBの永続メモリを搭載し、IOを高速化
  • SQL処理用に1ラック当たり最大576のCPUコアをストレージ・サーバーに搭載
  • 1ラック当たり2台から19台のデータベース・サーバー
  • 1ラック当たり3台から18台のストレージ・サーバー
  • 1ラック当たり最大920TBのフラッシュ容量(RAW)
  • 1ラック当たり最大3.0PBのディスク容量(RAW)
  • Hybrid Columnar Compressionにより、通常10倍から15倍の圧縮率を実現
  • 内部ネットワーキング用に業界標準の100GbpsのRDMA over Converged Ethernet(RoCE)を搭載
  • 完全な冗長化で高可用性を実現
  • 最新のIntel Xeonプロセッサ
  • Memory Modeの最新のIntel ®Optane ™永続メモリ
  • クライアント接続用の10/25Gbps Ethernet

Oracle Databaseの実行に最適なプラットフォーム

すべて開く すべて閉じる

OLTP読取り/書込みパフォーマンス

共有データベース・ストレージからの読取りIOレイテンシを19ミリ秒に抑え、最大1600万のSQL IOPSを実現しているフルラックのOracle Exadata X8Mは、従来のストレージ・ベンダーと比べて、3倍のスループット、2倍のIOPS、5分の1のレイテンシを提供します。

卓越したアナリティクス・スループット

Oracle Exadata X8Mでは、アナリティクス用のデータを1秒当たり560ギガバイトを超えるスピードでロードできます。また、1秒当たり1テラバイトを超える列データをフラッシュからロードできます。

最大27TBの永続メモリ

Oracle Exadata X8Mは、Oracle Database用に共有永続メモリへのRoCEアクセスを組み込んだ初のエンタープライズ・データベース・プラットフォームです。

混合ワークロードのパフォーマンス

永続メモリへのRoCEアクセスにより、ネットワーキング・ソフトウェアのスタックとストレージ・サーバーのCPUがバイパスされます。その結果空いたリソースを使用して、アナリティクスや混合ワークロードのパフォーマンスを向上させることができます。

最大限のストレージ柔軟性

Oracle Exadata X8Mでは、異なるタイプのストレージ・サーバーを混在させて、統合データベースのニーズを満たすことができます。高性能の永続メモリ搭載オールフラッシュ・ストレージとフラッシュで高速化された永続メモリ搭載大容量ディスク・ストレージ、さらには使用頻度の低いデータ向けの低コストのディスク・ストレージを組み合わせることが可能です。

シンプルなモジュール方式での拡張性

永続メモリとRoCEを搭載した新しいOracle Exadata X8Mと、Infinibandを搭載した元のOracle Exadata X8は、それぞれモジュール方式での拡張が可能です。拡張の際には、適切なデータベース・サーバーとストレージ・サーバーをシングル・ラックまたは能力に応じた最大18台のラックに収容して追加します。

AmerisourceBergen、世界最大のSAP ECCデータベースをOracle上で3倍のスピードで実行

 

AmerisourceBergen社では、Exadataの導入によって性能向上だけでなくシステムが安定しました。

詳細を見る

Oracle Exadata X8Mの紹介

Oracle Exadata X8Mの紹介

オラクルのEVP、ホアン・ロアイザがExadataの新しい永続メモリとRoCEインターコネクトの機能を紹介します。これらの機能は、最大2.5倍のIOPSと10分の1のレイテンシでOLTPに革命をもたらします。

データ管理における革命

データ管理における革命

永続メモリとRoCEをアプリケーション透過で使用することにより、Oracle Exadata X8Mに差別化されたパフォーマンス上の利点がもたらされるとIDCのCarl Olofson氏が考える理由をご確認ください。

Oracle Exadata X8M、競合製品に差をつける

Oracle Exadata X8M、競合製品に差をつける

Enterprise Strategy Groupが新しいExadata X8Mを「驚くべき機能強化の数々が画期的としか言いようがないほどに満載されている」と評する理由をご確認ください。

Oracle Exadata X8M、DIY型のデータベース・システムを打ち負かす

Oracle Exadata X8M、DIY型のデータベース・システムを打ち負かす

DSCのMarc Staimer氏が「今日、DIY型のデータベース・システムを構築するのは、膨大な労力と人員、特に時間とコストの無駄である」理由を解説します。

Oracle Exadata、オンプレミスとクラウドの同一性を最大化

Oracle Exadata、オンプレミスとクラウドの同一性を最大化

説明:Exadata X8Mは、パフォーマンスが向上し、オンプレミスからクラウドへのワークロードの移植性も強化された結果、エンタープライズの移行をかつてないほどスピードアップできるとConstellation Researchが述べている理由をご確認ください。

Oracle Exadata X8Mストレージの優位性の詳細分析

Oracle Exadata X8Mストレージの優位性の詳細分析

ESGによる次世代データベース・ストレージ・テクノロジーの解説を読んで、Exadata X8Mが優れているというのは「単なる意見ではなく、れっきとした事実である」理由をご確認ください。

Oracle Exadata X8M、並外れたメリットをもたらす

Oracle Exadata X8M、並外れたメリットをもたらす

Exadata X8MはOracle Databaseの運用のパフォーマンス、柔軟性、堅牢性をさらに向上させることができるとIDCのCarl Olofson氏が考える理由をご確認ください。

Oracle Exadata vs. Roll Your Own

AIがOracle Exadata X8を変革

上級管理者はExadata X8以降をOracle Databaseのデフォルト・プラットフォームと見なすべきだとWikibonが述べている理由をご覧ください。

Oracle ExadataにおけるOracle Database 19cのユニークな機能

Oracle ExadataにおけるOracle Database 19cのユニークな機能

Constellation ResearchのVP兼Principal AnalystであるHolger Mueller氏が、Oracle ExadataとOracle Autonomous Databaseにおける自動索引付けのメリットについて語ります。

Oracle Exadata X8、HadoopとSparkの必要性を軽減

Oracle Exadata X8、HadoopとSparkの必要性を軽減

Oracle Exadataを使用して大量のエンタープライズ・データを分析する方が、HadoopとSparkの独立した環境に移行するより経済的であるとOvumが考える理由をご確認ください。

お問い合わせ