申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Exadata

Oracle Exadataにより、企業は、クラウドとオンプレミスの完全な互換性を持つインフラストラクチャ上で、あらゆるOracle Databaseワークロードを最高のパフォーマンス、スケール、可用性、およびセキュリティで実行することが可能になります。Exadataは、永続メモリ、SQLクエリのオフロードおよび組込みのリソース管理などの独自の最適化によるスケールアウト設計を使用して、統合環境で実行されるOLTP、分析、機械学習および混合ワークロードのパフォーマンスを最適化します。 Wikibonの分析(PDF)に記載されているように、Exadata CloudまたはExadata Cloud@Customerインフラストラクチャ上で数百、数千の最適化されたAutonomous DatabaseおよびExadata Databaseのインスタンスを稼働させることにより、お客様はインフラストラクチャの最小化、管理の軽減、開発者の生産性の向上、総コストの最大40%削減を実現することができます。

Exadataのビデオを見る (2:07)

Oracle Database Service for Microsoft Azureの概要

Larry Ellison氏とSatya Nadella氏は、Oracle Database Service for Microsoft Azureを発表しました。Oracle Databaseのエンタープライズグレードのパフォーマンス、可用性、および自動化をAzureのお客様に向けて提供します。

CloudWorldのすべてのハイライト

2種類のデジタルパスにより、CloudWorldをお楽しみください。基調講演のライブ・セッションを視聴したり、オンデマンドの学習セッションにアクセスしたりできます。モバイル・アプリを使用してオンラインで交流する機会もあります。2022年10月18日から11月18日までオンデマンド・コンテンツにアクセスできます。

金融業界向けデータ管理

Exadata CloudやAutonomous Databaseなどのオラクルのデータ管理ソリューションが、金融サービス企業において、最高クラスのパフォーマンス、可用性、自動化、セキュリティを備えたミッションクリティカルなトランザクションおよび分析アプリケーションの実行にどのように役立っているかをご確認ください。

従来のソリューションよりも低コストなOracle Exadata

IDCが「Exadata Cloud@Customerを使用する組織が運用コストを47%削減して256%の投資収益率を実現した」と述べている理由をご覧ください。

Oracle Exadataで、クラウド移行をシンプルに

Constellation Researchが「Oracle Exadataのクラウドおよびオンプレミスのソリューションがシームレスなワークロード・モビリティで顧客価値を高める」と述べる理由とは。

Oracle ExadataプラットフォームがOracle Databaseに最適な理由

オンプレミスとクラウドで同等の機能

Oracle Exadataを使用すると、お客様は、同等の高性能、拡張性、可用性を備えたOracle Databaseを必要に応じて実行できます。オンプレミスのデータセンター、Cloud@Customerの導入、Oracle Cloud Infrastructureの間でワークロードを簡単に移動できるため、お客様は、運用をモダナイズしてコストを削減できます。

エンタープライズ・データベースの導入オプション

自動化の推進

OCIでExadataインフラストラクチャ上でフルマネージドなOracle Autonomous Database Serviceを稼働させることで、企業はクラウド・ネイティブのアプリケーションの迅速な開発や、インフラストラクチャやデータベース・ソフトウェアの管理の簡素化を実現します。Exadata Cloud@Customerのインフラストラクチャをお客様のデータセンターで使用することで、これらのメリットより広範に享受し、データ・レジデンシー、セキュリティ、レイテンシに関する懸念に対応することができます。

動画:お客様のデータセンターにおけるAutonomous Databaseの新しい低価格の導入コストのご紹介(10:26)

EOPYY社の事例を読む

あらゆるワークロードに対応する高いパフォーマンスと拡張性

Oracle Exadataのスケールアウト・アーキテクチャは、顧客がコンピュートとストレージを個別に構成することで、データベースのパフォーマンスを最適化し、最大32 PBの容量を持つデータウェアハウスを構築することを可能にします。さらに、Exadata Cloud@Customerでは、OLTPアプリケーション向けの最小のSQLレイテンシーと、分析および機械学習ワークロード向けの最高のSQLスループットを備えたAutonomous DatabaseとExadata Databaseサービスをデータセンターで同時に実行することが可能です。

Equinixの事例を読む

インフラストラクチャと管理のコストの削減

Autonomous DatabaseとExadata Databaseのワークロードを同じCloud@Customerインフラストラクチャに統合することで、複雑さと消費リソース、総コストを低減することができます。

アナリスト・レポート:Oracle Exadata Cloud Service X8M:あらゆる規模のデータベース・ワークロードに対応(PDF)

Talcott Resolutionの事例を読む

Oracle Exadata

クラウドのOracle Databaseとして最高のパフォーマンスを実現

Oracle Cloud Infrastructure (OCI)のExadataプラットフォーム上で動作するOracle Exadata Database ServiceとOracle Autonomous Databaseにより、お客様はエンタープライズ・アプリケーションを簡単にパブリック・クラウドに移行することができます。独自のExadataハードウェアおよびソフトウェアの最適化とOCIのシンプルさを活用し、Oracle Databaseで最高のパフォーマンス、スケール、および可用性を実現することができます。高度なクラウド自動化、動的なリソース・スケーリング、柔軟なサブスクリプション価格設定により、お客様は、データベース・ワークロードをより高速かつ低コストで実行できます。

特長

– Oracle Cloud Infrastructureの自動化で、データベースの迅速なプロビジョニングとライフサイクル全体の管理を可能にし、生産性向上を実現

– データベース透過的な永続メモリ(PMem)の統合によってSQLの読み取りレイテンシが19マイクロ秒に短縮されることで、アプリケーションはより多くのトランザクションをより低コストに対応

- データベース・サーバーとストレージのリソースを独立してプロビジョニングすることで、お客様は現在のワークロードに必要なリソースのみを使用し、効率性の向上とコスト削減を実現

– 8~8,064個のvCPUと最大44TBのデータベース・サーバー・メモリに対応する拡張性の高さにより、複数のデータベースを1つのサービスに統合し、運用効率の向上とコストの削減を実現

 

- データベース・サーバーからSQL処理をオフロードし、最大2.88TB/秒のスキャン・スループットを実現するインテリジェントなストレージ・サーバーは、最大3.1PBの非圧縮データベースと31PBの圧縮データウェア・ハウスにより、データ・ドリブンの深いインサイトを生成

– vCPU消費量をオンラインでスケーリングできる柔軟なサブスクリプションの価格設定により、業務を中断することなくコストを厳密に管理し、ピーク時の要件に対処

- 専用インフラストラクチャにより、ワークロードの分離とセキュリティの向上を実現

同じExadata Cloud@Customerで、自律型データベースと非自律型データベースの双方を実現

Oracle Exadata Cloud@Customerは、ビジネス・クリティカルなOracle Databaseワークロードをクラウドに移行する、最もシンプルな方法です。最新のExadataテクノロジーを使用して構築されており、Oracle Exadata Database Serviceと自動化されたフルマネージドなOracle Autonomous Databaseをお客様のデータセンター内およびファイアウォールの内側で同時に実行し、厳しいデータ・レジデンシーとセキュリティ要件の達成を支援します。

特長

– お客様のデータセンター・ファイアウォールの内側でセキュアに導入することにより、データ・レジデンシー、セキュリティ、およびレイテンシに対する企業のニーズに対応

– Oracle Autonomous Database ServiceとExadata Database Serviceを同じCloud@Customerインフラストラクチャ上で同時に稼働させることで、お客様はデータセンター内のワークロードを効率的に統合し、新しいアプリケーションを開発することが可能に

– オラクルが所有、管理、保守するインフラストラクチャにより、お客様は設備投資や管理コストの削減が可能、またAutonomous Database Serviceの実行により、DBAの手動管理タスクのほとんどが不要に

– データベース透過的なPMem統合によってSQLの読み取りレイテンシが19マイクロ秒まで短縮されることで、アプリケーションはより少ないインフラストラクチャとより低いコストでより多くのトランザクションに対応

 

- 最大763TBの容量を持つ柔軟なストレージ拡張により、ハイブリッド・コラム圧縮による最大6.1PBのデータ・ウェアハウスを含む、より大規模な統合データベース・ワークロードをコスト効率よくサポートすることが可能

– 分析および機械学習向けに最大2,240万のSQL読み取りIOPSと540 GB/秒のSQLスループットという高いパフォーマンスにより、多様なデータベース・ワークロードを統合しながらIOを集中的に消費するデータベースの高速化が可能

– vCPU消費量を自動的にスケーリングできる柔軟なサブスクリプションの価格設定により、業務を中断することなくコストを厳密に管理し、ピーク時の要件に対処

– オペレータ・アクセス制御により、お客様のITチームは、オラクルによるすべてのリモート・インフラストラクチャ管理を認可、制限、監視、制御することによって、オラクルのリモート管理に関する懸念に対処できます。

Oracle Database用の優れたオンプレミス・システム

Oracle Exadata X9Mを使用すると、OLTP、分析、および統合Oracle Databaseワークロードに必要なリソース量を削減することで、お客様のコストを削減できます。Exadata X9Mが最高のパフォーマンス、拡張性、可用性でOracle Databaseを実行することで、管理ワークロードを簡素化しながら運用効率を向上できるようになります。

特長

– 組み込みの高可用性と毎月のフルスタックパッチを適用した完全な統合ソリューションにより、セキュリティを向上させながらITチームのシステム管理を軽減

– データベース透過的なPMem統合によってSQLの読み取りレイテンシが19マイクロ秒以下まで短縮されることで、アプリケーションはより少ないインフラストラクチャとより低いコストでより多くのトランザクションに対応

– ラックあたり最大2760万のSQL読み取りIOPSと1 TB/秒の分析スループットにより、さまざまなワークロードを統合しながらOLTPスループットを向上させ、データ・ドリブンなインサイトを加速

 

– 8ラックから12ラックまで拡張できる構成可能性に優れたシステムにより、現在のデータベース統合ニーズに対応するコストを最小限に抑え、将来のニーズに対応するリソースの拡張も容易

– インテリジェント・ストレージ・サーバーへのSQL処理のオフロードや自動索引付けなどの独自の機能により、DBAによるチューニングを最小限にして、アプリケーションのパフォーマンスを拡張

– 高性能なデータベース内機械学習により、外部サービスを組み込むことなく開発者が既存のアプリケーションに新しい機能を追加可能

 

Oracle Exadataクラウドとオンプレミスのお客様の成功事例

Exadataのお客様の成功事例をさらに見る
ドイツ銀行、大幅なコスト削減に向けてExadata Cloud@Customerを採用

「オラクルは、当社の戦略にフィットし、既存の取り組みを補完してくれます。オンプレミスの環境に留まるアプリケーションもあるので、それらを簡素化するための投資も必要です。オラクルは当社のクラウド戦略を完全にサポートしてくれるほか、テクノロジーのサービス利用をサポートしてくれることで、大きな経済的利益をもたらしてくれてます。」

ドイツ銀行、テクノロジー、データ、およびイノベーション担当責任者
Bernd Leukert氏

Samsung SDS、300台のOracle Exadataシステムでイノベーションを実現

「当社は、製造、金融サービス、建設・エンジニアリング、公共・民間サービスなどのお客様に300ほどのExadataシステムを導入しました。当社のデジタル・イノベーション戦略とエンタープライズ・クラウドへの取り組みに沿って、今回、当社のデータセンターの1つに最初のExadata Cloud@Customerを導入しました。Oracle Autonomous Databaseの導入も楽しみにしています。」

Dr. WP Hong
Samsung SDSのCEO

FedEx社、売掛金システムをOracle CloudとExadata Cloud Serviceに移行

「Oracle E-Business Suite のインスタンスをOCIに移行するという決断をしてよかったです。FedExでの23年間の経験の中で、最高の決断の一つでした。」

Rajesh Singh
FedEx、IT担当バイス・プレジデント

TIM Brasil社、Oracle Exadata Cloud Service上のデータベースを利用したマルチクラウド・アーキテクチャを導入

「現在、環境・社会・ガバナンスを改善するために重要なクラウド・トランスフォーメーションを行っています。マルチクラウド戦略を用いることで、ブラジルの通信事業者としては初めて、ワークロードの100%をクラウドに移行しました。Oracle Cloud Infrastructureに移行したワークロードの中には、顧客の請求システム、CRM、VMwareなども含まれます。」

Pietro Labriola
TIM Brasil、CEO

LALUX、Oracle Exadata Cloud@Customerによって、データ主権を革新および維持

「ソルベンシーII、クラウド・ガイドラインITガバナンス、GDPRなどに取り組んでいました。これらのルールに準拠し続けることは、革新的なプロジェクトを犠牲にして、予算と作業量の重要な部分を消費します。しかし、特にデータに関する新しい技術の世代は、イノベーションを実現するものとして、LALUXにとって大きなチャンスとなります。」

LALUX、IT部門担当責任者
Vincent Arnal氏

Oracle Exadataのユース・ケース

  • プライベート・データベース・クラウドをサービスとして提供

    お客様のデータセンター内のExadata Cloud@CustomerでAutonomous Databaseを実行することで、シンプルなプライベート・データベース・クラウドと開発者の生産性の向上を実現します。

    プレス・リリースを読む

  • ビジネスレベルのスピード感でミッションクリティカルなアプリを実行

    他のクラウド・データベース・サービスと比較して、最大98%の低レイテンシーと10倍のIOPSにより、OLTPアプリケーションの高速実行とコスト削減を実現します。

    Equinixの事例を読む

  • 新しいインサイトの創出

    オンプレミスまたはOracle Cloud InfrastructureでOracle Exadataを使用して、データ・ウェアハウスをより高速に運用し、新しいインサイトを取得します。

    Bofrostの事例を読む

  • データベースの統合により、効率性の向上とコスト削減を実現

    自律型データベースおよび非自律型データベースを同じOracle Exadata Cloud@Customerを並行稼働させ、統合効率を高めるとともに、管理コストと消費コストの両方を削減します。

    Talcott Resolutionの事例を読む

  • マルチクラウド・アーキテクチャの加速

    Microsoft Azure上などのクラウドでアプリケーションを実行し、OCI上で高性能なデータベースを実行することで、複数のクラウドのメリットを活かすことができます。

    Cox Automotiveの事例を読む

2022年3月16日

グローバルな業界アナリストによるExadata Cloud@Customer上のMulti-VM Autonomous Databaseへの見解

Exadataクラウド製品マーケティング担当シニア・ディレクター、Michael Brown

「これらの新機能は、アプリケーション開発の生産性や業務効率全体に重要かつポジティブな影響を与えると、業界のアナリストコミュニティから高く評価されています。企業は、データセンターでのデータ・レジデンシとセキュリティを維持しながら、コスト削減とイノベーションの拡大を実現することができるようになります。」

ここから始めよう


Oracle Expertに連絡する

Oracle Exadataソリューションが貴社固有のビジネス・ニーズにどのように役立つかをご覧ください。