Exadata

Oracle Exadataは、あらゆる規模と重要度のOracle Databaseワークロードをハイパフォーマンス、可用性、およびセキュリティで実行する、エンタープライズ・データベース・プラットフォームです。Exadataは、トランザクション処理、分析、機械学習、および混合ワークロードをより高速かつ効率的に実行できる独自の最適化によるスケールアウト設計を採用しています。お客様のデータセンター、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)、マルチクラウド環境において、多様なOracle DatabaseワークロードをExadataプラットフォームに統合することで、企業は、運用効率の向上、IT管理の軽減、コストの削減を実現できます。

ヨーロッパでOracle Database@Azureを発表

Microsoft Azureドイツ西部中部リージョンでOracle Database@Azureにサインアップできるようになりました。オラクルとMicrosoftは、インド、イタリア、スウェーデン、アラブ首長国連邦を含む追加のクラウド・リージョンでサービスを提供し、計画済みのOracle Database@Azureの利用拠点を世界の15のリージョンに展開する計画を発表しました。

金融業界向けデータ管理

Oracle Exadata Database ServiceおよびOracle Autonomous Databaseなどのオラクルのデータ管理ソリューションが、金融サービス企業におてい、ミッションクリティカルなトランザクションおよび分析アプリケーションを、最高のパフォーマンス、可用性、自動化、およびセキュリティで実行するためにどのように役立つかをご覧ください。

Oracle Exadataで、クラウド移行をシンプルに

Constellation Researchが「Oracle Exadataのクラウドおよびオンプレミスのソリューションがシームレスなワークロード・モビリティで顧客価値を高める」と述べる理由とは。

Oracle ExadataプラットフォームがOracle Databaseに最適な理由

オンプレミスとクラウドで同等の機能

Oracle Exadataにより、お客様はOracle Databaseを高いパフォーマンス、規模、および可用性で実行することができます。データベースは、オンプレミスのデータ・センター、Cloud@Customerの導入、OCI、およびMicrosoft Azureによるマルチクラウド環境間で容易に移動できるため、お客様は必要な場所で高いパフォーマンスを備えたデータベース・アプリケーションを開発および実行できます。

プレスリリース:オラクル、次世代Exadata X10Mプラットフォームを発表

エンタープライズ・データベースの導入オプション

自動化の推進

フルマネージドのOracle Autonomous Databaseを、OCIのExadataインフラストラクチャ上で実行することで、企業は、クラウドネイティブ・アプリケーションを迅速に開発できるようになるだけでなく、インフラストラクチャとデータベース・ソフトウェアの管理を排除できます。Exadata Cloud@Customerのインフラストラクチャをお客様のデータセンターで使用することで、これらのメリットより広範に享受し、データ・レジデンシー、セキュリティ、レイテンシに関する懸念に対応することができます。

Analyst report: オラクル、データ管理を変革する新たな方法を発表(PDF)

EOPYYの事例を読む

あらゆるワークロードに対応する高いパフォーマンスと拡張性

Oracle Exadataのスケールアウト・アーキテクチャにより、企業はコンピューティングとストレージを個別に構成してデータベース・パフォーマンスを最適化し、Oracle Hybrid Columnar Compression(HCC)を使用して最大40PBの容量を持つデータウェアハウスを構築できます。さらに、Exadata Cloud@Customerでは、企業は自動化されたOracle Exadata Database ServiceとフルマネージドのAutonomous Databaseを自社のデータセンターで実行し、OLTPアプリケーションでは最小のSQLレイテンシを、分析や機械学習のワークロードでは最高のSQLスループットを実現できます。

HDFC Lifeの事例を読む

インフラストラクチャと管理のコストの削減

企業は、あらゆる規模と重要度のOracle DatabaseワークロードをExadataインフラストラクチャに統合することで、総コストを削減できます。必要なインフラストラクチャが少なくなり、オーバー・プロビジョニングが大幅に削減されるため、効率的な運用が可能になります。さらに、索引作成や、チューニング、パッチ適用などの一般的なDBAタスクの自動化により、運用コストを削減できます。

Talcott Resolutionの事例を読む

Exadata

クラウドで最高のパフォーマンスを発揮するOracle Database

OCIまたはMicrosoft Azureの専用Exadata Cloud Infrastructure上、およびExadata Cloud@Customer上でAutonomous DatabaseとExadata Database Serviceを実行することで、すべてのデータベース・ワークロードを高速化するハードウェアおよびソフトウェアの独自の最適化を活用できます。高度なクラウド自動化、動的なリソース・スケーリング、柔軟なサブスクリプション価格設定により、お客様はデータベース・ワークロードをより高速かつ低コストで実行できます。

特長

– Oracle Cloud Infrastructure(OCI)の自動化で、データベースの迅速なプロビジョニングとライフサイクル全体の管理を可能にし、生産性向上を実現

–小規模構成からスタートし、データベース・サーバーとストレージ・リソースを個別に拡張できるため、環境を容易に適正化し、効率性向上とコスト削減に貢献

–高い並列性と低いSQL読み取りレイテンシにより、トランザクション・アプリケーションで最高のスループットを最小コストで実現し、最も厳しいサービス・レベル・アグリーメント(SLA)にも一貫して対応

 

–データベース・サーバからSQL処理をオフロードし、最大2,880 GB/秒のスキャン・スループットを実現するインテリジェント・ストレージ・サーバーにより、ペタバイト級の非圧縮データベースと数十ペタバイト級の圧縮データウェアハウスを使用して、データドリブンのより深いインサイトを生成することが可能

–数百から数千の処理コアと最大44 TBのメモリを備えたExadataのスケールアウト設計により、数万から数千のデータベースを単一のExadataクラウドインフラストラクチャに統合することで運用効率を向上、その結果リソース利用率の改善とコスト削減が可能に

–消費量をオンラインでスケーリングできる柔軟なサブスクリプションの価格設定により、業務を中断することなくコストを厳密に管理し、ピーク時の要件に対処

- オラクル管理の専用インフラストラクチャにより、ワークロードの分離とセキュリティの向上を実現

ハイブリッド・クラウドのデータベース・プラットフォーム上で自動化された、フルマネージドのデータベース

Oracle Exadata Cloud@Customerは、ビジネス・クリティカルなOracle Databaseワークロードをクラウドに移行する、最もシンプルな方法です。自動化されたExadata Database ServiceとフルマネージドのAutonomous Databaseの活用も、これに貢献します。最新のExadataテクノロジーを使用して構築されたこのサービスは、お客様のデータセンターにクラウドの自動化と優れたコスト効率をもたらし、データ・レジデンシー要件を満たすのに役立ちます。

特長

– お客様のデータセンターのファイアウォール内へのセキュアな導入により、データ・レジデンシー、セキュリティ、およびレイテンシの要件に対応

- Autonomous DatabaseとExadata Database Serviceを同じExadata Cloud@Customer のインフラストラクチャ上で同時に稼働させることで、データセンター内のワークロードを効率的に統合することが可能に

-オラクルが所有、保守、管理するインフラストラクチャにより、資本コストと管理コストを削減できるほか、Autonomous Databaseの使用よりDBAの管理タスクを大幅に削減

-データベース・サーバ2台とストレージ・サーバ3台で構成を開始した場合、利用可能なデータベース処理コアは380、ストレージ・サーバのSQL処理コアは192、分析スループットは135 GB/秒、使用可能なストレージ容量は240 TBとなり、多くの組織におけるOracle Databaseのさまざまな処理ニーズに対応可能

 

-データベース・サーバーの16倍のスケーリングとストレージ・リソースの21倍のスケーリングを個別に実行できるため、現在のニーズに合わせてソリューションをカスタマイズし、需要の変化に応じて後から機能を追加することが可能に

-高い並列性、低いSQL読み取りレイテンシ、最大2,880 GB/秒の分析スループット、40 PBのHCC圧縮データベースにより、トランザクション処理、分析、機械学習、その他のデータベース・ワークロードを高速、効率的、かつ低コストで実行可能

– 消費量をオンラインでスケーリングできる柔軟なサブスクリプションの価格設定により、業務を中断することなくコストを厳密に管理し、ピーク時の要件に対処

-Oracle Operator Access Controlにより、ITチームは、すべてのリモート・インフラストラクチャ管理を承認、制限、監視、制御することで、リモート管理に関する懸念に対処可能

Oracle Databaseのオンプレミスのパフォーマンス、拡張性、可用性

Oracle Exadata Database Machineを使用すると、最高のパフォーマンス、拡張性、および可用性でトランザクション処理、分析、およびデータベース内の機械学習ワークロードを実行できるため、増大するオンプレミス・ワークロードのニーズを満たすことができます。あらゆる規模と重要度のデータベース・ワークロードを1つのシステムに統合することで、必要なインフラストラクチャの量を削減し、管理の負担を軽減し、コストを削減することができます。

特長

– 高可用性と毎月のパッチ適用が組み込まれた統合フルスタック・ソリューションにより、セキュリティを向上させながらITチームのシステム管理を軽減

-384のデータベース処理コア、ストレージ・サーバーの192のSQL処理コア、135 GB/秒の分析スループット、容量が最適化された30.72 TBのフラッシュ・ドライブを備えた初期構成により、あらゆる組織のOracle Database処理ニーズに対応

-シングルラックまたはマルチラック構成のいずれにも拡張でき、ラックあたりのデータベースおよびストレージ・サーバーの台数も調整可能なため、ほぼすべての組織のデータベース統合ニーズに対応

 

– インテリジェント・ストレージ・サーバーへのSQL処理のオフロードや自動索引付けなどの独自の機能により、DBAsによるチューニングを最小限にして、アプリケーションのパフォーマンスを拡張

-事実上あらゆるデータタイプ、ワークロード、開発スタイルをサポートするため、開発者は統合ではなくイノベーションに集中できるようになり、大規模な外部機能を必要とせずに、新しいデータやイベントドリブンのアプリケーションを作成したり、既存のアプリケーションを強化できる

Microsoft AzureにおけるOracle Exadata Databaseの最大限のパワー

Oracle Database@Azureを使用すると、企業は選択した場所でワークロードを実行し、オラクルとAzureのサービスを活用して最新化とイノベーションを実現し、クラウドの購入と管理を簡素化できます。お客様は、選択したAzureサービスとOracle Autonomous DatabaseおよびOracle Exadata Database Serviceを組み合わせることで、Azureデータ・センターと深く統合およびコロケーションされたOCIサービスにより、Oracle Databaseワークロードの高いパフォーマンス、規模、可用性を実現することができます。

特長

-Oracle Exadataインフラストラクチャを使用したOracle Databaseの最高レベルのパフォーマンス、規模、および可用性

-Oracle Real Application Clustersを含むOCIとの価格および機能の同等性

–Microsoft Entra ID を使用したデータベース・サービスの統合 ID およびアクセス管理を含む、Azure 内の単一オペレーティング環境の簡潔性、セキュリティ、およびレイテンシ

 

–モニタリングとトラブルシューティングを簡素化するOracle Databaseサービスのログ、メトリック、およびイベントがAzureで直接利用可能

–現在のAzureコミットメントでAzure Marketplaceを通して購入し、現在のOracle Databaseライセンスと無制限ライセンス契約を使用する機能

 

ドイツ銀行、大幅なコスト削減に向けてExadata Cloud@Customerを採用

「オラクルは、当社の戦略にフィットし、既存の取り組みを補完してくれます。オンプレミスの環境に留まるアプリケーションもあるので、それらを簡素化するための投資も必要です。オラクルは当社のクラウド戦略を完全にサポートしてくれるほか、テクノロジーのサービス利用をサポートしてくれることで、大きな経済的利益をもたらしてくれてます。」

ドイツ銀行、テクノロジー、データ、およびイノベーション担当責任者
Bernd Leukert氏

Guitar Centerが、Exadata Database Serviceでパフォーマンスを30%以上向上させ、適応性を強化

「OCIとExadata Database Serviceのおかげで、基幹システムを再構築することなく、高度に接続された分散クラウド環境を運用できるようになり、システムの効率も向上しました。また、お客様に新しいサービスやエクスペリエンスを提供しながら、40%以上のコスト削減を実現できる見込みです」

Guitar Center、CTO、Ravi Balwada氏

Samsung SDS、300台のOracle Exadataシステムでイノベーションを実現

「当社は、製造、金融サービス、建設・エンジニアリング、公共・民間サービスなどのお客様に300ほどのExadataシステムを導入しました。当社のデジタル・イノベーション戦略とエンタープライズ・クラウドへの取り組みに沿って、今回、当社のデータセンターの1つに最初のExadata Cloud@Customerを導入しました。Oracle Autonomous Databaseの導入も楽しみにしています。」

Dr. WP Hong
Samsung SDSのCEO

FedEx社、売掛金システムをOracle CloudとExadata Database Serviceに移行

「Oracle E-Business Suite のインスタンスをOCIに移行するという決断をしてよかったです。FedExでの23年間の経験の中で、最高の決断の一つでした。」

Rajesh Singh
FedEx、IT担当バイスプレジデント

TIM Brasil社、Oracle Exadata Database Service上のデータベースを利用したマルチクラウド・アーキテクチャを導入

「現在、環境・社会・ガバナンスを改善するために重要なクラウド・トランスフォーメーションを行っています。マルチクラウド戦略を用いることで、ブラジルの通信事業者としては初めて、ワークロードの100%をクラウドに移行しました。Oracle Cloud Infrastructureに移行したワークロードの中には、顧客の請求システム、CRM、VMwareなども含まれます。」

Pietro Labriola
TIM Brasil、CEO

LALUX、Oracle Exadata Cloud@Customerによって、データ主権を革新および維持

「ソルベンシーII、クラウド・ガイドラインITガバナンス、GDPRなどに取り組んでいました。これらのルールに準拠し続けることは、革新的なプロジェクトを犠牲にして、予算と作業量の重要な部分を消費します。しかし、特にデータに関する新しい技術の世代は、イノベーションを実現するものとして、LALUXにとって大きなチャンスとなります。」

LALUX、IT部門担当責任者
Vincent Arnal氏

Exadataのユースケース

  • 企業のデータセンターでデータベース・クラウドを実現

    Exadata Database ServiceおよびAutonomous Database on Exadata Cloud@Customerにより、プライベート・データベース・クラウドを簡素化し、開発者の生産性を向上します。

    Fibabankaの事例を読む

  • ビジネスレベルのスピード感でミッションクリティカルなアプリを実行

    トランザクション処理とレポートのパフォーマンスを向上させることで、オラクルやサードパーティのパッケージ・アプリケーションをより迅速かつ低コストで実行できます。

    Equinixの事例を読む

  • 新しいインサイトの創出

    Oracle ExadataをオンプレミスまたはOCIで使用することで、データウェアハウスをより高速に運用し、新たなインサイトを得ることができます。

    Bofrostの事例を読む

  • データベースの統合により、効率性の向上とコスト削減を実現

    自動化されたExadata Database ServiceとフルマネージドのAutonomous Databaseを同じOracle Exadata Cloud@Customer上で実行することで、統合効率を高めながら、管理コストと消費コストを削減できます。

    Talcott Resolutionの事例を読む

  • マルチクラウド・アーキテクチャの加速

    Microsoft Azureやその他のクラウドでアプリケーションを実行し、OCIのExadata Cloud Infrastructureでハイパフォーマンス・データベースを実行することで、複数のクラウドの長所を活用できます。

    Cox Automotiveの事例を読む

2023年6月22日

Exadata Cloud@Customer X10Mのご紹介

Exadata Cloud@Customerプロダクトマネジメント担当バイスプレジデント、Bob Thome

Exadata Cloud@Customer X10Mは、優れたスケーラビリティ、パフォーマンス、コスト効率を提供し、より多くのOLTPトランザクションの実行、より複雑な分析の実行、より大規模なワークロードの統合を可能にします。データベース・サーバー1台あたり190の使用可能なプロセッサ・コアと、ストレージ・サーバー1台あたり64のコアを搭載しているため、より少ないサーバー台数でより多くの処理を実行でき、インフラストラクチャ全体のサブスクリプションを削減できます。

ここから始めよう


Oracle Expertに連絡する

Oracle Exadataソリューションが貴社固有のビジネス・ニーズにどのように役立つかをご覧ください。