申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

Exadata Database Service

Oracle Exadata Database Serviceは、最高のパフォーマンス、可用性、セキュリティ、およびコスト効率でデータベースの実行を可能にする、Oracle Databaseの自動化されたサービスです。独自の最適化を含む、スケールアウトが可能なExadataのインフラストラクチャ上で、トランザクション処理、分析、混合ワークロードの機能を活用しながら、より少ないリソースで、より高速にデータベースを実行します。オンライン上でコンピューティング・リソースをスケーリングできるため、お客様は業務を中断することなく、ワークロードの需要に合わせて消費量を迅速に調整することができ、効率的なデータベース統合により総コストを削減することができます。オンプレミスのOracle DatabaseおよびExadata環境と完全に互換性があるため、お客様はワークロードを容易にクラウドに移行することができます。

OCI上で稼働するExadata X9Mプラットフォームの紹介 (13:44)

Oracle Database Service for Microsoft Azureの概要

Larry Ellison氏とSatya Nadella氏は、Oracle Database Service for Microsoft Azureを発表しました。Oracle Databaseのエンタープライズグレードのパフォーマンス、可用性、および自動化をAzureのお客様に向けて提供します。

AMDとオラクルのパートナーシップでOCI上のExadata X9Mを強化

オラクルのミッション・クリティカルなデータベース・テクノロジー担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるJuan Loaizaと、AMDのCTO兼エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるMark Papermasterが、AMOのCPUを使用してOCI上のExadata X9Mプラットフォームを強化する方法について語ります。

OCIでデータ損失ゼロのデータベース保護を実現

Oracle Database Zero Data Loss Autonomous Recovery Serviceは、独自のデータベース対応のバックアップおよびリカバリ・インテリジェンスを提供して、OCIで実行されているOracleデータベースを保護することで、ビジネスの回復力を高めます。継続的なトランザクション保護、自動リカバリ検証、任意の時点への高速で予測可能なリカバリを実行できます。

Oracle Exadata Database Serviceの違い

すべてのデータベース・ワークロードでより優れたパフォーマンスを実現

Exadata Database Serviceは、業界最高レベルの19マイクロ秒のレイテンシと最大2.88TB/秒の分析スキャン・スループットにより、高速なOLTP、インメモリ分析、および統合ワークロードを単一のサービスで実行することを可能にします。Exadata Database Serviceの自動パフォーマンス最適化により、ワークロードのパターンが変化しても、データベースが最適に実行され続けます。

Oba Hortifruitiの事例を読む

効率と拡張性の改善

Exadata Cloud Serviceを使用すると、1,000ものデータベースを統合サービスに統合でき、リソース使用率全般を高め、データベースのサイロに分散したアイドル状態のリソースの支払を停止することができます。OCI上のExadata X9Mのスケールアウト型アーキテクチャを利用することで、企業はコンピュートとストレージを個別かつ容易にプロビジョニングし、その時々の需要に応じた適切なサイズのサービスを受けることができます。

Cognizantの事例を読む

IDCレポート: Oracle Exadata Database Service: あらゆる規模のデータベースとワークロードに対応(PDF)

総コストの削減

Exadata Database Serviceは、SQLおよび分析処理をvCPUリソースを消費しないインテリジェントなストレージサーバーにオフロードするため、お客様は分析ワークロードを短時間で実行し、リソースの消費量を減らし、コストを削減することができます。vCPUリソースのオンライン・スケーリングにより、最小限の消費で済むため、ワークロードの需要に応じた消費でコストを削減することができます。

Experian社の事例を読む

dbInsightの調査ノート:Oracle Exadata Database Serviceが弾力性を新しいレベルに引き上げ(PDF)

エンタープライズ・クラスのビジネス継続性

Exadata Database Serviceを使用すると、ゼロ・ダウンタイム・メンテナンス、オンライン・スケーリングのほか、組込みのクラウド自動化を使用してOracle Real Application Clusters(RAC)およびOracle Active Data Guardをワンクリックでプロビジョニングできるため、ダウンタイムの削減、運用管理の簡素化を実現できます。Exadata Database ServiceとApplication Continuityにより、組織はエンドユーザー・エクスペリエンスを高め、サービスの中断を回避することができます。

Exadata Database Serviceの機能

クラウド内で大規模なデータウェアハウスを分析

初期構成で1.5 PBのデータウェアハウスが可能

OCI上のExadata X9Mの初期構成で、お客様はHybrid Columnar Compressionを使用できます。最大1.5 PBのデータウェアハウスをサポートする小規模なシステムを活用することで、コストを抑制できます。8〜504個のvCPU間でvCPUリソースを無停止でスケーリングできるため、ピーク要件を満たす形でパフォーマンスを向上させることができます。

個別のスケーリングでコストを抑制

初期構成では、コンピューティングとストレージのリソースを個別にスケーリングすることで、企業は必要なデータベースサーバーとライセンスのみを導入し、大規模なデータウェアハウスの作成にかかるコストを削減することができます。

拡張性によりインサイトも向上

OCI上のExadata X9Mは、10:1 Hybrid Columnar Compressionを使用して31PBのデータウェアハウスを作成し、最大3,072個のストレージサーバCPUコアで分析を高速化し、データ・ドリブンの意思決定を迅速に行うことができます。

インテリジェントなストレージによりスループットが向上

X9Mインフラストラクチャ上のExadata Database Serviceは、SQL処理と分析をインテリジェントなストレージ・サーバにオフロードし、最大2,880GB/秒のデータ分析を可能にします。


クラウド内でトランザクション・データベースを加速

初期構成で最大560万のSQL IOPSが可能

OCI上のExadata X9Mでは、初期構成で、8〜504個のvCPUのデータベース・コンピューティング能力に拡張できます。560万のSQL読み取りIOPSにより、OLTPデータベースの高速化を実現しています。

PMemは業界をリードするOLTPレイテンシを実現

データベースに最適化された永続メモリ(PMem)の統合により、SQLの読み取りレイテンシを19マイクロ秒まで短縮し、より短時間でより多くのトランザクションを処理できるため、コストを削減できます。

サーバーのスケーリングでコストを最小に

ストレージを個別にスケーリングし、プロビジョニングされるvCPUの数を8個から8,064個まで増やすことができるため、トランザクション集約型のワークロードを実行するコストを削減できます。また、将来の要件に応じて簡単に構成を拡張することができます。

オンライン・スケーラビリティでIO集約型アプリケーションを加速

ストレージは、非圧縮データベース容量2.5PB、PMem 96TB、高性能フラッシュ・キャッシュ1.6PBまで拡張可能で、OLTPアプリケーションのIOPSレートとスループットが向上します。パフォーマンス要件を満たすために複数のシステムを導入する複雑さが解消され、コストも削減できます。

オンデマンドのvCPUスケーリングでコストを管理

オンラインでvCPU消費量のスケーリングを行うことで、データベース運用を中断することなく、差し迫ったデータベースのニーズに対応したスケールアップと、コストを最小化できるスケールダウンを行い、従量制料金の経済的メリットを享受することができます。

自動インデックス作成によりパフォーマンスが向上

インデックスの自動作成、調整、および削除により、DBAワークロードが簡素化されます。ワークロードの変更に応じてインデックスが継続的に最適化されるため、お客様のOLTPアプリケーションをより高速で実行できます。


クラウド内でコンバージドOracle Databaseアプリケーションを迅速に作成

統合サポートにより開発が簡素化

リレーショナル、ドキュメント、空間など、さまざまなデータタイプがサポートされているため、開発者は単一のデータベースとプログラミングモデルを使用して革新的なアプリケーションを簡単に作成することができます。

機械学習で革新的なアプリケーションを実現

組み込みの機械学習(ML)アルゴリズムがデータを迅速に分析し、Oracle Database内でMLモデルを構築します。これにより、開発者は既存のアプリケーションに新しい機能を簡単に追加することができます。

JSONのサポートでドキュメント・データベースを高速化

シンプルなドキュメント用APIとトランザクションのACID特性を備えたJSONサポートが組み込まれています。これにより、開発者は、Exadata Cloud Serviceのスケールアウト型アーキテクチャで実行されている高パフォーマンスのドキュメント・データベースを使用して、アプリケーションをすばやく作成することができます。

統合により複雑さが軽減

コンバージド・データベースにより、開発者はさまざまなデータタイプとアクセスモデルを使用して個別にマイクロサービスを作成できます。それと同時に、ITチームは、複数のデータベースの作成や導入、保護に伴う複雑さを解消できます。

Oracle Database In-Memoryで分析が加速

Oracle Database In-Memoryを使用すると、開発者は、トランザクション・アプリケーション内にリアルタイム分析を組み込む革新的なアプリケーションを作成できます。複数のストレージサーバー間での自動データ変換、ロケーション、ベクトル処理により、お客様のアプリケーションをリアルタイムで実行できます。

差別化されたアプリケーションをすばやく作成

Oracle Application Express (APEX)がExadata Database Serviceに含まれているため、開発者は最小限のコーディングでより迅速にアプリケーションを作成でき、コストの削減と市場投入までの時間の短縮が可能になります。.

AzureでOracleを使用して構築

新しいOracle Database Service for Azureを使用して、Oracle Databaseの包括的で使いやすい機能を使用したOCIベースのマイクロサービスや分析にAzureサービスを組み合わせて、新しいアプリケーションを構築できます。


クラウド内でOracle Databaseの可用性とビジネス継続性を向上

Oracle MAAのベストプラクティスで稼働時間が増加

組み込みのOracle Maximum Availability Architecture(MAA)のベストプラクティスにより、データベースの可用性が向上し、コンポーネントの障害時やデータセンターの停止中もお客様はアプリケーションを実行し続けることができます。

シングルクリックでの導入によりダウンタイムを削減

Oracle RACOracle Active Data Guard のシングルクリック導入により、複数レベルの停止からデータベースを簡単に保護できます。Oracle RACは、サーバーレベルのフォルト・トレランス、無停止のメンテナンス、リソースのスケーリング、オラクル以外のクラウドではサポートされていないOracle Database機能を提供し、計画的ダウンタイムおよび計画外のダウンタイムを削減します。

Exadata Database Serviceでオンプレミスのデータベースを保護

オンプレミスにOracle Databaseを導入しているお客様は、Exadata Database ServiceをOracle Data Guardターゲットとして使用することで、Oracle Cloud Infrastructureのデータを保護し、必要に応じて運用を回復することができます。

統合されたデータ保護によりコンプライアンスが簡素化

Oracle Cloud Infrastructureの自動化機能により、DBAはシングルクリックでOracle Databaseのバックアップを有効にできます。お客様はOCIオブジェクト・ストレージの暗号化されたデータベースを保護し、サイバー攻撃に対する保護層を追加し、コンプライアンスを簡素化することができます。

最大30個のリードレプリカによる最大限の柔軟性

Exadata Database Serviceを使用すると、お客様はプライマリ・データベースごとに最大30個の読み取り専用スタンバイを使用できます。読み取りレプリカは、さまざまなリージョン、可用性ドメイン、他のクラウド、オンプレミスに分散させることができます。

統合されたデータ保護により、ランサムウェアからの回復力を簡素化

Oracle Database Zero Data Loss Autonomous Recovery Serviceは、独自のデータベース対応のバックアップおよびリカバリ・インテリジェンスを提供して、OCIで実行されているOracleデータベースを保護することで、ビジネスの回復力を高めます。OCIコンソールで数回クリックするだけで、継続的なトランザクション保護、自動リカバリ検証、ランサムウェア攻撃や人的エラーからの高速で予測可能なリカバリを実行できます。


クラウド内でデータベースの統合により運用効率を向上

マルチバージョンのサポートで統合を簡素化

Oracle Database 12cから19cまでのサポートにより、基盤となるデータベースのバージョンに関係なく、Oracle、ISV、およびカスタム・アプリケーションを単一のサービスに統合でき、サポートを簡素化できます。

スケーラブルなリソースで統合を強化

データベースサーバーに最大8,064個のvCPUと44 TBのメモリを搭載できます。サービスごとにより多くのデータベースを統合することで、ITの複雑さを軽減し、効率を向上させることができます。

ストレージ容量に伴い効率が向上

最大3.1 PB規模の非圧縮データベースにより、他のクラウドデータベースサービスと比較して、データベースをサービスごとに統合でき、運用効率を高め、コストを削減することができます。

リソース管理で予測可能性が向上

Oracle Exadata I/O Resource Managementは、ユーザー定義のポリシーに基づいて、さまざまなデータベース間でI/Oに自動的に優先順位を付け、お客様の重要なデータベースを最高のパフォーマンスで実行し、すべてのデータベースが必要なリソースを取得できるようにします。

冗長性により稼働時間が増加

Exadata Database Serviceは、単一ノードサービスではなく、拡張性が高く可能性に優れたインフラストラクチャにデータベースを統合し、コンポーネントの障害時やメンテナンス中もお客様のデータベースがビジネス運用をサポートできるようにします。

統合により、パフォーマンスが向上し、コストが削減

データベースをExadata Database Serviceと統合することで、ITチームは、需要のピーク時に重要なワークロードにより多くのリソースを割り当てることができ、お客様のアプリケーションをより高速かつ低コストで実行できるようにします。


エンタープライズ・データベースのワークロードをクラウドに簡単に移行

アーキテクチャの同等性により移行が容易

オンプレミスのOracle Exadataシステムと同じ機能により、可用性、スケーリング、またはパフォーマンスを気にすることなく、既存のワークロードをクラウドに移行できます。

OCI上のオラクル・データベースを使用した重要なアプリケーションのAzureへの移行

Oracle Database Service for Azureは、Azureアプリケーション向けにOCI上で動作するオラクル・データベースを簡単にプロビジョニングおよび管理します。これにより、お客様はアプリケーションとデータベースの変更を最小限に抑えながら、データベースの可用性とパフォーマンスを最大化させることができます。

顧客管理により移行の労力を軽減

データベース・ソフトウェアの顧客管理と複数のデータベース・バージョンのサポートにより、既存のワークロードを最小限の労力でOracle Cloud Infrastructureに移行できます。

同一の管理によりトレーニング要件を軽減

DBAは、オンプレミスと同じOracle Databaseオプションおよび管理パックにアクセスできるため、移行が容易になり、トレーニング要件が軽減されます。

Oracleマネージド・インフラストラクチャでITワークロードを軽減

オラクルのエキスパートが38を超えるOCIのリージョンでExadataプラットフォームの管理、パッチ適用、保守を行い、ITチームの作業負荷を軽減するとともに、データセンター関連のコストを削減します。


クラウド内でエンタープライズ・データベースのワークロードを安全に実行

暗号化で顧客のデータを保護

顧客管理のキーを使用した常時暗号化により、ITチームは、保存中や移動中の情報、またはバックアップされた情報をデータベースへの不正アクセスから保護できます。

データベース・セキュリティでアクセスを制限

ユーザーのアクセス権限の制御、アクティビティの監視、監査などの統合データベース・セキュリティにより、データベース・ソフトウェアとデータベースへのアクセスを制限し、データを保護します。

脅威の監視とブロックでリスクを軽減

Oracle Audit Vault and Database Firewallは、データベースのトラフィックを監視して脅威を検出およびブロックすることでお客様のリスクを軽減し、コンプライアンス・レポートを向上させます。

Oracle Data Safe

Oracle Data Safeを使用するお客様は、脆弱性を評価し、統合されたコントロールセンターからセキュリティ制御を監視することで、リスクを軽減できます。機密データを特定し、非本番環境で使用するデータをマスキングすることで、DBAはコンプライアンス要件に対応できます。

Oracle Cloud Infrastructureで基本的なセキュリティを強化

Oracle Cloud Infrastructureはプラットフォーム、接続性、運用セキュリティに配慮したセキュリティ・ファーストの設計のため、お客様は安全性に影響する内部ポリシーに集中することができます。

認定により導入が簡素化

広範な認定を提供するExadata Database Serviceは、商用サービス、政府向けサービス、またDedicated Region Cloud@Customerサービスとして利用できるため、どの分野のお客様もデータベース環境を最新化できます。


クラウド内でのエンタープライズ・データベースの実行にかかる総コストを削減

需要に応じてリソースを割り当てられる柔軟なプロビジョニング

当面のニーズを満たすために初期構成をプロビジョニングし、必要に応じてコンピューティングまたはストレージ機能を少しずつ追加することで、過剰なプロビジョニング・コストを削減できます。

インテリジェントなストレージでコストを削減

インテリジェントなストレージサーバーを使用すると、vCPUリソースを消費することなく、SQLクエリ、分析、機械学習アルゴリズムを実行でき、アプリケーション・パフォーマンスが向上し、コストを削減することができます。

スケーラブルなvCPU消費によりコストを削減

中断なくスケールアップおよびスケールダウンができるデータベースのvCPUと秒単位の消費価格により、ワークロードのニーズと消費を一致させ、厳密にコストを管理することができます。

最小限のコミットメントで柔軟なサブスクリプションを実現

48時間の最小コミットメントとPay-as-you-Go価格モデルを提供するインフラストラクチャにより、お客様は必要なリソースを必要な期間のみ支払うことができ、コストを最小限に抑えることができます。

価格設定モデルでコストを削減

包括的なライセンス持ち込み消費モデルにより、高度な機能を使用したり、既存のOracle Databaseライセンスを活用したりしてコストを管理できます。

Oracleマネージド・インフラストラクチャでITワークロードを軽減

オラクルのエキスパートはExadata Database Serviceインフラストラクチャを管理、パッチ適用、およびメンテナンスを行い、リソースを解放してビジネスの成長を促進しながら、お客様がインフラストラクチャ管理コストを削減できるようにします。


 

FedEx社、売掛金システムをOracle CloudとExadata Database Serviceに移行

「Oracle E-Business Suite のインスタンスをOCIに移行するという決断をしてよかったです。FedExでの23年間の経験の中で、最高の決断の一つでした。」

Rajesh Singh
FedEx、IT担当バイス・プレジデント

TIM Brasil社、Oracle Exadata Database Service上のデータベースを利用したマルチクラウド・アーキテクチャを導入

「現在、環境・社会・ガバナンスを改善するために重要なクラウド・トランスフォーメーションを行っています。マルチクラウド戦略を用いることで、ブラジルの通信事業者としては初めて、ワークロードの100%をクラウドに移行しました。Oracle Cloud Infrastructureに移行したワークロードの中には、顧客の請求システム、CRM、VMwareなども含まれます。」

Pietro Labriola
TIM Brasil、CEO

Cox Automotive社、Oracle CloudとExadata Database Service上のオラクル・バックオフィス・プラットフォームの最新化により年間450万ドルを削減

「OCIのワークロード実行能力に匹敵するものは他にありません。」

Robert Taylor
Cox Automotive、リード・バックオフィス・アーキテクト

Specialized社、自転車購入ブームの中、eコマースとバックエンドのワークロードをOracle Exadata Database Serviceに統合

「我々にとって、Oracle Cloud Infrastructureへの移行は当然の決断でした。スイッチを入れるだけで、瞬時にスケールアップして容量を増やしたり、トラフィックが減少したらスケールダウンしたりできるからです。これには文句のつけようがありません。」

Tommy Pham
Specialized Bicycle Components、データベース・クラウド・プラットフォーム担当シニア・マネージャー

Maritz社、Oracle CloudとExadata Database Serviceに移行することで、データ管理を簡素化し、パフォーマンスを10倍に向上

「Oracle Cloud Infrastructureは、オンプレミスに比べて、より高性能で、より安く、より速いというのが特徴です。これまで数時間かかっていたジョブが、Oracle Cloud Infrastructureでは数分で完了できています。」

Ron Hunsaker
Maritz、エンタープライズ・アプリケーション・サービス担当バイス・プレジデント

Exadata Database Serviceのユースケース

  • モダナイゼーションによるコスト削減

    旧式のインフラストラクチャを、高いパフォーマンス、拡張性、可用性でOracle Databaseワークロードを実行できる最新のクラウド・ソリューションに置き換えます。

    Sky.One社の事例を読む

  • クラウドでの統合

    Exadata Database Serviceを使用してさまざまなオンプレミスのOracle DatabaseワークロードをOracle Cloud Infrastructureに統合することで、コストを削減し、運用効率を向上させます。

    NRMAの事例を読む

  • 開発とテストを加速

    ローコード環境を使用して開発およびテスト用の高パフォーマンス・データベースを迅速にプロビジョニングし、クラウドまたはオンプレミスのアプリケーションの提供を加速させます。

    Dialog Semiconductorの事例を読む

  • ディザスタリカバリを改善

    オンプレミスまたはOracle Cloud Infrastructureのデータベースをリカバリする際、同期されているスタンバイ・データベースや複製データベースを維持します。

    CRIF High Markの事例を読む

  • ピーク要件のコストを削減

    データベース運用を停止させずに高パフォーマンスなリソースのスケールアップやスケールダウンができるため、時間要件の厳しいアプリケーションを実行し、新しいプログラムを開始することができます。四半期ごとの決算も加速されます。

    Makro Atacadistaの事例を読む

Exadata Database Serviceの価格

Exadata Database ServiceのvCPU

製品
比較価格
(/vCPU)*
単価
単位
Exadata Database Service - データベースvCPU
1時間あたりのOCPU
Exadata Database Service - データベースvCPU - BYOL
1時間あたりのOCPU

Exadata Cloud Infrastructure X9M

製品
単価
単位
Exadata Cloud Infrastructure - クォータ・ラック - X9M

  • 1時間あたりのホスト環境
Exadata Cloud Infrastructure - データベース・サーバー - X9M

  • 1時間あたりのホスト環境
Exadata Cloud Infrastructure - ストレージ・サーバー - X9M

  • 1時間あたりのホスト環境

Exadata Database Serviceの基本システム

製品
単価
単位
Exadata Cloud Infrastructure - 基本システム

  • 1時間あたりのホスト環境

他のExadata Database Service構成の価格情報については、Oracle Cloudの価格表を参照してください。

  • *複数のクラウド・サービス・プロバイダの価格をさらに簡単に比較できるように、オラクルのWebページには、価格がコンピューティング・ベースの製品向けのvCPU(仮想CPU)とOCPU(Oracle CPU)の両方の価格が表示されます。製品自体、ポータル内のプロビジョニング、請求などでは、OCPU(Oracle CPU)ユニットを引き続き使用します。OCPUは物理CPUコアを表します。ほとんどのCPUアーキテクチャ(x86を含む)は、物理コアごとに2つのスレッドを実行するため、1つのOCPUはx86ベースのコンピューティングの2つのvCPUsと同等です。お客様にはOCPUごとに2つのvCPUのコンピューティング能力が提供されるため、お客様に請求される1時間あたりのOCPU料金は、先行インスタンスなどのサブコア・インスタンスである場合を除き、vCPU料金の2倍です。</span


  • Exadata Database Service Infrastructureインスタンスには、最低48時間分の料金が請求されます。インスタンスがアクティブ化されてから48時間以内に終了すると、48時間分の料金が請求されます。最初の48時間が経過すると、インスタンスが終了するまで秒単位で課金されます。

  • OCPUはアクティブな時間に対して秒単位で課金されます。

  • Oracle Exadata Database Serviceの詳細については、ドキュメントをご覧ください。
2022年10月18日

Oracle Database Zero Data Loss Autonomous Recovery Serviceの概要

オラクル、シニア・プリンシパル・プロダクト・マネージャー、Kelly Smith

Oracle Backup and Recovery製品チームから、Oracle Database Zero Data Loss Autonomous Recovery Serviceについてお知らせします。Oracle Cloud Infrastructure(OCI)の新しいサービスでは、オンプレミスのOracle Zero Data Loss Recovery Applianceテクノロジーに基づき、OCIで実行されているOracle Databaseサービスの保護機能を提供します。Recovery Service により、ランサムウェアのリスクを減らすというビジネスクリティカルなニーズ、運用効率を向上させるための財務要件、クラウドのシンプルさに対するユーザーの期待に応えることができます。

技術資料

その他の関連製品

自律型データベース

Oracle Databaseの未来

Exadata Cloud@Customer

オンプレミスで提供されているOracle Autonomous DatabaseおよびExadata Database Service

Exadata Database Machine

オンプレミスのExadata

Oracle Cloud Infrastructureもご確認ください

オラクルの次世代クラウド

Exadata Database Serviceを今すぐ始めましょう


チュートリアル

Exadata Database Serviceの主要な概念について学びます。


Oracle Cloud Free Tierを試す

オラクルの常時無料サービスで実際に体験してください。


エキスパートに連絡する

Exadata Database Serviceがビジネスにもたらすメリットをご覧ください。