Globally Distributed Databaseのイノベーション

Oracle Globally Distributed Databaseは、データセットのセグメントを複数のデータベース(シャード・データベース)に分散し、オンプレミスまたはクラウド上のさまざまなコンピュータに配置します。また、グローバルに分散した直線的にスケーラブルなマルチモデル・データベースを実現します。専用のハードウェアとソフトウェアは不要です。Oracle Globally Distributed Databaseは、強力な一貫性、SQLのフルパワー、構造化データと非構造化データのサポート、およびOracle Databaseエコシステムを提供しながら、これらすべてを実行します。また、データ主権要件を満たしており、低レイテンシと高可用性を必要とするアプリケーションをサポートしています。

 class= Globally Distributed Databaseでイノベーションンを実現

オラクルがグローバルに分散したデータベースでハイパースケーラビリティをどのように実現しているかをご覧ください。

 class= インターネット規模のアプリケーションの構築

Oracle BlueKai Data Management Platformは、Oracle Globally Distributed Databaseを使用してペタバイト級のデータを格納し、1つのデータベースで毎秒数百万トランザクションまで拡張できます。

データ・レジデンシの課題への対応

お客様がデータ・レジデンシの課題に対処し、コンプライアンスを強化できるよう、Oracleがどのように支援しているかをご覧ください。

Oracle Globally Distributed Databaseを選択する理由

データ量とトランザクション処理の増加に対応する将来性のあるスケーラビリティ

直線的にスケーラブルなデータベース・パフォーマンスを実現しながら、パフォーマンス・ボトルネックを排除します。

オラクルがOracle Databaseでインターネット・スケールのアプリケーションを構築する方法(43:48)

データ・コンプライアンスとレジデンシーの要求に対応

データが所定の場所にとどまるようにします。複数の地域に分散しているデータを、単一のグローバル・データベースで管理できます。

グローバル・データベースの構築方法

マルチクラウド環境

シェアードナッシング・アーキテクチャを使用して、データ・レジデンシーとデータ近接性の要件を満たし、計画外のダウンタイムからデータベースを保護します。

マルチクラウド・リファレンス・アーキテクチャ

分析のための高速処理

すべてのシャードがアプリケーションに1つの論理データベースとして表示されるため、非常に大きなデータセットのクエリ応答時間を短縮できます。

詳細

データ・パイプライン

データは、非常に高速に並列ですべてのシャードに読み込むことができるため、データ取り込みのための直線的にスケーラブルなアーキテクチャを強化します。さらに、Oracle Globally Distributed Databaseは、イベント・ストリーム処理、モノのインターネット(IoT)、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のLogging Analytics、メトリック・ストア、および時系列データに使用できるため、個別のデータ・パイプラインが不要になります。

Oracle Globally Distributed Databaseへのデータの読み込み

データ・レイク

Oracle Databaseはコンバージド・データベースです。リレーショナル・データだけでなく、テキスト、JSON、グラフ、空間などの非構造化データや半構造化データも保存できます。Oracle Globally Distributed Databaseは、大量の構造化データおよび非構造化データを格納するために使用でき、データの断片化も解消できます。

JSONドキュメント・コレクションのシャーディング

Globally Distributed Databaseの機能

データ配信の自動化

データのシャーディングと再シャーディングの自動化

Oracle Shardingは、データを目的のシャードに自動的に配置するため、データを手動で準備する必要はなく、時間を短縮できます。

特徴
  • 複数のシャーディング方法(システム管理とユーザー定義)
  • シャーディング方法およびキーが異なる2つのレベルのシャーディングを許可するコンポジット・シャーディング
  • すべてのシャードへのデータの並列取り込み
  • すべてのシャードにわたる並列クエリ

弾力性

ニーズに基づく柔軟なシャーディング

ダウンタイムおよびデータ損失なく、シャードを追加および削除し、データを再シャーディングできます。

特徴
  • シャードのオンラインの追加と削除
  • データの再シャーディングの自動化

集中管理

シャード・データベースを1つの論理データベースとして集中的に管理および監視

お客様は、シャード・カタログによって、シャード・データベース内のすべてのシャードを1つの論理データベースとして管理できます。

特徴
  • シャード・データベースのセットアップと設定
  • シャードの追加と削除
  • 高可用性構成
  • データベース・オブジェクト管理
  • シャードのパッチ適用
  • 詳細な監視指標
  • セキュリティ設定

アプリケーション・ルーティングの自動化

シンプルなアプリケーション開発

Oracle ShardingはOracle Databaseのクライアント・ドライバでネイティブにサポートされています。開発者は、シャード・データベースを1つの論理データベースとして扱い、アプリケーション開発を簡素化できます。

特徴
  • シャードへのリクエスト・ルーティングの自動化
  • コーディネーターへのマルチシャード・リクエスト・ルーティングの自動化
  • マルチシャード更新のトランザクション・サポート
  • JDBC、OCI、および.NETドライバのサポート
  • スタンバイへのフェイルオーバーの自動化
  • FANイベントのサポート
  • シャーディング・キーの自動識別(21JDBC)

高可用性

ダウンタイムなし(計画外も計画的も)

シャード・データベースは、計画外の停止から保護されており、オンラインの計画的な運用のための機能を実装しているため、アプリケーションは厳しい可用性SLAを満たすことができます。

特徴
  • データ・レプリケーションの自動化
  • 自動フェイルオーバー
  • 障害分離
  • オンラインのパッチ適用とアップグレード
  • バックアップ/リカバリ
  • ディザスタ・プロテクション

永続メモリ

Oracle Shardingによる永続メモリ・データベースのスケールアウト

Oracle Database 21cでは、すべてのデータとREDOをローカルの永続メモリ(PMem)に保存できます。SQLはマッピングされた永続メモリ・ファイル・システムに保存されたデータで直接実行されるため、従来のディスク・ストレージへのIOコード・パスは不要です。

特徴
  • PMemへの書き込み時のデータ整合性
  • フェイルオーバー時間の短縮
  • DRAMの使用の最適化

Oracle Globally Distributed Databaseがシャーディングをシームレスに

Global Distributed Databaseは、グローバルなユーザーベースに対応し、多様なデータ規制に対応するためのシームレスで効率的なソリューションを提供します。

簡単な管理

Globally Distributed Databaseは、すべてのシャードを1つの論理データベースとして表示します。シャードカタログを介した集中管理により、分散データベースを1つのまとまりとして包括的に把握することができ、複雑さを最小限に抑えることができます。

簡素化された操作

自動シャーディングと再シャーディング機能を組み込むことで、手動によるデータのシャーディングが不要になり、導入が簡素化されます。

アプリケーション開発の効率化

自動ルーティングは、アプリケーションのデータベースへの接続方法を簡素化し、データベースを統合された論理ユニットとして扱います。また、データベース・クライアント・ドライバをネイティブにサポートします。

Comcast

Shardingのお客様事例

EpsilonはOracle Shardingでスケーラビリティ、パフォーマンス、および可用性を向上しています。

Oracle Globally Distributed Database

  • インターネット規模でリアルタイムのオンライン・トランザクション処理

    インターネットを利用した消費者向けアプリケーション、金融およびモバイル決済アプリケーション、大規模なSaaSアプリケーションのための複雑なデータ準備を不要にします。

    OLTP機能を確認する

  • データ・レジデンシー

    トランザクションのリニアなスケーラビリティ、より優れたアプリケーションSLA、厳格なデータの整合性を提供します。

    データ主権の機能を確認する

  • ビッグデータ分析

    多数のコンピュート・インスタンスにまたがる大容量データの超並列処理を必要とするアプリケーションのパフォーマンスを高速化します。

    超並列処理アーキテクチャの確認

  • 高スループットのデータ取り込み

    IoTアプリケーションのための超高速データ取り込みを実現します。

    Oracle Globally Distributed Databaseへのデータの読み込み

  • 非常に高い可用性

    非常に高いSLAを必要とするアプリケーションをサポートし、多くの場合、障害分離で対応します。

    アーキテクチャ・パターンの確認

  • マルチクラウド環境

    マルチクラウド環境に分散された完全なデータ分離により、極めて大きなスケールアウトをサポートするデータベースを導入できます。

    マルチクラウド・リファレンス・アーキテクチャ

ハンズオン・ラボでOracle Globally Distributed Databaseを体験する

Oracle Globally Distributed Database 19cによるデータ・ソブリンの実現方法
Oracle Globally Distributed Database – ハイパースケールGlobally Distributed Databaseワークショップ

Oracle Globally Distributed Databaseのリソース

ドキュメント

ドキュメント

  • 製品ドキュメント
  • お客様から着想を得たリファレンス・アーキテクチャ・パターン
    スケーラビリティ、可用性、およびセキュリティに関するベストプラクティスを備えた、Oracle Cloud導入アーキテクチャ・パターンをご覧ください。

  • パターンを見る

Oracle Globally Distributed Databaseを使い始める


Oracle Cloud Free Tierを試す

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、および導入します。


お問い合わせ

詳細を知りたいですか?業界をリードする当社のエキスパートにご相談ください。