該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Database Appliance

Oracle Database Applianceは、組織がリモートおよびエッジ・コンピューティング環境でオラクルのデータベースとアプリケーションを実行するための最も簡単で低コストな方法です。管理の自動化を備えた構築済みの統合システムを使用すると、顧客はOracle Databaseの導入時間を節約し、管理ワークロードを削減できます。IDCのビジネス価値調査(PDF)で示されているように、Oracle Database Applianceを使用すると、顧客は収益を増やし、コストを管理でき、5年間で最大498%の投資収益率(ROI)を実現できます。

Oracle Database Applianceの概要ビデオを見る(1:43)

Oracle Database Appliance お役立ち資料ダウンロード

Oracle Database Applianceの機能や特長をわかりやすく解説するホワイトペーパーやユースケースなど、最新のお役立ち情報をお届けします。

Database Applianceの機能

主要な差別化要因

より簡単で高速なインストール

DSCによる分析(PDF)で示されているように、自動セットアップを備えた構築済みの統合システムにより、顧客はデータベースとアプリケーションの実行をわずか30分で開始できます。これは、DIYソリューションよりも平均10倍高速です。

最大のパフォーマンスのために最適化

緊密に統合されたOracle Database Applianceのハードウェアとソフトウェアは、顧客アプリケーションで最高のパフォーマンスを実現するように最適化されています。

コスト削減を可能にする手頃な価格

エントリー価格が低く、2つのCPUコアからCPUライセンスを柔軟に取得できるため顧客の総所有コスト(TCO)を削減できます。

Oracle Cloud統合により顧客データを保護

Oracle Cloud Infrastructure(OCI)の統合により、ITスタッフはクラウド内のデータをバックアップおよびアーカイブしながら、必要に応じてワークロードをクラウドに簡単に移動できます。

単一ベンダーのサポートによるセキュリティの強化

オラクルは、マルチベンダーのDIYソリューションよりも導入が簡単な四半期ごとのパッチですべてのハードウェアとソフトウェアをサポートします。

詳細を見る

自動化された導入と管理

フルスタック統合により生産性が向上

Oracle Database、インフラストラクチャ、管理ソフトウェア間の独自の統合により、ITチームの生産性を向上させながら、アプリケーションのパフォーマンスを最適化できます。

自動構成によりITワークロードを削減

IDCのビジネス価値調査(PDF)で示されているように、DBAは組み込みの自動化を使用して、Oracle DatabaseのインスタンスをDIYインフラストラクチャよりも67%速く構成することによって、ワークロードを削減できます。

自動化によりITワークロードを削減

Wikibonの研究(PDF)で示されているように、自動化されたストレージ構成、データベース・プロビジョニング、および四半期ごとのシングルバンドル・パッチにより、ITスタッフの負担がDIYソリューションと比較して最大96%削減されます。

Oracleのサポートによる問題解決のスピードアップ

Oracleによる単一ベンダーのサポートにより、IT部門はDIYマルチベンダー環境で互いに責任を追及するのではなく、1回の問い合わせで複数の問題を迅速に解決できます。

詳細を見る

Oracle Databaseの最適化

完全統合により最高のパフォーマンスを実現

高性能CPU、ストレージ、および自動管理を備えたフルスタック・ソリューションは、顧客のOracle Databaseワークロードで最高のパフォーマンスを実現します。

組み込みの自動化により管理コストを削減

Oracle Database Applianceシステムには、DIYデータベース・プラットフォームよりも高速なインストールと簡単な管理を実現する広範な自動化が事前に組み込まれています。DSC分析によると、3年間のTCOが36%削減される(PDF)ことが明らかになっています。

混合ワークロードのサポートにより複雑さを軽減

最適化されたOracle DatabaseではOracle、サードパーティおよびカスタムのアプリケーションを実行できます。そのため、リモートオフィスやエッジロケーションに多様な顧客ワークロードを導入する際の複雑さが軽減されます。

データベースの選択によるソリューションの適合性の最大化

Oracle Database Enterprise EditionとStandard Editionのサポートに加え、すべてのOracle Databaseオプションと管理パックにより、IT部門はニーズに最適なソリューションを選択できます。

キャパシティ・オン・デマンドでコストを削減

キャパシティ・オン・デマンドのリソースを有効にすると、顧客はわずか2つのCPUコアで使用を開始できます。さらに、使用率を最大64コアまで簡単に拡張できるため、ビジネス要件に見合ったコストを実現できます。

詳細を見る

組み込みのリスク削減

統合ソリューションによりアプリケーションの可用性を最大化

最適化されたフルスタック・ソリューションは、顧客のOracle Databaseワークロードで最高のパフォーマンスを実現します。

組み込みの自動化により管理コストを削減

IDCの顧客ビジネス価値分析(PDF)で示されているように、Oracle Database Applianceシステムは、顧客のアプリケーションの可用性を最大化する統合ソリューションとしてOracleによって設計、テスト、およびサポートされているため、計画外のダウンタイムを年間1分未満に削減できます。

フルスタックのパッチ適用によりサイバー攻撃のリスクを軽減

システム、ソフトウェア、およびデータベース・インフラストラクチャのバンドルパッチは頻繁な更新を通じてビジネスのセキュリティを高めます。そのため、顧客は悪意のある攻撃から簡単に保護できます。

統合による高可用性の導入の簡素化

Oracle Real Application ClusterとOracle Data Guardの導入をAppliance Managerで統合することで、顧客は重要なデータベースの高可用性を簡単に実現できます。

より高速なデータ保護によりダウンタイムを削減

IDCの調査で示されているように、Oracle Database Applianceは顧客のバックアップ時間を41%、復旧時間を38%改善でき、必要に応じてアプリケーションを確実に利用できます。

組み込みの自動化によりクラウドのデータ保護を簡素化

OCIでのデータのバックアップはAppliance Manager環境に統合されているため、ITスタッフの作業負荷を軽減し、重要な顧客データの保護層を追加できます。

詳細を見る

Appliance Manager

自動化により管理を簡素化

組み込みのシステム管理自動化により、Oracle Databaseのベスト・プラクティスを実装して、リモートにある顧客の場所またはエッジ環境でのソリューションの導入と管理を簡素化できます。

使いやすいインターフェイスでプロビジョニングを促進

統合されたユーザー・インターフェイスでは構成パラメーターがすばやく収集され、事前定義のオプションが用意されているため、システムとデータベースのプロビジョニングをいくつかの簡単な手順に減らすことができます。

包括的なパッチ適用によりメンテナンスを合理化

Oracle Database Appliance専用に設計された事前テスト済みのパッチバンドルは、アプライアンスのファームウェアとソフトウェアに同時にパッチを適用してIT管理の負担を軽減します。

統合されたデータ保護によりデータ損失のリスクを軽減

外部ローカルストレージまたはOCIに統合されたバックアップとリカバリにより、ITスタッフの負担を軽減し、リモートロケーションで作成された重要な顧客データを保護できます。

自動監視により稼働時間を改善

組み込みの診断機能により、Oracle Database Applianceインフラストラクチャの障害を継続的に監視し、オラクルのベスト・プラクティスからの逸脱を検出します。そのため、ITチームはリモート・システムの可用性を最大化できるようになります。

詳細を見る

設備投資と運用コストの最適化

統合により事前コストを削減

IDCのビジネス価値調査(PDF)に示されているように、コンポーネントレベルの統合を排除した、エントリー価格が低い完全統合システムにより、顧客はリモートオフィスやエッジ環境にオンプレミス・インフラストラクチャを導入するコストを20%削減できます。

キャパシティ・オン・デマンドのライセンスでTCOを削減

顧客はわずか2つのCPUコアからOracle Databaseのライセンスを取得でき、ワークロードの増加に応じてライセンス数を増すこともできるため、すべてのCPUコアにすぐにライセンスを付与する必要があるDIYソリューションよりもコストを削減できます。

組み込みの自動化により、リモート操作を簡素化

完全な統合、管理の自動化、およびシングルバンドル・パッチの適用により、ITチームはリモートにある顧客の場所に人件費をかけ続ける必要性を抑えることができます。

管理の自動化により運用コストを削減

IDCの分析で示されているように、組み込みの管理自動化により、Oracle Database Applianceの顧客は運用コストを54%削減し、DBAチームの効率を61%向上させることができます。

設備投資と運用コストの削減による顧客の投資収益率の向上

IDCの調査で示されているように、設備投資の削減と自動管理により、組織は10か月の投資回収と498%の5年間の投資収益率を達成できます。


Oracle Database Appliance X8-2S

エントリーレベルのシステムで導入コストを最小化

最も低コストのOracleエンジニアド・システムは完全に統合され、単一のOracle Databaseインスタンスを実行するように最適化されています。

高密度設計によりスペース要件を軽減

16台のIntel®Xeon®プロセッサ・コアを備えたコンパクトな2ラックユニット(RU)サーバーは、スペース要件が厳格なリモートおよびエッジ環境での顧客のITフットプリントを最小限に抑えます。

拡張可能なメモリでより大きなデータベースをサポート

顧客は192GBの標準構成から最大384GBまでメモリーを拡張でき、より大規模なデータベースやメモリを大量に消費するアプリケーションをサポートできます。

NVMeストレージでパフォーマンスを最大化

12.8TBの組み込みの容量を備えたNVMe rawストレージは、従来のソリッドステート・ドライブで構成された同様のシステムよりも高いパフォーマンスと信頼性を実現できます。

ネットワーク・オプションで統合を簡素化

10GBase-Tまたは10/25GbE SFP28のネットワーク接続を選択すると、既存の顧客インフラストラクチャと簡単に統合できます。

詳細を見る

Oracle Database Appliance X8-2M

ミッドレンジ・ソリューションにより統合を簡素化

Oracle Database Appliance X8-2Mを使用すると、中規模の組織はリモートオフィスのOLTP、データウェアハウス、および混合ワークロード環境のOracle Databaseインスタンスを簡単に統合できます。

最適化された価格とパフォーマンスによりコストを削減

32個のIntel®Xeon®CPUコアと最大768GBのメモリを備えたOracle Database Appliance X8-2Mでは、X8-2Sシステムの最大2倍の計算能力とメモリ容量を、コストを倍増せずに実現できます。

NVMeストレージでパフォーマンスを最大化

12.8TBまたは76.8TBのNVMe rawストレージ容量により、従来のソリッドステート・ドライブで構成された同様のシステムと比較して、データベース規模の高い拡張性とパフォーマンスを実現できます。

ネットワーク・オプションで統合を簡素化

10GBase-Tまたは10/25GbE SFP28のネットワーク接続を選択すると、既存の顧客インフラストラクチャと簡単に統合できます。

詳細を見る

Oracle Database Appliance X8-2-HA

冗長アーキテクチャにより稼働時間が増加

共有ストレージによるサーバーレベルおよびコンポーネントレベルの冗長性により、計画外のダウンタイムからデータベースを保護し、重要なデータに24時間365日アクセスできます。

Oracle Databaseソフトウェアによる可用性の向上

オプションのOracle Real Application Clusters(RAC)およびAutomatic Storage Manager(ASM)を使用すると、サーバーまたはストレージデバイスの障害が発生した場合でも顧客データベースを利用し続けることができます。

オラクルのソフトウェアによるビジネス継続性の向上

オプションのOracle Active Data GuardおよびOracle Golden Gateは、複数のデータセンターにわたるビジネス継続性と障害時リカバリを可能にし、サイト全体の停止から顧客を保護します。

要求の厳しいワークロードを高性能設計で高速化

Oracle Database Appliance X8-2-HAには、64個のIntel®Xeon®プロセッサ・コア、1.5TBに拡張可能な768GBのメモリ、10GBase-Tまたは10/25 GbE SFP28のネットワーク接続が含まれているため、中規模企業は統合されたワークロードのパフォーマンスを最大化できます。

ストレージの拡張

基本システムの46TBのソリッドステート・ディスク(SSD)ストレージは高いパフォーマンスを発揮します。ストレージを合計368TBのSSD、または92TBのSSDと504TBのハードディスクストレージの組み合わせにアップグレードすれば、多種多様な要件に対応できます。

詳細を見る

Oracle Database Applianceのお客様成功事例

Oracle Database Applianceは、重要なOracle Databaseの実行、ITインフラストラクチャの統合、コスト削減を実現するために、世界中の何千社もの顧客によって使用されています。

AFIBEL
=自動インターリーブ
CISTEC
データトラフィック
Kessler
Madero
Mercer
セントポール公立学区
KGHMのロゴ

KGHM、Oracle Database Applianceを使用してレポート時間を2時間から6分に短縮

Oracle Database Applianceのメリット

  • DIYソリューションよりも導入が速い

    DSCによる分析(PDF)で示されているように、顧客はOracle Database Applianceをわずか30〜90分で導入できるため、リモートオフィスやエッジ環境での新しいサービスの可用性の確保を加速できます。この導入時間はDIYソリューションよりも10倍高速です。

  • オンプレミスの需要に見合ったコスト

    Oracle Database Applianceを使用すると、Oracle Databaseライセンスはわずか2つのCPUコアから取得できます。ワークロードが増加するにつれてCPUコアのライセンスを増やすこともできるため、すべてのCPUコアのライセンスが必要なDIYソリューションよりも顧客のコストを削減できます。

  • 高い投資収益率

    IDCによるOracle Database Applianceのビジネス価値調査(PDF)で示されているように、設備投資の削減と自動化された管理により、組織は10か月での投資回収と5年間で498%の投資収益率を達成できます。

  • Oracle Databaseとアプリケーションの高可用性

    企業は、完全に冗長で可用性の高いハードウェアおよびソフトウェア・インフラストラクチャを使用して、Oracle Databaseのインスタンスやアプリケーションに24時間365日アクセスできます。

  • クラウド内のデータを簡単に保護

    Appliance Managerは、ローカル外部ストレージまたはOCIへのデータベースのバックアップとアーカイブを自動化して、リモートオフィスやエッジ環境で生成された情報を保護します。

2020年7月27日

Oracle Database Applianceとの簡略化されたData Guard統合

オラクル、シニア・プリンシパル・プロダクトマネージャー、Carlos Ortiz

「2つのOracle Database Applianceシステム間でのData Guardの構成は、1つのコマンドに大幅に簡素化されました。ユーザーは数分以内にData Guardを構成できるようになりました。経験の浅い管理者でもData Guardを簡単にセットアップしてOracleのデータを保護できるようになります」

全文を読む

関連製品

Oracle Exadata X8M

Oracle Databaseを実行するための最も高速でスケーラブルなマシン

Exadata Database Cloud Service

OCIでの高速で柔軟なExadataデータベースサービス

Exadata Database Cloud@Customer

顧客データセンターのExadata Cloud Service

Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer

顧客のデータセンターで使用できる包括的な自律型データベース

始める


専門家に問い合わせる

Database Applianceが貴社固有のビジネス・ニーズにどのように役立つかをご覧ください。