申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Full Stack Disaster Recovery

Oracle Cloud Infrastructure (OCI) Full Stack Disaster Recovery Serviceを使えば、世界中のどこからでもOCIリージョン間のインフラストラクチャ、プラットフォーム、アプリケーションの移行をワンクリックで管理できます。専用の管理サーバーや変換サーバーを必要とせずに、既存のインフラストラクチャ、データベースまたはアプリケーションを再設計または再デプロイすることなく、ディザスタ・リカバリ(DR)環境をデプロイできます。

OCI Full Stack Disaster Recoveryの特徴

OCIスタックとの組込み統合

Full Stack Disaster Recoveryは、コンピュート・インスタンスと専用仮想マシン(VM)ホストのOCIサービスと緊密に統合されており、プライマリ・リージョンとスタンバイ・リージョン間でストレージをレプリケートするためのブート・ボリューム、ブロック・ボリューム、ファイル・ストレージも備えています。また、Full Stack Disaster Recoveryは、Oracle Autonomous Database、Oracle Base Database Service、Oracle Exadata Database Serviceとも完全に統合されています。

ワンクリックでDR計画を生成

Full Stack Disaster Recoveryは、組込みのインテリジェンスを使用して、オラクルのアプリケーションおよびインフラストラクチャのDR計画を生成します。

完全にオーケストレーションされたDR計画の実行

すべてのステップは完全に自動化されており、コンピュート、データベースおよびアプリケーションをスタンバイ・リージョンに移行するために人の手は必要ありません。

拡張可能なDR計画

独自の要件を満たすようにDR計画を調整できます。DR計画は完全に拡張可能であるため、シェル・スクリプトやOracle Cloud Infrastructure Functionsなど、あらゆるタイプのカスタム自動化を統合できます。

アプリケーション・スタックの準備状況を検証する事前チェック

Full Stack Disaster Recoveryでは、スタンバイ・リージョンでのDR操作が正常に行われるように、DR計画が実行される前に包括的な事前チェックが実施されます。

あらゆるDRトポロジ管理に対応

Full Stack Disaster Recoveryでは、特定のDRトポロジまたはデプロイメント・アーキテクチャに従うことを指示したり、要求したりすることはありません。ストレージ、ネットワーク、コンピュート、データベース、ミドルウェア、アプリケーション、およびその他のサービスを、使い慣れた方法でプロビジョニングするだけです。

サービスとしてのサーバーレス・ディザスタ・リカバリ

Full Stack Disaster Recoveryでは、特殊なインフラストラクチャや管理サーバーは必要ありません。

ライブDR操作の監視および管理

OCIコンソールを介して、すべてのステップでDR操作を視覚的に監視します。プロセスの任意の時点でDR操作を一時停止、再開、または取り消すこともできます。

APIを使用した迅速なデプロイ

DR保護グループとDR計画の作成とAPIを使用したリソースのデプロイを迅速に行えます。

関連製品とテクノロジー

OCI Full Stack Disaster Recoveryを使い始める


お問い合わせ

Full Stack Disaster Recoveryがどのように役立つかをご覧ください。