該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

 

急上昇中の質問

Oracle Database Exadata Cloud Service

Oracle Exadata Database Machineは、エンタープライズ規模のデータベース実行用に設計された、高パフォーマンスのエンジニアド・システムです。クォーター、ハーフ、およびフルラック構成で利用できます。Oracle Database Exadata Cloud Serviceは、OLTP、データ・ウェアハウス、リアルタイム分析、および混合データベース・ワークロードを任意のスケールでサポートできるようエンジニアリングされています。このサービスでは、データベースの制御はお客様がおこないますが、ハードウェア、ストレージ、ネットワーク・インフラはオラクルによって管理されるので、お客様はビジネスの成長に専念することができます。

オラクルは、Generation 2 Exadata Cloud at Customerの 新しいアジャイル導入オプションを発表しました。Gen 2 Exadata Cloudでは、 オンプレミスのお客様がエンタープライズ規模のデータベース・クラウド・ サービスをより柔軟に導入し、回復性、自動化、 およびデプロイメントを以前の世代よりも改善することが できます。

製品の特徴

すべて開く すべて閉じる

パフォーマンス

  • 問合せオフロード、インテリジェント・フラッシュ・キャッシュ、Hybrid Columnar Compressionなど、10年以上にわたるOracle Exadataのイノベーションを活かすことで、Oracle Database Exadata Cloud Serviceはお客様のOracleワークロードに配慮した最善のプラットフォームとなっています。
  • スケーリングは、368コア、8ノード、最大5.7 TB のRAM、300 TB超のNVMeフラッシュ・キャッシュ、および340 TBのデータベース・ストレージに対応しています。
  • Oracle Database Exadata Cloud Serviceには、最高のパフォーマンスに対応したOracle Database Enterprise Edition Extreme Performanceが含まれています。

セキュリティ

  • すぐに使用できるマルチ・レベルの組み込みセキュリティにより、お客様のサービスとデータを導入直後から保護できます。
  • Oracle Database Exadata Cloud Serviceは、イントラネット内からしかアクセスできない、プライベート仮想クラウド・ネットワーク内に作成できます。

可用性

  • Oracle Database Exadata Cloud Serviceでは、高可用性データベースを実現するOracle Real Application Clusters(Oracle RAC)や、真の障害時リカバリ・ソリューションを提供するOracle Active Data Guardなど、Oracle Cloudでしか利用できない機能がサポートされています。
  • Oracle Database Exadata Cloud Servicesを複数の可用性ドメインで起動し、Oracle Active Data Guardを構成して、障害時のリカバリ・ポイント目標を複数のリージョンにわたって改善することができます。

管理性

  • Oracle Database Exadata Cloud Serviceでは、データベースを自動的にバックアップし、クラウド・コンソールからリカバリを実行できます。
  • データベースとグリッド・インフラの四半期パッチがリリースされると、お客様に向けてステージングされ、提供されます。お客様は、選択した日時にクラウド・コンソールまたはAPIを通じてそれらを適用できます。
  • データベースのデプロイも、クラウド・コンソールを使用してすばやく簡単に実行できます。

柔軟性

  • データベースのバージョンは、11.2.0.4、12.1.0.2、12.2.0.1、18c、19cの中から選択できます。
  • Oracle Database Exadata Cloud Serviceでは、複数のデータベースとデータベース・バージョンを選択し、I/O Resource Managerなどの組み込み機能を使用して、混合ワークロードに対応できます。
  • Oracle Database Exadata Cloud ServiceのCPUはダウンタイムなく動的にスケーリングできるので、ワークロードのニーズに合わせてリソースを調整し、無駄なコストを回避することができます。