申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

Data Safe

Oracle Data Safeでは、組織がデータ機密性の理解、データ・リスクの評価、機密データのマスク、セキュリティ制御の実装と監視、ユーザー・セキュリティの評価、ユーザー・アクティビティの監視をすべて単一の統合コンソールで行えます。これらの機能は、オンプレミスとクラウドの両方のOracle Databasesの日々のセキュリティおよびコンプライアンス要件を管理するのに役立ちます。

製品ツアー:Oracle Data Safe — 統合データベース・セキュリティ

データベース・セキュリティ・クラウド・サービスのクイック・セルフガイドツアーを通じて、Data Safeの実際の機能をご覧ください。

IDCレポート:データインテリジェンス:クラウドおよびオンプレミスデータベースを安全に保護

データベースのセキュリティ、データガバナンス、データ保護を実現するための重要な要素と、組織でこれらの目標を達成するのにOracle Data Safeがどのように役立つかをご確認ください。

インフォグラフィック:Oracle Data Safeによるコストの削減と時間の節約

Data Safeを使用して時間と費用を節約しながら、データベースのセキュリティを向上させ、コンプライアンスのイニシアチブを加速する方法をご確認ください。

LiveLabsのOracle Data Safeワークショップで実践的な経験を積みましょう。Data Safeのすべての主要な機能が約2時間で説明されます。

Oracle Data Safeの特徴

設定のドリフトを防止

データベースのセキュリティ体制をすばやく評価できます。Data Safeは、リスクを識別、分類、優先順位付けし、セキュリティ・パラメータ、使用中のセキュリティ・コントロール、ユーザーのロールと権限について包括的な評価レポートを提供します。

  • セキュリティ・ベースラインを作成し維持して、設定のリスクを迅速に特定できます。

  • 企業全体で一貫したセキュリティ・コントロールを使用できます。

  • 規制のコンプライアンスに関する推奨事項(EU GDPR、DISA STIG、および CISベンチマークなどを使用)を受け取ることができます。

最小権限の原則を実施

権限と認証を管理することにより、ユーザー・リスクを最小限に抑えることができます。危険な行動と権限過剰ユーザーを特定できます。Data Safeにより、どのユーザーが最も高いリスクを示していて、そのユーザーに付与された権限が確認されるため、ユーザー・アクティビティを分析できます。ユーザータイプ、パスワードポリシー、最終ログイン、パスワードの有効期限などのプロファイル情報を評価できます。


データベース操作の監視

データベースから監査データを収集し、異常な操作を特定できます。監査およびアラートポリシーを簡単に管理できます。すぐに使える監査レポートを活用するか、カスタムレポートを作成して、データベースのアクティビティを分析できます。監査データを保持して、コンプライアンス要件を満たしたり、フォレンジック調査に役立てたりできます。


データとリスクを理解する

150を超える事前定義された機密データタイプのライブラリに基づいて、機密データを検出して分類できます。このライブラリは、組織の要件に合わせてカスタムデータタイプで簡単に拡張できます。事前定義されたデータタイプには、個人識別子、ITデータ、財務データ、ヘルスケアデータ、雇用データなどの事前定義されたマスキング形式も付属しています。データベース内の機密データのデータタイプ、場所、量を把握し、その情報を使用して、関連するリスクとデータ保護のニーズを判断できます。


DevTestからリスクを排除

非本番環境で安全に使用できるように、機密データを、現実的でありながら不明瞭なデータに置き換えることができます。テスト、開発、分析に必要な複雑なデータ関係を維持しながら、機密データの量および関連するリスクを最小限に抑えることができます。Data Safeでは、事前定義されたマスキング形式が提供されるだけでなく、特定の組織要件を満たすカスタムマスキング形式を定義する機能も用意されています。事前定義されたすべての機密データタイプには、相関マスキング形式が付属しているため、マスキングジョブを実行する手間が大幅に省けます。マスキングレポートには、これらのセキュリティとコンプライアンスの取り組みが示されます。


セキュリティ体制とイベントを表示

Data Safeのインタラクティブなダッシュボードを使用すると、データベースのセキュリティ体制が一目でわかり、アラートを表示し、データセキュリティを管理できます。関心のある領域や特定されたリスクに簡単にドリルダウンできます。


クラウドでもオンプレミスでも

Data Safeを活用して、すべてのOracle Databaseを保護できます。たとえば、オンプレミス、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)、サードパーティのパブリッククラウド、またはOracle Exadata Cloud@Customerで実行されるOracle Autonomous Database、Oracle Database Cloud Service、Oracle Database Enterprise Edition、およびOracle Database Standard Editionが対象になります。


Soho Media Solutions

Soho Media Solutions社、データベースのセキュリティを向上させ、GDPRコンプライアンスに対処するためにOracle Data Safeを選択

「Data Safeを使用して、データベース内のユーザー・アクティビティを監視および評価しています。Data Safeは非常に実装しやすく、しかも極めて堅牢です」

—Soho Media Solutions社、CEO、Guillaume Delannoy氏

Oracle Data Safeのユース・ケース

  • 機密データを保護する

    データのタイプ、場所、量など、データベース内の機密データの詳細を明らかにしてから、DevTestで使用するためにデータをマスクできます。

  • 規制コンプライアンスを迅速化する

    セキュリティ体制にアクセスし、コンプライアンス違反につながる可能性のあるセキュリティ・ギャップを解決し、監査人と共有するレポートを生成できます。

その他の関心分野

技術概要

Oracle Data Safeを使用して重要なデータを保護

アナリスト・レポート

KuppingerColeエグゼクティブ・ビュー:Oracle Data Safe

よくある質問

答えを得る

オラクルのデータベース・セキュリティ

その他のセキュリティ・ソリューションの詳細を見る

ここから始めよう


Data Safeのデモをリクエストする

次のステップをご希望ですか。オラクルのエキスパートによるData Safeのデモをご予約ください。


Data Safe LiveLabsを試す

LiveLabsワークショップでData Safeを実際にご体験ください。


Data Safeの使用を開始する

ドキュメントを確認し、今すぐ始めましょう。