該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Data Safe

Data Safeでは、データベース・セキュリティの評価、ユーザーの評価、アクティビティ監査、機密データの検出、およびデータマスキングをすべて単一のコンソールで実行できます。これらの機能は、組織がオンプレミスとクラウドの両方でOracle Databaseの日常のセキュリティを管理するのに役立ちます。

Ovumのレポート:Oracle Data Safeでデータベース・セキュリティを統合

クラウド・コンピューティングの責任共有モデルと、Oracle Data Safeがデータ・セキュリティ・タスクを単一の画面で管理してデータベース・セキュリティを簡素化する方法についての詳細をご覧ください。

Oracle Data Safeの特徴

構成のドリフトを防止

データベース・セキュリティ体制を迅速に評価し、EU GDPRコンプライアンスの要件など含む、構成の推奨事項を受け取ることができます。


最小特権の原則を実施

特権と認証を管理することにより、ユーザー・リスクを最小限に抑えることができます。危険な行動と特権過剰ユーザーを特定できます。


データベース操作の監視

データベースから監査データを収集し、異常な操作をフラグ指定できます。カスタム監査、アラート、およびコンプライアンス・ポリシーをプロビジョニングできます。


監査を合理化

監査人と共有するインタラクティブでカスタマイズ可能なレポートを使用して、コンプライアンスの取り組みを簡素化および迅速化できます。


データとリスクに精通

機密データの120を超えるデータ型を検出して分類します。データベース内の機密データのデータ型、場所、および量を把握できます。


DevTestからリスクを排除

機密データを開発、テスト、およびパートナー環境で安全に使用できるように、現実的でありながら、隠されたデータにそれを置き換えます。


セキュリティ体制とイベントを表示

Data Safeのインタラクティブなダッシュボードを使用すると、データベースのセキュリティ体制を理解し、アラートを表示し、データ・セキュリティを管理できます。


クラウドでもオンプレミスでも

Data Safeを活用して、Oracle Cloud Infrastructure、オンプレミス、またはOracle Exadata Cloud@Customerで実行されているOracle Databaseを保護できます。


Oracle Data Safeのユース・ケース

  • 機密データを保護

    データのタイプ、場所、量など、データベース内の機密データの詳細を明らかにしてから、DevTestで使用するためにデータをマスクできます。

  • 規制コンプライアンスを迅速化する

    セキュリティ体制にアクセスし、コンプライアンス違反につながる可能性のあるセキュリティ・ギャップを解決し、監査人と共有するレポートを生成できます。

ユース・ケース

その他の関心分野

テクニカル・レポート

Oracle Data Safeを使用して重要なデータを保護

データシート

機能、利点など

よくある質問

答えを見つける

オラクルのデータベース・セキュリティ

その他のセキュリティ・ソリューションの詳細を見る

ここから始めよう


Data Safeの実際の動作を見る

次のステップに興味がありますか?当社の専門家とのData Safeのデモをスケジュールするには、当社にお問い合わせください。


Oracle Autonomous Databaseを試す

Oracle Application ExpressやOracle SQL DeveloperなどのツールでOracle Autonomous Databaseをお試しください。


データベース・セキュリティ評価ツールを実行する

データベースのセキュリティ体制を素早く特定し、リスクを軽減するための推奨事項を取得できます。