可観測性と管理

Oracle Cloud Observability and Managementプラットフォームによって、フルスタックの可視化、デフォルトの分析、および自動化でマルチクラウド・アプリケーションとインフラストラクチャ環境を監視、分析、および管理します。

Drop Tank、ITスタッフの労力を50%削減しながら、カスタマー・ロイヤルティを向上していることを語る(1:29)

Oracle Cloud Infrastructure Certified Observability Professionalになる

Oracle Cloud Observability and Managementの機能の詳細

  • アプリケーションおよびスタックの監視

    スタックの監視、実際のユーザー・エクスペリエンス、合成監視、および分散トレースによる完全な可視化。

    OCI APMの詳細

    OCI Monitoringの詳細

  • ログとトラブルシューティング

    インタラクティブで直感的なダッシュボードによって、すべてのソースのデータを分析して、問題をさらに迅速に監視およびトラブルシューティングします。

    OCI Loggingの詳細

    OCI Logging Analyticsの詳細

  • データベース監視および管理

    オンプレミスおよびクラウド・データベース向けの統合的なモニタリング、キャパシティ・プランニング、およびデータベース管理機能。

    OCI Database Managementの詳細

    OCI Operations Insightsの詳細

  • インフラストラクチャ・リソース管理

    Terraformベースの自動化でOracle Cloudリソースを導入および管理し、データ交換を管理します。

    OCI Resource Managerの詳細

    OCI Connector Hubの詳細

ハイテク
Cognizantは消火活動を50%削減
ハイテク
8X8はアプリケーションの状態とパフォーマンスをリアルタイムに可視化しています。
医療
Integra LifeSciencesはクラウドの運用をかつてないほど可視化しています。
不動産開発
Kingoldは、パフォーマンスの問題を10倍迅速に特定し、ユーザーが影響を受ける前に、重要な問題の95%を解決しています。
高等教育機関
Lone Starはアプリケーション・パフォーマンスの異常を90%削減しています。
マーケティング・サービス
Drop TankはITスタッフが顧客に付加価値を提供できることを語っています。トラブルシューティングの時間を半分に短縮しました。
医療サービス
GreenはOracle Observabilityで問題を2倍迅速に解決できます。

Observability and Managementのサービスと製品

Application Performance Monitoring

実際のユーザー・エクスペリエンス、合成監視、および分散トレースによるアプリケーション・パフォーマンスの完全な可視化。

  • 実際のユーザー・エクスペリエンスの監視:
    アプリケーションにどこで、どのようにアクセスしても、エンドユーザーごとの実際のエクスペリエンスを常に監視できます。
  • スタック・モニタリング:
    単一のソリューションでまとめて表示が可能な、アプリケーションとその基礎となるスタック(アプリケーション、データベース、ホスト)の全体的な健全性を評価します。
  • 合成モニタリング:
    スクリプトによる定期的な監視を実行して、システムにユーザーがいない場合も、アプリケーションの可用性を確保できます。
  • 分散トランザクション・トレース:
    Oracle Cloud Infrastructure(OCI)、オンプレミス、または他のパブリック・クラウドで実行されている新しいクラウドネイティブ・アプリケーションと既存のレガシー・アプリケーションのすべてのトランザクション・ステップを追跡できます。
  • サーバー監視:
    任意のコンポーネントから指標をプルし、クラウドネイティブな指標を大規模に収集できます。既存のPrometheusエクスポーターを活用するか、カスタム・コードを記述して、最適な監視に必要な正確な指標を取得します。

データベース管理

オンプレミスおよびクラウド・データベース向けの統合的なデータベース監視および管理機能。

  • フリート監視:
    OCIコンパートメントまたはグループ全体でOracle Databaseに関する分析情報を表示、監視、および入手できます。根本原因分析を実行し、データベース・フリート・タスクを自動化します。
  • データベース・グループ:
    多くのデータベースを1つのデータベースとして管理し、SQLの一括操作を行うことができます。
  • データベース概要:
    データベース時間とアクティブ・セッションを監視して、データベース・パフォーマンスを評価できます。I/O帯域幅およびスループットを監視します。システムおよびデータベース・ストレージを可視化します。
  • データベース・ジョブ:
    カスタムSQLおよびPL/SQLスクリプトによって、グループ内のすべてのデータベースでDevOpsジョブなどの一括SQLジョブを自動化するテンプレートを作成できます。

Java管理

Java環境を発見、監視、および管理します。

  • インストールされているJavaのバージョン、ディストリビューション、および最新のセキュリティ・パッチを確認できます。

Logging

ログ・データの確認、問題の診断、デフォルト・トリガーによる通知の生成を簡単に行うことができます。

  • ログの集中管理:
    インフラストラクチャおよびアプリケーション・ログをセキュアに取り込み、保存および分析できます。
  • ログの検索と分析:
    トレンドを分析および可視化できます。直感的なログ検索言語でログを簡単に集計および検索できます。
  • 堅牢なインテグレーション:
    Fluentdでログを簡単に取り込むことができます。Kafka互換のStreamingによるサードパーティ・プロバイダとの統合: Grafanaダッシュボードにログを表示します。

Logging Analytics

インタラクティブで直感的なダッシュボードによって、すべてのソースのデータを分析して、問題をさらに迅速に監視およびトラブルシューティングします。

  • データ分析および探索:
    トポロジ対応のログ探索、キュレーションされた機械学習アルゴリズム、およびデータ可視化のためのカスタマイズ可能なダッシュボードでトラブルシューティングを簡素化できます。
  • データ・アーカイブおよびリコール:
    データをアーカイブして、低コストで長期保存できます。ユーザー定義のポリシーをコンプライアンス要件に活用します。
  • ログ・パーサーのリッチなコレクション:
    250以上のすぐに使えるパーサーをオラクルとサードパーティのさまざまなログ形式に選択できます。

Monitoring

OCIで動作するインフラストラクチャおよびアプリケーションのパフォーマンスとアップタイムを監視します。

  • インフラストラクチャおよびアプリケーション指標:
    指標の集約と複雑なクエリのサポートですぐに使えるインフラストラクチャ指標を活用できます。
  • アラームと通知:
    異常を検出し、PagerDuty、メール、Slackなどのプラットフォームでアラームとメッセージをトリガーできます。

通知

Slack、PagerDutyなど、OCIサービスと配信パートナーでアラートとメッセージを自動的に送信します。

  • メッセージ配信のリッチな選択肢:
    メール、SMS、Slack、PagerDuty、およびHTTPSエンドポイントをサポートできます。
  • セキュリティ、ユーザビリティ、および信頼性:
    メッセージング・プロトコルの自動更新でアイデンティティおよびアクセス管理を提供できます。高可用性アーキテクチャで構築されています。

オペレーション・インサイト

長期的なパターンを分析して、使用率とパフォーマンスを経時的に最適化します。

  • キャパシティ・プランニング:
    機械学習ベースの予測モデルでデータベース・リソースを分析および予測できます。

  • SQLウェアハウス:
    最大25か月のSQLパフォーマンス・データを保存して、パフォーマンスの問題またはリソースの大量消費を先行的に特定できます。

Resource Manager

Terraformベースの自動化でOracle Cloudリソースを導入および管理します。

  • Terraformベースの自動化:
    Terraformでインフラストラクチャ構成を体系化できます。既存の設定をエクスポートして、環境の複製を自動化します。
  • 高い生産性とセキュリティ:
    設定を共有し、関係者とコラボレーションし、組み込みのアイデンティティおよびアクセス管理を設定し、ドリフト検出でコンプライアンスを追跡できます。

Connector Hub

OCIサービス間の運用データ交換を管理します。

  • データ移動の管理:
    OCIサービスのデータ移動の監視と管理を集中管理できます。
  • 移動中のデータの処理:
    イベントドリブン・アプリケーションを構築できます。分析のためのログを移動します。コマンドライン・インターフェイスとAPIを使用して、データ移動サービスのサービス・コネクタを作成します。
  • 運用とセキュリティ:
    サポートされている指標を使用して、アラームを作成できます。Oracle Identity and Access Managementと統合されて、セキュアなセットアップと詳細なガバナンス・ポリシーを実現しています。

エンタープライズ管理

オンプレミスまたはOCIに導入されたEnterprise ManagerでOracle DatabaseおよびEngineered Systemsを監視、分析、および管理します。

  • データベース・パフォーマンスおよび運用管理:
    データベース・パフォーマンスの問題を検出、修正、および検証できます。プロビジョニングとクローニングを自動化します。スケーラブルなフリート・メンテナンスとパッチ適用。
  • Exadata管理:
    すべてのOracle Exadata環境を発見、監視、および管理できます。
  • エンタープライズ監視:
    オンプレミス・ソフトウェアおよびハードウェアを監視できます。Oracle Cloudに導入されたデータベースを監視します。
  • ミドルウェアおよびアプリケーション管理:
    WebLogic Server、およびJBoss、Tomcatなど、人気の高いサードパーティ・ソフトウェアを含むオラクルのミドルウェアを管理できます。Oracle E-Business Suiteなど、オラクルのパッケージ・アプリケーションを管理します。

複数のリージョンで一貫性と透明性のあるグローバルな価格

お客様は、Oracle Cloud Infrastructureによって、すべてのリージョンとサービスで同じ低価格のクラウドを使用できるため、概念実証から本番稼動まで、予測可能な支出を実現できます。オラクルは、他のクラウド・プロバイダーと異なり、指標とログ・データのエクスポートとインポートなど、監視操作のデータ・エグレスに請求しません。

経済的
基本的な可視化とトラブルシューティング

OCI Monitoring、Application Performance Monitoring、Logging、Connector Hub、Notificationsなどは永久的にコストがかかりません。

仕様

Always Freeの容量制約を超過しないかぎり、インフラストラクチャ環境の規模は任意。詳細については、以下を参照してください。

最小価格は下記より

0ドル/時間

データベースのライフサイクル管理
完全なデータベース管理

オンプレミスおよびクラウド・データベース向けの統合的なデータベース監視および管理機能。

仕様

小: 30ドル/月

中: 536ドル/月

大: 1,488ドル/月

最小価格は下記より

30ドル/月

迅速なトラブルシューティング
トポロジ対応のログ分析

すべてのITコンポーネントでログを自動的に関連付け、機械学習をパターン認識と異常検出に使用します。

仕様

小: 372ドル/月

中: 1,860ドル/月

大: 18,600ドル/月

最小価格は下記より

372ドル/月

エンドツーエンドの可視性
アプリケーション・パフォーマンス分析情報

エンドユーザー監視、合成監視、および分散トランザクション・トレースを組み合わせて、エンドツーエンドの完全な分析情報を実現します。

仕様

小: 483ドル/月

中: 3,013ドル/月

大: 13,875ドル/月

最小価格は下記より

483ドル/月

注:
1.最大500,000,000の監視データポイント、最大1,000件のイベント/時間、最大10GBのログ・ストレージ/月、最大100万件のHTTPSによる通知/月、最大2つのサービス・コネクタ。
2.小は2つのクラウドまたは外部データベース・コア、中は36のクラウドまたは外部データベース・コア、大は100のクラウドまたは外部データベース・コアです。クラウドまたは外部データベースのDatabase Management CSはOCPUあたり0.04ドル/時間です。
3.小は10GB/日のアクティブ・ストレージ、中は50GB/日のアクティブ・ストレージ、大は500GB/日のアクティブ・ストレージです。30日間の保存に基づく。Logging Analytics CSのアクティブ・ストレージは300GBで0.50ドル/時間
4.小は合成ユニット0、トレース・ユニット1、中は合成ユニット40、トレース・ユニット5、大は合成ユニット120、トレース・ユニット25です。Application Performance Monitoringの合成テスト実行は10回で0.02ドル/時間、イベントは100,000件で0.65ドル/時間です。

Oracle Playbookシリーズ

人材、プロセス、システム戦略の秘訣をまとめました。そして、それを皆さんにお伝えできればと考えています。

Observability and Managementを使い始める

Always Free Cloud Servicesを試し、30日間の試用版を入手

オラクルは、主要な監視サービスだけでなく、他のさまざまなサービスも無期限で使用できるFree Tier、およびFree Tierに含まれない追加のクラウド・サービスを試すための300ドルの無料クレジットを提供しています。詳細をご確認のうえ、今すぐ無料アカウントにご登録ください。

  • Oracle Cloud Free Tierに含まれている内容を教えてください。

    • Always Free
    • 2つのAutonomous Database、それぞれ20GB
    • コンピューティングVM
    • 100GBのブロック・ボリューム
    • 10GBのオブジェクト・ストレージ
    • 5億の監視取り込みデータポイント、10億の取得データポイント
    • 1時間あたり1,000件のトレース・イベント
    • 10GBのログ・ストレージ/月
    • 100万件のHTTPSによる通知/月、1000件のメールによる送信/月
    • 2つのサービスコネクタ
    • 追加サービス

ハンズオン・ラボで学ぶ

学ぶための最適な方法は自分で試すことです。Oracle Cloud Free Tier、お客様のOracle Cloudテナント、または一部のソリューションについては、オラクルが提供する無料のラボ環境でチュートリアルとハンズオン・ラボを使用してください。

  • マイクロサービスにOpenTracingを使用

    Oracle Application Performance MonitoringでHelidonに実装されたマイクロサービスに構築されたアプリケーションを監視します。

    このラボを今すぐ始める
  • OCI Database Managementを使い始める

    OCI Database Managementサービスをオンプレミス・データベースで使用するためのステップバイステップ・アプローチ。

    このラボを今すぐ始める
  • OCI Logging AnalyticsによるOracle E-Business Suiteの監視

    OCI Logging AnalyticsでOracle E-Business Suite環境を監視およびトラブルシューティングする方法をご覧ください。

    このラボを今すぐ始める
  • イベントと通知の使用

    OCI Notificationsサービスのトピックとサブスクリプションでメッセージを発行します。

    このラボを今すぐ始める

テクニカル・ウェビナーに参加する

Oracle Observability and Managementで監視の主要なユースケースに着手しましょう。製品エキスパートが主要な機能を説明し、お客様の質問にライブで回答します。

  • 主要なトピック

    • すべてのソースからログを取り込み、分析して、異常を検出します。
    • ユーザー・エクスペリエンスとアプリケーション・パフォーマンスを監視します。
    • リソース消費を経時的に分析し、パフォーマンスを最適化できます。
    • 1つのクラウド・コンソールからすべてのデータベースを監視します。
    • オープン・スタンダードを使用して、可視化、アラート、および分析のためのサードパーティ・ツールと統合します。

Observability and Managementのブログ

監視と管理の緊急の課題に対処する方法に関する技術ブログを読み、最新の製品イノベーションを常に把握しましょう。

  • 主なトピック

    • 監視と管理のベストプラクティス
    • 新機能の概要
    • 製品発表
    • お客様事例
    • 特典とイベント

オラクルが選ばれる理由

オラクルの監視および管理ソリューションが、お客様のニーズに対応する包括的なソリューションを提供できる理由を主要な業界アナリストから学びましょう。

  • ESG: 技術検証レポート

    ESGは、Oracle Observabilityをテストし、マルチクラウド監視とアクティブ管理の機能を評価しています。

    ESGレポートを読む
  • Omdia Universe: ハイブリッドおよびマルチクラウド管理ソリューションの選択

    Omdiaはハイブリッドおよびマルチクラウド管理ソリューションをリードするプロバイダーとしてオラクルを選択した基準を語っています。

    Omdiaレポートを読む(PDF)
  • Constellation Research: オラクル、包括的な監視を企業に提供

    AWS、Azure、およびOracle Cloud Infrastructureで動作するマイクロサービス、Kubernetes、Java、および.NETの可視化に関する分析をお読みください。

    Constellation Researchレポートを読む(PDF)
  • IDC: オラクル、マルチクラウドおよびオンプレミス環境向けのObservability and Managementクラウド・プラットフォームを発表

    監視と観測の重要性、およびオラクルがマルチクラウド環境の課題にどのように対応しているかに関するIDCの見解をお読みください。

    IDCレポートを読む(PDF)
  • ESG: オラクルの新しいObservability and Managementプラットフォームは一見の価値あり

    ESGはオラクルが相互運用性とオープン・スタンダードをサポートしていることを語っています。

    ESGレポートを読む(PDF)
  • Pique Solutions: Oracle Databaseを管理するためのOracle Enterprise Managerの価値

    このPique Solutionsのレポートによると、Oracle Enterprise Managerを使用する企業は運用管理コストを最大60%削減できます。

    Pique Solutionsレポートを読む(PDF)

営業へのお問い合わせ

Oracle Observability and Managementの詳細に関心がありますか?当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答します。

    • Oracle Observability and Managementを使い始めるための方法を教えてください。
    • コストについて教えてください。
    • 必要な機能の料金だけを支払うことはできますか。
    • 既存の監視ソリューションと相互運用できますか。