該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードのシノニムを使用します。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問合せ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Cloud Observability and Management Platform

オラクルは、可視性および機械学習ベースの実用的なインサイトを提供することで、さまざまなテクノロジーおよびさまざまな場所に展開された、あらゆるレイヤーにまたがるスタックを簡単に管理できるようにしています。現在の最優先事項は、自動化を強化して、拡張と予測可能な結果を推進することです。オラクルの統合された機能および自動化によるDevOpsのモニタリングとIT運用管理なら、ITの問題の防止と解決における苦労が半分1になります。今すぐ始めてIT効率を改善し、コードレベルのパフォーマンスの問題を10倍速く2特定したり、ITの複雑さを軽減させたりしましょう。

Oracle Cloud Observability and Management Platform
Oracle Cloud Observability and Management Platformが利用可能に

お客様のIT環境は急速に進化していますが、可観測性および管理ソリューションが追いついていません。オラクルの可観測性および管理ソリューションが他社製品と異なっている理由についてご確認ください。

IDC:Oracle Cloud Observability and Management Platform

監視と可観測性に焦点を当てたIDCの見解と、Oracleがどのように課題に対応しているかをご覧ください。

Oracle Cloud Observability and Management Platform

ESGは、Oracle Cloud Observability and Management Platformをテストし、マルチクラウドの可観測性とアクティブ管理の機能を評価します。

Java Management Serviceについての詳細

Oracleのこの新しいクラウドサービスを使用して、Java資産を追跡および管理する方法を確認してください。オンデマンドのウェブキャストを見る。

可観測性と管理を検討すべき理由

マルチクラウドの可観測性と管理

企業は、オラクルの可観測性および管理ソリューションを使用して、マルチクラウド環境とオンプレミス環境を管理しています。このソリューションは、包括的で統合された標準ベースのプラットフォームとして、機械学習を基にしてエンドツーエンドの実用的なインサイトを提供することができます。これにより、さまざまな場所(オンプレミスまたはクラウド)に展開されたお客様のITテクノロジースタックをより効率的に管理できるようになります。

Omdiaのレポート:オラクルがハイブリッド管理およびマルチクラウド管理をどのように簡素化しているかを見る(PDF)

オープンで拡張可能

ITの複雑さを軽減するということは、企業内の監視および管理ツールの多様性を軽減することを意味します。統合された機能と拡張性の両方を備えたOracle Cloud Observability and Management Platformによって、企業は既存のツールをOracleソリューションと簡単に統合できます。Oracleでは、データの収集と使用の統合を支援するために、相互運用性とオープン・スタンダードを取り入れています。 たとえば、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)CloudEvents、OpenTracing、オープンソースのFluentdなどを 採用しています。

ESGブログでオープン性の重要性について説明しています(PDF)

クラウドベースの監視と分析

開発者およびITチームは、Oracleの一連の可観測性および管理サービスを通じて、Oracleやその他のデプロイされたテクノロジーについて、詳細な機械学習ベースのインサイトを入手したり、フルスタック分析や予測を行ったりすることができます。その他に、 AWS、Azure、およびOracle Cloud Infrastructureで実行されているマイクロサービス、Kubernetes、Java、.NETに対する可視性を手に入れることもできます。

Constellation Researchブログがオラクルの可観測性とDevOpsのベスト・プラクティスについて議論(PDF)

Oracle Databaseの徹底した可観測性

Oracle Database管理者(DBA)は、OCIおよびオンプレミスに導入されたOracle Databaseのすべてのエディションを監視および管理するためのOCIネイティブのクラウドサービスとして、Oracle Enterprise Managerを最大限に活用できるようになりました。

Oracle Cloud Infrastructure Database Managementの発表

可観測性および管理

Application Performance Monitoring

Application Performance Monitoringは、IT環境全体にわたるエンドツーエンドの可視性と診断を実現する可観測性機能を提供します。この製品は、オラクルの統合された可観測性および管理ソリューションの中心となる製品です。分散トランザクション・トレースを使用し、基盤となるテクノロジーとユーザー・エクスペリエンスを結び合わせ、ビジネス中心のアプローチによって問題の特定と診断を自動化します。

特長
  • 分散トレース向けのOpenTracingおよびOpenMetricsと互換性がある
  • エンドユーザーの監視と総合的な監視を組み合わせて、包括的なエンドツーエンドのインサイトを提供
  • KubernetesまたはDockerコンテナに展開されたマイクロサービスからテレメトリを取り込み
  • Trace Explorerを使用したサービス診断とトランザクション実行分析が可能

データベース管理

オラクルは、Oracle Enterprise Managerなどの主要な機能を提供しています。また、このクラウドサービスで、DBAはソフトウェアの導入のオーバーヘッドなしに、馴染みの機能を引き続き使用できます。

特長
  • オンプレミスとクラウドの導入にまたがってOracle Databaseのフリート監視と管理を使用する
  • パフォーマンス診断により、トラブルシューティングを簡素化し、パフォーマンスのボトルネックをより速やかに解消する
  • 高度な管理および運営機能を使用して、データベースのパフォーマンスの問題の根本原因をプロアクティブに検出および特定する
  • データベース管理ツールを使用してリソースを最適化し、使用状況、構成、ユーザーの管理を簡素化する

Java Management Service

この強力な新しいOracle Cloud Serviceを使用して、Java環境を検出、監視、および管理します。実行しているJavaのバージョンと場所、更新が必要なバージョン、およびそれらを使用しているアプリケーションをすべて1つのウィンドウで確認できます。Java SE Subscriptionの価格に含まれています。

Logging

Loggingを使用することで、ログ・データを簡単に取り込んで分析し、問題を診断できます。

特長
  • ログをすばやく検索して発見
  • ログ・ルールを使用することでほぼリアルタイムでアクションを実行可能
  • Oracle StreamingMonitoringFunctionsNotificationsとの統合
  • Cloud Native Computing Foundation(CNCF)によるCloudEvents標準に準拠
  • CNCFのFluentdを使用することで何百ものソースからログを取り込むことが可能

Logging Analytics

Logging Analyticsは、機械学習ベースのクラウド・ソリューションで、お客様のオンプレミスおよびマルチクラウド環境におけるすべてのログ・データを監視および集計し、それらにインデックスを付けて分析することができます。ユーザーは、このデータを検索、調査、および関連付けることで、問題のトラブルシューティングを迅速に行い、運用上のインサイトを獲得し、より優れた意思決定を行うことができます。

特長
  • すぐに使える250以上の解析を使用して、クラウド・ログまたはその他のマルチクラウド・ログを監視
  • スマートな機械学習ベースのクラスタリングとパターン認識により、問題の迅速なトラブルシューティングが可能
  • 数回のクリックで、数百万行のログの中から細かいデータを特定

Monitoring

Monitoringでは、健全性とパフォーマンスに関するすぐに使用できるメトリックを使用して、クラウド・インフラストラクチャやワークロードに関するインサイトを取得できます。ユーザーは、しきい値を使用してアラームを設定することで、インフラストラクチャとアプリケーションの異常を検出して対応できます。

特長
  • リアルタイムですぐに使えるメトリックによる使いやすさ
  • アラームの柔軟な構成
  • サードパーティのアプリや電子メールなどを介してアラームを受信し、Functionsを介して改善策を実行する機能
  • MQL(Monitoring Query Language)でより深いインサイトに対応
  • CLI、SDK、コンソール、Grafanaプラグインのサポート
  • 数億のデータ・ポイントの割り当てが無料

Notifications

Oracle Cloud Infrastructure Notificationsは、高可用性かつ低レイテンシのパブリッシュ/サブスクライブ(Pub/Sub)サービスで、Oracle Functions、電子メール、SlackやPagerDutyなどのメッセージ配信パートナーにアラートとメッセージを送信します。

特長
  • Oracle Eventsがトリガーされたときに通知を送信
  • アラームが違反したときに通知を受信
  • 応答として、サーバーレスのOracle Functionsを実行
  • Oracle Identity Managementでメッセージのセキュリティを確保
  • コンソール、CLI、またはREST APIの使用を開始
  • Oracle Cloud Free Tierとペイパーメッセージの配信を活用

Operations Insights

Operations Insightsでは、IT運用スタッフがパフォーマンスを最適化できるように、経時的なパフォーマンス・パターンを迅速に分析することができます。オンプレミスシステムとクラウドシステムの両方でリソースと容量の使用状況を長期的に分析することで、季節的な需要によるパフォーマンスの問題や、パフォーマンスが徐々に低下するという問題を回避することができます。

特長
  • 容量計画を使用して、毎日の予測により容量使用率の問題を予測
  • 最大のデータベース、最も利用されているデータベース、成長が最も速いデータベースを迅速に特定
  • SQLのパフォーマンス履歴に関するインサイトが自動的に提供され、SQLの問題をプロアクティブに特定

Resource Manager

Terraformベースのクラウド・インフラストラクチャを自動化

Resource Managerにより、ITスタッフは、Infrastructure as Code(コードとしてのインフラストラクチャ)サービスを使用して、Oracle Cloudリソースを簡単かつ確実にデプロイして管理できます。また、変更されていないオープン・ソース・コードベースを使用して、他の環境からの移行や他の環境への移行を簡素化することができます。

特長
  • Terraform as a Service
  • オープンソースベースでロックインなし
  • API、CLI、SDK、およびコンソールのサポート
  • Oracle Cloud Infrastructureとの緊密な統合
  • ステート・ファイルを簡単に管理してコラボレーションを改善

Service Connector Hub

Service Connector Hubは、Oracle Cloud Infrastructureサービス間でデータを移動するための無料のマネージド・サービスです。競合するクラウド製品とは異なり、Service Connector Hubは、Logging、Object StorageStreamingMonitoringなど、サービス間のデータ移動を記述、実行、監視するための一元的な場所を提供します。また、軽量なデータを処理するFunctionsや、アラートを発行するNotificationsをトリガーすることもできます。

特長
  • 単一の画面ですべてのデータ移動を管理および監視
  • サービス・コネクタの設定およびObject Storage、Streaming、Monitoringへのデータの移動が簡単で、FunctionsやNotificationsをトリガーするのにコードを記述する必要なし
  • サードパーティ・サービスとのシームレスな統合
  • ソース・サービスと宛先サービス間のデータ移動を管理するデータ移動用のフィルタを搭載

Enterprise Manager

Enterprise Managerは、ハイブリッドクラウドに展開されたオラクルのアプリケーション、ミドルウェア、データベース、エンジニアド・システム向けに包括的な監視および管理ソリューションを提供します。操作の自動化に役立つ機能を提供し、ユーザーはデータベースを強化してセキュリティを向上させ、手作業を排除できます。拡張可能なプラットフォーム上に構築されたEnterprise Managerを使用すると、ミッションクリティカルな操作をハイパースケールで管理できます。

ハイブリッドクラウド管理:オンプレミスとクラウドのIT資産全体でデータを監視、管理、移動

操作の自動化:主要な管理タスクを自動化および最新化

拡張性:オープンスタンダードに対応し、サードパーティのエコシステムとの相互運用性を実現


ガバナンスツール

Oracle Cloud Infrastructure Governanceは、お客様によるコストの最適化、使用率の最大化、企業基準の遵守およびOracle Cloud Infrastructureに導入された資産の法令準拠を支援する包括的なサービスを提供します。

モジュール
  • Audit:Oracle Cloud Infrastructureサービスに対する包括的な可視性。過去365日間のテナンシ内のすべてのパブリックAPIアクティビティにアクセスします。
  • Tagging:タグを適用して、情報、運用、および請求の目的でクラウドリソースを整理します。
  • Cost Management:クラウドの予算、使用状況、および支出のコントロールと可視性を向上させるコスト管理ツール。

関連サービス

このセクションは、Oracle Management Cloudサービス製品の詳細情報をお探しのお客様向けに用意されています。

モジュール
2020年10月6日

Oracle Cloud Observability and Management Platformの発表

Oracle Cloud Infrastructure、エグゼクティブ・バイスプレジデント、Clay Magouyrk氏

新しいOracle Cloud Observability and Management Platformは、一連のOracle Cloud Infrastructure(OCI)サービスから構成されており、クラウドネイティブなテクノロジーと従来のテクノロジーの両方に対する可視性とインサイトを提供します。

Kingold社、素晴らしいカスタマー・エクスペリエンスを実現
ローンスター大学、オンライン教育を変革
Drop Tank社、ビジネスニーズに対応
Integra Lifesciences社、前例のない可視性を獲得
Green社、問題を2倍速く解決

リソース

ドキュメント

ドキュメントのライブラリにアクセスする

クラウド学習

Oracle University

トレーニングや認定資格などをご確認ください。

学習

Oracle University

トレーニングや認定資格などをご確認ください。

分析を始める


Free Tierを試す

Logging AnalyticsとLoggingを使用した機械学習により何がわかるかご覧ください。


フルスタックの環境を確認する

クラウドとデータセンター全体の資産を一元的に監視および管理できます。


Oracle Enterprise Managerの詳細についてのウェブキャスト

データベース管理タスクを自動化する方法をエキスパートから学びましょう。


お問い合わせ

営業担当者やサポート担当者にチャットで問い合わせることができます。