該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Enterprise Manager

Oracle Enterprise Managerは、クラウドおよび顧客のデータセンターに導入されたOracle Databaseおよびエンジニアドシステムを対象とした、包括的な監視および管理ソリューションを提供します。お客様は、オンプレミスおよびOracle Cloud InfrastructureでEnterprise Managerを実行できます。

可観測性と管理におけるオラクルの最新の動きに関するSilicon ANGLE the CUBE

オラクルのシニア・バイス・プレジデントであるWim Coekaertsとのこのインタビューでは、theCUBEが、クラウドとオンプレミスの幅広いデプロイ・アーキテクチャをオラクルがサポートしている理由に関する質問と、エンドツーエンドの可観測性と管理の重要性について考えています。

アナリストレポート:Enterprise Managerの利用価値

Pique Solutionsが最近行った調査によると、Enterprise Managerを使用している企業は、運用管理コストを60%以上削減しています。レポート全文をお読みになり、Enterprise Managerがもたらすビジネス上のさまざまなメリットをご確認ください。

Oracle Enterprise Manager 13cリリース5の発表

オラクルのチーフ・コーポレート・アーキテクトであるEdward Screvenとオラクルの製品管理担当副社長であるMughees A. Minhasが、Oracle Enterprise Manager 13cリリース5の新機能について説明します。

Oracle Enterprise Managerをダウンロードします。

Oracle Enterprise Managerの詳細を見る

データベースのパフォーマンス管理

検索、修正、検証

クラウドおよびオンプレミス全体に対するトップレベルのビューから、Oracle Database資産全体を監視および管理します。自動化された統合詳細分析により、DBAはパフォーマンスの問題をすばやく見つけて修正し、修正を検証してから本番環境に適用することができます。

検索
  • 組み込みの自動化された強力な統合診断を提供します
  • 自動データベース診断モニター(ADDM)- Oracle Databaseカーネルに組み込まれているため、パフォーマンスの問題を簡単に特定できます
  • 自動ワークロード・リポジトリ(AWR)とActive Session History(ASH)が、データベースのパフォーマンス・データを自動的に収集して分析します
  • データベース・インスタンスとホスト・オペレーティング・システムのアラートと通知を監視および生成します
修正
  • SQLチューニング・アドバイザーは、包括的なSQLチューニングの推奨事項を自動的に生成します
  • SQLプロファイルは、パッチがなくてもアプリケーションのSQLパフォーマンスを透過的に改善します
  • SQLアクセス・アドバイザーは、パフォーマンスを最適化するための構造を推奨します
  • リアルタイムSQL監視およびデータベース操作の監視は、SQLおよびPL/SQLジョブの実行に関するインサイトを生成します
検証
  • 現実世界における包括的なテストにより、本番システムで発生する予期しない問題によるリスクを最小限の労力で軽減できます
  • データベース・リプレイは、本番システムでデータベース・ワークロードをキャプチャし、それをテストシステムでリプレイして検証テストを高速化します。
  • SQLパフォーマンス・アナライザ(SPA)は、SQLの応答時間に対するシステム変更の影響の詳細な評価を生成します
  • SQLチューニング・アドバイザーおよびSQL計画ベースラインとのシームレスな統合により、SQLパフォーマンスの低下を防止できます

データベース運用の自動化

大規模な運用の自動化

豊富な機能セットにより、データベースの統合がサポートされて、標準化が適用され、時間のかかるタスクが自動化されます。Enterprise Managerは、新しいクラスターのプロビジョニング、パッチ適用、データベースのアップグレードに加えて、構成およびコンプライアンス管理など、あらゆる運用を自動化します。これらはすべて、自動化を採用する組織にとって不可欠なものです。

自動化されたプロビジョニングとクローン作成
  • オペレーティング・システムを含むOracle Database(シングル・インスタンス、CDB、PDB、RAC)をプロビジョニングおよびクローン作成するためのすぐに使用可能なデプロイ手順
  • ゴールドイメージから新しいデータベースをプロビジョニングする
  • 統合データマスキングを使用して、大規模な本番データベースのクローンをすばやく作成する
自動化されたスケーラブルなフリートメンテナンス
  • Oracle DatabaseおよびOracle Grid Infrastructureのフリート全体におけるパッチ適用とアップグレードを簡素化します
  • ゴールドイメージとプリフライト・チェックを使用して、データベース操作の予測可能性を向上させます
  • 資格情報、アラートのブラックアウト、構成、コンプライアンスなど、エンドツーエンドの自動化を提供することにより、タッチポイントを最小限に抑えます
  • 問題が発生したときに実用的なインサイトを生成するリッチなUIによって、MTTRを短縮します
構成の管理
  • 構成を標準化して、セキュリティリスクとメンテナンスコストを軽減します
  • オンデマンドの比較、大規模なドリフト検出
  • 構成拡張を活用して、比較とドリフト検出を強化する
セキュリティおよびコンプライアンスの適用
  • データベースからインフラストラクチャまで、スタックの上下に組み込まれたセキュリティ制御を自動化する
  • データベースのセキュリティ体制とCIS、STIG、およびカスタマイズされたポリシーへの準拠を管理する
  • STIG、PCI-DSS、HIPAAプロファイルなどの業界標準に沿った安全なLinuxホスト
  • Oracle Autonomous Health Framework(AHF)コンプライアンス標準を活用して、すべてのエンジニアリング・システム・コンポーネントを保護する
データベース移行ワークベンチ
  • データベースの移行と統合を効率的に実行し、リスクを軽減する
  • アドバイザーによるソースターゲットの識別と修復を自動化する
  • 移行の詳細な手順をリアルタイムで監視する
  • 新たに移行されたデータベースのパフォーマンスを分析および最適化する
サービスとしてのデータベース
  • 指定されたゾーンにデータベースをデプロイするためのセルフサービス・ポータル
  • 標準化されたデータベース構成テンプレートを備えたロールベースのサービスカタログ
  • RESTful APIとCLIによる自動化
  • メータリング、ショーバック、チャージバック

Exadata管理

Exadataコンポーネントをまとめて監視および管理する

すべてのExadataコンポーネントに簡単にアクセスして、Exadata管理の課題に対処できます。すべてのデータベース、クラスター、およびハードウェア・コンポーネントを単一のビューで監視します。アラート、監視、および構成管理を使用して、最新の状態を維持します。オーバープロビジョニングすることなく統合用に最適化します。

検出
  • すべてのExadataコンポーネントを自動的に検出する
  • 監視
  • トポロジビューでハードウェア・コンポーネントとソフトウェア・コンポーネントの関係を確認する
  • ディスク、フラッシュ、I/Oパフォーマンスのレベルまでストレージセルを監視する
  • IORMと他の構成の影響を監視する
  • すべてのサーバー上のCPU、ストレージ、メモリの使用率を1つのビューで確認する
管理
  • 自動アラートを使用して、潜在的な問題を前もって把握する
  • ストレージグリッドまたは個々のストレージセルでIORMの変更を検出し、主要なアプリケーション用のリソースを確保する
  • Enterprise ManagerからInfiniBandスイッチを管理する
キャパシティ・プランニングと移行
  • 使用履歴を監視し、予測容量分析に使用する
  • データベース移行プランナーを使用して、統合と移行に必要な容量を見積もる
  • データベース移行ワークベンチで、移行戦略を最適化してSLAを満たす
  • Real Application Testingを使用して移行を検証し、パフォーマンス低下を予防する

エンタープライズの監視

よりスマートでスケーラブルな単一ビューでの監視

Oracle Autonomous Database、Exadata、Middleware、パッケージ化されたアプリケーションなどのOracle Databaseを詳細に監視することで、オンプレミスまたはOracle Cloud Infrastructureで実行されているスタックが完全に可視化されます。

エンタープライズクラスの監視
  • Oracleテクノロジー向けのすぐに使用可能な監視
  • 豊富なアラートと通知のカスタマイズ
  • メール送信、SNMPトラップ、チケットの発行、イベントデータの共有
  • メトリック拡張を使用した拡張可能な監視
  • ブラックアウトによるメンテナンス・ウィンドウのサポート
  • Enterprise Managerのメンテナンス中、重要なアラート通知を常時監視
スケーラビリティと自動化の監視
  • 管理者グループとテンプレート・コレクションを使用して監視設定をスケーリングする
  • 特権伝達グループを使用して運用特権の割り当てを自動化する
  • 是正措置を使用して問題を自動的に修正する
インシデントの管理
  • スマートイベント圧縮は、関連するイベントを、より小さい実用的なインシデントのセットに自動圧縮します
  • 割り当て、追跡、エスカレーションを含む、インシデントのライフサイクル全体を管理する
  • インシデントの割り当てとトラブルシューティングにインシデント・マネージャーを使用する
  • EMで動的Runbook手順を実行して、インシデントをより迅速に解決する
  • インシデント・ダッシュボードを使用して、インシデントのバックログを把握する

ミドルウェアの管理

自動化されたミドルウェア操作

オラクルのミドルウェアの管理機能によって、構成とコンプライアンスの管理、パッチ適用、プロビジョニング、パフォーマンスの管理、管理と監査を含む、ライフサイクル全体のソリューションが提供されるため、管理者の負担が軽減されます。

包括的な管理ソリューションの対象:
  • Oracle WebLogic Server
  • Oracle Coherence
  • Oracle HTTP Server
  • Oracle SOA Suite
  • Oracle WebCenter Suite
  • Oracle Identity Management
  • Oracle Business Intelligence Enterprise Edition
  • オラクル以外のミドルウェア(Apache Tomcat、JBoss Application Server、IBM WebSphere Application Serverなど)
主な特長とメリット
  • ミドルウェアの可用性とパフォーマンス・メトリックをすぐに監視できる
  • ダウンタイムをなくし、エンドツーエンドの応答時間を短縮することにより、サービス品質が向上する
  • 複数のドメインを一元管理できる
  • 統合KPIを使用して実際のエンド・ユーザー・エクスペリエンスを監視できる
  • 詳細なJVM診断を実行できる
  • 構成の変更をリアルタイムで検出し、履歴を追跡できる
  • エラーが発生しやすい手動のライフサイクル管理操作を自動化することにより、コストを削減できる

アプリケーションの管理

自動化されたアプリケーション操作

Oracle Enterprise Manager Cloud Controlは、カスタム・アプリケーションとOracle Applications(E-Business Suite、Siebel、PeopleSoft、JD Edwards、Fusion Applicationsなど)にすべて揃ったアプリケーション・パフォーマンス管理(APM)を提供します。

ユーザー・エクスペリエンスの管理

Real User Experience Insight(RUEI)を使用して実際のユーザー・エクスペリエンスを監視する
  • Oracle Enterprise Managerコンソールからのネイティブな統合問題診断と影響分析
  • アプリケーションごとのカスタマイズ可能なダッシュボード、セグメント化されたユーザーグループ
  • トランザクション破棄分析を含む、ユーザーフローの追跡
  • ユーザーセッションの診断とフルセッション・リプレイ
  • 地理的なユーザー視覚化
RUEIアプリがOracle Cloud Marketplaceで利用可能に
  • 事前構成済みのスタックには、単一のLinuxホストにデプロイされたRUEIサーバーとリポジトリが含まれています
  • クラウド・アプリケーションの実際のユーザーエクスペリエンスを監視する
  • 大幅に簡素化されたインストールおよびネットワーク・セットアップ・プロセス
JVMの監視と診断
  • Enterprise ManagerのJVM診断機能と統合されている
  • オラクルおよびオラクル以外のプラットフォーム向けのオーバーヘッドゼロの本番JavaおよびDB診断
  • 常時オンでリアルタイムの履歴監視および診断
  • 稼働しながら問題を診断—社内で再現する必要はない
  • アプリケーションのインストルメンテーションやサーバーの再起動は必要ない
  • Javaスレッド・サンプリング方式による一定の低オーバーヘッド
  • JVMスタックの完全な可視性:リクエスト、スレッド、ヒープ、GC
  • Java Workload Explorer:時間とサーバーの詳細な比較

拡張性

視覚化、監視、接続性の拡張

Enterprise Managerは、すぐに使用できるダッシュボードのカスタマイズからEnterprise Manager App for Grafanaの使用まで、幅広い拡張視覚化機能をサポートするように設計されています。Enterprise Managerの機能をREST APIでさらに拡張し、サードパーティのツールと相互運用します。

視覚化とモバイルアクセス
  • ビルド済みのカスタム・ウィジェットを使用してダッシュボードを作成する
  • 多彩なダッシュボード・エクスペリエンスを実現するためのGrafanaアプリ
  • 外出先で管理を行うためのモバイルアプリ
  • Enterprise Managerフェデレーションの視覚化
  • フェデレーションEMインスタンス全体に対する単一ビューのサマリー
異種統合管理
  • Microsoft SQL Server、IBM DB2、Sybase ASEの監視プラグインを使用して、オラクル以外のデータベースを監視および管理します
  • EMイベントを外部システムと共有するためのイベントコネクタ
  • 外部システムでチケットを発行するためのサービス・デスク・コネクタ
REST APIのサポート
  • REST APIを使用して、外部ツールからEM管理操作を自動化する

フレームワーク

復元力の高いプラットフォーム

Enterprise Managerは、復元力の高いプラットフォームが求められる可用性の高いデータベース、ミドルウェア、アプリケーションテクノロジを監視および管理するために使用されます。機能には、ダウンタイムがほぼゼロのパッチ適用と更新、プロアクティブなヘルス・モニタリングと診断、柔軟性の高い高可用性デプロイオプションが含まれます。

最適化されたインストール、パッチ適用、アップグレード
  • ダウンタイムがほぼゼロのパッチ適用によって、リリースアップデートのダウンタイムを短縮する
  • エージェントのパッチ適用モデルを統合する(プラットフォーム、プラグイン、検出、監視用の単一システムパッチ)
クラウド上のEnterprise Manager(Oracle Cloud Marketplace)
ピーク時のワークロードに対応できる、スーパーチャージされたジョブシステム
  • ジョブに優先順位を付けて並列化することで、スケーラビリティと効率を高める
強化された自己監視と診断
  • EMの状態の問題を管理者に自動的に警告します
  • ワークロードに基づいて、OMSとリポジトリのEMサイジング構成を継続的に評価し、推奨事項を提示します
  • システムで実行中またはシステムをブロック中のジョブのパフォーマンスとリアルタイムステータスにドリルダウンするためのジョブ診断ダッシュボード

Comcast

ComcastがOracle Enterprise Managerでパフォーマンスを最大化

Comcastでは、Oracle Enterprise Managerのデータベースライフサイクル管理機能を使用して、データベースフリートのパフォーマンスを詳細にわたって可視化し、プロビジョニングの自動化、使用率の最大化、セルフサービスのデータベースプロビジョニングポータルの提供を行っています。

Enterprise Managerのユースケース

  • データベースのパフォーマンスに関する問題を見つけ、修正し、検証する

    統合型の診断、調整、検証機能による自動化により、トラブルシューティングと修正対応がスピードアップします。

    検証について詳しく読む

  • プロビジョニングを含むデータベースライフサイクル管理を自動化する

    フリート全体にわたるデータベース運用の自動化により、手作業を減らし、人為的エラーを排除して、パッチの最新情報を入手することができます。

    データベースの自動化について読む

  • ユーザーが影響を受ける前に問題を解決

    アラート・テンプレートをプロアクティブに管理し、自動的に通知を送信して、チームのコラボレーションを通じてお客様のIT運用に影響を与える問題を迅速にトラブルシューティング

    詳細を見る

ITリソースをクラウドまたはオンプレミスにデプロイする際に最もコストがかかる作業の1つは、日常業務です。オラクルのEnterprise Managerの新しいエディションには、動的なワークブック、スマートなイベント圧縮、自動ワークロード分析など、以前は手動で行われていた多くのタスクを自動化する機能が用意されています。これらの機能によって、ITデプロイの混合アーキテクチャ全体で一貫した自動化手法が実現するため、IT運用コストと複雑さを大幅に軽減できます。

Wikibon、 CTO兼共同創設者、David Floyer氏

Oracle Enterprise Managerはスマートホームと似ています。実際、最新のリリースは事実上スマートなOracle Databaseハブとなっています。これは、Oracle Databaseの運用を自動化し、運用コストを最大60%削減することにより、自動化の加速に重点を置いたオラクルのもう1つの例です。オラクルは、あらゆる専門知識を管理者ではなくEnterprise Managerに投入することで、それを利用するすべての人を専門家に変えてきました。

DS Consulting社、 社長兼Wikibonアナリスト、Marc Staimer氏

2021年4月27日

Oracle Enterprise Manager 13cリリース5の発表

オラクル、製品管理担当副社長 - エンタープライズおよびクラウド管理性、Mughees A. Minhas

Oracle Enterprise Manager 13cリリース5を公開できることをうれしく思います。このリリースは、オラクル環境の監視と管理の自動化における大きな進歩を表しています。

全文を読む

開始する


入門ガイド

このガイドに従うことで、Enterprise Manager Cloud Control 13cリリース5の使用を開始できます。


ディープ・ダイブ・シリーズ

Enterprise Managerの詳細についてのウェブキャストおよびワークショップ・シリーズ。