該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
パッケージ化されたアプリケーション管理

異種(非Oracle)環境の管理

Oracle Enterprise Manager Extensibility Exchangeに記載されているさまざまなプラグインやコネクタを使用すると、Oracle以外のコンポーネントもOracle Enterprise Managerで管理できます。Enterprise Managerの自己更新メカニズムを使用すると、オラクルだけでなく多数のパートナーやお客様自身によって構築された拡張機能をダウンロードおよびインポートし、展開できます。これらの拡張機能はオラクル独自の製品で使用されているものと同じ管理フレームワークに基づいて構築されているため、同レベルの安定性と豊富さが保たれています。

Oracle以外のデータベースの監視

オラクル以外のデータベース向けのOracle Enterprise Managerシステム監視プラグインは、さまざまな非オラクル製データベースに関する、可用性、パフォーマンス、および構成に関する包括的な情報を配信し、複数のデータベース・テクノロジーが混在するIT環境の管理に伴うコストと複雑さを大幅に低減させます。オラクル製システムおよび非オラクル製データベースでパッケージのアプリケーションやカスタム・アプリケーションを稼動させている管理者は、Oracle Enterprise Manager Cloud Controlですべての監視情報を一元管理し、アプリケーション・トポロジ全体をモデル化して表示し、根本的な原因を包括的に分析できます。

管理コネクタ

Oracle Enterprise Manager Management Connectorで、イベントやインシデントの情報を、サード・パーティの管理システムと共有できます。コネクタはイベントやインシデントの詳細を送信し、そのイベントやインシデントに基づいて、Enterprise Managerでアラートやチケットを作成、更新、クローズ、再オープンすることで、イベントやインシデントの管理を統合します。コネクタはOracle Enterprise Managerから送信されるすべてのイベントを監視し、サード・パーティのシステム内で、アラート情報を自動更新します。