MicrosoftとOracle Communications:戦略的なパートナーシップ

業界最大規模のクラウドプロバイダでありSaaSプロバイダである2つの会社オラクルとMicrosoftは、顧客向けのクラウドテクノロジとSaaSベースアプリケーションの導入の簡素化を目指して協力しています。このパートナーシップは、インフラストラクチャ、ネットワーク、通信、コラボレーション、ビジネスリソース、ビジネスプロセスなど、組織のデジタル構成要素間の複雑さを軽減し、成長とイノベーションを促進することを目指しています。

Microsoftとオラクルのパートナーシップは、新しいマルチクラウド、マルチSaaSパラダイムのニーズに対処するために締結されてました。その目標は、安全かつ統合された通信サービスを提供し、最も強力に保護された最高品質の音声体験を実現することです。

セッション・ボーダー・コントローラ

Oracle Session Border Controllers(SBC)は、サイバー攻撃や詐欺からのリアルタイム通信ネットワークの保護、ネットワーク障害や停止の影響の軽減、および相互運用性の問題の緩和を行い、非常に安全で信頼性の高い音声、ビデオ、およびユニファイド・コミュニケーション・サービスを実現します。通信事業者のために、Oracle SBCは、シームレスかつ安全で信頼できるリアルタイムのマルチテナント通信統合の実現に必要なすべての機能を提供します。

Microsoft TeamsのDirect RoutingおよびOperator Connect

Direct Routingを使用すると、企業は、ユーザーがMicrosoft Teamsで通話を発信および受信できるようにする通信プロバイダを選択できます。Direct Routingで使用できるオプションには、エンタープライズモデルとキャリアモデルの2つがあります。

Operator Connectは、Microsoft TeamsにPSTN通話機能を追加するためのシンプルな事業者管理型サービスです。大部分の主要な通信事業者を含む新しいマーケットプレイスを作成することで、Microsoftは、事業者による企業顧客へのマネージドサービスの提供を実現しています。Microsoft Operator Connectでは、実装の一環として、事業者がDirect Routing向けに認定されたセッション・ボーダー・コントローラを用意する必要があります。

Microsoft認定のOracle SBCは、ハードウェアコストと管理コストの削減に役立ち、高品質のPSTN音声機能を装備しています。Oracle SBCは、Microsoft Teams Dynamic Emergency Calling for Direct Routingのリアルタイム緊急通話サポートの提供についても、Microsoftから認定されています。


オラクルのその他のメリット:

  • Oracle SBCおよび関連製品には、拡張されたダイヤルプラン管理と通話ルーティング、不正分析と予測分析を備えた通話監視、およびコンプライアンスのためのAPIによる柔軟な通話記録機能も含まれています。
  • 業界をリードするセキュリティと高可用性を実現する最高レベルのSBC機能を利用できます。
  • 認証、通話記録、コラボレーション、コンプライアンス、セキュリティ、音声記録、ビデオ会議などの通信アプリケーションまたはサービスを実現することで、俊敏性を強化できます。
  • オラクルは、大規模でマルチテナントかつ安全なソリューションをホストする通信サービスプロバイダ(CSP)に推奨される選択肢です。

顧客事例

関連製品

Oracle SBCは、Microsoft Teams認定であり、Oracle Communicationsの他の製品スイートによって補完されています。

関連リソース

Oracle Communicationsをフォローする