該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle WebCenter Content

フォーム認識、画像キャプチャ、データ抽出を自動化して、ドキュメントとレコードの管理のための最も包括的なソリューションを提供します。詳細を見る(PDF)

WebCenter Contentのすべての最新機能(Elasticsearchなど)を見る
“WebCenter Contentの新機能”(PDF)

WebCenter Contentの機能

ドキュメント管理

1つのリポジトリ

一般的なアプリケーション、ファイル・システム、およびデータベースへのコネクタは、コンテンツを単一のリポジトリに統合し、チーム間でのコンテンツ共有を容易にします。

統合管理

Microsoft Office、Windowsエクスプローラー、または任意のWebブラウザー内から直接コンテンツを管理して、シームレスなエクスペリエンスを実現します。

デジタル・コンテンツの管理と検索

紙ベースの資産を自動的にデジタル化することにより、印刷、配送、および運用コストを最小限に抑えます。全文またはメタデータを検索して、コンテンツをすばやく見つけます。

ドキュメント管理の詳細(PDF)


キャプチャとイメージング

内蔵キャプチャ

既存のアプリケーション内の使い慣れたメニューとホットキーを介した表面イメージングおよびワークフロー機能。

光学式文字認識

光学式文字認識(OCR)を使用してドキュメントを分類し、データを抽出して、人的エラーを減らします。

アプリケーション・アダプタ

ビジネス・プロセスをすばやく自動化します。Oracle E-Business Suite、PeopleSoft Enterprise、JD Edwards EnterpriseOneと事前に統合されています。請求書、従業員フォーム、領収書、請求へのコンテキスト内アクセスが可能です。

詳細については、キャプチャとイメージングに関するデータシート(PDF)をご覧ください。


フォーム認識

インテリジェントな抽出

高度に構造化された申し込みフォームから構造化されていない請求書まで、あらゆるドキュメントタイプを分析、認識、分類します。

学習ベースの自動化

各ドキュメントから学習しながら自動化し、プラットフォームが新しいコンテンツや予期しないコンテンツを正確に識別して分類できるようにします。

事前パッケージ化済みのAPソリューション

フォーム認識では、Oracle WebCenter Contentの財務自動化ソリューション(自動学習、明細表の抽出、関連データの検索など)の一部として請求書を処理できます。

詳細については、テクニカルペーパー(PDF)をお読みください。


デジタル資産の管理

リアルタイム・コラボレーション

チェックイン/チェックアウト、バージョン管理、ワークフローエンジン、ワンクリックWeb公開などの直感的な機能を使用して、チームと簡単に連携できます。

リッチ・メディアのサポート

WebCenter Contentエディターは、画像のサイズ、形状、解像度、およびアスペクト比を自動的にフォーマットします。ストーリーボード機能を使用して特定のビデオ・シーンを特定し、整理しやすくします。

メディアの自動構成

サムネイル、Webバージョン、印刷バージョンなどの複数のレンディションは、メディアのチェックイン時に自動的に作成および圧縮されるため、ファイルの再フォーマットにかかる時間を数千時間節約できます。

詳細を見る(PDF)

記録管理

完全な記録保持

単一のアプリケーションから、企業全体のコンテンツの作成、宣言、分類、保持、および廃棄を制御します。

拡張ガバナンス

ファイル・プランの管理と実施、法的保持の一元化、廃棄処理と検出の実行、監査証跡と廃棄証明書の提供など、すべて単一の対話ポイントから実行できます。

コンプライアンスの業界認定

国防総省5015.02バージョン3に対して完全に認定されており、ベースライン記録管理、分類された記録管理、およびコンプライアンス施行の仕様の情報自由法とプライバシー法の要件に準拠しています。

詳細を見る(PDF)

オンプレミスとクラウドのサポート

導入の選択肢

Oracle WebCenter ContentとOracle Content and Experienceの統合を使用して、時間や場所に関わりなくコラボレーションするために、オンプレミスにデプロイするか、同じアセットをクラウドに移行します。

単一の記録源

オンプレミスのOracle WebCenter ContentとクラウドのOracle Content and Experienceの間でシームレスな資産管理を行うことで、同期がずれることはなく、常に最新の資産にアクセスできます。

AIを活用したコンテンツ・レコメンデーション

AIを利用したコンテンツのタグ付け、オーサリング、推奨機能にOracle Content and Experienceを使用して、コンテンツの作成と検索を高速化します。

リフトアンドシフトの詳細を見る(PDF)

ニュージーランド自然保護局のロゴ

ニュージーランド自然保護局は、220万件のドキュメントをいつでもどこでも迅速に検索して共有可能に

安全で可用性が高く、スケーラブルなOracleベースのエンタープライズ・コンテンツ管理クラウド・サービスを採用することで、いつでも、どこでも簡単に情報を検索してアクセスできるため、137の社内オフィス全体で効果的に環境保護活動に協働して取り組み、ユーザー・エンゲージメントを高めることができます。
ニュージーランド自然保護局、情報サービス・チーム・リーダー、Louise Mercer氏

WebCenter Contentの使用事例

  • 紙ベースのプロセスを自動化

    請求書の処理を自動化して、紙のフォーム、ファックス、ドキュメントへの依存を減らし、精度を高め、完全な透明性を実現します。

    ArRiyadh Development Authorityの記事を読む

  • オムニチャネル・コンテンツ配信

    Oracle WebCenter Contentを介した強力なコラボレーションとワークフロー管理により、Web、モバイル、デジタル・アシスタント、メッセージング・チャネル、アプリなど、すべてのチャネルで作成と公開が合理化されます。

    Abu Dhabi Systems and Information Centreの記事を読む

  • 完全な記録ライフサイクル管理

    完全に監査可能な証跡を維持しながら、コンテンツをキャプチャ、追跡、保存、アーカイブ、または破棄する完全な記録管理システムを使用して、物理的記録と電子的記録の両方を管理します。

    Babock International Groupの記事を読む

リソース

ドキュメント・ライブラリ

ドキュメント・ライブラリ

オラクルは、Oracle WebCenter Contentの詳細を学ぶのに役立つさまざまなドキュメント、eBook、トレーニング、チュートリアルを提供しています。これらのリソースはすべてドキュメントページにあります。



カスタマー・コミュニティ

カスタマー・コミュニティ

Oracle WebCenter Contentのオンライン・コミュニティは、メンバーが最新の製品戦略を知るのに役立ち、Oracle開発にとって直接的なソリューション・フィードバック・チャネルになります。このコミュニティ内では、メンバーはオラクルの顧客と製品の専門家の集合的な知識を活用できます。

Oracle University

Oracle University

Oracle WebCenter Content認定資格を取得すると、組織または顧客のホスティング・コストを削減するのに役立つツールを利用できます。非構造化コンテンツを格納し、適切な形式でビジネス・ユーザーに配信するための統合リポジトリの実装に関する専門知識を証明できます。

その他のリソース

関連コンテンツ

オラクルがSauce Videoを買収

2020年4月27日、オラクルは、組織が従業員、顧客、ファンと協力してデジタル・ビデオ・コンテンツを作成できるビデオ・コンテンツ作成およびソーシング・ソリューションであるSauce Videoの買収を完了しました。

関連製品

Oracle Content and Experience

クラウドのインテリジェント・コンテンツ・プラットフォーム

WebCenter Portal

情報、データ、プロセスを1か所でまとめて提供

WebCenter Sites

大規模なWebエクスペリエンスの管理

Oracle CX Content

マーケター向けのインテリジェント・コンテンツ・サービス

ここから始めよう


オラクルのパートナーを見つける

あなたが直面している問題を他の誰かがすでに解決しましたか?オラクルのパートナー・ネットワーク・ポータルで調べてください。


Oracle Cloud Free Tierを試す

クラウドのOracle Content and Experienceがコンテンツ管理を合理化する方法をご覧ください。


お問い合わせ

WebCenter Contentについてチーム・メンバーとライブチャットする。