該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

誠意を込めて役割を果たす

どこからでも、世界をよくするためにボランティア

年間を通して、世界中のオラクル・ボランティアは、人々や地球のために役立ちたいという思いを胸に、バーチャルや対面式のプロジェクトに取り組んでいます。例えば、コーディングを学ぶ学生の指導、オンラインでのメンタリング、公園や海岸のゴミ拾い、手紙や電話による高齢者への支援など、それぞれが大切だと思う社会課題をサポートしています。

概要:20年度の実績

Oracle Volunteers

36,109

ボランティア人数

プロジェクト

1,684

プロジェクト数

ボランティア時間

132,880

ボランティア時間

組織

801

46か国でサポートされている組織

オラクル・ボランティアの30周年を祝う

30年にわたり、オラクルの情熱的な社員は、教育の向上、環境の保護、コミュニティの強化を目的としたボランティア活動を通じて、何千もの非営利団体や公的機関の活動を支援し、社会に貢献してきました。

教育

オラクルのボランティアがどのように学習をサポートしているかを知る

環境

環境

オラクルのボランティアがどのように地球環境を守っているかを知る

コミュニティ

コミュニティ

オラクルのボランティアが隣人をどのように支援しているかを知る

善意を行動に移す

家にいながらにして世界を変える

家にいながらにして世界を変える

パンデミックの中でも、世界中の従業員が、隣人や困っている人たちを支援するために行動を起こしています。マスクやフェイスシールドの作成、高齢者を励ますための手紙、オンラインでの学生の指導、非営利団体のバーチャル業務への移行支援、マッチングギフトプログラムを活用した寄付など、様々な活動が活発に行われています。

つながりを作る。インパクトを増幅させる。

つながる。シェアする。広げる。

コーポレート・シチズンシップ・コミュニティ・プログラムは、社会に貢献したいという情熱を共有する従業員を結びつけるプログラムです。これらの従業員が世界の各地域でまとまり、各地域のリーダーによってコミュニティが自主的に運営されています。2019年に開始されたこのプログラムは、現在32のコミュニティが存在し、成長を続けています。

未来の仕事に向けて若者を応援する

未来の仕事に向けて若者を応援する

若者が新しくてワクワクするような夢を見つけ、それを叶えることができるように、オラクルのボランティアはメンタリング、キャリア・ワークショップ、模擬面接など様々な方法で応援しています。オラクル教育基金のプログラムは、この種の“スキルアンスロピー(スキルによる社会貢献活動)”の好例です。このプログラムでは、オラクル・ボランティアが高校生を指導し、コーディング、フィジカル・コンピューティング、デザイン・シンキングの各分野の授業を数日間にわたって行います。

できることを楽しく、いいことをちょっとず

できることを楽しく、いいことをちょっとずつ

多くのオラクルの従業員は、社会が必要としていることに応えたい、社会に貢献したいと願っています。そのためオラクルでは、勤務時間内に年間最大40時間のボランティア活動が認められており、実際に多くの従業員がボランティアとして活動しています。さらに、オラクル・ギビングでは、従業員が行う世界中のNPO/NGOへの寄付金と同額を、従業員一人あたり年間最大1,000米ドルまでマッチングしています。


世界中のボランティアで一斉に

オラクルでは年間を通じてボランティア活動をサポートしていますが、それに加えて年に3回「環境」「教育」「コミュニティ」の3つの重点課題を、世界中のボランティアで一斉に取り組むボランティア強化月間を設けています

環境保護活動推進月間(Focus on Environment)

環境保護活動推進月間(Focus on Environment)

3月~4月、環境団体と協力して健全な地球環境のために行動を起こしています。

教育推進月間(Focus on Education)

教育推進月間(Focus on Education)

8月~9月、子どもたちや学校をサポートする教育関連NPOの支援にフォーカスします。

コミュニティ推進月間(Focus on Community)

コミュニティ推進月間(Focus on Community)

11月~12月、困難な状況にある人たちを支援するために時間とリソースを割いています。