該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

変革を推進する
オラクルの社員たち

行動するオラクル・ボランティア

恵まれない地域の生徒への指導や困窮する人々への食糧提供など、毎年、世界中でオラクル・ボランティアが、自分が大切だと思う社会課題に取り組んでいます。

ひと目でわかる2018年

 

2万5,250

人のボランティア

 

1,261

件のプロジェクトを完了

 

9万6,938

時間を投入

 

657

団体(50カ国)への支援

地元での貢献が世界に波及

25年以上にわたり、オラクルの社員は教育の推進、環境保護、コミュニティの強化を行ってきました。年間を通したボランティア活動の他に、環境・教育・コミュニティそれぞれにフォーカスする「ボランティア活動推奨月間」を年に3回設け、世界中の数百の非営利団体と公的機関を支援しています。

オラクル・ボランティア

オラクルの社員がチェンジメーカーに

Employee-Driven Volunteerism

社員が中心となるボランティア

オラクル・ボランティアのプロジェクトの多くは、社員が中心となって行います。自分たちが選んだ非営利団体と協働してプロジェクトを開始し、自らがリーダーとなり、世界中にプラスの変化を広めていきます。

Skillanthropy in Action

スキランソロピーの実践

オラクル・ボランティアは、自らのプロフェッショナルとしてのスキルを社会貢献活動に活用します。今日までに、社員たちはオラクル教育基金のボランティア・プログラムに8,000時間以上を投入し、プログラミング、エンジニアリング、デザイン思考を組み合わせた数日にわたる授業で生徒を指導してきました。

Year-Round Volunteerism

年間を通したボランティア活動

いつでも世界のどこかで、真紅のシャツを着たオラクル・ボランティアが、世界にプラスの変化を引き起こす方法を探しています。

グローバルな取り組み

オラクルでは年間を通じて社員中心のボランティア活動を支援していますが、それに加え、3つの各重点分野を推進するグローバルな取り組みを行っています。

Focus on Environment

環境にフォーカス

毎年4月に、オラクルの社員は環境保護団体とのパートナーシップのもと、健やかな地球のための行動を起こします。

Focus on Education

教育にフォーカス

毎年8月と9月に、オラクルの社員は生徒たち、学校、教育に取り組む非営利団体を支援するための活動に注力します。

Focus on Community

コミュニティにフォーカス

毎年11月から12月、オラクルの社員は恵まれない人々を支援するために自らの資源と時間を提供します。

Oracle Cloudをフォロー