Oracle News Release Summary

オラクル、Java SE 10の一般提供を開始

Javaの新たなイノベーションを届けるスピードと頻度のさらなる向上を目指し

カリフォルニア州レッドウッドショアズ発—2018/03/22


(本資料は米国2018年3月20日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です) 
 
オラクルは本日、「Java SE 10(JDK 10)」の一般提供の開始を発表しました。Javaコミュニティ・プロセスのJSR 383で定められているように、JDK 10は「Java SE 10」プラットフォーム仕様のプロダクション実装です。Java SE 10はオラクルの新しい6カ月ごとの開発サイクルの最初のリリースとなるものであり、ローカル変数型、G1のパラレル・フルGC、さらにはJavaベースのJITコンパイラといった実験的な機能を含む、多数の新機能を提供します。 
 
「Java SE 10」は、OpenJDKコミュニティとの緊密な協力により誕生しました。同コミュニティでは、多様なメンバーが10年以上にわたって、Java SEプラットフォームのオープンソース実装で協力を続けています。新リリースの主要な機能には以下のようなものが含まれます。
  • ローカル変数型推論:Java言語を強化し、型推論の範囲を、イニシャライザを使ったローカル変数の宣言にまで拡張します。
  • G1のパラレル・フルGC:フルGCを並列化することで、G1の最悪ケースの遅延を改善します。
  • アプリケーションのクラスデータ共有:既存のクラスデータ共有(CDS)機能を拡張し、アプリケーション・クラスを共有アーカイブに配置できるようにすることで、起動時間とフットプリントを最適化します。
  • Javaベースの実験的なJITコンパイラ:JavaベースのJITコンパイラであるGraalをLinux/x64プラットフォーム上で実験JITコンパイラとして使用することが可能です。
オラクルのJavaプラットフォーム・グループ ソフトウェア開発担当バイスプレジデントであるジョージ・サーブ(Georges Saab)は、次のように述べています。「オラクルは、Javaプラットフォームの新たなイノベーションの速やかな発展と提供に向けた取り組みを続けており、『Java SE 10』は当社が新たに採用したリリース・サイクルとライセンシング・モデルにおける最初のリリースとなるものです。今回のリリースは特に簡便さを強化しており、便利な新機能を複数提供すると同時に、不要な要素を取り除き、開発者にとって使いやすくなっています」
 
JDK 10リリースの詳細については、Java PMブログをご参照ください。JDK 10で採用している機能の一覧はこちらからご覧いただけます。
 
Javaは世界でもっとも人気の高いプログラミング言語であり、1,200万人以上の開発者により実行されています。またクラウド環境においても、Javaを利用しているという開発者がもっとも多く、210億台を超えるJava仮想マシンがクラウドに接続されています。
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア全体にわたるデータセンターから提供しています。 オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 谷地田
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com
About Oracle

The Oracle Cloud offers complete SaaS application suites for ERP, HCM and CX, plus best-in-class database Platform as a Service (PaaS) and Infrastructure as a Service (IaaS) from data centers throughout the Americas, Europe and Asia. For more information about Oracle (NYSE:ORCL), please visit us at www.oracle.com.

Trademarks

Oracle and Java are registered trademarks of Oracle and/or its affiliates. Other names may be trademarks of their respective owners.


広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837