Press Release

日本オラクル、Oracle Cloud InfrastructureでNVIDIA Tesla V100 GPUの利用開始を発表

強力なディープ・ラーニング機能から高性能コンピューティングまで、お客様の選択肢を拡大

Tokyo, Japan—2018/07/10


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、NVIDIA® Tesla® V100 16GB GPUを実行する新しいベアメタル・コンピューティング・インスタンスの提供開始を発表します。新たに利用可能になるインスタンスにより、「Oracle Cloud Infrastructure」上で最新の高性能コンピューティング(HPC)、人工知能(AI)、ディープ・ラーニングなど、インフラストラクチャの負担が大きいワークロードを迅速かつ高いコスト効率で実行できるようになります。

オラクルは、NVIDIA Tesla GPU向け仮想マシン(VM)のサポートも提供する予定です。これにより、お客様はVMあたり1、2、または4 GPUのVMを実行できるようになります。さらに、NVIDIA Tesla V100 32GB GPUを「Oracle Cloud Infrastructure」で2018年中に利用できる予定です。

お客様の選択肢を増やすために、オラクルはPascalベースとVoltaベースのコンピューティング・サービスでNVIDIA GPU Cloud(NGC)も、「Oracle Cloud Infrastructure」で制限付きで利用できるようになります。NGCを利用することで、研究者やデータ・サイエンティストは、HPCやディープ・ラーニング向けの広範なGPU最適化ソフトウェア・ツールにアクセスできるようになります。NGCには、上位のディープ・ラーニング・フレームワークとHPCアプリケーション向けに調整、テスト、維持されたコンテナも含まれます。

エヌビディア日本代表 兼 米国本社副社長の大崎 真孝氏は次のように述べています。「AIはすべての業界において、戦略として欠かせない急務となっております。『Oracle Cloud Infrastructure』上でTesla V100を利用することで、研究者や開発者は、世界で最も高速なアクセラレータを活用し、より迅速な発見と洞察を得ることができます。V100 GPUの処理能力を最大限に活かせるよう最適化されたNVIDIA GPU Cloudのソフトウェア・コンテナを統合することにより、世界中の企業がAI研究を加速させ、画期的なAI製品やサービスを提供するために必要なテクノロジにアクセスできるようになります。」

本サービスに関する詳細は、2018年7月27日(金)ウェスティンホテル東京で開催する「Oracle Innovation Summit Tokyo」の15:15~16:00のセッション「AI & High Performance Computing on Oracle Cloud Infrastructure」で紹介する予定です。

本発表に際し、お客様、パートナー企業からの賛同コメントは次のとおりです:

マツダ株式会社は、このたびの日本オラクルによる「Oracle Cloud Infrastructure」に関する発表を歓迎します。オラクル製品を包括的に活用しているマツダとして、「Oracle Cloud Infrastructure」をはじめとする「Oracle Cloud」がIT業界に革新をもたらすことを期待しています。

マツダ株式会社 ITソリューション本部 エンジニアリングシステム部 
部長 細川 大

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、「Oracle Cloud Infrastructure」上での「NVIDIA Tesla V100 GPU」の利用開始を歓迎いたします。既に多くのクラウドサービスプロバイダーがGPUのクラウドサービスを提供しておりますが、エンタープライズ・グレードの厳しい要件に応える「Oracle Cloud Infrastructure」上での提供開始は、ディープラーニングを始めとするAI技術のさらなるビジネス活用を促進するものと期待しています。伊藤忠テクノソリューションズは、日本オラクルとの協業をさらに推進し、お客様へ最適なIT基盤のご提案を進めてまいります。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
常務執行役員 江田 尚

ティーモスインテリジェンスが提供するハイパフォーマンスクラウドコンピューティング「iHAB CLUSTER」は、「Oracle Cloud Infrastructure」を提供リソースのラインナップに加え、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)分野、深層学習(ディープラーニング)分野に向けたコンピューティングリソースとして「Oracle Cloud Infrastructure」を提供してまいります。
特にGPU搭載インスタンスに関しましては、CAE分野におけるプリポスト処理の可視化によるインタラクティブな操作環境として、また深層学習分野における初期モデルのテストやサイジングなどの設計支援、大規模演算環境のオンデマンド利用に向けた「Oracle Cloud Infrastructure」の持つ可能性に期待をしております。
実際のアプリケーション・データによる検証において「Oracle Cloud Infrastructure」のベアメタル・サービスの持つ高いコスト・パフォーマンスを確認しており、「iHAB CLUSTER」にとってOCIは新たなパワーツールとなり得るものと確信しております。
「iHAB CLUSTER」は、「Oracle Cloud Infrastructure」の持つ先進技術への素早い取り組みと高いコスト・パフォーマンスに大きく期待を寄せております。

ティーモスインテリジェンス株式会社
代表取締役 堺 幸之助

本日の発表の詳細については、https://cloud.oracle.com/iaas/gpu(英語)をご覧ください。
Oracle Cloud Infrastructure上でのHPCの詳細については、https://cloud.oracle.com/iaas/hpc(英語)をご覧ください。

価格
•    NVIDIA® Tesla® V100 16GB GPUインスタンス:1 GBUあたり、270円/時間から(税抜き)

参考リンク
•    NVIDIA
•    マツダ
•    伊藤忠テクノソリューションズ
•    ティーモスインテリジェンス
•    Oracle Cloud Infrastructure 

日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond your cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウドサービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア全体にわたるデータセンターから提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
 


本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 谷地田
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837