Oracle News Release Summary

オラクル、ガートナーのマジッククアドラントで、中堅・大企業向けクラウドHCMスイートの「ビジョンの完成度」において最も高位に位置付け

「カリフォルニア州 レッドウッドショアズ」発—2018/11/05


【本資料は米国2018年9月20日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です】
 
オラクルは、中・大規模企業向けのクラウドHCMスイートにおいて、ガートナー社により3年連続でリーダーに評価されたことを発表しました。2018年版の『Gartner Magic Quadrant for Cloud HCM Suites for Midmarket and Large Enterprises』では、ビジョンの完成度と実行する能力に基づいて各ベンダーが評価されています。このマジッククアドラントで、オラクルはビジョンの完成度において最も高い位置にあるとされました。レポートはこちらから無料でご覧いただけます。
 
Oracle HCM Cloudの開発担当シニア・バイス・プレジデントであるChris Leone(クリス・レオーネ)は次のように述べています。
「オラクルは、シンプルで強力なHCM Cloud の開発に多大な尽力をしてきました。AI(人工知能)とデジタル・アシスタント機能のイノベーションにより、HCM Cloudを活用した働き方は根本的な変化を遂げるでしょう。私たちはガートナーによって評価されたことを非常に喜んでいます。そして、本年のレポートでもリーダーに位置付けられたのは、かつてない速さで進むテクノロジーの変化に適応して競争優位性を確保しようとするお客様の支援に、当社がたゆまず力を尽くしてきたことの証であると考えています。」
 
ガートナーは、次のように述べています。「リーダーは、市場が定義するビジョンを具体的に表現します。つまり、人事責任者がビジネス上の目標を達成するにあたり、HCMテクノロジーがどのように助けになれるかというビジョンです。リーダーは製品とサービスを通してそのビジョンを実行する能力を持っており、収益や売上げという形で確固たるビジネス上の成果を達成しています。クラウドHCMスイートの市場では、リーダーは契約を獲得し続ける能力を有しており、それには基礎的要素であるHR管理(多数の国別のHRローカライゼーションを含む)に加え、タレントマネジメント、ワークフォースマネジメント、およびHRサービスデリバリー機能の実装率が高い点が含まれます。リーダーが実装を成功させていることは複数の点で証明されています。さらにリーダーの顧客たちは、複数の主要な地域(北米、ヨーロッパ、MENA、中南米、アジア太平洋)で、多岐に及ぶ業界のさまざまな規模(従業員数において)の組織に人員を配置しています。リーダーは往々にして、市場の競合企業が自社を測定する際の尺度となります。」
 
人事担当者は、Oracle Cloud Applicationsの一部であるOracle HCM Cloudを活用することで、煩雑な業務をシンプルにし、変化し続ける人材管理およびビジネス環境においても期待の声に応えることができます。Oracle HCM Cloudは従業員のライフ・サイクル全体を通じて役立つ多機能かつ強力なプラットフォームです。これを利用することで人事担当者は優れた職場環境を構築し、次々に現れるビジネス上の優先事項に人事戦略を適合させて、イノベーションを創出し続ける文化を育てていくことができます。
 
Gartner『Magic Quadrant for Cloud HCM Suites for Midmarket and Large Enterprises』(Melanie Lougee、Ranadip Chandra、その他)、2018年8月15日
 
Gartnerの免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience(CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含むPlatform as a Service(PaaS)、Infrastructure as a Service(IaaS)を米州、欧州、アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関する詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 斉藤
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837