Press Release

NEC、オラクルのDMPを採用し、オラクル・マーケティング・オートメーションとの連携により、データドリブン・マーケティングを加速

「Oracle BlueKai」を採用し、導入済のOracle Eloquaと連携し、最適なターゲットに向けた広告配信とメール配信を行うプラットフォームを構築

Tokyo,Japan—2019/01/15


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、日本電気株式会社(本社:東京都港区、執行役員社長 兼 CEO:新野 隆)が、サード・パーティ・データを活用した顧客に最適化された広告キャンペーンを実施する目的で、クラウド型データ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)「Oracle BlueKai」を採用したことを発表します。
 
NECは2016年7月、マーケティング・オートメーションの「Oracle Eloqua」を利用開始し、ターゲット属性やエンゲージメントをスコアリング機能で分析し、お客様に合わせたメール配信を行ってきました。利用開始前と比較し、CTR (Click Through Rate:クリック率)が約7倍に向上するなど成果を上げてきました。次のステップとして、オンライン上での顧客とのさらなるコミュニケーション拡大が課題となっていました。また、国内のみならず海外でのブランディング向上に向けた施策として、メディアを活用した広告配信を行っていましたが、最適なターゲットに向けたより効果のある広告配信を実施したいという要望がありました。そこで、海外でも豊富なサード・パーティ・データを提供する「Oracle Data Cloud」と、自社のファースト・バーティ・データと組み合わせて最適な広告配信が実現できるDMPとして「Oracle BlueKai」の採用を決定しました。
 
NECでは、「Oracle BlueKai」と「Oracle Data Cloud」を以下の点で評価しています。
  • ●    現在稼働している「Oracle Eloqua」との連携に開発の必要がなく、マーケティング担当者は、セグメント別にターゲットした顧客への広告配信と、分析などが一元的に行える点
  • ●    「Oracle Data Cloud」は、50億を超えるサード・パーティ・データを保持しており、日本および海外市場における最適なオーディエンスのターゲティングが可能であることに加え、「Oracle BlueKai」を介して、広告主側のプラットフォームであるDSP (Demand-Side Platform)、ソーシャル・ネットワークの広告、検索広告などを柔軟に選択でき利用が可能な点
  • ●   NECのセキュリティ基準をオラクルのクラウド・サービスが満たしており、一連のマーケティング活動を、クラウド上でセキュアに管理が可能な点に加え、長年のパートナーシップによるオラクルへの高い信頼
 
今後は、米国・アジアを中心とした海外市場向けにブランド認知向上による新規案件獲得を加速させ、顧客とのエンゲージメント強化を推進していきます。一連の取り組みで蓄積したノウハウをお客様提案へ活かしていく予定です。
 
本発表に向けた顧客企業のコメント
「NECでは国内のみならず、海外市場において既存顧客との関係構築や新規顧客獲得に向けて従来から取り組んできました。『Oracle Eloqua』を活用したキャンペーンで一定の効果を出してきましたが、次のステップとして、特に米国・アジアを中心としたさらなる海外のブランディング向上と新規顧客獲得の加速を目的に、『Oracle BlueKai』と『Oracle Data Cloud』の導入を選択しました。これにより、海外の豊富なサード・パーティ・データと自社の持つファースト・バーティ・データを最大限活用し、顧客獲得と顧客との関係の強化に向けた施策を展開していく予定です。」

 
日本電気株式会社 Chief Marketing Officer (CMO) 榎本亮 氏

参考リンク
 
Oracle Data Cloudについて
「Oracle Data Cloud」は、マーケティング担当者がデータを利用し、消費者の関心を収集し、成果を上げることを支援します。オーディエンス、コンテキスト、測定ソリューションは、大手広告事業者200社中199社に採用され、有力メディア・プラットフォーム各種にわたり、世界100カ国以上で利用されています。オーディエンス・プランニングから入札前のブランド・セーフティ、コンテキストに応じた関連性、ビューアビリティ、確認、不正防止、ROI測定に至るマーケティングのあらゆる段階で求められるデータとツールをマーケティング担当者に提供しています。「Oracle Data Cloud」は、オラクルが買収したAddThis、BlueKai、Crosswise、Datalogix、Grapeshot、Moatの先進テクノロジーと人材を有効活用しています。
 
日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond Your Cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
日本オラクル公式ソーシャル・メディア・チャネル
•    Facebook    www.facebook.com/OracleJP
•    Twitter    twitter.com/Oracle_Japan
•    Oracle Marketing Cloud Facebook    www.facebook.com/omcjp
•    Oracle Marketing Cloud Twitter    twitter.com/OracleMktgJapan
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 斉藤
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837