Press Release

福利厚生事業を展開するベネフィット・ワン、デジタル・トランスフォーメーションの一環として、オラクルのクラウドで経営管理基盤を刷新

クラウド上でデータを一元管理することで、プロジェクト採算管理や全社コストの見える化を実現し、生産性の向上へ

Tokyo,Japan—2019/01/17


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石 徳生)がデジタル・トランスフォーメーションの一環として、オラクルのクラウド型経営管理「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を採用し、稼働したことを発表します。
 
ベネフィット・ワンは、福利厚生業界大手として、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービスなど、約140万件のサービスを特別価格で利用できる福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を提供しています。
 
ベネフィット・ワンでは、プロジェクトごとの予算を表計算ソフトにて運用、関連データの収集・集計・分析を行っていましたが、その業務が煩雑であり、現状の把握をおこなうためにコスト、時間がかかるという課題がありました。全社で取り組んでいるデジタル・トランスフォーメーションの一環として、このようなプロジェクト管理業務を効率化し、利益の見える化や生産性の向上が実現できる経営基盤を必要としていました。
 
ベネフィット・ワンは、「Oracle Planning and Budgeting Cloud」の以下の特長を評価し、採用に至りました。
  • ●    人事、カスタマー・サービスにおいてオラクルのクラウドを既に活用しており、各業務のデータ連携が容易で、将来的に、プロジェクト・コードをオラクルの会計・購買クラウドと円滑に連携できる
  • ●    一元管理されたデータにアクセスすることで、プロジェクト別の実績データ収集・分析・報告までの効率的な管理と、経営情報の見える化を実現できる
  • ●    担当者の要望に合わせて、売上軸での分析など「Oracle Planning and Budgeting Cloud」を段階的かつ柔軟に拡張が可能である
 
本発表に向けた顧客企業のコメント
「ベネフィット・ワンは、DX(デジタルトランスフォーメーション)化を推進しております。効率的な業務を検討していく中で、経営管理業務の生産性向上が実現できる仕組みとしてオラクル・クラウドを採用しました。既に稼働している人事、カスタマー・サービスのクラウドと同様、データを中心とした高度なセキュリティを実現できるSaaS(Software as a Service)のアプリケーションであることも重要な要素でした。今回、『Oracle Planning and Budgeting Cloud』を活用し、経営基盤を刷新することで、煩雑であった経営管理業務を効率化するだけでなく、全社での見える化を実現していきます。」
                  
 株式会社ベネフィット・ワン 執行役員 DX推進部長 小澤慶 氏
 
参考リンク
 
日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond Your Cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア地域にわたるデータセンターから提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.comをご覧ください。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 斉藤
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837