Oracle News Release Summary

オラクル、カスタマー・エクスペリエンスの統合を通じてSlackとのパートナーシップを拡大

新たな統合により、セールスおよびサービス・アプリケーション内においてSlackのAPIツール・キットを初めて活用

「ネバタ州ラスベガス MODERN BUSINESS EXPERIENCE」 発—2019/03/29


【本資料は米国2019年3月19日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です】

オラクルは本日、セールスとカスタマー・サービスの担当者によるコラボレーションと生産性の向上に役立つSlackとの新たな統合を発表しました。Slackと「Oracle Customer Experience (CX) Cloud」の新たな統合は、Slackのプラットフォーム機能を利用してセールスおよびサービス・アプリケーションの統合を構築およびサポートします。

Slackと「Oracle CX Cloud」の統合により、セールス・チームのリーダーはアカウント・エグゼクティブ、販売管理、製品担当者、契約マネージャーなど広範なチームとのコラボレーションを合理化することで取引の成立を迅速化し、Slackのチャネルまたは会話上で取引を表示および成立させることができます。この統合は、カスタマー・サービスがケースをより効率的に解決する上でも役立ちます。お客様窓口とサポートの担当者のコラボレーションが容易になり、企業全体でサービス・リクエストを解決できます。
 
Oracle CXセールス・アンド・サービスの製品管理担当バイスプレジデント、ステファン・フィオレッティ(Stephen Fioretti)は次のように述べています。「お客様の期待は変化し続けており、チームの連携方法と個人がチームで果たす役割も変化しています。役割の進化と変化に対応する従業員をサポートするには、新たな働き方を可能にするテクノロジーが必要です。オラクルとSlackの最新の統合は、セールスとカスタマー・サービスによるより効率的なコラボレーションに貢献し、エクスペリエンス・エコノミーのニーズを満たす上で必要なツールをCX担当者に提供することへのオラクルのコミットメントに基づいて構築されています」
 
今回の新しい統合は、Slackをはじめとする人気の高いコラボレーション・チャネルを「Oracle Digital Assistant」でサポートするために、かねてからの両社のパートナーシップに基づいています。「Oracle Digital Assistant」を利用する企業は、コンテキストを理解し、意図を導き、ユーザーの行動とパターンを特定・学習するパーソナライズされたデジタル・アシスタントを構築し、支出承認やミーティングのスケジュール変更などのルーティン・タスクをユーザーに代わってプロアクティブに自動化します。
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、http://www.oracle.com/ をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 谷地田
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837