参考資料

2019年度 日本オラクル株式会社 新卒入社式

取締役 執行役社長 最高経営責任者 フランク・オーバーマイヤー 

Tokyo,Japan—2019/04/01


於:オラクル青山センター
新入社員 27名

 
2019年4月1日
 
肝心なことは心構えと積極的な姿勢
 
皆さん、オラクル青山センターにようこそ。日本オラクルに本日入社する27人の皆さんにお目にかかれて、本当に嬉しく思います。従業員一同、皆さんにお目にかかるのを心待ちにしていました。
 
オラクルで皆さんが新入社員として好スタートを切り、早くそれぞれの業務をこなせるようになって、社内でキャリアアップしていけるようになるために、皆さんには積極的で前向きな姿勢と心構えを持って、毎日の仕事に取り組んで欲しいと思います。
 
成長に向かって学ぶ姿勢を身に付けること
オラクルはクラウド・カンパニーとして、お客様のクラウド・ジャーニーを支援し、データ・ドリブンに基づいたイノベーションによるお客様のビジネス変革に貢献しています。そのために皆さんには、オラクルの製品やサービスのエキスパートにとどまらず、クラウドのエキスパートになってもらわなければなりません。オラクルはさまざまなことを学び、成長し、成功を遂げることのできる場所です。しかし、それはひとえに皆さん次第であり、皆さん自身がどれだけのスピードで成長したいと思うかによります。自ら挑戦を求め、ネットワークを築き、無数にある学習プラットフォームから必要なトレーニングを自分で選択し、そしてオラクルと共に成長していけるかどうかにかかっています。
 
なせばなるの精神と勇気を前面に
勇気を持って新しいことに挑戦しましょう。そして、もし失敗したとしても、同僚や上司など、周りの人たちの意見を聞いて、もう一度トライしましょう。かつて、かのトーマス・エジソンは言いました。「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」 皆さんもぜひ、これをモットーにして頂きたいと思います。
 
自分自身のネットワークを築き、他の部門や日本以外の国など、自分の所属部署以外の人たちとも積極的にコミュニケーションを取り合いましょう。皆さんは世界175カ国以上、13万人を超える人々が働く大きなグローバル・チームの一員になったのです。これは、さまざまなものの見方や洞察を得たり、興味深い人たちと出会ったりして、皆さんが人間として成長を遂げる絶好のチャンスです。
 
主体性を持って自らが責任を負うこと
オラクルで皆さんは、膨大な情報や知識、優れた頭脳やさまざまな分野のエキスパート、素晴らしい才能を持った人たちやイノベーターたちに触れることができます。オラクルほど積極的に自分の道を切り拓き、キャリアアップして行ける場所はないと思います。同時に、常にチームや会社に貢献し、向上させていくこともできます。ここではさまざまなワークショップやセミナー、トレーニング、ボランティア活動などが行われており、そうした活動に積極的に参画していくかどうかは皆さんの決断次第です。
 
よく学び、勇気を持ち、自らの責任において行動することで、皆さんにとってオラクルでのジャーニーは楽しいものになるでしょう。大いに楽しんでください。今日、オラクルに入社してくださった皆さんに、心から「ありがとう」と申し上げて私の挨拶を終わりたいと思います。改めて、REDチームへようこそ!
 
日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond your cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウドサービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一 部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp 
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、http://www.oracle.com/ をご覧ください。
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 谷地田
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837