該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Press Release

日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会と国内でアドベリフィケーションを提供する主要4社と共に市場での競争関係を超えて、日本のデジタル広告市場の健全化への取り組みを推進

Tokyo,Japan—2020/06/23


日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 最高経営責任者:ケネス・ヨハンセン)は本日、オラクルが提供するデータドリブンなマーケティングを支援する「Oracle Data Cloud」が、公益社団法人日本アドバタイザーズ協会(以下JAA)Web広告研究会(所在地:東京都中央区銀座 代表幹事:中村 俊之)、Integral Ad Science Japan株式会社、株式会社Spider Labs、DoubleVerify Japan株式会社、モメンタム株式会社の4社と共に、日本のデジタル広告の健全化に向けて「ネット広告健全化推進プロジェクト(リーダー:小林 秀次)」を発足したことを発表します。
 
昨今のデジタル広告に対する生活者の不信感は高まっており、デジタル広告に関わる全てのプレイヤーにとって、喫緊の課題となっています。JAAは、「デジタル広告の課題に対するアドバタイザー宣言」を出し、デジタル広告の信頼性を高めるための議論を継続しています。しかしながら、広告主含め、その広告活動に関わるパートナーの多くは、まだデジタル広告の健全化の取り組みを推進する途上です。そこで、広告主とその広告活動に関わるパートナーに向けて、広告価値毀損を正しく測定することなど、アドベリフィケーション*の仕組みを活用することの重要性について、広く啓発を行っていきます。
※アドベリフィケーション:
「広告がしっかり人の目に触れているか」(ビューアビリティー)、「広告がbotなどによる不正なインプレッションやクリックが発生していないか」(アドフラウド)、「広告主が意図していない不適切なサイトに広告表示されていないか」(ブランド・セーフティー)といった「広告掲載先の内容の品質確認」のことを指します。
 
今後の活動について
76日(月)15時~16時 「アドベリフィケーション、ビフォーアフター ~やってみたらこうなった~」
アドベリフィケーションの取り組みは、具体的に何をどのように始めたらよいのか、そしてどのような改善・メリットがあるのか、実際に始めるときに何を決めておく必要があるのかなど、理解されていないことが多くあります。本セミナーでは実際のデータを元にしながら、開始する前、実施最中、実施後に何を意識すべきかなどを、具体的に紹介します。
参加申込:https://www.wab.ne.jp/wab_sites/general-event/view/3188
 
7月下旬予定 「複雑なデジタル広告、発注する側として最低限知っておくべきこと ~ネット広告の仕組み~」
複雑になったデジタル広告。専門のパートナーに運用を依頼することが顕著になっています。しかし、すべてをパートナーに依頼していては、知見が蓄積されていきませんし、新しい可能性を見つけることもできません。また、インシデントが発生した時に世間の目は発注した会社に向くことも忘れてはいけません。これからアドベリフィケーションに取り組む企業の皆様に向けて、発注者としての責任、知っておくべき仕組みを、デジタル広告の歴史からわかりやすく解説します。
 
8月~10月予定 「アドベリフィケーションツール提供主要5社の何をどうしたら何ができるのか」
日本オラクル含め主要5社それぞれの特徴、強みや使い方、それに応じた投資額も異なります。広告主にとって、各社それぞれ優先順位も異なりますし、どこまでの対策をするのかも異なります。また、目の前の対策だけでいいのか、将来を見据えた対応までするのかなど、限られた投資の配分、事前に考える材料の検討が必須になります。どのような時、どのツールを導入すればいいのか、5社の代表者から、それぞれ適した使い方を、事例を交えながら紹介します。
 
*開催時期、内容については、主催者の都合により変更する場合がございます
 
Oracle Data Cloudについて
マーケティング担当者がデータを利用し、消費者の関心を収集し、キャンペーンの成果を上げることを支援します。オーディエンス、コンテキスト、広告効果検証にわたるこれらのソリューションは、AdAge誌が選定する世界の上位広告事業者200社中199社に採用され、有力メディア・プラットフォーム各種にわたり、世界100カ国以上で利用されています。オーディエンス・プランニングから入札前のブランド・セーフティー、コンテキストに応じた関連性、ビューアビリティーの検証、不正防止、ROI測定に至るマーケティングのあらゆる段階で求められるデータとツールをマーケティング担当者に提供しています。
URL www.oracle.com/jp/applications/customer-experience/data-cloud/
 
日本オラクルについて
人々が、新たな方法でデータを捉え、知見を導き出し、無限の可能性を得ることをミッションにしています。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp
 
オラクルについて
Oracle Cloudは、セールス、サービス、マーケティング、人事、経理・財務、製造などを網羅する広範なアプリケーション群、「Oracle Autonomous Database」に代表される、高度に自動化され、高いセキュリティを備えた第2世代インフラストラクチャを提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。
 
 
* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。
 

本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社
広報室 谷地田
03-6834-4837
pr-room_jp@oracle.com

広報担当にコンタクト

日本オラクル株式会社

  • 03-6834-4837