Oracle Customer Success — Jupiter Shop Channel Co., Ltd.

Jupiter Shop Channel Co., Ltd.

ジュピターショップチャンネル株式会社、オラクルPaaS製品でデータ分析を深化させ新しい知見を獲得

Share
 

Oracle Data Visualization Cloud Serviceの強力な機能と直感的な操作性を駆使することで、専用のITリソースやデータサイエンスに関する専門知識がなくても高度かつ大規模なデータ分析を行うことが可能です。またその自動データ組合せ機能により、より戦略的なマーケティングキャンペーンを支える新しい知見を素早く獲得できるようになりました。

— ジュピターショップチャンネル株式会社 メディア&マーケティング本部 マーケティング部 マーケティング企画グループ 清水学氏

ジュピターショップチャンネル株式会社はOracle Data Visualization Cloud Serviceで各々の顧客セグメントに関するより深い知見を得て、ウェブマーケティングを最適化  

ジュピターショップチャンネル株式会社は、日本のショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」の運営を中心としたダイレクトマーケティング事業者であり、創業以来20年間以上にわたって ファッション、ジュエリー、化粧品、電化製品及び食料品を含む幅広い商品をTV視聴~コールセンター/オンライン受注を通じて提供してきた。

コールセンター受注を基盤としてきた中で、顧客情報/受注情報/Webサイトのトラフィック情報それぞれが分離しており、全顧客を網羅するプライベートDMPを持たなかったため、顧客分析/マーケティング戦略も限られた一部の顧客セグメントのみを対象としていた。しかし近年のスマートフォン普及を受けてオンライン注文も増加しており、そこで同社は全客層を取り込むための横断的なマーケティングキャンペーンを実現すべく様々なデータを可視化、共有、そして分析する有効なツールを求めていた。

Oracle Data Visualization Cloud Service Helps Jupiter Shop Channel

 
 
Challenges
  • 全客層横断的なウェブマーケティング戦略策定に必要なクラスター分析やアソシエーョン分析など、より大量かつ広範囲のデータを扱うためのデータマネジメントプラットフォーム(DMP)を構築すること
  • よりターゲットを絞ったマーケティング戦略を展開するため、デバイス別、ブランド別、アプリ別など様々な角度からEメールマーケティングの有効性を比較評価する能力を獲得すること
  • 一般ユーザーでも手軽に高度なデータ分析を行えるような強力な分析能力と直感的な操作性を兼備し、且つ専用のITリソースを必要としない分析ツールを提供すること
Results
  • Oracle Data Visualization Cloud Serviceを駆使して、例えば過去に特定の食材、健康食品やファッションブランドアイテムなどを購入した客層の特定などの、より多彩なデータ分析を行うことで、高額なライセンス費や維持費を回避しながらクロス販売などを促進するためのウェブマーケティングの最適化に必要な知見を獲得した
  • ブランド別に売上、単価、リピート率、新規顧客数といった多彩なデータ・セットを自動的に組み合わせた上グラフの形で可視化することで、それぞれの商品に関するキャンペーンにどの顧客セグメントが最も反応を示すかを素早く特定できるようになり、よりターゲットを絞ったマーケティング戦略を可能にした
  • Oracle Data Visualization Cloud Service の強力な検索、ナビゲーション、そしてフィルタリング機能を活用して、販売促進メールのフォーマット別(PCテキスト版、HTML版、モバイル版など)有効性の比較評価、デバイス別(PC、スマートフォン、タブレット)のショッピングパターン、そしてクリック経由で最終的に購入される受注デバイスの統計など様々な新しい知見を獲得した
  • Oracle Data Visualization Cloud Service の強力な可視化機能によりIT部門によるデータベース構築支援やデータサイエンスに関する専門知識がなくても、一般ユーザーがドラッグ・アンド・ドロップのような直感的な操作で表示項目を変えながら高度なデータ分析に最適化したビューを実現できるようになった
  • Oracle Data Visualization Cloud Service と Oracle R Distributionを併用して複数の外部ソースから提供された高度な地理情報データを連結・統合することで、地域ごとのトレンドや知見を獲得した
  • ウェブマーケティングに関する知見や事例を容易に蓄積、ビジュアル・ストーリーとして最適化、そしてセキュアにユーザー共有してコメントやハイライトを追加できるようになったことで、ユーザー間のコラボレーションを促進した
  • クラウド版に加えてデスクトップ版が無料で利用できるおかげで、通常ワークロードはクラウド版、より高度なセキュリティー性やデータ結合が求められるワークロードはデスクトップ版のような使い分けが可能となり、ユーザー体験を改善した

 

Oracle Data Visualization Cloud Serviceは強力かつ直感的なビジュアル分析機能を提供してくれるため、一般ユーザーでも他のITリソースに頼らずに高度なデータ分析を行えます。そのうえ、Excel やCSVを含む幅広いデータフォーマットに対応できる柔軟性とクラウド版・デスクトップ版の使い分けが可能な点も重要な判断材料でした。

— ジュピターショップチャンネル株式会社 メディア&マーケティング本部 マーケティング部 マーケティング企画グループ 清水学氏

Execution

よりターゲットを絞ったマーケティング戦略を展開するため、2016年10月に手軽に高度なデータ分析ができるツールの選定を開始し、2017年3月にOracle Data Visualization Cloud Serviceの採用を決定し、5月から2か月間にわたり段階的に実データを投入しながら利用を開始した。オラクルパートナーのクロスキャット社がスキルトランスファーなどの導入支援を提供した。自社のシステム部門からの支援無しで、マーケティング部門のみで導入ができた。

ジュピターショップチャンネル株式会社は6か月の選定期間を経て、よりターゲットを絞ったマーケティング戦略を展開するための手軽に高度なデータ分析ができるツールとしてOracle Data Visualization Cloud Serviceの採用を決定し、それから2か月以内に段階的に実データを投入しながら利用を開始した。

About Jupiter Shop Channel Co., Ltd.

Headquarters

 
Tokyo, Japan

Employees

 
959

Annual Revenue

 
US$10.74 Billion
ジュピターショップチャンネル株式会社1996年に創業した日本初のショッピング専門チャンネルである。同社は現在24時間ノンストップの「ショップチャンネル」番組を通じて、衣類、バンドバッグ、ネックレス、シューズ、スキンケア製品を含む毎週500点以上の全世界から厳選した商品を2920万世帯の視聴者に提供している。 
 

Partners

オラクルパートナーの株式会社クロスキャットからスキルトランスファーなどの導入支援を受けて、ジュピターショップチャンネルのマーケティング部門は自社IT部門に頼らずにOracle Data Visualization Cloud Serviceを導入した。 
Published:  Apr 25, 2018