該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

Application Continuity

Oracle Application Continuity

継続的可用性の実現

詳しく見る
 

アプリケーション・コンティニュイティ

アプリケーション・コンティニュイティ(AC)は、Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)、Oracle RAC One Nodeオプション、Oracle Active Data Guardオプションで利用できる機能であり、リカバリ可能なシステム停止後に、実行中のデータベース・セッションをリカバリすることで、システム停止についてエンドユーザーやアプリケーションに気づかれないようにします。アプリケーション・コンティニュイティでは、停止後に影響を受けるデータベース・セッションの実行中の作業がリカバリされるため、停止がエンドユーザーやアプリケーションからマスクされます。アプリケーション・コンティニュイティはこのリカバリをアプリケーションの下層で実行するため、アプリケーションにとってこの停止は短時間の実行遅延のように見えます。

アプリケーション・コンティニュイティを使用すると、計画外停止および計画メンテナンスを実施する際、ユーザー・エクスペリエンスが向上します。アプリケーション・コンティニュイティにより、Oracle Databaseを利用するシステムやアプリケーションのフォルト・トレランス機能が強化されます。

トランザクション・ガード

トランザクション・ガードは、Oracle Database 12c以降に導入された信頼性の高いプロトコルおよびツールで、システムが停止してデータベース・セッションが使用不可になった後に、実行中だった最後のトランザクションの結果を返します。トランザクション・ガードはアプリケーション・コンティニュイティによって、実行中のトランザクションを1回のみ確実にコミットするために使用されます。

またアプリケーションでは、エンドユーザーに既知の結果を返すために直接トランザクション・ガードを使用することもできます。アプリケーションまたはインフラストラクチャは、エラー処理にトランザクション・ガードAPIを組み込んで、システム停止が発生したときに、トランザクション・ガードを使用して実際の結果を返します。

トランザクション・ガードは、既知のコミット結果や1回だけの実行が可能な自社開発ソリューションや外部ソリューションと比べて、オーバーヘッドを低く抑えてパフォーマンスを大幅に向上しながら、正確性を保証し、クラウド・レベルやインターネット・レベルに規模を拡大します。

クラウドでOracle Database 19cを試す