該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Application Continuity

Oracle Application Continuity

継続的な可用性を実現

詳細を見る
 

アプリケーション・コンティニュイティ

アプリケーション・コンティニュイティ(AC)は、リカバリ可能なシステム停止の後に実行中のデータベース・セッションをリカバリすることでシステム停止がエンドユーザーやアプリケーションに関知されないようにする機能であり、Oracle Real Application Clusters(Oracle RAC)、Oracle RAC One Node、およびOracle Active Data Guardオプションに搭載されています。システム停止の後にその影響を受けたデータベース・セッションの実行中の作業がリカバリされるため、エンドユーザーやアプリケーションはシステムが停止したことに気づきません。このリカバリはアプリケーションの背後で実行されるため、アプリケーションからはこの停止が短時間の実行遅延のように見えます。

アプリケーション・コンティニュイティは、計画外停止と計画的メンテナンスに関するユーザー・エクスペリエンスを向上させます。また、Oracle Databaseを使用するシステムやアプリケーションのフォルトトレランスを強化します。

トランザクション・ガード

トランザクション・ガードは、Oracle Database 12cから導入された信頼性の高いプロトコルおよびツールで、システムが停止してデータベース・セッションが使用不可になった後に最後に実行されていたトランザクションの結果を返します。この機能は、アプリケーション・コンティニュイティによって実行中のトランザクションを1回だけ確実にコミットするために使用されます。

また、エンドユーザーに既知の結果を返すためにアプリケーションで直接トランザクション・ガードを使用することもできます。アプリケーションまたはインフラストラクチャのエラー処理にトランザクション・ガードAPIを組み込み、システムが停止したときにトランザクション・ガードを使用して実際の結果を返します。

トランザクション・ガードは、トランザクションの正確性を保証し、規模をクラウドレベルやインターネットレベルにまで拡大できます。さらに、自社開発ソリューションや外部ソリューションよりも低いオーバーヘッドとはるかに高いパフォーマンスで既知のコミット結果のリターンや1回限りの実行を行うことができます。

Oracle Database 19cをクラウドで試す