Linux x86-64用Oracle Instant Clientダウンロード(64ビット)

Oracle Instant Clientの詳細については、Instant Clientホームページを参照してください。

インストール手順はページの最後の方にあります。

クライアント/サーバー・バージョンの相互運用性については、ドキュメントID 207303.1で詳述されています。たとえば、Oracle Call Interface 21はOracle Database 12.以上、Oracle Call Interface 19.3はOracle Database 11.2以上に接続できます。場合によっては、その他の制限があるツールもあります。

Instant Client RPMは、クリック操作でアクセスしなくても、yum.oracle.comからOracle Linux 8Oracle Linux 7で利用できるようになりました。旧RPMパッケージは、Oracle Linux 8Oracle Linux 7Oracle Linux 6がご利用いただけます。詳細については、Instant Client for Oracle Linuxページをご参照ください。

最新パッケージへのパーマネント・リンクは次の通りです。Basic (.zip), Basic (.rpm), Basic Light (.zip), Basic Light (.rpm), SQL*Plus (.zip), SQL*Plus (.rpm), Tools (. zip), Tools (.rpm), SDK (.zip), SDK (.rpm), JDBC Supplement (. .zip)JDBC Supplement (.rpm)ODBC (.zip)ODBC (.rpm)

 

すべて開く すべて閉じる
    • バージョン 21.11.0.0.0(glibc 2.14が必要)

      Basic - 以下のパッケージのいずれかが必要

      名前

      ダウンロード

      内容

      Basicパッケージ(ZIP)
      • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (78,744,025バイト)(チェックサム - 3141261463)
      Basicパッケージ(OL8 RPM)
      • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (55,681,472バイト)(チェックサム - 4133064746)
      Basicパッケージ(OL7 RPM)
      • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (55,683,592バイト)(チェックサム - 1401884043)
      Basic Lightパッケージ(ZIP)
      • Basicパッケージの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (38,028,025バイト)(チェックサム - 3383591322)
      Basic Lightパッケージ(OL8 RPM)
      • Basicパッケージの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (29,323,384バイト)(チェックサム - 1791328593)
      Basic Light Package (OL7 RPM)
      • Basicパッケージの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (29,325,724バイト)(チェックサム - 374813660)

      ツール - オプション・パッケージ

      名前

      ダウンロード

      内容

      SQL*Plusパッケージ(ZIP)
      • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
      • (936,855バイト)(チェックサム - 3836695363)
      SQL*Plusパッケージ(OL8 RPM)
      • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
      • (728,100バイト)(チェックサム - 3463941062)
      SQL*Plusパッケージ(OL7 RPM)
      • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
      • (722,600バイト)(チェックサム - 3748756342)
      ツール・パッケージ(ZIP)
      • Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientを含む
      • (1,149,713バイト)(チェックサム - 1557788436)
      ツール・パッケージ(OL8 RPM)
      • Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientを含む
      • (884,684バイト)(チェックサム - 123250591)
      ツール・パッケージ(OL7 RPM)
      • Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientを含む
      • (876,572バイト)(チェックサム - 566334342)

      開発およびランタイム - オプション・パッケージ

      名前

      ダウンロード

      内容

      SDKパッケージ(ZIP)
      • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (1,001,766バイト)(チェックサム - 2077315921)
      SDKパッケージ(OL8 RPM)
      • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (674,884バイト)(チェックサム - 3740834999)
      SDKパッケージ(OL7 RPM)
      • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (669,700バイト)(チェックサム - 2458987833)
      JDBC Supplementパッケージ(ZIP)
      • JDBCにおける国際化の追加サポート
      • (1,579,011バイト)(チェックサム - 1560167052)
      JDBC Supplementパッケージ(OL8 RPM)
      • JDBCにおける国際化の追加サポート
      • (1,536,076バイト)(チェックサム - 4196106921)
      JDBC Supplementパッケージ(OL7 RPM)
      • JDBCにおける国際化の追加サポート
      • (1,526,700バイト)(チェックサム - 451214929)
      ODBCパッケージ(ZIP)
      • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (798,391バイト)(チェックサム - 2085652589)
      ODBCパッケージ(OL8 RPM)
      • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (252,920バイト)(チェックサム - 4203579473)
      ODBCパッケージ(OL7 RPM)
      • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (247,544バイト)(チェックサム - 2937406655)
      プリコンパイラ・パッケージ プリコンパイラのダウンロード Pro*CとPro*COBOL用の追加ファイル
    • バージョン 19.20.0.0.0(glibc 2.14が必要)

      Basic - 以下のパッケージのいずれかが必要

      名前

      ダウンロード

      内容

      Basicパッケージ(ZIP)
      • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (75,130,721バイト)(チェックサム - 2045566628)
      Basicパッケージ(RPM)
      • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (53,672,164バイト)(チェックサム - 1611628737)
      Basic Lightパッケージ(ZIP)
      • Basicパッケージの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (36,680,9956バイト)(チェックサム - 1808307164)
      Basic Lightパッケージ(RPM)
      • Basicパッケージの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (27,545,256バイト)(チェックサム - 2347028102)

      ツール - オプション・パッケージ

      名前

      ダウンロード

      内容

      SQL*Plusパッケージ(ZIP)
      • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
      • (911,671バイト)(チェックサム - 1262650326)
      SQL*Plusパッケージ(RPM)
      • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
      • (703,396バイト)(チェックサム - 3502938272)
      ツール・パッケージ(ZIP)
      • Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientを含む
      • (1,086,024バイト)(チェックサム - 2798993325)
      ツール・パッケージ(RPM)
      • Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientを含む
      • (837,404バイト)(チェックサム - 2382327009)

      開発およびランタイム - オプション・パッケージ

      名前

      ダウンロード

      内容

      SDKパッケージ(ZIP)
      • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (934,887バイト)(チェックサム - 2190945251)
      SDKパッケージ(RPM)
      • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (614,268バイト)(チェックサム - 1695263646)
      JDBC Supplementパッケージ(ZIP)
      • JDBCにおける国際化の追加サポート
      • (1,578,060バイト)(チェックサム - 1573051103)
      JDBC Supplementパッケージ(RPM)
      • JDBCにおける国際化の追加サポート
      • (1,524,768バイト)(チェックサム - 127397342)
      ODBCパッケージ(ZIP)
      • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (638,753バイト)(チェックサム - 2302762974)
      ODBCパッケージ(RPM)
      • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (246,728バイト)(チェックサム - 2612750240)
      プリコンパイラ・パッケージ プリコンパイラのダウンロード Pro*CとPro*COBOL用の追加ファイル
    • Version 19.19.0.0.0 (Requires glibc 2.14) - for OL9/RH9 only

      Basic - 以下のパッケージのいずれかが必要

      名前

      ダウンロード

      内容

      Basicパッケージ(ZIP)
      • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (75,001,671バイト)(チェックサム - 1963228342)
      Basicパッケージ(RPM)
      • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (53,555,928バイト)(チェックサム - 4247919417)
      Basic Lightパッケージ(ZIP)
      • Basicパッケージの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (36,681,383バイト)(チェックサム - 1614523109)
      Basic Lightパッケージ(RPM)
      • Basicパッケージの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (27,430,724バイト)(チェックサム - 3635477676)

      ツール - オプション・パッケージ

      名前

      ダウンロード

      内容

      SQL*Plusパッケージ(ZIP)
      • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
      • (911,671バイト)(チェックサム - 1672858057)
      SQL*Plusパッケージ(RPM)
      • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
      • (703,388バイト)(チェックサム - 712456591)
      ツール・パッケージ(ZIP)
      • Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientを含む
      • (1,086,022バイト)(チェックサム - 1964431180)
      ツール・パッケージ(RPM)
      • Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientを含む
      • (837,388バイト)(チェックサム - 1933016038)

      開発およびランタイム - オプション・パッケージ

      名前

      ダウンロード

      内容

      SDKパッケージ(ZIP)
      • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (934,636バイト)(チェックサム - 955581523)
      SDKパッケージ(RPM)
      • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (614,148バイト)(チェックサム - 2255420624)
      JDBC Supplementパッケージ(ZIP)
      • JDBCにおける国際化の追加サポート
      • (1,578,053バイト)(チェックサム - 1363466883)
      JDBC Supplementパッケージ(RPM)
      • JDBCにおける国際化の追加サポート
      • (1,524,760バイト)(チェックサム - 2756221178)
      ODBCパッケージ(ZIP)
      • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (638,784バイト)(チェックサム - 2879130947)
      ODBCパッケージ(RPM)
      • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (246,740バイト)(チェックサム - 3540732657)
      プリコンパイラ・パッケージ プリコンパイラのダウンロード Pro*CとPro*COBOL用の追加ファイル
    • バージョン12.2.0.1.0

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (68,965,195バイト)(チェックサム - 3923339140)
      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (52,826,628バイト)(チェックサム - 888077889)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic Light: Basicの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (32,917,466バイト)(チェックサム - 2936437456)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • Basic Light: Basicの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (26,731,248バイト)(チェックサム - 1705759050)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (1,572,942バイト)(チェックサム - 1346784794)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (1,524,160バイト)(チェックサム - 723838987)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (904,309バイト)(チェックサム - 2291973160)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (708,104バイト)(チェックサム - 3777165168)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (674,743バイト)(チェックサム - 2114815674)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (606,864バイト)(チェックサム - 2680490862)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • ODBC更新日9/20/2017: ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (634,023バイト)(チェックサム - 1852531718)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • ODBC更新日9/20/2017: ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (258,692バイト)(チェックサム - 4106709717)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • ツール: Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientを含む
      • (1,132,671バイト)(チェックサム - 1894087035)
      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • ツール: Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientを含む
      • (943,304バイト)(チェックサム - 3168859108)

      Instant Client Package - Precompiler: Pro*Cアプリケーションとデモをプリコンパイルするための「proc」バイナリと関連ファイルの追加ファイル

    • バージョン12.1.0.2.0

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (63,352,239バイト)(チェックサム - 109893216)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (62,587,782バイト)(チェックサム - 2840691603)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic Light: Basicの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (31,302,454バイト)(チェックサム - 3592144768)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • Basic Light: Basicの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (30,940,809バイト)(チェックサム - 174277137)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (1,571,639バイト)(チェックサム - 788395887)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (1,564,558バイト)(チェックサム - 1691314891)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (861,284バイト)(チェックサム - 2255047856)
      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (852,271バイト)(チェックサム - 1611119156)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (667,174バイト)(チェックサム - 1047596065)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (634,803バイト)(チェックサム - 2599726994)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • ODBC: ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (1,289,004バイト)(チェックサム - 1824795072)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • ODBC: ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (949,578バイト)(チェックサム - 2017085881)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • WRC: RATのDB再実行機能のワークロードの再実行に使用されるWorkload Replay Client
      • (203,511バイト)(チェックサム - 1915724460)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • WRC: RATのDB再実行機能のワークロードの再実行に使用されるWorkload Replay Client
      • (184,971バイト)(チェックサム - 4050201229)

      Instant Client Package - Precompiler: Pro*Cアプリケーションとデモをプリコンパイルするための「proc」バイナリと関連ファイルの追加ファイル

    • バージョン11.2.0.4.0

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (60,704,657バイト)(チェックサム - 41267059)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (59,865,008バイト)(チェックサム - 526022028)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic Light: Basicの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (23,935,897バイト)(チェックサム - 43850363)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • Basic Light: Basicの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (23,679,225バイト)(チェックサム - 4093180428)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (1,562,474バイト)(チェックサム - 1366215931)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (1,564,169バイト)(チェックサム - 3532038774)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (834,491バイト)(チェックサム - 2262912957)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (828,333バイト)(チェックサム - 955935608)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (643,089バイト)(チェックサム - 3927039586)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (610,222バイト)(チェックサム - 2481040260)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • ODBC: ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (310,560バイト)(チェックサム - 1026140460)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • ODBC: ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (311,509バイト)(チェックサム - 3819001898)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • WRC: RATのDB再実行機能のワークロードの再実行に使用されるWorkload Replay Client
      • (186,409バイト)(チェックサム - 3273661601)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • WRC: RATのDB再実行機能のワークロードの再実行に使用されるWorkload Replay Client
      • (161,109バイト)(チェックサム - 685927800)

      Instant Client Package - Precompiler: Pro*Cアプリケーションとデモをプリコンパイルするための「proc」バイナリと関連ファイルの追加ファイル

    • バージョン11.1.0.7.0

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (47,149,968バイト)(チェックサム - 574632590)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (46,613,626バイト)(チェックサム - 2506136153)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic Light: Basicの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (20,799,541バイト)(チェックサム - 315187517)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • Basic Light: Basicの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (20,606,575バイト)(チェックサム - 3847384017)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (1,563,006バイト)(チェックサム - 423552759)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (1,564,702バイト)(チェックサム - 3680866150)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (857,863バイト)(チェックサム - 2965147848)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (851,443バイト)(チェックサム - 2443199094)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (607,351バイト)(チェックサム - 24114492)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (578,943バイト)(チェックサム - 555138635)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • WRC: RATのDB再実行機能のワークロードの再実行に使用されるWorkload Replay Client
      • (131,279バイト)(チェックサム - 2922805930)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • WRC: RATのDB再実行機能のワークロードの再実行に使用されるWorkload Replay Client
      • (113,206バイト)(チェックサム - 2111860975)

      Instant Client Package - Precompiler: Pro*Cアプリケーションとデモをプリコンパイルするための「proc」バイナリと関連ファイルの追加ファイル

    • バージョン10.2.0.5

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (36,840,810バイト)(チェックサム - 2367366218)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (34,850,762バイト)(チェックサム - 142454752)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic Light: Basicの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (13,708,213バイト)(チェックサム - 2834836)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • Basic Light: Basicの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
      • (12,051,280バイト)(チェックサム - 970231818)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (1,485,948バイト)(チェックサム - 3086970476)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (1,487,913バイト)(チェックサム - 47743375)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (801,671バイト)(チェックサム - 1648416016)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (794,214バイト)(チェックサム - 2308372022)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (603,960バイト)(チェックサム - 476779372)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (290,107バイト)(チェックサム - 3295768039)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • ODBC: ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (321,044バイト)(チェックサム - 3636750607)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • ODBC: ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
      • (321,076バイト)(チェックサム - 3082802357)
    • バージョン10.1.0.5

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (32,200,686バイト)(チェックサム - 991396986)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • Basic: OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
      • (31,455,566バイト)(チェックサム - 2639141761)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (4,650,957バイト)(チェックサム - 2639141761)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • JDBC補足:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
      • (4,651,213バイト)(チェックサム - 3355610301)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (366,963バイト)(チェックサム - 567416601)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SQL*Plus: Instant ClientでSQL*Plusを実行するための追加のライブラリと実行可能ファイル
      • (331,855バイト)(チェックサム - 850771164)

      名前

      ダウンロード

      内容

      Instant Clientパッケージ(ZIP)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (294,632バイト)(チェックサム - 3782887635)
      Instant Clientパッケージ(RPM)
      • SDK: Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
      • (294,618バイト)(チェックサム - 1809531602)
    • インストール手順

      Linux x86-64用Instant Clientのインストール(64ビット)

      一般的なInstant Clientの情報については、ホームページを参照してください。

      Oracle ODBCユーザーはOracle ODBCのインストール手順に従う必要があります。

      「Database Client Installation Guide for Linux」のOracle Instant Clientのインストールに関する説明は、こちらをご参照ください。

      Instant Client RPMは、クリック操作でアクセスしなくても、yum.oracle.comからOracle Linux 8Oracle Linux 7で利用できるようになりました。旧RPMパッケージは、Oracle Linux 8Oracle Linux 7Oracle Linux 6がご利用いただけます。

      クライアント/サーバー・バージョンの相互運用性については、ドキュメントID 207303.1で詳述されています。たとえば、Oracle Call Interface 19.3はOracle Database 11.2以上に接続できます。場合によっては、その他の制限があるツールもあります。

      ZIPファイルのインストール:

      1. 目的のInstant Client ZIPファイルをダウンロードします。すべてのインストールにBasicパッケージまたはBasic Lightパッケージが必要です。
      2. Unzip the packages into a single directory such as /opt/oracle/instantclient_19_3 that is accessible to your application.例:
      3. 
        
        
          cd /opt/oracle			
        unzip instantclient-basic-linux.x64-19.3.0.0.0dbru.zip
        

        各種パッケージは、/usr/lib/oracle/usr/include/oracle、および /usr/share/oracleのサブディレクトリにインストールされます。

      4. バージョン18.3より前の場合は、Instant Clientのバージョン用の適切なリンクを作成します。例:
      5. 
        
        
          cd /opt/oracle/instantclient_12_2
        ln -s libclntsh.so.12.1 libclntsh.so
        ln -s libocci.so.12.1 libocci.so
        
      6. オペレーティング・システムのlibaioパッケージをインストールします。一部のLinuxディストリビューションでは、このパッケージは libaio1と呼ばれます。Instant Client 21以前のOracle Linux 8では、libnslパッケージも必要です。
      7. たとえば、Oracle Linux上で次を実行します。

        sudo yum install libaio

      8. Instant Clientがこのシステムにインストールされている唯一のOracleソフトウェアである場合、ランタイム・リンク・パスを次のように更新します。
      9. 
        
        
         
         sudo sh -c "echo /opt/oracle/instantclient_19_3 > \
              /etc/ld.so.conf.d/oracle-instantclient.conf"
          sudo ldconfig
        

        または、アプリケーションを実行する前に、 LD_LIBRARY_PATH環境変数を設定します。例:

        エクスポート LD_LIBRARY_PATH=/opt/oracle/instantclient_19_3:$LD_LIBRARY_PATH

        この変数を~/.bash_profileなどの構成ファイルおよび/etc/sysconfig/httpdなどのアプリケーション構成ファイルに任意で追加できます。

      10. tnsnames.ora, sqlnet.ora, ldap.ora, or oraaccess.xml などのオプションのOracle構成ファイルをInstant Clientと同じ場所に配置する場合は、それらのファイルを network/adminサブディレクトリに配置します。12.2以前のバージョンでは、これを次のように作成する必要があります。
      11. mkdir -p /opt/oracle/instantclient_12_2/network/admin

        これは、このInstant Clientにリンクされたアプリケーション用のデフォルトのOracle構成ディレクトリです。

        または、Oracle構成ファイルを別のアクセス可能なディレクトリに配置することもできます。配置したら、環境変数TNS_ADMINをそのディレクトリの名前に設定します。

      12. SQL*Plusパッケージのsqlplusなどのバイナリを使用するには、パッケージをBasicパッケージと同じディレクトリ内に解凍してから、 PATH 環境変数を次のように更新します。
      13. エクスポートPATH=/opt/oracle/instantclient_19_3:$PATH

      14. アプリケーションを起動します。

      RPMファイルのインストール:

      1. 目的のInstant Client RPMパッケージをダウンロードします。すべてのインストールにBasic RPMまたはBasic Light RPMが必要です。
      2. yumを使用してパッケージをインストールします。例:
      3. sudo yum install oracle-instantclient19.3-basic-19.3.0.0.0-1.x86_64.rpm

        19.3以降、デフォルトで一度にインストールできるInstant Client RPMライブラリのバージョンは1つだけです。

      4. 19.3より前では、Instant Clientがこのシステムにインストールされている唯一のOracleソフトウェアである場合、ランタイム・リンク・パスを次のように更新します。
      5. 
        
        
          
         sudo sh -c "echo /usr/lib/oracle/18.3/client64/lib > \
              /etc/ld.so.conf.d/oracle-instantclient.conf"
          sudo ldconfig
        

        Instant Client 19.3 RPMパッケージの場合、これらのコマンドは自動的に実行されます。

        旧バージョンでldconfigを使用することに変わる別の方法は、アプリケーションを実行する前に、LD_LIBRARY_PATH環境変数を各シェルで設定する方法です。例:

        エクスポートLD_LIBRARY_PATH=/usr/lib/oracle/18.3/client64/lib:$LD_LIBRARY_PATH

        この変数を~/.bash_profileなどの構成ファイルおよび/etc/sysconfig/httpdなどのアプリケーション構成ファイルに任意で追加できます。

      6. tnsnames.ora, sqlnet.ora, ldap.ora, or oraaccess.xml などのオプションのOracle構成ファイルをInstant Clientと同じ場所に配置する場合は、それらのファイルを network/adminサブディレクトリに配置します。12.2以前のバージョンでは、これを次のように作成する必要があります。
      7. sudo mkdir -p /usr/lib/oracle/12.2/client64/lib/network/admin

        これは、このInstant Clientにリンクされたアプリケーション用のデフォルトのOracle構成ディレクトリです。

        または、Oracle構成ファイルを別のアクセス可能なディレクトリに配置することもできます。配置したら、環境変数TNS_ADMINをそのディレクトリの名前に設定します。

      8. ツール・パッケージのバイナリを使用するには、yumを使用してパッケージをインストールしてから、PATH 環境変数を次のように更新します。
      9. エクスポートPATH=/usr/lib/oracle/19.3/client64/bin:$PATH

      10. アプリケーションを起動します。