軽量で簡単にインストールできる、無料のOracle Databaseツール、ライブラリ、SDK

軽量で簡単にインストールできる、無料のOracle Databaseツール、ライブラリ、SDK

Oracle Instant Clientでは、ローカルまたはリモートのOracle Databaseにアプリケーションを接続して、開発および本番環境への導入が可能です。Instant Clientライブラリは、基本的なデータ機能とハイエンドなデータ機能に加えて、必要なクライアントネットワーク接続も備えているため、Oracle Databaseを余すところなく活用できます。Node.js、Python、PHPのような人気のある言語や環境で使われるOracle APIを下から支え、OCI、OCCI、JDBC、ODBC、Pro*Cにもアクセスできます。SQL*Plus、SQL*Loader、Oracle Data Pumpなど、Instant Clientに含まれるツールでは、データに迅速で便利にアクセスできます。

Oracle Instant Client

新機能

Oracle Linux向け Oracle Instance Clint RPMパッケージ

yum.oracle.comからOracle Linux 8Oracle Linux 7クリック操作でアクセスしなくても、Oracle Linux向けInstant ClientのRPMパッケージをインストールできるようになりました。旧リリースは、Oracle Linux 8Oracle Linux 7Oracle Linux 6がご利用いただけます。

インストール方法については、Instant Client for Oracle Linuxを参照してください。

Docker対応のInstant Clientが入手可能

DockerfileはGitHubで入手できます。デフォルトのイメージは、GitHub Container Registryから入手できます。

Oracle Instant Clientの特長

  • 無料のダウンロード、導入、および配布
  • フットプリントが小さい
  • ワンステップで迅速なインストールが可能なZIPで入手可能
  • Linux向けRPMパッケージやmacOS Intel x86向けDMGパッケージも提供
  • 完全版のOracle DatabaseまたはOracle Clientと同じライブラリ
  • SQL*PlusやSQL*Loader、Data Pumpなどのツールが含まれる
  • 広く使用されテストされている

推奨されるOracle Instant Client

オラクルは、Oracle Instant ClientまたはOracle Database Clientの最新の19c Release Updateを使用することを推奨します。これは長期サポート・リリースです。
また、最新の21cリリース更新を使用して、このイノベーション・リリースで実装されたクライアント機能を活用することもできます。

Oracle Instant Clientのアプリケーションをクラウドで活用

クラウドでInstant Clientを使用してアプリケーションを導入、またはクラウド・データベースに接続します。

アプリケーションの場所がクラウドでもオンプレミスでも、Instant Clientをインストールしてクラウド・データベースへ接続できます。お使いのオペレーティング・システムでの通常のインストール・プロセスに従ってください。クラウド固有のリファレンスは次のとおりです。

Oracle Autonomous Database on Shared Exadata Infrastructure(ADB-S)接続に関する最近の変更点

DigiCertは業界標準に準拠するため、2022年8月をもってすべてのパブリックTLS/SSL証明書におけるOrganizational Unit(OU)フィールドの使用を廃止しました。これにより、DigiCertが発行するパブリックTLS/SSL証明書には、OUフィールドが記載されなくなります。詳細は、MOSノート2911553.1 を参照してください。

サーバー側の証明書の変更中に、Oracle Autonomous Database on Shared Exadata Infrastructure (ADB-S)に接続するアプリケーションの中断を回避するには、サーバー証明書のホスト名ベースの照合を使用する必要があります。

Oracle Instant Clientの以下のバージョンは、ホスト名ベースの照合を自動的にサポートします:

バージョン: 18.19(またはそれ以降)、19.2(またはそれ以降)、21(ベース・リリースまたはそれ以降)

  • Oracle Call Interface(OCI)、Oracle C++ Call Interface(OCCI)またはODBCアプリケーションは、上記のクライアント・バージョンのいずれかを使用する必要があります。
  • Oracle Instant Client または Oracle Database Client をベースとした Oracle Database ドライバー(例:ODPI-C、python-oracledb Thick mode、cx_Oracle、node-oracledb、godror、PHP OCI8、PHP PDO_OCI、ruby-oci8、ROracle、rust-oracle)は上記のリストの中から対応するクライアント・バージョンを使用する必要があります。
ADB-S接続文字列を変更した場合は、追加の手順が必要となります。

ADB-S接続文字列には、リージョンによって異なるホスト名「...(HOST=xyz)...」が含まれています。たとえば、シカゴ・リージョンでは、ホスト名は「adb.us-chicago-1.oraclecloud.com」です。デフォルトのホスト名をIPアドレスまたはカスタムホスト名に置き換えた場合、ホスト名ベースのDN照合は失敗します。これを解決するには、元のADB-Sドメイン・サフィックスを使用して、/etc/hostsファイルに新しいエントリーを追加する必要があります。この新しい名前を接続文字列で使用します。たとえば、「localtunnel.adb.us-chicago-1.oraclecloud.com」というエントリーを作成し、使用することができます。

1つのプロセスから複数のOracle Autonomous Databasesに接続する場合

1つのアプリケーション・プロセス内から複数のOracle Autonomous Databaseインスタンスに接続するには、Oracle Instant Client 19.17またはそれ以降を使用するか、Instant Client 21cを使用します。

mTLS接続を使用する場合、各ウォレットのcwallet.ssoファイルを固有のディレクトリに置きます。すべてのウォレットのtnsnames.oraファイルのエントリーを、1つのtnsnames.oraファイルに連結します。1つのsqlnet.oraファイルのコピーを作成し、WALLET_LOCATION行を削除します。新しいtnsnames.oraファイルの各接続記述子を変更し、関連するデータベースのcwallet.ssoファイルを含むディレクトリに設定されたWALLET_LOCATION句を追加します。例として、Database Net Services Referenceを参照してください。新しい tnsnames.ora と sqlnet.ora ファイルを使用するようにアプリケーションを構成します。例えば、Instant Client インストールの「network/admin」サブディレクトリに両方のファイルを配置します。これで、アプリケーションは、tnsnames.oraファイルから適切なネットワーク・エイリアスを使用して、各データベースサービスに接続することができます。

Oracle Instant Clientを入手する
 

Instant Clientのパッケージ

Instant Clientパッケージ 内容 参考資料
Basic Oracle DatabaseでOCI、OCCI、JDBC OCIアプリケーションを実行するのに必要なすべてのファイル OCI
OCCI
JDBC OCI
Basic Light Basicパッケージの簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート OCI
OCCI
JDBC OCI
SDK OCIおよびOCCIアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル  
SQL*Plus SQLとPL/SQLの文およびスクリプトを実行するためのSQL*Plusコマンドライン・ツールを備える追加のパッケージ SQL*Plus
ツール Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientなどの追加のツール Data PumpとSQL*Loader
WRC
ODBC ODBCを備える追加ライブラリ ODBC
コンパイラ Pro*CおよびPro*COBOLプリコンパイラを備える追加ツールとライブラリ Pro*C
Pro*COBOL
JDBC OCIの補足 国際化に対応するための追加ライブラリ JDBC OCI