該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Oracle DatabaseによるJavaアプリケーションの開発

Oracle DatabaseによるJavaアプリケーションの開発

Universal Connection Pool(UCP)や組込みJVM(OJVM)に対応したJDBCを使用できます。技術記事、ホワイトペーパー、コード・サンプル、FAQもご覧ください。

操作ガイド

JDBCを開始する

JDBCでATPに接続する

データベース組込みJVM(Oracle JVM)

データベース組込みJVM(Oracle JVM)

 

JDBCの利点

クラウド上かオンプレミスかを問わず、Oracle Autonomous Databaseを使用したJavaアプリケーションの開発は迅速かつ簡単です。Java開発者は、Oracle Autonomous Database、パフォーマンスのセルフチューニング、高可用性、インメモリ処理、プラガブル・データベースなどの最新機能を利用して、高性能で、拡張性と信頼性の高いアプリケーションを設計および開発することができます。Oracle Database 19cおよび18cのJDBCドライバには、他のいくつかの機能とともに新しいプロパティ・ファイル(ojdbc.properties)が採用されており、Autonomous Transaction Processing(ATP)およびAutonomous Data Warehousing(ADW)への接続が簡素化されています。

Java標準 JDBCドライバ(ojdbc10.jar(19cのみ)およびojdbc8.jar)とUniversal Connection Pool(ucp.jar)により、JDBC 4.3およびJDBC 4.2に準拠し、JDK11、JDK10、JDK9、JDK8をサポート
接続に
TCPS接続と接続プロパティの受渡しを容易にするためのEasy Connect Plus(19cのみ)、接続プロパティを設定するための新しいojdbc.propertiesファイル、TNS_ADMINを設定するための複数の方法、サーバーのドメイン名(DN)証明書を接続プロパティとして設定する機能、新しいウォレット・プロパティ(my_wallet_directory)のサポート
パフォーマンス データをOracle Database(19cのみ)にストリーミングするためのReactive Streams Ingest(RSI)、トラフィック・ディレクター・モード(CMAN-TDM)のOracle接続マネージャー(CMAN)
拡張性 Oracle RACデータ・アフィニティ、中間層用のシャード・ルーティングAPI、マルチテナントおよびシャード・データベース用の共有プール、およびランタイム・ロード・バランシング(RLB)
高可用性 Transparent Application Continuity(TAC)、Application Continuity(AC)による具象クラスのサポート、DRCPによるAC、FANサポート、およびTransaction Guard(TG)
セキュリティ 自動プロバイダ解決(OraclePKIProvider)、キー・ストア・サービス(KSS)のサポート、HTTPSプロキシのサポート、TLSv1.2のサポート、Kerberos、Oracleウォレット、およびJKS
データ型 PL/SQL連想配列へのアクセス性、INバインド・パラメータとしてのOracle REF CURSOR、JSONデータ型検証
 
Oracle Database 19cをクラウドで試す