該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

z/Linux(31ビット)用Oracle Instant Clientダウンロード

Instant Clientの詳細については、Instant Clientホームページを参照してください。

インストール手順はページの最後の方にあります。

最新パッケージへの固定リンクは次のとおりです。Basic Basic Light SQL*PlusツールSDKJDBC SupplementODBC

バージョン19.3

基本 - 以下のパッケージのいずれかが必要

名前

ダウンロード

内容

基本パッケージ(ZIP)
  • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
  • (79,099,234 バイト) (チェックサム - 59616495 )
基本軽量パッケージ(ZIP)
  • 基本の簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
  • (39,241,581 バイト) (チェックサム - 2683653772 )

ツール - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

SQL*Plusパッケージ(ZIP)
  • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
  • (967,559 バイト) (チェックサム - 3511666777)
ツール・パッケージ(ZIP)
  • Data Pump、SQL*Loader、Workload Replay Clientを含む
  • (1,209,258 バイト) (チェックサム - 2034756462)

開発およびランタイム - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

SDKパッケージ(ZIP)
  • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
  • (932,274 バイト) (チェックサム - 257819507 )
JDBC Supplementパッケージ(ZIP)
  • JDBC Supplement:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
  • (1,576,606 バイト) (チェックサム - 1239173165 )
ODBCパッケージ(ZIP)
  • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
  • (668,537 バイト) (チェックサム - 3382283295)
プリコンパイラ・パッケージ プリコンパイラのダウンロード Pro*CとPro*COBOL用の追加ファイル

バージョン18.4

基本 - 以下のパッケージのいずれかが必要

名前

ダウンロード

内容

基本パッケージ(ZIP)
  • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
  • (76,299,591 バイト) (チェックサム - 402213706 )
基本軽量パッケージ(ZIP)
  • 基本の簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
  • (38,091,300 バイト) (チェックサム - 3663485159 )
Instant Clientパッケージ - WRC (ZIP)
  • RATのDB再実行機能のワークロードの再実行に使用されるWorkload Replay Client
  • (1,226,343 バイト) (チェックサム - 464489144)

ツール - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

SQL*Plusパッケージ(ZIP)
  • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
  • (946,019 バイト) (cksum - 296447960)

開発およびランタイム - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

SDKパッケージ(ZIP)
  • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
  • (927,273 バイト) (チェックサム - 1769486421 )
ODBCパッケージ(ZIP)
  • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
  • (668,910 バイト) (チェックサム - 1791653142 )
JDBC Supplementパッケージ(ZIP)
  • JDBC Supplement:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
  • (1,573,768 バイト) (チェックサム - 2871202816 )
プリコンパイラ・パッケージ プリコンパイラのダウンロード Pro*CとPro*COBOL用の追加ファイル

バージョン12.2.0.1.0

基本 - 以下のパッケージのいずれかが必要

名前

ダウンロード

内容

基本パッケージ(ZIP)
  • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
  • (71,595,982 バイト) (チェックサム - 2375555194 )
基本軽量パッケージ(ZIP)
  • 基本の簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
  • (34,011,659 バイト) (チェックサム - 3957248783 )
Instant Clientパッケージ - WRC (ZIP)
  • RATのDB再実行機能のワークロードの再実行に使用されるWorkload Replay Client
  • (1,212,534 バイト) (チェックサム - 4213508706)

ツール - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

SQL*Plusパッケージ(ZIP)
  • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
  • (886,601 バイト) (チェックサム - 2411493804)

開発およびランタイム - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

SDKパッケージ(ZIP)
  • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
  • (674,731 バイト) (チェックサム - 1793358413 )
ODBCパッケージ(ZIP)
  • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
  • (655,109 バイト) (チェックサム - 1862564146 )
JDBC Supplementパッケージ(ZIP)
  • JDBC Supplement:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
  • (1,571,211 バイト) (チェックサム - 3875436548 )
プリコンパイラ・パッケージ プリコンパイラのダウンロード Pro*CとPro*COBOL用の追加ファイル

バージョン12.1.0.2.0

基本 - 以下のパッケージのいずれかが必要

名前

ダウンロード

内容

基本パッケージ(ZIP)
  • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
  • (65,541,885 バイト) (チェックサム - 2548947329)
基本軽量パッケージ(ZIP)
  • 基本の簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
  • (32,429,177 バイト) (チェックサム - 18256566)

ツール - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

SQL*Plusパッケージ(ZIP)
  • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
  • (886,601 バイト) (チェックサム - 2411493804)

開発およびランタイム - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

SDKパッケージ(ZIP)
  • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
  • (667,161 バイト) (チェックサム - 3233503361)
JDBC Supplementパッケージ(ZIP)
  • JDBC Supplement:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
  • (1,570,040 バイト) (チェックサム - 1283496796)
ODBCパッケージ(ZIP)
  • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
  • (1,442,457 バイト) (チェックサム - 1258713215)
プリコンパイラ・パッケージ プリコンパイラのダウンロード Pro*CとPro*COBOL用の追加ファイル

バージョン11.2.0.4.0

基本 - 以下のパッケージのいずれかが必要

名前

ダウンロード

内容

基本パッケージ(ZIP)
  • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
  • (61,073,017 バイト) (チェックサム - 2914105754)
基本軽量パッケージ(ZIP)
  • 基本の簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート
  • (23,724,772 バイト) (チェックサム - 2705525738)
Instant Clientパッケージ - WRC (ZIP)
  • RATのDB再実行機能のワークロードの再実行に使用されるWorkload Replay Client
  • (211,370 バイト) (チェックサム - 3657988305)

ツール - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

SQL*Plusパッケージ(ZIP)
  • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
  • (818,142 バイト) (チェックサム - 3074102164)

開発およびランタイム - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

JDBC Supplementパッケージ(ZIP)
  • JDBC Supplement:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
  • (1,561,282 バイト) (チェックサム - 1805665062)
SDKパッケージ(ZIP)
  • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
  • (643,194 バイト) (チェックサム - 3305811967)
ODBCパッケージ(ZIP)
  • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
  • (307,576 バイト) (チェックサム - 2670880907)
プリコンパイラ・パッケージ プリコンパイラのダウンロード Pro*CとPro*COBOL用の追加ファイル

バージョン10.2.0.5

基本 - 以下のパッケージのいずれかが必要

名前

ダウンロード

内容

基本パッケージ(ZIP)
  • OCI、OCCI、JDBC-OCIアプリケーションの実行に必要なすべてのファイル
  • (36,612,377 バイト) (チェックサム - 3746640102)
基本軽量パッケージ(ZIP)
  • 基本の簡易バージョン。英語のエラー・メッセージとUnicode、ASCII、西欧キャラクタ・セットのみをサポート(10.2のみ)
  • (13,164,365 バイト) (チェックサム - 1534952920)

ツール - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

SQL*Plusパッケージ(ZIP)
  • SQLおよびPL/SQL問合せ用のSQL*Plusコマンドライン・ツール
  • (812,232 バイト) (チェックサム - 457852241)

開発およびランタイム - オプション・パッケージ

名前

ダウンロード

内容

JDBC Supplementパッケージ(ZIP)
  • JDBC Supplement:JDBCにおけるXA、国際化、RowSet操作の追加サポート
  • (1,485,688 バイト) (チェックサム - 1161804686)
SDKパッケージ(ZIP)
  • Instant ClientでOracleアプリケーションを開発するための追加のヘッダー・ファイルとmakefileサンプル
  • (603,728 バイト) (チェックサム - 3689624127)
ODBCパッケージ(ZIP)
  • ODBCアプリケーションを有効にするための追加ライブラリ
  • (328,136 バイト) (チェックサム - 2028451765)

インストール手順:

  1. ご使用のプラットフォームに合った適切なInstant Clientパッケージをダウンロードしてください。すべてのインストールにBasicパッケージが必要です。
  2. 「instantclient」などの単一ディレクトリ内にパッケージを解凍します。
  3. ご使用の環境のライブラリ・ローディング・パスを、手順2のディレクトリ(「instantclient」)に設定します。通常、UNIXプラットフォームでは、LD_LIBRARY_PATHが適切な環境変数です。Windowsでは、PATHを試用します。
  4. アプリケーションを起動します。