該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードのシノニムを使用します。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問合せ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Cloud Free Tier

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入しましょう。

DevOpsとは

DevOpsとは何でしょう?簡単に言うと、DevOpsは、通常は別々に扱われる2つの機能、開発と運用の組み合わせです。DevOpsとはまさにその定義どおりです。1つになった理由はさらに簡単です。標準化された開発方法、明確なコミュニケーションに加え、標準ベースの実績のあるミドルウェア・プラットフォームによってサポートされる文書化されたプロセスにより、アプリケーションの開発と管理のサイクルが改善され、敏捷性がもたらされ、ITインフラストラクチャの可用性とセキュリティが向上します。明らかに、DevOpsは人、製品、プロセスをつなぐことを目的としています。最終的に、DevOpsはITをビジネスにつなぐことを目的としています。

DevOps - 開発と運用の連携

開発:

資産の共有から、人工知能/機械学習、コンテナ、サーバーレス機能などの高度な機能を活用できるエンタープライズ・アプリケーションのコードやアルゴリズムの記述まで、開発を統合するために必要なインフラストラクチャです。さらに、テスト、アーカイブ、バグ追跡、およびその他の重要なタスクは、開発段階で処理され、すべて発売への途上にあります。開発に使用されるいくつかの一般的なツール:コードをチェックインするためのGit、コードリポジトリを管理するためのGithubまたは新しいBitbucket。

運用:

アプリケーションが導入されると、運用側が引き継ぎ、クラウド・プラットフォームのビジネス上の課題を確実に満たすように注力します。ユーザーセキュリティ、データベース管理、本番ワークロードのスケーラビリティ、アプリケーションのパッチ適用などの問題はすべて、この機能で処理されます。運用に使用されるいくつかの一般的なツール:インフラストラクチャと構成を管理するためのTerraform、Ansible、Puppet、Chef。

多くの組織では、これら2つの機能は異なるサイロに存在します。DevOpsは、開発と運用を統合して、生産性を最大化する統合インフラストラクチャを作成します。これらの両要素を支えるために、インフラストラクチャは敏捷、柔軟、スケーラブルであると共に、セキュリティと品質保証に関する入力と統合は開発者とオペレーター/システム管理者との間で共有される必要があります。

その結果、ソフトウェア開発ライフサイクルを加速させながらリソースを最大化する効率的なモデルが得られます。このようなニーズには、従来のソフトウェア開発モデルではますます対応が難しくなっています。最終的に、強力なDevOpsモデルにより、企業は問題を修正し、ユーザー数を調整できます。また、ソフトウェア製品の開発と反復作業をより迅速に行うためのパスを顧客に提供できます。

アジャイルDevOpsサイクル

DevOpsにより製品開発を加速させる方法

過去20年間で、ビジネスは徐々にソフトウェアをほぼすべての要素(金融、エンターテインメント、消費者の使用、サプライチェーン、その他すべて)に統合するようにシフトしてきました。これらの各機能により、ソフトウェアとデータの明確な統合が実現し、その統合が普及するにつれて、パフォーマンスと信頼性への関心が高まります。1つのバグまたは可用性の停止は、無数のユーザーに影響を及ぼし、数百万の収益を妨げる可能性があります。

DevOpsとDevSecOpsは、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)での継続的インテグレーションと継続的デリバリー(CI/CD)のニーズに対応する手段を提供します。開発、運用、セキュリティを統合することで、リソースに実用的なメリットをもたらすと同時に、ライフサイクル全体でのよりすばやいコミュニケーションとコラボレーションが可能になります。これらのグループ間のかけ橋になる機能は、ソフトウェア開発ライフサイクル全体を短縮しながら、業界に関係なく、DevOpsに意味と価値をもたらします。

DevOpsのメリット

ソフトウェア開発ライフサイクル全体を支えるためのDevOpsの採用—機能に関係なく敏捷性と効率性に重点を置くことで、多くのメリットが得られます。

  • スピード:アジャイルDevOpsモデルを使用すると、テクノロジーはライフサイクルの現在のニーズに合わせて最適化されます。多くの場合、DevOpsでは最先端の機械学習と人工知能を使用して、このライフサイクルを促進します。実際、最近造られた用語AIOpsとは、IT運用における人工知能の使用を指します。DevOpsではまた、自動化と継続的インテグレーション/デリバリーを強調し、スタッフは手動のタスクから解放されてイノベーションに集中するようになります。開発側では、エンジニアはコードのマイルストーンをより早く達成したり、より効果的にコラボレーションしたりできます。運用側では、システム管理者は自動化フレームワークを活用して、新しいアプリケーションとインフラストラクチャを簡単にプロビジョニングおよび更新できます。
  • 品質:DevOpsのスピードは、より高い品質と信頼性への新しい道を開きます。これは開発側から始まり、問題解決と統合のためのより迅速なコラボレーションとより優れたツールが含まれます。運用側では、更新をより小刻みに行うことで安定性が向上し、ユーザーベースの全体的なエクスペリエンスの品質が向上します。
  • セキュリティ:DevOpsを使用すると、全体的なセキュリティを強化するためのいくつかの異なるレイヤーが提供されます。機能的な観点から、DevOpsにはセキュリティチームの統合が含まれる場合があります。これにより、DevSecOpsと呼ばれることもあるモデルが作成され、開発と運用のニーズに次いでセキュリティのバランスが均等に保たれます。より詳細には、DevSecOpsのスピードにより、人工知能、自動コンプライアンス、自動リソース管理を活用した迅速なパッチ適用、監査、分析が可能になります。
  • スケーラビリティ:アジャイルリソース、自動化、包括的なソフトウェア開発ライフサイクルをサポートできるということは、インフラストラクチャで必要に応じたスケーリングをサポートする準備ができていることを意味します。スケーリングは多くのさまざまな要素に影響するため、テクノロジーの全体像をサポートすることで、リソース管理からパッチのロールアウトまですべてを処理しながら、効率的にスケーリングできます。

CI/CDとは - 継続的インテグレーションと継続的デリバリー

クラウドでアプリケーションを効率的に実行するには、ソフトウェアの迅速な提供が不可欠です。継続的インテグレーション(CI)とは、1行のコードを使用して新しいソフトウェアを頻繁にマージすることを指します。継続的デリバリーとは、頻繁なサイクルでコードからパッケージソフトウェアを作成することです。同様に、継続的デプロイとは、パッケージ化されたソフトウェアを定期的なサイクルでランタイム・プラットフォームに導入することを指します。CI/CDの登場により、従来のアプリケーション開発プロセスが大幅に刷新されました。CI/CDベースのプロセスには、開発者、QAエンジニア、運用マネージャーが1つのプラットフォームで連携するパラダイムシフトであるDevOpsが含まれます。

しかし、CI/CDベースのアプリケーション開発プロセスをさらに向上させることはできるのでしょうか?最新のアプローチは、コンテナ化を使用してさらなる柔軟性とメリットをもたらすことです。

継続的インテグレーション(CI):

ソフトウェアを継続的に提供するための最も重要なステップは、継続的インテグレーション(CI)です。CIは、開発者がコードの変更(通常は小規模な増分)を一元化されたソースリポジトリにコミットする開発手法であり、自動化されたビルドとテストのセットを開始します。このリポジトリを使用すると、開発者はバグが本番環境に入る前に、バグを早期に自動的にキャプチャできます。継続的インテグレーション・パイプラインには通常、コードのコミットから基本的な自動リンティング/静的分析の実行、依存関係のキャプチャ、そして最後にソフトウェアのビルド、ビルドアーティファクト作成前のいくつかの基本的な単体テストの実行までの一連のステップが含まれます。Github、Gitlabなどのソースコード管理システムでは、統合されたWebhookにJenkinsなどのCIツールがサブスクライブして、コードのチェックイン後に毎回、ビルドとテストを自動的に開始できます。

継続的デリバリー(CD):

継続的デリバリーは、継続的インテグレーションが終わるところから始まります。CDは、クラウド・インフラストラクチャ環境へのアプリケーションの提供を自動化します。ほとんどのチームは、プライマリ本番サーバー以外の複数の開発およびテスト環境で作業します。継続的デリバリーは、テスト済みの新しいコード変更を確実にすべてのクラウド環境にプッシュする自動化された方法です。

DevOpsの成功事例

DevOpsモデルのツールとサービスは、大規模なエンタープライズ・ロールアウトから、ユーザーベース急増中に大規模なスケーリングを行うスタートアップまで、ソフトウェア開発ライフサイクルのすべての領域に適用されます。業界をリードするクラウド・プラットフォームを使用して成功したDevOpsの2つの実例を次に示します。

AgroScout社の人工知能開発者アルゴリズムは、農家が収穫量と出荷量を増やすのに役立っています。

Snap Tech社は、GPUシェイプ、DevOps、Kubernetes、Registry、File StorageなどのOracle Cloudのサービスにより、世界レベルで検索方法に変化をもたらしています。

CERN社は、Oracle DevOpsのテクノロジーにより、組織の最先端の研究で最も注目されているOpen Daysを活用できました。