オラクルとPwC

Chipotle、数百万ドルを節約し、地球環境の保護に貢献

Chipotleは、持続可能なビジネスを展開しながら急成長を遂げるために、PwC と協力し、Oracle Cloud ERPを使用して中核的な財務システムを再構築しました。

Chipotleのビデオ

ChipotleはOracle Cloud ERPで収益を拡大

ChipotleがOracle Fusion Cloud ERP、Oracle Cloud EPM、およびOracle Cloud SCMアプリケーションに移行したことで、レストラン・チェーンは財務システム全体がより明確に見えるようになり、需要予測や在庫管理の改善につながりました。現在、Chipotleは、持続可能な農場から供給される本物の食品を提供するという使命を損なうことなく、力強い成長を遂げています。


「適切なテクノロジーなくして、経営は不可能です。オラクルの製品スイートを使用すれば、世界が開けます」

Carlos Londono
Chipotle、サプライチェーン担当副社長

オラクルの顧客スポットライト・シリーズ、10月12日火曜日

PwCの協力のもと、ChipotleはOracle Cloud ERPをわずか7ヶ月で導入しました。Chipotleでデジタルトランスフォーメーションを推進するリーダーシップ・チームから、「誠実な食事を提供する」という同社のミッションをテクノロジーがどのように支えているのか、お話を伺います。


「このテクノロジーがなかったら、当社の経理チームはおそらく2倍の規模になっていたでしょう。」

Ben Thompson
Chipotle、会計担当ディレクタ

Oracle Cloudへの戦略的なシフトがデジタル・セールスにおけるChipotleのリーダーシップを促進

Oracle Fusion Cloud ERPにより、Chipotleは2020年にデジタル売上が前年比174%の急増を遂げました。Oracle Cloudは、カーブサイド・ピックアップとサードパーティによる配送の急成長をサポートする一方で、デジタル取引における不一致を排除して、Chipotleに数百万ドルのコスト削減をもたらしました。


Chipotleを支える製品群