該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

Oracle SOA Suite 12c

Oracle SOA Suite 12c

企業によるクラウドベース・アプリケーションの急速な普及と、アプリケーションとモバイル・テクノロジーを統合したいという組織の要望が相まって、アプリケーション統合の複雑さは劇的に高まっています。業界で最も包括的かつ一元的なアプリケーション統合およびSOAソリューションの最新バージョンであるOracle SOA Suite 12cなら、この課題に対応できます。Oracle SOA Suite 12cでは、簡素化されたクラウド、モバイル、オンプレミス、Internet of Things(IoT)の統合機能がすべて単一のプラットフォームに集約されており、統合時間の短縮、生産性の向上、TCOの低減を実現できます。

Oracle SOA Suite 12cに含まれる製品の一覧については、以下のコンポーネント・インデックスを参照してください。この一覧から、各製品ページに移動できます。

最新情報

Oracle Real-Time Integration Business Insight

Oracle SOA Suite 12.2.1管理操作ビデオ・シリーズ

Oracle Real-Time Integration Business Insight

Oracle Real-Time Integration Business Insight

更新情報とニュース

Oracle Technology NetworkでVirtualBox VM for SOA Suite 12.2.1.3.0の提供を開始

SOA Suite、Cloud Adapters、B2B、Managed File Transfer(MFT)、
Real-Time Integration Business Insight、Stream Analyticsが含まれます。

今すぐOracle Technology Network(OTN)からVirtual Box VMをご利用いただけます。このVMには次の製品が含まれます。

Oracle Linux(64ビット)EL 6 Update 8
Oracle Database, Enterprise Edition 12.1.0.2
Oracle SOA Suite 12.2.1.3.0(Service Bus、B2B、Oracle Enterprise Scheduler(ESS)、Business Activity Monitoringを含む)
Oracle Cloud Adapter for RightNow 12.2.1.3.0
Oracle Cloud Adapter for Eloqua 12.2.1.3.0
Oracle Cloud Adapter for Oracle ERP Cloud 12.2.1.3.0
Oracle Cloud Adapter for Oracle Sales Cloud 12.2.1.3.0
Oracle Cloud Adapter for Salesforce.com 12.2.1.3.0
Oracle Cloud Adapter for NetSuite 12.2.1.3.0
Oracle Real-Time Integration Business Insight 12.2.1.3.0
Oracle Managed File Transfer 12.2.1.3.0
Oracle Stream Analytics 12.2.1.3.0
Oracle JDeveloper 12.2.1.3.0
Java JDK 1.8.0_144(64ビット)

詳細については、Oracle Technology Networkのランディング・ページをご覧ください。 

お知らせ:新たなサービス・タイプの統合アナリティクスを提供するOracle SOA Cloud Service(SOA CS)16.3.3

Real-Time Integration Business Insight付き

オラクルは、サービスとしての統合プラットフォーム(iPaaS)であるSOA Cloud Service(SOA CS)のリリース16.3.3において、新たなサービス・タイプの統合アナリティクスを提供することを発表しました。これには、Real-Time Integration Business Insightやプレビュー版のBusiness Activity Monitoring(BAM)が含まれます。

Oracle Real-Time Integration Business Insightは、経営者が事前構成済みのダッシュボードを使用して、リアルタイムで自社の重要な指標をモニタリングできるようにします。この製品の差別化要素は、バッキング・データ・ソースの生データがデータベースなどの従来型ストアに格納されていなくても、こうした指標を抽出できることです。
ビジネス・ユーザーは、簡単な3ステップのプロセスで、ビジネス指標の定義、マッピング、モニタリングを実行できます。

最初のステップ:シンプルなブラウザベースのデザイナを使用してビジネス・モデルを作成します。このモデルは、マイルストーン、メジャー、ディメンションなど、ビジネスにとって重要な概念を定義します。

2番目のステップ:アプリケーション・サービスやコンポーネントに対してアーキテクトがモデルをマッピングし、通常のビジネス活動中にビジネスレベルの指標を抽出できるようにします。アーキテクトは、ブラウザに表示されるシンプルなアプリケーション構造を使用して、マッピングするサービスやコンポーネントを選択できます。

最後のステップ:モデルをアクティブ化します。これですぐに指標の収集が開始されます。関係者は、事前構成済みのダッシュボード、テーブル、レポートを使用して、指標の追跡を開始できます。経営者は自社の成功に特に重要な指標を優先させるために、ダッシュボードやレポートのカスタマイズもできます。

 

お客様はビジネス・アプリケーションのエンドユーザーが直接制御やカスタマイズができることを望んでいます。これを踏まえて、Oracle Real-Time Integration Business Insightでは、ビジネス・ユーザーが求める柔軟性も提供しています。

 

詳細:Oracle Real-Time Integration Business Insightの概要ビデオ、チュートリアル、ダウンロードなど、詳細については、Oracle Real-Time Integration Business InsightのOTNページを参照してください。

オラクルがSOA Suite、Business Process Management Suite、Real-Time Integration Business Insight、Stream Analytics、Managed File Transfer 12.2.1.1.0のリリースを発表

この新リリースには、バグの修正と以下の新機能が含まれます。
1.オラクル・アプリケーションとサードパーティ・アプリケーション用の新しいクラウド・アダプタ
2. 運用機能の強化
3. BAMおよびReal-Time Integration Business Insightの強化
4. MFT機能の主要な拡張

このリリースの新機能のリストについては、SOA SuiteおよびManaged File Transfer 12.2.1.1.0の新機能をご覧ください。

知りたいことに答えます。SNSでつながりましょう