申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
Oracle WebLogic Integration

Oracle WebLogic Integration

Oracle WebLogic Integrationは包括的で柔軟なJavaベースのソリューションであり、企業内および企業間でシステム、データ、人員を統合して、どこにいても既存の資産を最大限に活用できます。主要なすべてのパッケージ・アプリケーションの標準ベースの接続、ベスト・プラクティス・パターンのサポート、複雑なトランザクションのプロセスシナリオの迅速な構築を可能にするように設計された統合開発環境を備えています。WebLogic Integrationは、継続的なビジネス・イノベーションを推進するサービスとして企業情報とプロセス統合を迅速に実現することにより、SOAイニシアチブを加速します。

始めよう チュートリアルに取り組む

WebLogic Integration 10gR3(10.3.1.0)

  • 新機能一覧:
  • JCAアダプタの認証
    • Oracle AQ Adapter for Oracle Advanced Queuing
    • Oracle Applications Adapter for the Oracle E-Business Suite
    • Oracle Application Adapter for SAP R/3
  • 比較:Oracle WebLogic IntegrationのカスタムコントロールおよびSOA Suite Springコンポーネント 少し前から、SOA PMチームは、OTN、SOA Suite Essentials for WLI Usersに関する一連の記事を開始しています。 これは、SOA Suiteの詳細情報やSOA Suite 11gへの一般的なWLIユースケースの実装方法を求めるWLIユーザーを対象としています。 通常、これらのユースケースのいずれかをWLIのエキスパートとSOA Suiteのエキスパートのペアで説明し、SOA Suiteに実装する方法を段階的に説明しています。

    シリーズの最新の追加内容については、SOA Suite 11gR1 PS1の一部となる(PS1の技術プレビューとして利用可能な)新しいSpringコンポーネントをWLIカスタムコントロールと同じように使用する方法を説明しています。

    WebLogic Integration 10g Release 3 (10.3.1.0)

    WebLogic Integration 10.2コードサンプル

    WLIの一般的なユーティリティ

    機能 WLIの一般的なユーティリティは、WLIソリューション・コード・サンプルを使用する場合に必要です。
    インストール方法と実行方法 READMEファイルを参照してください。

    非同期バイナリを更新するサンプル

    機能 このサンプルでは、XMLに変換して処理するバイナリの非XMLデータを送信し、その後バイナリの非XMLデータを引き換えに受け取る非同期クライアントを示します。
    特徴 このサンプルは、JMSプロバイダから処理されるバイナリメッセージがアプリケーション・アーキテクチャで必要な場合に適した設計パターンを提供します。パターンでは要求されませんが、テスト目的でリプライキューが使用されます。
    インストール方法と実行方法 READMEファイルを参照してください。

    動的な変換とルーティングのサンプル

    機能 このサンプルでは、ステートレス・メッセージのルーティングと変換に関する一般的な問題に対処する方法を示します。
    特徴 このサンプルでは、メッセージをJMSキューで受信し、メッセージのペイロードまたはヘッダー内に特定の値があるかどうかを調べ、メッセージを変換し、2つのJMS宛先のいずれかに送信します。この変換は動的に選択され、アプリケーションにはコーディングされません。変換は実行時にテーブルで構成できます。 このサンプルは、動的変換コントロールを使用してXQueryマップを動的に選択し、受信ドキュメントを地域固有のスキーマに変換します。このビジネスプロセスは入力キューをリスニングし、メッセージをoutputQ1およびoutputQ2に動的にルーティングします。
    インストール方法と実行方法 READMEファイルを参照してください。

    大きなファイルを非XMLに変換するサンプル

    機能 このサンプルでは、大きなXMLファイルをレコード一式に変換して非XML形式で格納する方法を示します。
    特徴 このサンプルは、大きなファイルを非XMLレコード一式に変換する必要があるアプリケーション・アーキテクチャに適した設計パターンを提供します。このパターンでは、ファイルコントロールが大きなXMLファイルを読み取り、ファイルを個別のレコードに分割します。個別のレコードはデータベースに挿入されます。
    インストール方法と実行方法 READMEファイルを参照してください。

    同期から非同期を呼び出すサンプル

    機能 このサンプルでは、非同期ビジネスプロセスを起動し、ビジネスプロセスが情報を返すまで待機する動作を阻止する同期(ブロッキング)クライアントを示します。
    特徴 このサンプルでは、非同期(コールバック)をサポートしないクライアントによる呼出しをサポートするために、非同期ビジネスプロセスを有効化する場合の問題点に対するスケーラブルなソリューションを示します。この設計パターンは、非同期プロセスの同期呼出しが必要なアプリケーション・アーキテクチャに適してします。このパターンでは、同期(ブロック)クライアントは、プロセスが情報を返すのを待つ間に非同期ビジネスプロセスを呼び出す必要があります。
    インストール方法と実行方法 READMEファイルを参照してください。

    ワークリストのサンプル

    機能 このサンプルでは、多数のワークリストタスクを作成して割り当てる方法を示します。
    特徴 このサンプルは、相互に関連する2種類のユースケースで構成されています。
    ユースケース1 - タスクの作成と割当て
    ユースケース2 - カスタムのワークリストクエリ
    「タスクの作成と割当て」のユースケースで作成されたデータは、「カスタムのワークリストクエリ」のユースケースを使用してクエリすることができます。いずれか一方のユースケースを単独で実行することもできます。
    インストール方法と実行方法 READMEファイルを参照してください。

    WLI取引パートナーのチュートリアル(RosettaNetおよびebXML)

    機能 このサンプルでは、2つの完成されたRosettaNetサンプル(PIP3B2およびPIP3A4)のコンポーネントについて説明し、これらのサンプルを適用して他のPIPを実装する方法を提案します。
    また、ebXML(eXtensible Markup Languageを使用した電子ビジネス)ビジネスプロセスのサンプルを構築する方法についても説明します。
    特徴 取引パートナー統合のチュートリアルを使用する前に、以下のステップを完了する必要があります。
    ステップ1:新しいWebLogic Integrationドメインを作成する
    ステップ2:デフォルトの取引パートナー情報を表示する
    ステップ3:チュートリアル・ファイルをインストールする

    ALSBプロキシサービスの分割を示すALSB 3.0と WLI 10.2の相互運用サンプル

    機能 このサンプルでは、HTTP呼出しの信頼性を向上する方法を示します。さらに、JMSプロキシをカスタム・トランスポート(JPDトランスポート)とともに使用することで、必要に応じたトランザクション・コンテキストの開始と伝播が可能になります。
    インストール方法と実行方法 Splitting_Proxy_Services.zipのREADME.docを参照してください。

    WebLogic Integration 9.2コードサンプル

    サーバー監視とWLIプロセス監視のスクリプト

    機能 5分おきに実行し、サーバーが実行中でない場合は電子メールを送信します。 1日に1度実行し、中断されたプロセスの一覧を電子メールIDに送信します。 中断されたプロセスをすべて中断プロセスとして終了し、新しいバージョンのEARがデプロイされないようにします。これは、中断されたプロセスを終了してから、新たにデプロイする必要があるためです。
    特徴 サーバーと中断されたプロセスを監視し、中断されたプロセスを終了するターゲットがあります。
    ターゲットは、必要に応じてOSスケジューラで実行する必要があります。
    詳細な手順については、添付のユーザーマニュアルを参照してください。
    インストール方法と実行方法 ユーザーマニュアルを解凍し、参照してください。

    XQueryフィルタを使用したWLI動的サブスクリプション

    機能 サンプル・アプリケーションでは、XQueryフィルタを使用した動的サブスクリプションを示します。
    特徴 動的サブスクリプションはサブスクリプション・コントロールに基づきます。MBチャネルのサブスクリプションは、JPD内で動的に発生します。 このアプリケーションでは次のようになっています。
    XmlPublisher.jpd - XMLメッセージをチャネルに公開
    XmlSub.jpd - XMLの動的サブスクリプション
    XQuery(フィルタ)はサブスクリプション・コントロールで定義されます。
    フィルタはEmpnameフィールドで使用されます。メッセージを受信するとフィルタ値に対して評価され、一致する場合は動的サブスクリプションがトリガーされます。

    WebLogic Integration 8.1コードサンプル

    WebLogic Integration 8.1 SNMPエージェント

    機能 このユーティリティでは、標準的なSNMPマネージャ経由で重要なWebLogic Integration情報を表示および更新できます。 SNMPを使用すると、SNMPに対応した複数の製品(MISアプリケーション、ITサーバー、ネットワーク・ハードウェアおよびサービスなど)の管理機能を、 統合された単一の管理コンソールに容易に統合できます。
    特徴 zipファイルには次のものが含まれています。
    • snmpagent.jar:WLS管理サーバーで実行されるSNMPエージェント・ソフトウェア
    • startsnmpagent.jar:SNMPエージェントを起動するために使用されるアプリケーション。手動で使用されるか、WLS Startup Appとして構成されます
    • wli.mib:SNMP経由でアクセスできるすべてのWLI属性を特定する標準的なANS1 MIB(管理情報ベース)ファイル
    • SNMP Documentation.doc:SNMPエージェントをインストールして構成する手順、およびWLI MIBアイテムの説明
    インストール方法と実行方法 解凍し、WLI MIB.docの手順に従ってください。

    JProcessUnit

    JProcessUnitはJUnitベースの自動化されたテストフレームワークであり、Business Process Engine(BPE)内で実行されるビジネスプロセスをテストする目的で使用します。特別な設定なしでWLIビジネスプロセスをテストできるアドオンが含まれています。ビジネスプロセス用のJUnitテストを記述できるように、JProcessUnitが提供する主な機能の一部をここに示します。 WLIビジネスプロセスは、プロキシオブジェクトやコードの生成なしで開始できます。

    • JPDからの非同期および同期応答メッセージを確認する。
    • 変数値、プロセスラベル、プロセスインスタンスIDなど、プロセスインスタンスからの情報を確認する。
    • WLIタスクとやり取りし、関連する情報を確認する。
    • UNDO機能:テストを通じて生成されたプロセスによって実行された作業を、正常に終了した場合も失敗に終わった場合も容易に元に戻すことができる。
    • 長時間実行されているプロセスを操作して、異なる実行パスで完了させることができる機能。
    • 外部構成ファイルを使用して異なるサーバーに対してテストを実行できる機能。

    このフレームワークの目的は、ビジネスプロセスの開発者が、BPE内でビジネスプロセスが適切に実行されていることを確認するJUnitベースの自動化されたテストを記述できるようにすることです。このテストを自動化されたビルドから実行することで、アプリケーション全体で品質管理が向上します。

    ご質問・お問い合わせSNSでつながりましょう