該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Web Tier

Web Tier

Oracle Web Tier製品は、Oracle Cloud Application Foundation内の中心的な基盤となります。これらの製品を使用すると、静的、動的なWebコンテンツをホストし、Oracle Fusion Middlewareアプリケーションのフロンドエンドを築くことができます。Oracle Web Tierは、リバース・プロキシおよびキャッシュ・ソリューションを利用した2つの先進的なWebサーバー・オプションを含めることで、最速かつ最もセキュアなフロントライン・サーバーを実現して、最も要求の厳しいhttpトラフィックを処理します。

Oracle Web Tier製品ポートフォリオの製品は次のとおりです。

Oracle WebLogic Server Proxy Plug-In

Oracle WeLogic Server Proxy Plug-Inは、Webサーバー内からバックエンドのWebLogic ServerまたはクラスタへHTTP(S)リクエストをプロキシするためのソフトウェアです。このプラグイン・ソフトウェアは、広く使用されている以下のWebサーバーで利用できます。

  • Apache HTTP Server
  • Microsoft Internet Information Server (IIS)
  • Oracle iPlanet Web Server (formerly known as Sun Java System Web Server, Sun ONE Web Server)

Oracle HTTP Server

Oracle HTTP Server(OHS)は、オープン・ソースのApache HTTP Web Serverをベースにしたエンタープライズ・クラスのWebサーバー・ソフトウェアで、次のメリットを実現するように設計されています。

  • 組込みのOracle WebLogic Web Server Proxy Plug-Inにより、Oracle WebLogic Server向けHTTPリスナーを提供
  • Oracle Fusion Middleware用のWebサーバー・コンポーネントを提供
  • HTML、JavaScript、画像などの静的なWebコンテンツ、CGI/FastCGIベースのアプリケーションで構築された動的なWebコンテンツを処理
Oracle HTTP Server 12.1.3の新機能

Oracle HTTP Server 12.1.3はWebLogic管理フレームワークを利用することで、他のOracle Fusion Middleware 12c製品と共通する管理操作性を実現します。詳しくは、製品ドキュメントのOracle HTTP Server 12cの新機能のセクションを参照してください。

Oracle HTTP Server 12cは、次の管理ツールを搭載しています。

Oracle iPlanet Web Server

>Oracle iPlanet Web Server(旧称:Sun Java System Web ServerまたはSun ONE Web Server)は、企業のさまざまなWebテクノロジーとアプリケーションをホストするセキュアなインフラストラクチャとなります。Oracle iPlanet Web Serverは、次のメリットを実現するように設計されています。

  • 高スループットの要件に対処
  • 稼働時間を最大化しながら、潜在的なセキュリティの弱点と脆弱性のリスクを軽減
  • 企業の運用コストと導入コストを大幅に軽減
技術情報
Oracle iPlanet Web Serverの新機能

Oracle iPlanet Web ServerではTLS 1.2がサポートされるようになりました。最新バージョンのOracle iPlanet Web ServerをOracle SupportのWebサイトからダウンロードできます。

iPlanet Web Proxy Serverの新機能

Oracle iPlanet Web Proxy Server(旧称:Sun Java System Web Proxy Server、Sun ONE Web Proxy Server)は、ネットワークの輻輳と応答時間の遅さに関する問題を解決し、エンドユーザーやネットワーク管理者に負担をかけることなくネットワーク・リソースをコントロールします。

Oracle iPlanet Web Proxy Serverは、次のメリットを実現するように設計されています。

  • 管理者は、ユーザーまたはドキュメント別に特定のサイトへのアクセスをブロックすることで、ネットワーク・リソースの使用をきめ細かく管理することが可能
  • Webドキュメントを効率的、透過的にキャッシュしてネットワーク・リソースを節約
技術情報
ドキュメント
Oracle iPlanet Web Proxy Serverの新機能

Oracle iPlanet Web Proxy ServerではTLS 1.2がサポートされるようになりました。最新バージョンのOracle iPlanet Web Proxy ServerをOracle SupportのWebサイトからダウンロードできます。

Oracle Web Cache

Oracle Web CacheはOracle Web Tier 10gと11gポートフォリオ向けの、リバース・プロキシ機能を備えたコンテンツ認識型サーバー・アクセラレーターです。Oracle Web Cacheは、Oracle Fusion Middleware 10g/11gのWebインフラストラクチャを改善することができ、特にOracle Portal 10gのWebサイトのパフォーマンス、スケーラビリティ、可用性が向上します。

Oracle Web Cacheは、次のメリットを実現します。

  • キャッシュ - Oracle Web Cacheは、プログラミングまたは宣言によって特定した、インメモリ・キャッシュに保存されたコンテンツをリクエスト元クライアントに提供します。キャッシュされていないコンテンツであっても、Oracle Web Cacheは、どのMIMEタイプが圧縮可能かを動的に学習して臨機応変に圧縮機能を利用し、低速なネットワーク・クライアントへの応答を抑制することで、効率的にコンテンツを提供します。
  • リクエスト・フィルタリング - Oracle Web Cacheではリクエスト・フィルタリングを使用できます。Oracle Web Cacheはリクエスト・フィルタリングを使って、不要なリクエストや不正なリクエストを検出、拒否したり、アプリケーションにアクセスすることなく法的リクエストを検証したりすることができます。
  • 組込みのクラスタリング、ロードバランシング、フェイルオーバーの各機能により、アプリケーションの可用性を強化します。
技術情報
クイック・スタート
Oracle Web Cacheの新機能

Oracle Web Cache 11g (11.1.1.9)ではTLS 1.2がサポートされるようになりました。最新バージョンのOracle Web CacheをOracle SupportのWebサイトからダウンロードできます。