Journey BuilderとOPN登録手続きの内容

Oracle Partner Journey Builder (Oracle Partner Store内にあります)では、貴社の主要ビジネス・モデル、関心のあるオラクル製品、および貴社の組織構造を知るために、簡単な一連の質問にご回答いただきます。得られた情報に基づいて、オラクルとのパートナーシップに関する具体的な推奨事項を提供します。10分足らずで終了するこの作業は、Oracle PartnerNetworkへの登録を完了するための前提条件となります。

Oracle Partner Journey Builderでの手続きが完了すると、OPNの登録申請を完了するよう求められます。自信をもって適切な選択を行っていただけるようにガイドいたします。

以下にまとめたトピックをそれぞれ十分に理解して、Journey Builderと登録の手続きを問題なく終えられるようにしてください。準備ができたら、下のボタンをクリックしてJourney Builderの手続きを開始し、OPNへの登録を完了してください。

Journey Builder

意思決定者

貴社のビジネスに関する重要な情報を収集したいため、Journey Builderの手続きは意思決定者に完了していただくようお願いしています。したがって、貴社から権限を与えられた方に、会社情報を確認して適切な選択を確実に行っていただくのが一番です。


Oracleアカウント

Oracle Partner Journey Builder (Oracle Partner Store内)にアクセスするには、Oracleアカウントでサインインする必要があります。Oracleアカウントをお持ちではありませんか。心配は無用です。次のステップに従うだけで新しいアカウントを作成できます。

  • Journey Builder画面で「新規ユーザー」を選択します。
  • プロファイル・フォームに入力して「アカウントの作成」を押します。
  • 電子メール・アドレスを確認するよう求める電子メールが受信箱にないかチェックします。
  • 電子メールを確認すると、Oracleアカウントのログイン画面が表示されます。
  • Oracleアカウントの新しい資格証明を入力し、「サインイン」を選択します。
  • Journey Builderのようこそ画面に戻ります。右下の「Journey Builderの開始」オプションを選択し、Journey Builderの手続きを完了します。

ノート: 適切なガイダンスを提供できるように(最終的には、回答者と貴社のパートナーシップを関連付けられるように)、Oracleアカウントに回答者の会社の電子メール・アドレスが反映されていることを確認してください。


創業年数/従業員数

OPNメンバーシップは、創業から少なくとも6か月が経過し、基準レベルとして少なくとも5名の従業員を有する、既存の企業を対象としています。これは、実証可能な顧客の成功を実現するという相互の戦略を実行する上で、本当に必要となる条件です。

貴社が創業後6か月未満の場合、従業員数が5名未満の場合、または個人事業者である場合、残念ながらOPNはこのタイプの構造を対象としていません。オラクルは貴社の成長の可能性に期待し、支援したいと考えています。開発者リソース・センターのリソースにアクセスするか、Oracle Universityのラーニング・オプションから始めることを検討してください。


主要ビジネス・モデル

Journey Builderの手続きの中で、貴社の主要ビジネス・モデルを特定するようお願いしています。貴社がテクノロジ製品プロバイダ/ISVである場合は、Go-to-Market関心フォームに入力するよう求められます。このフォームでは、貴社の製品とオラクルとの市場進出の計画に関する追加情報を収集できるため、貴社への適切なガイダンスの提供が可能になります。


公共部門

貴社が公共部門でのオラクルとのビジネスに関心を持っているが、公共部門のビジネスによる収益が現在の収益全体の30%に満たないという場合、オラクルは公共部門のマーケットでの経験があるパートナーを探しており、公共部門で成長途上にある貴社と現時点でパートナーシップを結ぶのは双方にとって有益ではないことをご承知おきください。


登録

社内の担当者/役割の定義

オラクルとのビジネスを計画し拡大する過程で、貴社の主要な担当者は、オラクルから具体的なガイダンスを受けて、貴社の体験を向上させることができます。以下は、担当者のタイプごとの説明です。ノート: 担当者を追加する場合は、ステータスが「アクティブ」であることを確認してください。

パートナー意思決定者 – 事業開発および戦略担当者
この担当者は、パートナーシップの計画も含め、貴社とオラクルとの関係についてビジネス上の決定を下します。これは、貴社のCEO/オーナーや、オラクル関連のビジネスに注力する事業部門のリーダーです。この担当者には、相互の成功を促進するための継続的パートナーシップのオポチュニティに関する情報が提供されます。

パートナー管理者
この担当者は、OPNメンバーシップのあらゆる事項に関する主要な窓口として機能します。この担当者は、OPNの様々なサービスにおけるメンバーシップと登録に関わりながら、貴社がオラクルとの間で行う機能的なやり取りを管理、監督する責任を負います。さらに、パートナー管理者はOPNからの重要な通知やお知らせの指定受取人であり、こうした通知を社内の他のユーザーと適切に信頼性をもって共有する必要があります。また、登録時、あるいはパートナーシップ期間中の任意の時点で、5名の代理パートナー管理者を指名することもできます。


OPNのその他の役割の定義

社内の主要リーダー
登録時に、社内の主要リーダーを2名指定するよう求められます。これは、貴社の社長、創業者、過半数所有者、CEO、その他の経営幹部です。

技術的準備状況担当者
この担当者は、貴社のソリューションにオラクルの製品やサービスをどのように組み込むかを決定する際に、技術的な決定を下します(つまり、貴社のCTOです)。この担当者は、貴社の技術的準備状況とスタッフの能力を評価し、貴社がOPNメンバーシップを通じて利用可能なトレーニングを十分に活用できるようにします。この担当者には、テクノロジ・アーキテクチャと統合、ロードマップ、技術トレーニングに影響する事項についての情報が提供されます。

セールス・エンゲージメント担当者
この担当者は、オラクルとの連携により顧客獲得を成功させることに注力して、貴社のセールス戦略を策定する責任を負います。この担当者には、貴社のオラクル・ベースのソリューションやサービスでの競争力アップに役立つ、オラクルのセールス・ツール、戦略的セールス・プレイ、その他のリソースに関する情報が提供されます。

市場開拓担当者
マーケティング担当者は、貴社のオラクル・ベースのソリューションやサービスに関する市場開拓計画、キャンペーン、メッセージを決定する責任を負います。この担当者には、オラクルのマーケティング・ツールやリソースを活用するためのベスト・プラクティスや、オラクルからのメッセージの更新および強化に関する情報が提供されます。

法務担当者
この担当者は、法的観点から貴社のビジネスを代表します。この担当者には、ポリシーの変更、条件の変更、貴社のビジネスに関連するパートナーシップの更新についての情報が提供されます。

買掛金担当者
この担当者は、貴社の「請求先」担当者であり、請求と支払いに関する更新や質問の宛先となる担当者です。


会社の詳細

貴社の詳細を検証可能な形式で提供していただく準備が整ったので、主要なフィールドの概要を次に示します。

  • 会社の正式名称: 英語または現地の言語で入力できますが、法的に登録されている名称である必要があります。なお、オラクルはORACLEという商標全体を含むいかなる会社名も承認しないため、貴社の会社名に「ORA」という文字列が含まれている場合、登録申請は追加のレビューを必要とします。
  • 税またはその他のビジネス識別子: これは、貴社の所在国の税務管理当局によって公式に認識される識別子です。
  • 会社のWebサイト: オラクルとのエンゲージメントに関する情報発信に役立つ御社のWebサイトが必要になります。会社固有の有効なドメインであることを確認してください。そうでない場合は、メンバーシップを締結できません。
  • 電子メール・アドレス・ドメイン: 汎用の電子メール・アドレス・ドメイン(Google.com、Yahoo.comなど)ではなく、ビジネス・ドメインの電子メール・アドレスを指定することが重要です。汎用の電子メール・アドレス・ドメインは認められません。また、電子メール・アドレスが貴社の電子メール・アドレス・ドメインのいずれかと一致していることを確認してください。
  • ポリシーURL: 腐敗防止のコンプライアンス、ビジネス倫理または関連トピックに対応した、貴社のコンプライアンス関連の行動規範、手続きまたはポリシーを共有してください。そのためには、URLを入力して、その情報が貴社のWebサイトのどこに掲載されているかをお知らせください。
  • 会社の住所: メモ – ここで認められるのは物理的な住所のみです。私書箱は認められません。

会社の法的構造

また、登録時には、貴社の組織がどのような法的形態を取っているかもお尋ねします。回答によっては、適切なタイプのパートナーシップを締結できるように、他のオプションをお薦めしたり、確認のために追加情報の提供をお願いしたりすることが必要になる場合があります。

選択肢は次のとおりです。

公開取引企業
株式または持ち分が証券取引所や取引市場に上場されている企業。政府所有または州所有の企業に貴社の30%以上を所有されている場合は、「政府所有または州所有の企業」を選択してください。

非公開企業
LLC、SAR (株式会社)、SARL (有限会社)、合名会社など、証券取引所や取引市場で取引されていない非公開企業。

政府所有または州所有の企業
国、州または地方政府に一部または全体を所有されている企業。これには、政府またはその他の州/政府所有の企業に30%以上を所有されている上場企業が含まれます。

個人または個人事業者/EURL
前述のように、OPNはこのタイプの構造を対象としていないため、このオプションを選択した場合は、オラクルの開発者リソース・センターまたはOracle Universityのラーニング・オプションから始めてください。

その他
慈善事業、非営利団体、会員組織、前述以外のその他のタイプのエンティティなど。このオプションを選択した場合、組織の法的形態、所有権、監督および管理に関する追加情報を提供していただく必要があります。また、詳細を確認するため、登録の処理に若干の遅延が発生する可能性があります。


メンバーシップ条件とポリシー

OPNメンバーシップ条件に同意する権限を貴社から与えられたユーザーが必要です。登録を開始する前に、条件とポリシーに簡単に目を通して、登録についての最終的な決定を誰が下すかを判断できるようにしておくことをお薦めします。また、オンラインで条件に同意するのか、条件をダウンロードして印刷し、署名してから、署名した契約を返送するのかを選択できます。


会社情報に関する質問事項

オラクルのパートナー倫理的行動指針

オラクルが重要視しているのは、すべてのパートナーがオラクルのコア・バリューに沿っていることです。パートナー倫理的行動指針を最後までお読みください。登録時に、これに目を通していただいたことを確認する必要があります。

倫理的な企業行動の確認
オラクルの評判と成功、および貴社の評判と成功は、オラクルの信頼、誠実さ、正直さの価値を守るために貴社がどの程度コミットできるかにかかっています。そのため、次のいずれの項目も貴社に当てはまらないことを確認していただく必要があることをご理解いただけるものと思います。

当てはまるものがある場合、または確認できない場合は、この問題および関係書類について連絡できるご担当者様の詳細をお知らせいただく必要があります。

  • Oracle PartnerNetworkの契約を解消された企業で雇用されていたことのある役員や株主はいません。
  • 過去5年の間、会社および会社の代表者が、マネー・ロンダリング、詐欺、横領または贈収賄禁止法の違反に関連して有罪を宣告されたこと、調停あるいはその他の政府決議に至ったことはありません。
  • 多数株主や支配株主、役員、またはオラクルの取引に携わる営業チームの中に、官庁または官公庁に現在勤務している者、あるいは過去7年間に勤務していた者はいません。

貴社におけるオラクル従業員の関与
最後に、貴社におけるオラクル従業員の関与に関して、次の内容の中に当てはまるものがある場合には、該当者の名前、役職、オラクルでの雇用日、オラクル在籍中に該当者が勤務した事業所の場所を説明および提出できるようご準備ください。

確認できない場合は、説明を求め、この問題について連絡できるご担当者様の連絡先詳細をお知らせいただきます。

多数株主や支配株主、役員、またはオラクルの取引に携わる営業チームの中に:

  • 現在オラクルに勤務している者、および過去3年の間にオラクルに勤務していた者はいません
  • 現在オラクルに勤務している者と家族関係にある者はいません

OPNメンバーシップのタイプ

OPNの2つのメンバーシップ・タイプを理解していることを確認し、しかるべきときに正しい選択が行えるようにしましょう。貴社について教えていただいたことを基に最適なオプションをご案内しますので、心配は不要です。

まだ不明な点がありますか
プリンシパルとアソシエイトの関係についてもう少し深く理解するには、この非常に役立つビデオをご覧ください。ビデオ: プリンシパルとアソシエイトの関係を理解する(2:19)

プリンシパル: 通常は、会社の本社か、子会社が関与している場合は親会社です。プリンシパル・エンティティは、すべての条件の履行、トラックの選択と支払い、アソシエイトの承認、支援リソースとExpertiseの管理について中心的な役割を担います。子会社も、独自のトラック、メンバーシップ要素および契約を持つ独自のOPNメンバーシップが必要な場合は、プリンシパルになることができます。

アソシエイト: プリンシパル・エンティティ(親会社)の完全子会社または過半数所有子会社であり、プリンシパルのOPNメンバーシップ条件に従ってOPNへの加入が承認されます。また、プリンシパルはすべてのGo-to-Market条件を履行するものとします。
メモ: OPN契約の契約条件にはプリンシパル会社が署名するため、アソシエイトとして登録する場合は、登録の前にプリンシパル(親)会社がアクティブなOPNメンバーになっている必要があります。また、メンバーシップは、承認される前に親会社(「プリンシパル」エンティティ)によるレビューを受けます。


子会社がOracle PartnerNetworkに加入するにはどのようにすればよいですか?

プリンシパル・エンティティとして、完全な子会社および過半数を保有する子会社がある場合、各子会社はそれぞれに、メンバーシップに関連付けられたアソシエイト・メンバーとして、メンバーシップの申請を完了できます。以下の手順に従ってください。

  1. 1. Oracle Partner StoreからOracle PartnerNetworkの登録申請にアクセスします。(Oracleアカウントがまだない場合は、作成するよう求められます。)
  2. 2. 納税者ID情報も含め、会社登録フォームに入力します。会社登録フォームの入力とOPNメンバーシップの送信を行うユーザーは、自動的にパートナー管理者に割り当てられます。
  3. 3. 主要な連絡先を指定します。連絡先の各タイプの説明は、こちらをご覧ください。
  4. 4. 「アソシエイト」に「メンバーシップ・タイプ」を選択し、プリンシパル・パートナーのIDを入力します。
  5. 5. 簡単な会社情報に関する質問事項(CIQ)にすべて回答し、会社の組織、利益相反の存在の可能性、米国の法律およびその他の適用される地域の法律の遵守について入力します。
  6. 6. アソシエイトは、(親会社がプリンシパル・パートナーとして)同意したOPNメンバーシップ条件によって管理されるため、アソシエイトはこれに同意するよう求められます。
  7. 7. 次に、OPNの会費500米ドルと税金の支払を行います。
    重要なノート: Oracle PartnerNetworkメンバーシップの主な支払い方法はクレジット・カードであり、アクティベーションは24時間以内に行われます。オラクルがクレジット・カードによる支払いを受け付けられない場合(その支払い方法が貴社の国で利用できない場合)には、電信送金による支払いが可能です。電信送金による支払いは、処理に最大15営業日かかることを念頭に置き、その点を踏まえて計画してください。
  8. 8. 登録内容を確認して送信します。
  9. 9. アソシエイト・パートナーがOPNメンバーシップの申請を送信すると、プリンシパル・パートナー管理者に、アソシエイトのリクエストを承認または却下するためのリクエスト通知が(電子メールで)届きます。
  10. 10. 承認されると、アソシエイトのOPN登録申請が処理されます。

トラックと支援リソース

調査のガイダンスを完了すると、貴社のビジネスに最適なトラックと支援リソースに関する推奨事項が提供されます。推奨事項は、登録完了時に参照できるように、印刷する(またはスクリーン・ショットを取る)ことをお薦めします。また、登録が承認され次第、貴社のビジネス・プランと期待される成果に基づいたガイダンスが提供されます。

注意すべき重要な点は、トラックの登録期間は、トラックがアクティブになったOPNメンバーシップ期間とともに終了し(契約期間統合)、後続のOPNメンバーシップ期間ごとに更新できることです。また、トラックの料金は日割り計算されません

「トラック」と「支援リソース」とは何かを思い出す必要がありますか
この役に立つ動画をご覧ください。ビデオ: ビジネスに最適なトラックを選択する(3:01)


登録と支払いの送信

支払いの詳細
ここまでで、どのタイプのメンバーシップを選択するかを理解し、いずれかのトラックに参加する予定があるかどうかを確認していただきました。さらに、どのような料金が発生するかとメンバーシップに対する最善の支払い方法についてもガイダンスを提供します。

以下に、OPNへの登録に関連する料金を簡単にまとめました。

  • メンバーシップに対して500米ドル(または現地通貨での同等額)
  • 選択したトラックごとに3,000米ドル(または現地通貨での同等額)
  • 加えて、適用される税金(所在地に基づく)

クレジット・カードが受け付けられる国では、クレジット・カードでの支払いが必須であり、かつすぐに特典がアクティブになるため最善の方法です。請求書を使用した電信送金には15営業日の処理時間が必要になるため、電信送金を選択する場合は、その点を踏まえて計画してください。また、Enrollment ID(登録ID)が支払いに記載されていることを確認してください。

最後に注意すべき点がもう1つあります。「請求先」住所が銀行で承認されることを確認し、銀行が求める銀行手数料も必ず含めて、支払いが迅速に処理されるようにしてください。


登録の送信 – 処理の流れ

メンバーシップ登録(および登録したトラックのサブスクリプション)は、選択した支払いタイプに関係なくオラクルによる承認支払いの全額受取りに基づいてアクティブになります

Oracle PartnerNetworkへの登録が承認され、メンバーシップがアクティブになると、幸先のよいスタートを切るために必要な詳細がすべて記載された、ようこそ電子メール通知が届きます。また、「請求先」担当者に支払い済請求書のコピーが届きます。これは控えとして保管しておいてください。これらの電子メールは迷惑メール・フォルダに入ってしまうことがあるため、見逃さないようにしてください。


始める準備はできましたか。ここをクリックしてOracle Partner Journey Builderの手続きを開始し、OPN登録を完了してください。