該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

Oracle Advanced Security

Oracle Advanced Securityを使用すると、機密データへの帯域外アクセスを防ぐために、個々のデータ列またはテーブルスペース全体を暗号化できます。編集ポリシーにより、機密データの急増を防ぎ、データ保護規制への準拠を支援できます。

Oracle Advanced Securityの特徴

保存時のデータ保護

個々のデータ列、テーブルスペース全体、データベース・エクスポート、およびバックアップを暗号化して、機密データへのアクセスを制御できます。


データの急増を最小化

部分的または完全な編集により、機密データがレポートやスプレッドシートに大規模に抽出されるのを防ぎます。


目立ちにくさと高性能を実現

暗号化はデータベース・カーネル・レベルで実装されているため、アプリケーションを変更する必要はありません。


テストおよび認定済み

Oracle Advanced Securityは、Oracle Exadata、Oracle Real Application Clusters、Oracle Data Guard、 Oracle Golden Gateなどとシームレスに連携するように設計されています。



Epsilonのロゴ

Epsilon、Oracle Advanced Securityを使用して顧客データの暗号化を実現

“弊社ではPII情報を扱っているため、セキュリティは顧客にとって大きな懸念事項となっています。オラクルはセキュリティ領域で素晴らしい仕事を達成しています。特にクラウドへの移行の際には、Transparent Data Encryptionによって暗号化プロセスを制御できると実感しています。弊社のデータは鍵で保護されています。”
Epsilon、データベース管理担当副社長、Keith Wilcox氏

データ漏えいのリスクを軽減する

  • データへの帯域外アクセスを防止する

    Transparent Data Encryptionを活用して、データがディスク、バックアップ、またはエクスポートから直接読み取れないようにします。

  • 機密データの急増を防ぐ

    IPアドレス、使用するプログラム、時刻などの詳細な条件に基づいて機密データを表示する機能を制御できます。

規制コンプライアンスを迅速化する

  • 保存データの暗号化

    GDPR、CCPA、PCI-DSS、HIPAAなどの規制における暗号化要件に準拠できます。監査要件を満たし、罰金を回避できます。

ユース・ケース

オラクル・データベース・セキュリティの毎月のコミュニティ・コールにご参加ください。

関連するその他の事項

テクニカル・レポート

Oracle Advanced Securityによる暗号化と編集

データシート

機能、利点など

よくある質問

答えを見つける

オラクルのデータベース・セキュリティ

その他のセキュリティ・ソリューションの詳細を見る

ここから始めよう


データベース・セキュリティ評価ツールを実行する

データベースのセキュリティ体制を素早く特定し、リスクを軽減するための推奨事項を取得できます。


Oracle Cloud Free Tierを試す

Oracle Cloudでアプリケーションを無料で構築、テスト、導入します。


認定を受ける

Oracle Databaseクラウド・サービスのオンライン・トレーニングと認定にアクセスします。


営業担当者に問い合わせる

もっと詳しい学習に興味がありますか?業界をリードする当社の専門家にお問い合わせください。