該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードのシノニムを使用します。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問合せ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Data Masking and Subsetting

ストレージコストを最小限に抑えながら、リスクを増大させることなくデータの価値を引き出します。Oracle Data Masking and Subsettingは、組織がテスト、開発、パートナーの各環境を含め、さまざまなシナリオに対応して安全で費用対効果の高いデータ・プロビジョニングを実現するのに役立ちます。

LiveLabsのガイド付きワークショップでOracleセキュリティソリューションを実際に使用して体験してください。

Oracle Data Masking and Subsettingの詳細

データとリスクを理解する

機密データを発見して分類し、リスクについて理解した上で、データ保護ポリシーの設計を支援します。

アプリケーションのデータ・モデルを作成する

データのマスキングとサブセット化の間に参照関係を決定し、モデルを作成して、データの整合性を保護します。


機密データを削除する

テスト、開発、分析、その他の非本番環境から機密データを除去します。

ビジネス価値を維持する

柔軟なマスキング技術によって、データマスキング後にもアプリケーション機能を引き続きサポートできるように、データ特性が保持されます。

アプリケーション・テンプレート

Oracle E-Business SuiteおよびOracle Fusion Applications用として事前に作成されたマスキング・テンプレートを使用することにより、必要な労力を削減し、価値を実現するまでの時間を最大限に確保します。


データセットの小型化によりコストを削減する

作成するデータセットのサイズを小さくすることにより、時間とストレージのコストを削減します。リスクの低減を図りながら、効率を向上します。

代表的なデータを保存する

多要素によるサブセット化技術によって、機能上、損傷のない代表的な関連データセットが作成されます。


インデータベースまたはインエクスポートのマスキング

インデータベースのマスキングにより本番環境に伴うオーバーヘッドが不要になります。また、インエクスポートのマスキングを使用することにより、ステージング環境の必要がなくなります。


高速で効率的

Oracle Databaseのパワーを利用することにより、非本番のデータベースの作成に必要な時間とリソースが最小限に抑えられます。


異種のサポート

標準で付属するOracle Database Gatewayを使用して、Oracle以外のデータベースにあるデータのマスキングとサブセット化が可能になります。


フィードバックの共有

皆様からのご意見をお待ちしています。Oracle Data Masking and Subsettingに関するフィードバックを提供して、ITに関する意思決定者を支援してください。提供されるフィードバックは、Oracle Database Securityの未来を導く上で非常に貴重です。15分ほどの時間を割いて、Gartner Peer Insightsに匿名のレビューを投稿することをご検討ください。

このツールによって、テストデータの作成コストが大幅に削減されています。

金融業界の上級アプリケーション・アナリスト


Gartner Peer Insightsのレビューは、自身の経験に基づく個々のエンド・ユーザーの主観的な意見であり、Gartnerまたはその関連会社の見解を表すものではありません。

スペインの法務省がData Masking and Subsettingにより市民データを保護

Oracle Advanced Security、Oracle Data Masking and Subsetting Pack、およびOracle Active Data Guardを利用して、プライバシー法で規定される範囲を越えた管理が可能になるため、市民の個人データに対するアクセスが保護され、追跡可能が可能になりました。Oracleのソリューションは、安心と安全を約束する実証済みの投資です。
Jose Luis Fernández Carrión


Oracle Data Masking and Subsettingのユースケース

企業のセキュリティ・ポリシーを実施する

  • 機密データを保護する

    機密データを検出してマスキングし、関連するデータのみを共有することで、非本番環境でのデータの露出を最小限に抑えます。

  • 規制コンプライアンスを加速する

    データのマスキングおよびサブセット化ポリシーに従って、監査人に向けて設計ごとのデータ保護とデフォルトを提示します。

  • データの価値を最大限に高める

    機能上、損傷のない現実に即した代表的なデータを、関わりのある利害関係者と安全に共有することにより、テスト、開発、その他の構想を促します。

  • コストの削減

    関連性のあるデータのみを抽出して共有することにより、時間、ストレージ、およびインフラストラクチャに伴うコストを削減します。

関連するその他の事項

データシート

機能、メリットなど

よくある質問

答えを得る

プレゼンテーション

製品の概要

Oracle Data Safe

別のマスキング・ソリューションについて学ぶ

使ってみる


データベース・セキュリティ評価ツールを実行する

データベースのセキュリティ状況をすばやく特定し、リスクを軽減するための推奨事項を取得します。


営業担当者に問い合わせる

Oracle Data Masking and Subsettingについてはチームメンバーにご相談ください。