該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードのシノニムを使用します。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問合せ Oracle Cloudにサインイン

Oracle Label Security

データとセッションの各ラベルに基づいて、ユーザーが表示できるデータを制御します。Oracle Label Securityは、プロジェクトコード、地域、またはデータの分類に基づいて、データに対するアクセス権限を記録および適用します。これらの制御は、機密データに対する不正アクセスのリスクを低減し、規制へのコンプライアンスを証明するのに役立ちます。

LiveLabsのガイド付きワークショップでOracleセキュリティソリューションを実際に使用して体験してください。

Oracle Label Securityの詳細

セキュリティレベルによるデータアクセスの実施

定義済みのデータラベル(制限付き、機密、公開)によってデータへのユーザーアクセスを制御します。数百のレベルがサポートされています。


ユーザーは定義済みのグループで許可されたデータのみ閲覧

グループラベルを使用して、ユーザーが特定のニーズに関連するデータにのみアクセスできるようにします。数千のグループを定義できます。


柔軟なセキュリティモデリング

レベルとグループの各ラベルを組み合わせることにより、ほぼすべてのセキュリティポリシーをモデル化できます。ユーザーには妥当なデータへのアクセスのみ許可されます。


Oracle Label Securityのユースケース

  • ユーザーアクセス許可を記録して適用する

    データラベルはさまざまなデータの使用に対するアクセス権限を示します。一方、セッションラベルはその権限に基づいて処理を制限します。

  • 地域または組織によってデータアクセスを制御する

    データを用途別(プロジェクト固有、地域、または組織の部門ごと)にグループ化します。ユーザーには、自分が属するグループのデータのみの表示が許可されます。

  • アプリケーション全体で一貫したセキュリティポリシーを適用する

    コア・データ・レイヤーで適用した一元化されたデータ・セキュリティ・モデルを利用して、アプリケーションの開発時間を短縮します。

関連するその他の事項

テクニカルレポート

Oracle Label Security

データシート

機能、メリットなど

よくある質問

答えを得る

Oracle Databaseのセキュリティ

セキュリティ・ソリューションの詳細

開始する


Oracle Autonomous Databaseを試す

Oracle Application ExpressやOracle SQL DeveloperなどのツールでOracle Autonomous Databaseをお試しください。


データベース・セキュリティ評価ツールを実行する

データベースのセキュリティ体制をすばやく評価し、リスクを軽減するための推奨事項を取得します。


営業担当者に問い合わせる

Oracle Label Securityについてチームメンバーにご相談ください。