オラクル・ボランティア
時代を変えるために影響を与える活動

オラクルの創造的で解決指向の文化には、世界をより良い場所にするためにつながる社員のコミュニティがあります。オラクル・ボランティアは、年間で数百の非営利団体および公的機関とオンラインおよび対面のプロジェクトで話し合い、交流しています。彼らは学生や教育者をサポートし、自然と野生動物を保護し、支援を必要とする人々をサポートしてコミュニティを強化しています。パンデミックはボランティア活動に大きな打撃を与えましたが、同時に、行動と共感を呼び起こしました。状況が落ち着いてきた今日、ボランティア活動も再び活発になってきました。

2022年度のオラクル・ボランティアの活動の影響一覧

9,430オラクル・ボランティアの人数

831プロジェクト数

52,486時間

46142か国でサポートした組織の数

30年の歴史を持つオラクル・ボランティアの活動

オラクル・ボランティアの活動の30周年を祝って、一年の始まりに24時間の祝賀会を行いました。6大陸で2,000人以上の従業員がオンラインで参加し、各地域のエグゼクティブによる開始のあいさつ、ボランティアによるアクティビティ、インスピレーションあふれるスピーチ、楽しいゲーム、世界をより良くするための方法についてのブレインストーミングが行われました。

注力している取組み

オラクル・ボランティアがどのように学生と教師をサポートしているかをご紹介します。
オラクル・ボランティアが元の地球を取り戻そうとどのように支援しているかをご確認ください。
オラクル・ボランティアが他者をどのように支えているかをご覧ください。

社会的影響に向けたアクション

スキルをベースにした慈善活動

社会を変えるには時間がかかるだけでなく、共通の要因や影響力のある行動、お金、そして時に汗をかくことも必要となります。また、社会を変えるにはスキルが要ります。当社では、非営利団体やNGOのパートナーを招いて問題点を提起してもらい、ニーズにあったビジネス・スキルや技術的なスキルを持つオラクル・ボランティアのチームとマッチングしています。また、Oracle Cloud Free Tierを提供してポジティブな変化を加速させるためのソリューション設計も行っています。

多様性とインクルージョンに向けたアクション

オラクルの従業員は多面的な人間として仕事に打ち込み、多くが従業員リソース・グループ(ERG)で得られる一体感を楽しんでいます。毎年、当社のERGは相互の信頼感や、慈善活動を称えるオラクル・ボランティア・プロジェクトを生み出しています。このプロジェクトには、Martin Luther King Jr.のサービス・ウィークやInternational Women's Day and Autism Awareness Monthのためのイベントなどがあります。

オラクル・ボランティアが多様性をサポートする方法を読む

ボランティア活動を通じた文化の構築

今日、オラクルのチームの多くがリージョンとタイム・ゾーンで分断されています。オラクル・ボランティアの活動プログラムは、離れた場所にいるチームメイトをつなげることに成功しています。Camaraderieは、オンラインか対面かにかかわらず同僚同士が一緒にボランティア活動を行ったことから派生した、自然の副産物です。もちろん、世界も利益を享受しています。ボランティアが協力して懸念される事象についてサポートを行うとき、世界中の社会とチーム文化に大きな波及効果が起こるのです。

オラクルでのコミュニティ構築

適切に慈善活動を行う

オラクルのすべてのフルタイム従業員は、指定された作業時間中に年間最大40時間のボランティア活動を行い、多くの従業員は、それ以外にも膨大な時間をボランティア活動に費やしています。さらに、オラクルではオラクルの寄付を通じて、従業員1人あたり年間1,000米ドルを上限に上乗せして寄付を行い、危機に際してはさらに上乗せします。なぜでしょうか?なぜなら、従業員が自ら慈善行為を行っていると感じとることも、私たちのビジネスの一部だからです。

従業員の寄付の詳細

オラクル・ボランティアの世界的な取組み

環境保護活動推進月間(Focus on Environment)

環境保護活動推進月間(Focus on Environment)

3月~4月: 従業員が環境団体と協力して健全な地球のために活動します。

教育の重視

教育の重視

8月~9月: 従業員は学生や学校、教育関連の非営利団体をサポートすることに特に注力します。

コミュニティの重視

コミュニティの重視

11月~12月: 従業員は必要な時間とリソースを共有し、困窮している人々を支援します。

写真のクレジット: 1.Mark Von Holden、Getty Images(オラクル担当)。All other images copyright Oracle.