Oracle TimesTen

Oracle TimesTen In-Memory Database Classic 概要

Oracle TimesTen In-Memory Database(Oracle TimesTen)は、完全な機能を備え、メモリが最適化されたリレーショナル・データベースであり、ミッション・クリティカルなアプリケーションで極めて短いレスポンス時間と高いスループットを実現します。Oracle TimesTenは、TimesTen ScaleoutおよびTimesTen Classicとしてデプロイできます。このページでは、TimesTen Classicの概要について説明します。TimesTen Classic1は、幅広い業種の多数のアプリケーションで要求される、極めて迅速なレスポンス時間と非常に高いスループットを提供するスタンドアロンのリレーショナル・データベースです(製品データ・シート)(PDF)。

TimesTen Classicが実現するもの

TimesTen Classicは、実行時のデータ格納場所に関する前提を変えることで、リアルタイムのパフォーマンスを実現します。メモリ内でデータを管理し、データ構造とアクセス・アルゴリズムを適宜最適化することで、データベースの処理がもっとも効率的に実行されます。これによって、完全にキャッシュした状態のディスクベースのRDBMSと比較しても、応答性とスループットが劇的に向上します。TimesTen Classicは、アプリケーション内に組み込んで、プロセス間通信やネットワーク・オーバーヘッドを排除できるため、データベース処理のパフォーマンスをさらに向上できます。

TimesTen Classicは通常、行レベルのロックや読取りコミット済みの分離レベルを使用するマルチユーザーおよびマルチスレッド・アプリケーションとともにデプロイされます。アプリケーションは、標準SQLを使用して、JDBC、ODBC、ODP.NET、OCI(Oracle Call Interface)、Pro*C/C++、Oracle PL/SQLといったプログラミング・インタフェース経由でOracle TimesTenデータベースにアクセスします。Oracle TimesTenがアプリケーション・プロセス内で実行されている場合に(「ダイレクト・モード」)、最善のレスポンス時間が達成されます。一方、データベースが多数のサーバー上で実行されている複数のアプリケーションによって共有されている場合は、通常は従来のクライアント/サーバー・アクセスが使用されます。

Oracle TimesTenデータベースには、永続性とリカバリ可能性があります。永続性は、トランザクション・ロギングとディスクへのデータベースのチェックポイント機能を組み合わせることで実現されます。

高可用性は、Oracle TimesTenデータベース間のトランザクションをリアルタイムにレプリケートするTimesTen Classicレプリケーションを使用して提供されます。Oracle TimesTenアプリケーションのミッション・クリティカルな性質から、大半の企業のデプロイメントでは、可用性とディザスタ・リカバリのためにOracle TimesTenレプリケーションが使用されます。たとえば、オンライン課金、サブスクライバ・セッション管理、E-Commerceオンライン・ストア、旅行および予約Webサイトなど、通信やWeb経由でアクセスできるグローバル・システムでは、アプリケーションやサーバーの停止時間は許容されません。また、金融サービスや証券取引のシステムは、金融市場が開いている間は常に利用できる必要があります。

TimesTen Classicレプリケーション

TimesTen Classicレプリケーションは、メモリが最適化されたトランザクション・ログベースのレプリケーション・テクノロジーと、効率的なストリームベースのネットワーク・プロトコルを使用して、高いパフォーマンス、信頼性、堅牢性を実現します。おもな機能は次のとおりです。

  • 非同期レプリケーションによって、アプリケーション・トランザクションの実行が、レプリケーションの取得、伝播、および適用ステップから切り離され、最大のパフォーマンスが実現します。
  • 同期レプリケーションによって、アクティブ・データベースとスタンバイ・データベース間で完全な整合性が維持され、高度なデータ保護が実現します。また、アプリケーションのコミットは、レプリケートされたトランザクションが受信され、かつスタンバイ・データベースでコミットされた場合にのみ返されます。
  • スタンバイ・データベースからの読取り可能性に優れています。また、追加の読取り専用サブスクライバを構成することで読取り能力を増強できます。
  • 非常に高いトランザクション・スループットが要求されるアプリケーション向けに、パラレル・レプリケーションが提供されます。
  • 自動的な障害検出とスタンバイ・データベースへのフェイルオーバーが、Oracle Clusterwareとのシームレスな統合によって実現されます。
  • オンライン・アップグレード機能を使用すると、他のサーバーを中断することなく、個々のサーバーをオフラインにしてソフトウェア・アップグレードを実行できます。

既存のデータがすでにOracle Databaseに格納されているアプリケーションでは、パフォーマンス・クリティカルなデータのサブセットをOracle TimesTen In-Memory Databaseにキャッシュすると、アプリケーション・トランザクションのレスポンス時間が向上します。詳しくは、こちらでTimesTen Application-Tier Database Cacheの概要を参照してください。