該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
TimesTen:最速のOLTPデータベース、超高可用性、エラスティック・スケーラビリティ

TimesTen:最速のOLTPデータベース、超高可用性、エラスティック・スケーラビリティ

Oracle TimesTen In-Memory Databaseはメモリに最適化したフル機能のリレーショナル・データベースであり、幅広い業種のミッション・クリティカルなアプリケーションがマイクロ秒単位のレスポンス時間と極めて高いスループットで実行できるようになります。

詳細を見る

TimesTen In-Memory Databaseのアーキテクチャと製品ファミリー

Oracle TimesTen In-Memory Database(以降Oracle TimesTen)は、実行時のデータ格納場所に関する前提を変えることで、アプリケーションのリアルタイム実行(短い応答時間と高いスループット)を実現します。データをメモリ内で管理し、データ構造とアクセス・アルゴリズムを適宜最適化することで、データベース操作の実行効率が最大限に引き上げられ、応答性とスループットが劇的に向上します。既存のインメモリ・テクノロジーを基盤とするシェアード・ナッシング・アーキテクチャのTimesTen Scaleoutが導入されたことで、Oracle TimesTenでは数十のホストにデータベースを透過的に拡張して数百テラバイトのサイズにし、1秒間に何億件ものトランザクションを処理できるようになったため、データベース・シャーディングやワークロードのパーティションを手動で行う必要がなくなりました。Oracle TimesTenは次の3つの方法でデプロイできます。

単一ノードにデプロイするスタンドアロン・データベースで、極めて短いレスポンス時間が安定的に求められるアプリケーションに適しています。アクティブ-スタンバイ・ペアによるレプリケーションで高可用性を維持します。 別のノードでは、大量の読取り操作を行うワークロードをスケーリングするための複数の読取り専用サブスクライバのサポートも行います。アプリケーションからOracle TimesTenデータベースにアクセスする場合は、JDBC、ODBC、ODP.NET、Oracle Call Interface(OCI)、Pro*C/C++プログラミング・インタフェース経由で標準のSQLとPL/SQLを使用します。

Oracle Database Enterprise Editionのオプションです。Oracleデータベースのうちパフォーマンスが重要となる箇所を部分的にアプリケーション層にキャッシュして応答時間を向上させる場合に最適です。アプリケーションによる読取り/書込み操作は、SQLおよびPL/SQLを使用してキャッシュ表に対し行われ、永続化、トランザクション一貫性の維持、Oracleデータベースとのデータ同期は自動的に行われます。TimesTen Cacheは、TimesTen Classicと同じテクノロジーをベースにしてキャッシュ機能を追加したものです。

複数ノード環境にデプロイする分散データベースです。スループット要件が厳しいアプリケーションや季節的なキャパシティ需要があるアプリケーションでこのモードを使用すると、ノードをまたぐ同時パラレル処理、(単一データベース・イメージを使用した)透過的データ分散、TimesTenのエラスティック・スケールアウト機能を利用できます。高可用性とフォルト・トレランスは、TimesTenのK-safety機能を使用すると自動的に有効になります。これはOracle TimesTen 18.1リリースの新機能です。