What You See Is What You Get Element

Oracle Solaris 11テクノロジー・スポットライト

Oracle Solarisは完全なエンタープライズ・クラスのクラウド・プラットフォームです。オーバーヘッドがほぼゼロの組込み仮想化とアプリケーション主導型のソフトウェア定義型ネットワーク(SDN)から、スケーラブルなデータ管理と高可用性クラスタリングまで、エンタープライズ・クラウドを構築するために必要なあらゆる機能がそろっています。これらの機能やその他の先進的なテクノロジーの詳細について、以下の注目事項をご確認ください。

 

フリー・ソフトウェア/オープンソース・ソフトウェア

フリー・ソフトウェア/オープンソース・ソフトウェア

配布に要するオーバーヘッドの軽減とツール導入の強化を目的として、Oracle Solaris FOSSコンポーネントを評価します。
 
クラウド管理

クラウド管理

エンタープライズ対応のOracle Solarisを基盤とするOpenStackベースのクラウド環境をデプロイします。
 
構成管理

構成管理

SMF、RAD、Puppetなどの統合済みのツールでクラウドの構成を自動化します。
 
データ管理

データ管理

冗長性、セキュリティ、柔軟性を備えた革新的なデータ管理ソリューションであるZFSを使用して、クラウド・ストレージにスケーラビリティを持たせます。
 
高可用性

高可用性

Oracle Solaris Clusterおよび内蔵の自己修復機能により、アプリケーションの稼働時間を増大させます。
 
ライフサイクル管理

ライフサイクル管理

IPSおよび自動インストーラを使用するセキュアなエンド・ツー・エンドのプロビジョニングにより、ライフサイクル管理を簡素化します。
 
ネットワーク

ネットワーク

ソフトウェア定義型ネットワーク機能により、ビジネス要件を満たすとともにネットワークの機動性を高めます。
 
可観測性

可観測性

高度なトレース・ツールであるDTraceを使い、体系的な問題を安全かつリアルタイムにトラブルシューティングします。
 
セキュリティとコンプライアンス

セキュリティとコンプライアンス

データ、アプリケーション、ユーザーを攻撃から保護することを目的に設計されたソリューションを使用して、環境をロック・ダウンするとともにコンプライアンス要件を満たします。
 
仮想化

仮想化

高密度でオーバーヘッドが少なく管理が容易な仮想化をOracle Solaris Zonesで実現し、ITの運用を最大限に効率化します。