JD Edwards EnterpriseOne Financial Management

組織が、さまざまな国のさまざまな通貨でのお金の出入りを詳細に把握する必要がある場合、その組織に適した財務基盤を持つことが重要です。オラクルのJD Edwards EnterpriseOne財務管理ソリューションは、変化の激しい環境への迅速な対応、財務関連業務の効率化、財務報告の正確性向上に役立ちます。

JD Edwards EnterpriseOne Financial Management 製品

効率的で効果的な資金管理

キャッシュ・フロー、ベンダー条件、割引商談など、効率的かつ効果的な資金管理とは、単に請求書を支払うだけではありません。オラクルのJD Edwards EnterpriseOne Accounts Payableは、支払処理を最適化するために必要な統合性と柔軟性を提供します。


主な特徴
  • 複数の伝票入力オプションから最も効率的な方法を選択
  • より有利なサプライヤー契約の交渉
  • ワークフロー主導の支払処理により、伝票の優先順位を決定
  • 迅速で効率的な請求書処理の確立
  • 伝票のロギングにより、経過勘定を即座に認識
  • 多通貨、多言語への対応
  • UX One Accounts Payable Managerロールを利用して、迅速な支払いを確保することでより多くの割引を獲得し、請求書処理と支払いを分析して会社の資金管理戦略をサポートし、買掛金チームの効率性を高めることで請求書処理コストを削減します。

キャッシュ・フローと信用リスクのバランスを調整

OracleのJD Edwards EnterpriseOne Accounts Receivableは、入金消込を効率化および迅速化し、リアルタイムの売掛金情報を提供します。複雑な取引を迅速かつ自動的に処理し、手作業の必要性を最小限に抑え、顧客との関係を改善し、与信や回収問題への対応力を強化します。


主な特徴
  • ビジネス・プロセスに合わせてワークフローをカスタマイズ
  • 顧客がいつ、どのように支払いをしているか、また、どのような割引を利用しているかを確認可能
  • 多通貨処理と国際税務の管理
  • 変数の組み合わせによる回収基準の定義
  • 非標準的な顧客控除の取り扱いを簡素化
  • UX One Accounts Receivables Managerロールを使用して、リアルタイム・アラートで処理時間を短縮してキャッシュ・フローを増やし、入金トレンドを分析して顧客による迅速な支払を促進し、支払問題を監視して対処することで強力な顧客関係を促進
  • UX One Collection Managerロールを使用して、リアルタイムのアラートにより回収時間を短縮し、回収データを分析して効果的な回収手順を設計し、延滞顧客を効果的に管理して回収効率を向上
  • UX One Credit Managerロールを使用して、タイムリーなアラートで与信審査を効率化し、過去の傾向を分析して与信プロセスを監視・強化し、与信承認プロセスの迅速化を通して顧客満足度を向上

 

財務業務の効率化

オラクルのJD Edwards EnterpriseOne General Ledgerは、ビジネス全体からの財務情報をリアルタイムに統合し、複雑で変化するビジネス環境における財務統合と報告のニーズに対応できるようにします。


主な特徴
  • すべてのJD Edwards EnterpriseOneアプリケーションとシームレスに統合
  • 複数の通貨と言語に対応し、いつでもオンラインで統合された財務情報にアクセス可能
  • 各国の慣行、レポート要件、規制に対応
  • 会社、事業部門、その他のグループを通して財務業務を整理し、必要に応じてレポート構造を柔軟に変更可能
  • オンラインで口座残高を確認する際に、関連するトランザクションも確認可能
  • 内部制御手順を強化し、データの不整合を特定
  • UX One General Accounting Managerロールを使用して、タイムリーなアラートによる正確な口座取引の確認、仕訳の分析による会社の配分戦略のサポート、チームの効率化による従業員一人当たりの経理費用の削減を実現

 

リース物件と非不動産物件の会計処理を効率的かつ正確に実行

JD Edwards EnterpriseOne Lease Management solutionは、有形・無形資産の借手と貸手が、財務諸表上で正確かつ効率的にリースの会計処理を行えるようにするプログラムとプロセスを提供します。


主な特徴
  • 収益を正確に認識
  • EnterpriseOne Lease Managementソリューションは、ERPシステム全体の既存の機能および強化された機能を活用
  • リース関連のいくつかのプロセスを自動化し、リース期間全体にわたってリースのアップロード、入力、保守を支援
  • 家賃(定期的な請求)による収益は、リース期間にわたって均等(定額)でなければならないと規定するFASB 842およびIFRS 16に準拠し、賃貸不動産からの収益を正確に報告

合弁企業の効率的な管理・報告

合弁企業を管理し、報告されたコスト、収益、注入された資金を合併企業パートナーに純額で分配するための会計処理を行います。


主な特徴
  • Joint Operating Agreements (JOA)のコンプライアンスを確保することで、合弁事業を正確かつ効率的に管理
  • 取引開始から分配までの全取引の監査証跡、パートナーの比例配分計算、所有者の変更
  • 給与、調達、旅費、収入、総勘定元帳など、さまざまな種類の取引を処理できる業界独立型のソリューション
  • 効率化されたプロセスでTCOを削減、自動化で月次決算を短縮、情報の可視性向上で時間とコストを最小化

 

コストを分析し、収益性を特定

オラクルのJD Edwards EnterpriseOne Advanced Cost Accountingは、従来の管理会計と活動基準原価計算を組み合わせることで、収益性を評価するためのフレームワークと機能を提供します。これにより、従来の会計手法では得られなかった貴重な財務的インサイトを得ることができます。


主な特徴
  • 直接収益と直接コストを自動的に取得し、間接コストに値を配分
  • さまざまな仮定に対してwhat- if分析を実行
  • あらゆる規模の企業の完全な財務整合性を維持しながら、複数のビジネス・プロセスと会計基準をサポート
  • 他のすべてのJD Edwards EnterpriseOneソリューションとシームレスに統合
  • ビジネス・プロセスを拡張し、ビジネス・パートナーとの連携を可能に

 

経費を管理し、収益性を向上

経費精算書プロセスを自動化することで、入力から払戻、請求までの効率が向上します。オラクルのJD Edwards EnterpriseOne Expense Managementを活用することで、従業員は時間と経費を1つの場所で入力できるため、内部統制と効率性を損なう可能性のある短期的な異種システムやスプレッドシートを排除することができます。


主な特徴
  • Expense Managementシステムで経費報告の入力、承認、監査のプロセスを自動化し、従業員が迅速かつ正確に支払いを受けられるようにします。
  • 経費精算の各ステップにおいて、完全かつ正確なデータを得ることができます。データベース主導のワークフローにより、書類の行き違いや紛失のリスクを排除し、セキュリティ、信頼性、ドキュメント管理を強化します。
  • サプライヤーとより有利な割引交渉を行い、従業員がその恩恵を十分に受けられるようにします。
  • 航空券番号、航空会社、航空券の金額など、経費の種類ごとに特定の情報を取得するよう、経費報告書が自動的に設定されます。

 

固定資産の価値を最大化

オラクルのJD Edwards EnterpriseOne Fixed Asset Accountingは、重要な財務および報告要件を満たすために資産を監視する効率的な方法を提供します。これにより、固定資産レポートの作成、資産の購入依頼の管理、資産の照合、税務情報の管理が可能になります。


主な特徴
  • 資産の設定を自動化し、日次、月次、四半期、年次で資産情報を更新
  • ハードコーディングやカスタム・プログラミングの必要なく、会計構造全体にわたる迅速な変更が可能
  • 将来の計画と予算を立てる際の代替減価償却予測の追跡

 

JD Edwardsポータル- LearnJDE.com

LearnJDEには、JD Edwardsについて知っておくべきことがすべて1箇所にまとめられています。JD Edwardsの製品機能、最新リリースの機能、アプリケーション・ドキュメント、今後の顧客カンファレンスについて学び、ソーシャル・チャネルでJD Edwardsとつながることができます。

JD Edwards EnterpriseOneを使い始める


デモのリクエスト

オラクルのエキスパートによるウォークスルーをご体験ください。


ツアーを見る

JD Edwards EnterpriseOneをご自分でご確認ください。


担当営業に問い合わせる

JD Edwards EnterpriseOneについてお問い合わせください。