OCI Database Migration

OCI Database Migrationは、オンラインおよびオフラインのお客様事例向けに、検証済みで異なるバージョン間のフォルト・トレラント増分Oracle Database移行を実現します。この無償で使いやすいサービスにより、オラクルのエンタープライズクラスのデータベース移行ツールのポートフォリオについて学ぶ必要がなくなります。

OCI Database Migrationの仕組み

OCI Database Migrationは、オンプレミスまたはクラウド環境からOCIにOracle Databaseを移行します。使いやすいグラフィカル・ユーザー・エクスペリエンスにより、移行ワークフローが検証および管理されます。Database Migrationでは、Zero Downtime Migration、クラウド移行前アドバイザ・ツール、Data PumpおよびGoldenGateサービスを透過的に使用して、セキュアなフォルト・トレラント増分移行を実現します。

OCI Database Migration(DMS)は、オンプレミスまたはクラウド環境からOCIにOracle Databaseを移行します。使いやすいグラフィカル・ユーザー・エクスペリエンスにより、移行ワークフローが検証および管理されます。DMSでは、Oracle Zero Downtime Migration(ZDM)、クラウド移行前アドバイザ・ツール(CPAT)、Oracle Data PumpおよびOracle GoldenGateサービスを透過的に使用して、セキュアなフォルト・トレラント増分移行を実現します。

OCI Database Migration(DMS)は、オンプレミスまたはクラウド環境からOCIにOracle Databaseを移行します。使いやすいグラフィカル・ユーザー・エクスペリエンスにより、移行ワークフローが検証および管理されます。DMSでは、Oracle Zero Downtime Migration(ZDM)、クラウド移行前アドバイザ・ツール(CPAT)、Oracle Data PumpおよびOracle GoldenGateサービスを透過的に使用して、セキュアなフォルト・トレラント増分移行を実現します。 サポートされているソース・データベースは、オンプレミス、OCIまたは他のクラウド・プロバイダーが提供するものです。ユーザーは、OCI Database Migration Serviceを使用して、ソース・データベースとターゲット・データベースを登録し、オンラインまたはオフラインの移行を選択します。検証フェーズでは、クラウド移行前アドバイザがソースとターゲットの互換性を評価し、問題がある可能性のあるコンテンツを探し、推奨事項を作成します。すべてのエラーが解決されると、データはまずData Pumpを介してロードされ、ユーザーは、オブジェクト・ストアの中間記憶域を介してターゲットをロードするか、ソース・データベースとターゲット・データベースの間の直接データベース・リンクを使用するかを選択できます。オンラインの場合、最初のロードの後、進行中のレプリケーションではGoldenGateが使用されます。

OCI Database Migrationでは、以下のデータベース・ソースおよびターゲットがサポートされます。柔軟性の高い論理的移行により、バージョン・アップグレードとターゲット・プラットフォームの変更が可能になります。

ソースとターゲット OCI Database Migrationでは、ソース・データベース・バージョンとして、11g、12c、18cおよび19cのStandardエディションとEnterpriseエディションのOracleがサポートされます。これらのデプロイは、オンプレミス、OCIまたはOCI Classic、あるいはAmazon RDSに対して可能です。構成には、標準データベース・インスタンス、Oracle RAC One NodeおよびOracle RACが含まれます。ターゲット・プラットフォームは、Autonomous Database(ATP、ADWの共有および専用)や、VM上のBase Database Service、ベア・メタル、Exadata Cloud Serviceなどの共通管理対象データベースとなります。

移行ワークフローは、高度なDBAスキルを必要とせず、簡素な運用要件と複雑な運用要件の両方に対応します。移行は、アプリケーションがオンライン、オフライン、またはファイアウォールを越えた状態のいずれであっても実行できます。長時間実行される移行の場合、ソース・データベースのパフォーマンスに影響を与えずに、ソース・データとターゲット・データを常に使用できます。移行にモダナイゼーションが含まれる場合、バージョン・アップグレードとハードウェア・プラットフォームの変更も可能です。

移行ワークフローは、高度なDBAスキルを必要とせず、簡素な運用要件と複雑な運用要件の両方に対応します。 データベースの移行は、Base Database Service、Exadata Database ServiceまたはAutonomous DatabaseをターゲットOCI Databaseとして、オフラインまたはオンラインのいずれかで実行できます。Database Migration Serviceは論理的移行をサポートします。直接接続を介してソースにアクセスできない場合は、エージェントを使用した間接接続がサポートされます。

移行ワークフロー


オフライン移行

  • 移行中、アプリケーションはオフラインになる
  • 1回の操作でデータベース全体を複製する

オンライン移行

  • 移行中、アプリケーションはオンラインになる
  • リアルタイムでソース・データベースの増分の変更を取得し、ターゲット・データベースに継続的に適用する

データ移動


論理的移行

  • Data PumpおよびGoldenGateを使用して、物理データとは別にソース・データとメタデータを取得する
  • ソース・データベースとターゲット・データベースを異なるバージョンおよびプラットフォームにできる

ネットワーク接続


直接接続

  • ソースとターゲットが同じ物理ネットワークまたは仮想ネットワーク上にある

間接接続

  • ソースとターゲットは別々のネットワーク上にあり、ファイアウォールの内側にある可能性が高い
  • ネットワーク間のアクセスには安全なエージェントが必要

組込み移行アドバイザ

移行ワークフローには包括的な診断アドバイザが組み込まれています。アドバイザは例外に優先順位を付け、解決方法を提案し、修復スクリプトを生成します。ユーザーは、対話形式で詳細を確認し、警告を無視したり、ソース・オブジェクトを除外したり、修復を行ったりできます。この重要なステップの利便性により、移行ワークフローが効率化されます。

移行アドバイザ 移行アドバイザ・プロセスには5つのステップがあります。1つ目のステップは、 ソース・バージョンとターゲット・バージョンを識別します。2つ目は、例外を識別し、 「アクションが必須」、「レビューが必須」、「レビューを推奨」という形で通知します。3つ目は、例外詳細や修復アドバイスを含む調査結果を表示し、修復スクリプトを提供します。4つ目は、ユーザーが調査結果に対してアクションを実行します(受入れ、修復スクリプトの実行、拒否、除外など)。5つ目は、アクションの実行後、アドバイザを再実行します。追加のボタンを使用すると、このプロセスのデモを読んだり見たりできます。


Eclipsysのロゴ

「お客様は、最小限のダウンタイムかつリスクなしで本番データベースを移行したいと考えています。OCI Data Migration Serviceでは、必要な設定、管理、検証、ワークフローがすべて自動化されています。DMSがすべてを透過的に管理するので、ソース・データベースとターゲット・データベース間の接続性を提供するだけでいいのです」

Christine Kivi サービス担当バイスプレジデント、Eclipsys

2023年3月13日

Amazon RDS for OracleのAutonomous Databaseへの移行

オラクル、シニア・プロダクト・マネージャー、Jorge Martinez

Amazon RDS for OracleをOracle Autonomous Databaseに移行するための、わかりやすいステップバイステップ・ガイドです。OCI Database Migrationは、Oracle DatabaseをOCIに移行するためのシンプルで使いやすいツールです。

全文を読む

データベースの移行を開始する

Always Free Cloud Servicesを試し、30日間の試用版を入手

オラクルは、Autonomous Database、Compute、Storageなどの一部のサービスについて時間制限のない無料枠を設けています。また、その他のクラウド・サービスをお試しいただくために300米ドル分の無料クレジットもご用意しています。詳細をご確認のうえ、今すぐ無料アカウントにご登録ください。

  • Oracle Cloud Free Tierには何が含まれていますか。

    • Always Freeサービス
    • 2つのAutonomous Database、それぞれ20GB
    • コンピューティングVM
    • 100GBのブロック・ボリューム
    • 10GBのオブジェクト・ストレージ

移行のデモを見る

設定、対話型診断、移行プロセスを見る

データベース移行を試す

無料のガイド付きエクスペリエンスで実際にご体験ください。

ステップバイステップのチュートリアルによる準備

安全で信頼性の高いデータベース移行を設定、テスト、実行するためのわかりやすいステップバイステップ・ガイドをご確認ください。

価格設定

OCI Database Migrationは6か月間無料で使用できます。

  • 価格条件

    • サービスを実行するOCIマネージド・インフラストラクチャが含まれます
    • 使用制限付きOracle GoldenGateライセンスが含まれます
    • ネットワーク料金は含まれません
    • お客様が管理するOCIリソースは含まれません。
    • 現在の価格と条件はこちら

営業へのお問い合わせ

Oracle Cloud Infrastructureの詳細にご関心をお持ちの場合は、当社のエキスパートにお問い合わせください。

  • 次のような質問に回答します。

    • Oracle Cloudを使い始めるには、どうすればよいですか?
    • OCIでは、どのようなワークロードを実行できますか?
    • OCIでは、どのようなサービスが提供されていますか?