申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
お問い合わせ Oracle Cloudにサインイン

デジタル変革とは

デジタル変革は、電子化とデジタル化という2つの類似概念と混同されることがよくあります。これらのうち最もシンプルな電子化は、手書きの記録をコンピュータ化された記録に変換するなど、アナログ形式または手動形式からデジタル形式に情報を変換するプロセスです。デジタル化は、さまざまな定型的作業に対してデジタル技術とデジタル機能を応用して、より優れた新しい方法でそれらの作業を実行し、結果の改善を促進するプロセスです。

デジタル化は、デジタル変革の基盤となります。また、デジタル変革により、テクノロジ、人員、プロセスをどのように活用してビジネスを新しい方法で前進させるかを再検討することができます。

現在、デジタル変革は、サプライチェーン、ERP、運用、顧客サービスなど、ビジネスのあらゆる側面で、手動プロセスおよびアナログプロセスをデジタル化されたプロセスに変換することを意味するようになりました。基本的に、デジタル変革は、企業やその他の事業者が人、場所、物を結び付けることで、よりよい結果を生み出すのに役立ちます。

会社ごとにデジタル変革を目指す理由は異なります。たとえば、成長機会の獲得、競争圧力の増加、規制基準の変化などがあります。企業がどのような理由でデジタル変革を開始する場合でも、結果的に、顧客の期待に応えるかそれを上回る優れた商品、サービス、エクスペリエンスを実現できます。効率の向上や他のビジネス上のメリットにより、収益性が高まり、イノベーションが強化されます。公共部門では、リソースを節約しながら、住民の生活の質の向上を支援したいという願いに基づいて、デジタル変革が推進されています。

デジタル変革のテクノロジ

デジタル変革には、アプリケーションとソフトウェア、ネットワーキング機能、AI、機械学習、拡張現実と仮想現実、IoT(Internet of Things)、検出技術、ビデオベースの分析、クラウドなど、さまざまなテクノロジが含まれています。

デジタル変革で重要になるのは、特定のテクノロジを選択することではなく、必要な成果を達成するために適切なテクノロジを選択することです。

デジタル変革の歴史

デジタル変革の長い歴史は、最初のコンピュータから始まります。手書きのメモをコンピュータ化された情報に変換し、その情報を処理、分析、共有できるようになりました。ネットワーキングとインターネットの登場により、これらの機能は高度になり、データセットは非常に大きくなりました。ビッグデータを扱うには、データセンターやデータウェアハウス、現在ではデータレイクでサポートされている、より堅牢なデジタルデータ管理と分析プロセスが必要です。

膨大な量のデータに対処することに加え、そのデータを管理、分析、処理する機能を絶えず拡張することが必要であったため、クラウドが発展しました。それ以降、IoT、AI、および機械学習は、業務を変革してよりよい成果を上げようとしている組織に対して、より洗練されたテクノロジオプションを提供してきました。仮想現実と拡張現実は、ビデオ分析ベースのテクノロジと並んで、革新的な機能の融合の例として、幅広いデジタル変革に貢献しています。

デジタル変革における3つの重要な要素

デジタル変革は、単なる新しいテクノロジの導入ではありません。デジタル変革では、次のような3つの基本的な要素に対処する戦略的アプローチが必要です。

1

物理的

デジタル変革は、手作業によるビジネスプロセスをデジタル化されたプロセスに移行するテクノロジを採用するという点で物理的です。紙ベースの記録からコンピュータ化されたデータへの移行、ロボット工学、AI、機械学習の実装、および情報を送信するデータセンサーの設置は、いずれも物理的な変革の例です。

2

認知的

デジタル変革は、AIや機械学習を含むデジタル化により、人間の思考に似た高度な分析を機械で行うなど、洗練されたデータ分析を実現するという点で認知的です。これらの機能によって、データ・サイエンティストやアナリストの役割が変化しており、エキスパートレベルのナレッジワーカーの必要性が増しています。

3

文化的

環境(仕事や家庭など)の中で特定の方法で行動し、対処してきた人間が関わるので、デジタル変革は文化的です。デジタルの世界では、労働者はスマートな機械と共に働きます。テクノロジに対応した新しいプロセスと機能に対応するために、労働者の役割は変化します。誰もが変革の価値を理解し、その変化に備えることで、成功のための強固な基盤が構築されます。

デジタル変革のメリット

デジタル主導型の業務改善は、あらゆる市場のほぼすべての企業にメリットがあり、顧客、従業員、パートナーに大きな価値をもたらします。デジタル変革がもたらすメリットには、次のようなものがあります。

  • より深い分析ベースの実用的なインサイト
  • プロセスの迅速化と効率化
  • 容量の増加
  • コストの削減
  • 安全性、品質、生産性の向上

ビジネスプロセスの変化を次世代の自動化と融合することで、より大きな価値を提供し、変化を続ける期待に応えることができます。成功を収めている企業は、リード生成よりもリレーションシップ・セリングを重視し、契約条件に関する長い交渉の代わりに購入プロセスの簡素化を重視するように変化しています。さらに、顧客が自社で導入および統合して顧客自体の成功を促進するライセンステクノロジではなく、顧客に代わってテクノロジを実行することにより共同で成功することを重視するように変化しています。

デジタル変革の例

次に、デジタル変革が、業界全体や他の事業者間に素晴らしい結果をもたらす例を示します。

製造業

製造業では、IoTを活用して予知保全とプロセスの改善を実現することにより、高品質な商品の生産を確保しながらダウンタイムと廃棄率を削減し、効率性と収益性を向上できます。拡張現実ソリューションにより、優れた低コストの学習が可能になり、飛行機のチケット代に満たないコストで、遠方の専門知識を工場に直接持ち込むことができます。

デジタル変革した「スマートファクトリ」について見る

小売業

小売業界では、デジタル化により、デバイス、チャネル、プラットフォームを活用して、特定の顧客のニーズに合わせたシームレスなカスタマー・エクスペリエンスを構築できます。チャットボット、AI、および高度なデータ分析は、小売業者が、パーソナライズされた推奨事項を開発および提供して、1人の見込み客に効果的にアピールするのに役立ちます。デジタル化により、店内のエクスペリエンスも変革され、顧客の興味を引く対話型環境やより便利な顧客サービス・プロセスを構築できます。

デジタル化が小売業の顧客にどのように役立つかを確認する

医療

医療業界では、さまざまなデジタル機能を活用して、患者中心かつ価値に基づく結果を実現しており、コストを削減しながら、患者、プロバイダ、支払者にメリットがもたらされています。仮想医師の訪問とネットワーク化された電子医療記録は、医療業界を変革するさまざまなデジタル化の2つの例にすぎません。

デジタル化によって医療業界のイノベーションの推進、コストの削減、患者の転帰の改善がどのように実現されるかを確認する

スマートシティ

既存の物理インフラを最先端のデジタルテクノロジと融合させたデジタル対応の「スマートシティ」は、住民により安全でより優れた生活の質を提供しながら、効率を高めています。公益設備のモニタリングから公共の安全、環境の持続可能性まで、センサー、AI、ビデオ分析などのテクノロジは、公共部門が、重要なサービスを提供する方法を変革し、効率の向上、コストの削減、より高いレベルでの市民参加を実現するのに役立ちます。

オラクルが未来に向けた都市の準備をどのように支援しているかを確認する

デジタル変革の課題

組織によって変革の目標は異なりますが、多くの組織には共通の課題があります。これらには以下が含まれます。

  • レガシーシステムを移行する際に見つかる複雑さ
  • 新たなテクノロジの追加コスト
  • どのテクノロジが適切であるかが不明確
  • 組織で変革に取り組む方法を把握するのが困難
  • セキュリティ上の問題に関する不安

多くの組織にとって、最も重要な課題は、単に、どこからどのように始めればよいかを理解することです。

変革のための考え抜かれた段階的アプローチを採用し、適切なソリューション・パートナーを選択することで、これらの各問題に対処でき、ニーズに最適なデジタル変革アプローチを設計および実装できます。

デジタル変革におけるクラウドの役割

革新的なデジタル・エンゲージメントには俊敏性が必要です。クラウド・コンピューティング・テクノロジは、このタイプの敏捷性の提供において重要な役割を果たしており、インフラストラクチャの統合や原価ファクタなど、デジタル変革の一般的な課題に対処する際に大いに役立ちます。クラウドにより、対象範囲および予算範囲の中で、変革を加速させ、競争に打ち勝つために必要なスピードと柔軟性を実現できます。

中小企業でのOracle Cloudによるデジタル変革の4つのメリットを確認する

デジタル変革の6つのステップ

デジタル変革に着手する際には、さまざまなことを考慮する必要があります。デジタル変革の成功は、戦略計画にかかっています。適切な計画があると、顧客と従業員は、プロセスを合理化および簡素化するときにメリットを得られ、自律的にステップを完了でき、ポジティブな体験に満足し、可能なかぎりの自動化によってタスクから解放されます。次のステップは、このような計画の作成に役立ちます。

1

デジタルビジョンを定義する

最初のステップは発見です。この発見によって、変革を実施する理由と実現すべき目標が明確になります。これは、残りのステップを方向付ける基本的な要素です。

2

デジタル化の方向性を明確にする

製造業務を変革する場合でも、より優れたカスタマー・エクスペリエンスを生み出そうとしている場合でも、デジタル化がプロセスにどのように関連しているか、希望する結果を達成するうえでどのような違いをもたらすのかについてのビジョンを構築する必要があります。

3

デジタル成熟度を評価する

デジタル成熟度評価を実施することで、会社がどの程度までデジタル機能を活用しているか、どのような点でテクノロジとプロセスの改善が必要かを確認できます。この評価は、変革のペースの設定にも役立ちます。

4

既存のデジタル機能をレビューする

これは、現在のデジタル・インフラストラクチャに存在するギャップを特定し、そのギャップを埋めるテクノロジを選択するのに役立ちます。目標は、人、プロセス、データ、およびツールが1つの統合プラットフォーム上で機能するようなモデルを開発することであり、それによって、誰もが迅速かつ俊敏に結果を目指して行動できます。

5

変革のロードマップを構築する

ステップ1から4に基づいて、変革を達成するためのロードマップを構築します。このロードマップは明確で実用的なものであり、その中で、変革のイニシアチブを推進する際のリスクとコストを最小限に抑えながら、価値を最大限に高めるために必要なアーキテクチャを定義する必要があります。また、優先順位の変化や新しいテクノロジの登場に柔軟に対応できる必要があります。

6

クラウド・アプリケーションを使用してデジタルビジョンを促進する

変化に迅速に対応するには、包括的な変革プロセスを定義し、ビジネスの成長の加速に役立ち、未来の状況に対応できるビルトイン・エンドツーエンド・ビジネス・プロセスとともにクラウド・アプリケーションを使用します。

デジタル変革の成功の秘訣

デジタル変革を成功に導くには、顧客とユーザーのニーズを深く理解することが重要です。その理解を通じて、何をどのように変革するべきかを知ることができます。デジタル変革の成功例から得られたヒントを参考に、ニーズに合った適切な変革であるかを確認してください。

  • 従業員と顧客にフィードバックの提供を求める:顧客および従業員のニーズを満たす方法を理解するには、顧客や従業員との継続的なエンゲージメントが欠かせません。
  • 顧客や従業員のフィードバックに基づいて、解決すべき問題を定義する:顧客と従業員の期待事項を理解すると、何を変更する必要があるかを評価できます。
  • 問題を優れたエクスペリエンスに結び付ける戦略を立てる:課題を特定したら、提供するエクスペリエンスの改善、顧客と従業員のサポート、満足度の向上を実現する戦略を策定します。
  • クラウドテクノロジを活用して、顧客や従業員の変化する要望やニーズに迅速に対応する:ビジネスを端から端まで見直すだけでなく、変化に迅速に対応することを可能にするテクノロジを探してください。クラウドテクノロジを使用すると、顧客や従業員のニーズに後れを取ることなく、最先端のテクノロジを導入して活用できます。

デジタル変革の成功の共通点

目標を達成できるかどうかは、究極的に次の4つの要素で決まります。

  • 変革に関する堅実で一貫性があり継続的なCEOの命令
  • サイロ化された考え方に代わる、組織の最終局面への統一された妥協のない集中的取り組み
  • 変化のペースを加速させる、緩むことのない切迫感
  • 特定の業務や機能に縛られない、先見性のある上級幹部による監督

変革プロセスに対するオラクルの考え方

オラクルは、クラウドテクノロジおよびデジタル変革に関する専門知識を活かして、社内業務を大幅に変革しました。全社的にOracle Cloudを導入することにより、オラクルはエンドツーエンドのクラウドプロバイダになるとともにエンドツーエンドのクラウド企業になりました。

オラクルは、他社にお役立ていただくために、その経験を共有しています。オラクルは、会社全体に次のような、エクスペリエンス設計の4つの構成要素を導入しました。

1

カスタマー・エクスペリエンスの合理化

顧客および従業員のエクスペリエンス全体のステップを削減、排除、簡略化します。

2

パーソナライズされたエクスペリエンスの強化

顧客および従業員が自律的にエクスペリエンスを完了できるようにします。

3

顧客に喜びを

顧客と従業員に気に入ってもらえ、再度利用したいと思われるポジティブなエクスペリエンスを設計します。

4

エンゲージメントの自動化

Oracle Cloudを使用して、できるかぎり自動化することで、エンドツーエンドのエクスペリエンスを強化します。

デジタル変革の未来

デジタル変革は、人々の仕事、遊び、生活を変え続けており、この革新的なプロセスのペースが鈍る様子は見られません。デジタル化されたテクノロジのイノベーションにより、企業が顧客の新しい価値を生み出し、人々の生活を向上させる機会がこれからも訪れます。変革の目標の実現をさらに後押しする革新的なテクノロジが、今後も間違いなく登場することでしょう。

成功を実現するには、現在のビジネス上の課題をターゲットとして、戦略的な目標に対処するデジタル変革が不可欠です。どの企業や組織でも、競争力を維持し、構成員へのサービスを向上させるには、結局のところ、デジタル化を戦略的な基盤にする必要があります。

この取り組みで忘れてはならないことは、デジタル変革のパワーを引き出すには、ユースケースを特定し、適切なテクノロジ、方針、パートナーを選択することが重要であるという点です。これにより、ユースケースに基づいてシームレスで相互に接続されたエクスペリエンスを構築し、ビジネスを前進させることができます。