申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
Oracle@Oracleのロゴ

Oracle@Oracle - 財務

Oracle Fusion Cloud ERPおよびEPMでは、S&P 500の他のどの企業よりも迅速に10日で決算を行い、収益を報告できます。前向きに過ごす時間を増やすことができるだけでなく、ビジネス全体の戦略的パートナーになるように財務チームを支援しています。

オラクルのEVP兼最高会計責任者であるCorey West、およびオラクルのグローバル・ビジネス・ファイナンス担当EVPであるIvgen Gunerが語る財務変革(5:10)

財務の変革を支援

当社のクラウド変革から得られたインサイトと経験をお役立てください。Oracle Cloudを使用することで、財務チームでは手動による会計処理が削減され、データ収集の時間を短縮して締めまでの時間が早まり、その代わりとして、ビジネスを前進させるための予測に注力できるようになりました。

製品: Oracle Cloud ERPOracle Cloud EPMOracle Analytics Cloud

Oracle@Oracleのミッション

オラクルは、カスタマー・サービスへの期待に応えるために、お客様の成功を中心とするエンドツーエンドの変革に着手しています。財務はオラクルの変革で重要な役割を果たしました。クラウドへの移行によって、サブスクリプションベースの収益モデルへの移行、グローバル・データセンター・プログラムへの投資、およびビジネスの進化をサポートする新しいKPIと分析情報の開発を実現できました。

お客様に提供しているものと同じパブリック・クラウドで業界をリードする効率を実現

オラクルは、お客様と同じパブリック・クラウドをカスタマイズせずに、同じレベルのサービスで運用しているため、四半期ごとに更新しながら、お客様とともに継続的にイノベーションできます。

クラウドでは、オラクルの財務が、業務効率を向上し、現在の業務と将来の成長のための投資に資金提供しています。この結果、財務チームは、成長に先行的に貢献し、経営者にリアルタイムに提案できます。オラクルの従業員はクラウドに組み込まれた機械学習とAIで日常的な経費申請を簡単に完了しています。

オラクルはOracle Cloud ERPおよびEPMの世界最高の導入事例になりたいと考えています。これこそが、お客様の成功を支援する方法であると確信しているためです。また、お客様から学ぶこともできるため、Win-Winの関係です。」

オラクル、シニア・バイスプレジデント兼コーポレート・コントローラー、Maria Smith

お客様と従業員に優れたエクスペリエンスを提供

オラクルは、独自の変革フレームワークでOracle Financeを再考し、お客様と従業員の両方に優れた業務とエクスペリエンスを提供しました。

合理化

効率の向上

機能の回転インフォグラフィック

喜び

自動化

合理化

1つのグローバルな勘定科目表と共通の会計言語を設計および導入しました。この結果、レポートとデータ管理が簡素化され、オラクルの事業分野間と事業部門間でレポートの一貫性が生じました。予測を改善するために、引き継ぎを排除し、一貫性のある透過的なビジネスの推進要因としてKPIのコア・セットを定義しました。最後に、費用カテゴリーを削減し、従業員にこれまで提供していた不要な情報を削除しました。

効率の向上

従業員が、財務データを使用し、経費を自動化できると、財務チームは戦略立案、分析情報に基づく機動力の高い意思決定など、高価値の活動に注力できます。従業員は、包括的なリアルタイムの財務データとシステム・リソース容量にアクセスして、外部リソースおよびレビューなしで、レポートと提案書を作成できます。また、テキストと写真で経費を申請および検証することもできます。

喜び

財務の従業員は組み込みのAIと機械学習による分析と計算、および1つのユーザーフレンドリーなツールを使用します。ビジネス・リーダーは、強力なデータ可視化、モバイル・ダッシュボード、およびチャットボット機能でバスケットボールの試合のスコアを確認するように、予測、予算などの重要な情報を簡単に確認できます。従業員とマネージャーは経費をこれまで以上に簡単に申請できるようになりました。申請書の記入は不要です。

自動化

Oracle Cloud ERPおよびEPMは、効率と効果を最大化し、さらにスマートな意思決定を行い、サービスを受ける人々を喜ばせるだけでなく、財務プロセスの回復力を構築し、リアルタイムの分析情報を継続的な向上とイノベーションに活用できます。

結果

Oracle Cloudで次の指標(現時点)など、大きな投資利益率を達成できました。

1

決算

  • 決算と収益報告までの10日間
  • 月次の買掛金決済にかかる時間を30%短縮
  • 手作業による会計処理を49%削減
  • 銀行取引の97%を自動的に照合
  • 貸借対照表の調整の40%をグローバルに準備(現時点)
  • グローバルの費用配分を98%削減
  • グローバルのPO発生準備時間を99%短縮
  • グローバルな企業間提携(1.5時間/月)
2

Planning

  • 2,000時間のデータ収集の手間を解消
  • 1000件の手動のスプレッドシートを廃止
3

経費

従業員は、Oracle Cloudによって、経費を60%迅速に申請しており、このエクスペリエンスに90%満足しています。お客様事例の詳細は次のとおりです。

  • 95,000枚以上の法人カードの管理
  • 週3万件の経費報告書の提出への対応
  • 週55万件のカード取引の処理
  • カード取引の50%の自動分類
  • 週1,900万ドルの払い戻し
  • グローバルの経費精算の平均サイクル・タイムを30%短縮(7日から5日に)

ビジネス全体に及ぶOracle Cloudを使用するメリット


オラクルのエグゼクティブ・メンバーと会う

オラクルのエグゼクティブ・メンバーとの仮想ミーティングをリクエストしてください。

今すぐ依頼する


お問い合わせ

詳細を知りたいですか?業界をリードする当社のエキスパートにご相談ください。

リードできるように、オラクルの財務変革の事例で他のプロフェッショナルを支援リードできるように、オラクルの財務変革の事例で他のプロフェッショナルを支援

American Institute of Certified Public Accountanのこの新しい認定シリーズでは、Oracle@Oracleエグゼクティブがビジネス変革の事例を紹介しています。

エキスパートの声

Matt Stirrupが語るグローバル・ビジネス・ファイナンスの再考(4:13)

財務がクラウド・テクノロジーでビジネスの真のパートナーになる方法をご紹介します。オラクルのグローバル・ビジネス・ファイナンス担当SVPが事例を説明しています。

Maria Smithが語る決算の加速(2:21)

オラクルのSVP兼コーポレート・コントローラーがS&Pで最速の決算を達成した方法と理由、およびオラクルが追求する究極のビジョンを説明しています。

Manoj Varadarajanが語る収益変革の命令(3:15)

オラクルのグローバル・ファイナンス・オペレーション担当SVPから直接この画期的なクラウド移行について話を聞くことができます。

Krithika Bhatが語るアプリケーションIT変革(5:06)

クラウドへの移行の推進要因、移行アプローチ、および継続的な利点をご覧ください。オラクルのOracle Applications Labs担当GVPが生の声をお届けします。

2021年8月9日

節目を迎える: オラクル、Fusion Cloud ERPへの移行を完了

コーポレート・オペレーション担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、Douglas Kehring

ビジネス変革は、目的地ではなく、旅路です。しかし、歩くようなペースで取り組むものではありません。オラクルは迅速な行動と継続的な進歩が成功にとってミッションクリティカルであることを理解しています。このため、テクノロジーを使用し、従業員に力を与え、プロセスを社内で改善して、ビジネスをどのように強化するかを再考することを絶対にやめません。オラクルの基本的な使命は進化し続けるお客様の期待に応えることであるため、やめることは無意味です。

記事全文を読む

注目のブログ

すべて表示する

リソース