Search with OpenSearch FAQ

全般

OCI Search with OpenSearchとは

OCI Search with OpenSearchは、OCIマネージド・サービスとして提供されるインサイト・エンジンであり、お客様によるデータの取込み、検索、視覚化および分析を容易にします。パッチ適用、更新、アップグレード、バックアップ、サイズ変更などの一般的なメンテナンス・アクティビティを自動化することで、検索インフラストラクチャの管理の運用上の負担が軽減されます。すべてダウンタイムなしです。大量のデータを迅速に収集、保存、検索、分析し、結果をほぼリアルタイムで確認できます。

OpenSearchとOpenSearch Dashboards(可視化およびユーザーインターフェース)は、2021年にElasticsearch 7.10.2とKibana 7.10.2から派生し、現在はApache 2.0 ライセンスの独立したオープンソースプロジェクトとして、OracleやAWSを主要メンバーとするコミュニティでサポートされています。OpenSearchバージョン1.2.4および2.3を提供しています。

OpenSearchはどのように生まれたのか?ELK (Elastic、Logstash、Kibana)スタックをすでに使用している場合は、OpenSearchを使用する理由は何ですか。

Elastic社は、ソフトウェア・ライセンス戦略を変更し、Apache License, Version 2.0 (ALv2)の下でElasticsearchとOpenSearch Dashboardsの新バージョンをリリースしないことを発表しました。代わりに、新しいバージョンのソフトウェアは、Elastic LicenseまたはServer Side Public Licenseで提供されます。ただし、どちらのライセンスも、オープン・ソース・コミュニティの多くの人に受け入れられないように、ソフトウェアの使用を制限しています。両パッケージのオープンソース版を確保するために、オープンソースのElasticsearchとKibanaのALv2ライセンス版を作成し、維持することにしました。

OCI Searchでサポートされているシェイプは何ですか?

OCI Searchには、他に類を見ないほど高度な設定が可能です。特定の形状やSKUに縛られることなく、コンピュートコアの数、メモリとストレージの量をお客様の要件に合わせて正確に設定できるフレックス形状を採用しています。

OCI SearchでELKスタック全体を実行できますか。

OCI Searchをご利用のお客様は、OCPU(コンピュート・コア)、メモリ、ストレージ、バックアップ、ノード数、ノードタイプ(マスターノード、データノード、Open Dashboardノードなど)をカスタマイズすることができます。Logstashはマネージド・サービスの一部として含まれていませんが、他のElasticsearchクラスタにデータを送信する場合と同様に、Logstash、Beatsおよび他の多数のクライアントおよびアプリケーションを使用して、データをOCI Searchに送信できます。

OCI Searchはどんな管理を代行してくれますか?

OCI Searchは、インフラストラクチャのプロビジョニングなど、クラスタの設定に関連する作業を管理します。クラスタが実行されると、OCI Searchは、バックアップの実行、インスタンスのモニタリング、ソフトウェアのパッチ適用などの一般的な管理タスクを処理します。OCI Searchは、OCIメトリクスと統合して、クラスタの状態に関する情報を提供するメトリクスを生成し、サービスを中断することなくクラスタ構成や総データサイズを変更する機能をお客様に提供します。

OCI Searchのマネージド・サービスに移行する必要があるのはなぜですか。

ELKスタックを独自に管理すると、運用管理やオーバーヘッドだけでかなりのリソースを消費してしまいます。マネージド・サービスに移行することで、お客様は運用のスケジュールを立てることができるようになります。また、OCI Searchは、これらのタスクを軽減してくれます。また、価格面でも、OCI Searchは自営や他のクラウド管理型のソリューションと比較して、非常にコスト競争力のあるソリューションになっています。

サポートされている合計データ・サイズはどのくらいですか。

OCIは、大手のお客様のニーズを満たすために、引き続きスケール制限を強化します。現在は300 TBをサポートしており、リクエストに応じて容量サイズを拡大できます。

OCI Searchはすべてのリージョンおよびレルムで使用できますか。

OCI Searchは、すべてのOCI商用リージョンで使用できます。

どのバージョンのOpenSearchがサポートされていますか。

OpenSearchバージョン1.2.4および2.3を提供しています。

比較および対照

OCI Search with OpenSearchサービスはいくらですか。

お客様は、コンピュート、メモリー、ブロック・ボリュームおよびオブジェクト・ストレージ・コストなど、クラスタが消費する基礎となるインフラについてのみ、割増料金なしで請求されます。OCI Searchは、1クラスタあたり2台以上のデータ・ノードを使用する場合、データ・ノードおよび1時間あたり0.25米ドルのサービス料がかかりますが、クラスタの最初の2ノードについてはサービス料が免除されます。たとえば、顧客に3つのデータ・ノードがある場合、クラスタ時間当たりUS$0.25が請求されます。最初の2つのデータ・ノードにサービス料はかかりません。3番目のデータ・ノードとそれ以降の追加データ・ノードのみが、クラスタ当たりのデータ・ノード当たり$0.25のサービス料金が発生します。

サービスはAWSまたはElastic.coのホスト/管理オプションと同等ですか。

はい、今後も、お客様からのご意見をもとにOCIのOpenSearchを強化し、規模やパフォーマンスの向上を提供することで、お客様に最適なOpenSearchの開発・業務エクスペリエンスを提供します。

OCI Searchのサービス・レベル合意(SLA)は何ですか。

OCI Searchは、高可用性を基本方針として設計されており、OCIのエンタープライズ・グレードのインフラストラクチャの稼働率に支えられています。99.9%のサービスレベルを目標にサービスを提供しており、近い将来、本番ワークロードを運用した後にSLAを公開する予定です。

はじめる

OCIコンソールでOCI Search with OpenSearchにアクセスするには、どうすればよいですか?

  • https://cloud.oracle.comにアクセスします。
  • 左上のドロップダウン・メニューに移動し、「データベース」を選択します。
  • OCI Search with OpenSearchが表示されます。

OCI Searchに移行する方法を教えてください。

現在のソリューションと並行してサービスを評価することをお薦めします。時系列データのみを対象とする場合は、OCI Search with OpenSearchがお客様の要件をすべて満たし、既存のスタックへの取り込みを停止した時点で、OCI OpenSearchに切り替えられます。既存のクラスタ内のすべてのデータが必要な場合は、現在の本番クラスタのスナップショットを取得し、そのデータをOracle Cloud Infrastructure Object Storageバケットに保存し、スナップショットをサービス・インスタンスにリストアする必要があります。移行を完了するための一連のステップの例を次に示します。

  • ElasticまたはOpenSearch APIまたは複数のクラウド・コンソールで使用可能なスナップショットを使用して、本番データのポイントインタイム・コピーを作成します。
  • これが完了したら、データをサービスでアクセス可能なOCI Object Storageの場所に移動する必要があります。
  • サービスコンソールから、画面の右側に固定されたサポートアイコンに移動します。スナップショット・インポートのリクエストを送信します。OCI Customer Operationsチームはインポートを支援します。

今後のリリースで移行プロセスを簡素化および自動化することを検討しています。

詳細

クラスタのサイズを変更できますか

ノード数およびノード構成(OCPUおよびメモリー)を増やすことができます。つまり、垂直方向と水平方向の両方を増やすことができます。また、いつでも0.3PBまでストレージサイズを増やすことができ、追加のストレージもリクエストすることができます。ノードおよび構成設定の減少は、ほとんど使用されない操作ですが、お客様のご要望に基づき、将来のリリースに向けて検討されています。

x-pack機能はサポートされていますか?

Xパック機能は現在サポートされていませんが、追加機能を積極的に構築しています。OpenSearchリリース・カレンダーで今後の予定を確認してください。

クラスタが可用性ドメインとフォールト・ドメインに分散されていることを保証してくれますか?

OCI Search with OpenSearchは、エンタープライズ・グレードの可用性を中核に据えて設計されています。データノード、マスターノードなど、あらゆるタイプのノードを2つ以上持つクラスタでは、OCIが自動的にこれらのノードをドメイン間でプロビジョニングし、可用性ドメイン間の弾力性を高めて、高可用性を実現します。

クラスタ内に保有できるドキュメントまたは索引の数に制限はありますか。

OCIでは、クラスタに格納できる索引またはドキュメントの数にサービス制限は適用されませんが、OpenSearchソフトウェアは基礎となるOSおよびハードウェア・インフラストラクチャによって制約されます。

OCI SearchクラスタやOpenSearch Dashboardsに、ユーザーレベルの権限を提供していますか?

はい、OpenSearch Dashboards コンソール内で、異なるチャートやデータへのユーザーアクセスを設定することができます。ドキュメントでロールベースのアクセスの詳細を確認してください。

OCI Searchはコミュニティ・プラグインをサポートしていますか。

その答えは「はい」です。詳細は、このサポートされているプラグインのリストを確認してください。必要なプラグインがある場合は、OCIコンソールからサポートリクエストを送信していただければ、サービスに組み込めるタイミングを判断します。

OCI SearchはLogstashとの統合をサポートしていますか。

その答えは「はい」です。簡単に言うと、データ取り込みのために、LogstashインスタンスをOCI Search APIエンドポイントに向けることになります。

バックアップやスナップショットに、独自のテナンシのオブジェクト・ストレージを使用できますか。

はい、でもその必要はありません。OCI Search with OpenSearchは、可用性とデータ保護を提供する、フルマネージドのエンドツーエンドのサービスです。バックアップとストレージをテナントで管理することで、お客様はバックアップと関連するストレージの管理負担から解放され、OCIは確実かつ安全に運用業務を遂行できるようになります。OCI Object Storageを使用したい場合は、Snapshot APIを使って使用できます。ドキュメントでバックアップとスナップショットの詳細を確認してください。

プライベート・エンドポイントが必要な理由は何ですか。

セキュリティに強くコミットしたOCIでは、お客様が常に、自分のクラスタとデータにアクセス可能な人物をコントロールできるよう、サポートしています。プライベート・エンドポイントにより、サービスと顧客のテナンシの間の安全性の高い接続が可能になります。プライベート・エンドポイントを活用することで、運用管理のためのクラスタをサービス・テナンシ内で機能させながら、リソースへのアクセスをお客様のサブネット内のIPアドレスに限定し、それ以外の場所からのアクセスを禁止することでセキュリティを維持することが可能です。

OpenSearchプロジェクトはAWSによって実行されるようです。オラクルは、オープン・ソース・プロジェクトにどのように貢献しているのでしょうか。

AmazonとAWSはOpenSearchプロジェクトおよび関連するリポジトリのスチュワードですが、Capital One、Logz.io、OCI、Red Hat、SAPなど、多くの重要な貢献者が存在します。OCIはプロジェクトへの貢献を始め、引き続きOpenSearchコミュニティに貢献します。