OpenSearch機能による検索

Oracle管理のオープン・ソース・テクノロジ

実績あるオープン・ソース・テクノロジー

OCI Search with OpenSearchは、実証済みのコミュニティ主導のオープン・ソース検索ソリューションを採用し、管理レイヤーを構築します。簡単に、ElasticsearchベースのAPIをOCI Searchエンドポイントにポイントして、すぐに起動および稼働を開始します。OCIは、OpenSearch v1.2.4およびv2.3を提供しています。どちらもElasticsearch 7.10と互換性があります。

Oracle管理レイヤー

OCIは、デプロイメント、プロビジョニング、パッチ適用、サイズ変更(スケール・アップまたはスケール・アウト)などの管理タスクを担当します。OCI Searchを使用すると、オペレータはメンテナンスではなくデータに集中できます。

好きな方法でバックアップ

OCI Searchユーザーは、クラスタの自動バックアップからテナンシ内のOCIオブジェクト・ストレージ・バケットにメリットを享受するか、OpenSearchスナップショットAPIを使用してバックアップを独自のOCIオブジェクト・ストレージ・バケットに移動することを選択できます。Object Storageへのバックアップによって提供されるデータは、転送中および保存時に保護されます。OpenSearchに格納されるデータはすべて、保存時と転送中に暗号化されます。

柔軟なスケーリング

OCI Searchは、OCIフレキシブル・シェイプに基づいたリソースのプールを提供します。「固定」シェイプに関連付けられるのではなく、すべてのお客様が、ユース・ケースのコア、メモリーおよびストレージを詳細にプロビジョニングできます。このレベルのカスタマイズ性を提供するのはOracleだけです。ワークロードに必要なインフラストラクチャの正確な量をプロビジョニングできるため、無駄が最小限に抑えられます。

セキュリティ

OCI Identity and Access Managementとの統合

OCI Searchは、Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Managementと完全に統合されており、OCIのシンプルで統合された規範的なセキュリティ哲学を継承しています。

ロールベースのアクセス制御

標準のOCI Identity and Access Management統合を超えるOCI Searchでは、「許容」および「強制」オプションを使用したセキュリティの追加レイヤーが提供されるようになりました。ロールベースのアクセス制御の詳細をご覧ください

暗号化

保存データおよび移動中のデータはすべて完全に暗号化されます。OCI Searchは、すぐに利用できるFederal Information Processing Standardsに準拠しています。

データの視覚化

OpenSearchダッシュボード

OpenSearchダッシュボードは、重要なデータと強力なインサイトをOCI Searchから迅速に表す強力な可視化ツールです。棒グラフ、線グラフ、円グラフ、ガント・チャート、ゲージ・チャート、ヒート・マップなど、豊富なビジュアライゼーション・ツールとMarkdownサポートにより、顧客はワークロードに最も意味のある方法でデータを表示できます。

索引の最適化

索引の状態管理

お客様は、OpenSearch Index State Management pluginを使用して、ロールオーバー、マージ、削除、スケジュールなどのポリシーベースの自動索引ライフサイクル管理アクションを実行できます。

パフォーマンスアナライザ

OpenSearch v2.3を使用したOCI Searchデプロイメントでは、お客様はパフォーマンス・アナライザ・プラグインを使用して、REST APIを介したメトリックの集計など、クラスタの多数のパフォーマンス・メトリックを問い合せることができます。

対応言語

言語アナライザ(トークン化子)を使用することにより、プロジェクトはさまざまな言語をサポートします。詳細は、サポートされている言語の完全なリストを参照してください。