Cloud Scale Charging and Billing – クラウド・ネイティブのビジネス・サポート・システム(BSS)

請求と統合されたコンバージド課金システム(CCS)とTM Forum Open APIにより、あらゆる規模でどのようなものでも収益化できます。収益ライフサイクルのあらゆる段階で、2Gから5Gまでのモバイルまたは固定ネットワークにおけるあらゆるサービス、エクスペリエンス、ビジネスモデルについての正確な収益説明責任を確保できます。

オラクル、1億人の加入者にサービスを提供するためにコンバージド課金を拡大

クラウドスケール請求および課金の特徴とメリット

テクノロジ企業向けのCSPは、Oracle Cloud Scale Charging and Billingを使用して、新しいサービスおよびビジネスモデルの収益化と拡大を行っています。クラウドネイティブなビジネス・サポート・システムの主な機能の詳細を説明します。

複数世代のオフラインおよびオンライン課金システム

1つのオフラインおよびオンライン課金システムで、収益を統合、保護、拡大します。オラクルのCCSは、任意のサービス、支払タイプ、およびビジネスモデルについて固定回線や2Gから5Gのモバイルネットワークと互換性があり、3GPPのコンバージド課金の規格に準拠しています。

柔軟な価格設定と提案スキーム

任意の勘定科目体系の新しい5G価格設定レバーと組み合わされた任意の単位または属性が組み込まれた価格設定モデルとの接続に留まりません。柔軟な割り当てを使用する高度なデータセッション課金により、カスタマー・エクスペリエンス(CX)が強化されます。

分散インメモリー課金グリッド

業界をリードするインメモリー・データ・グリッド・テクノロジにより、価格設定や勘定科目モデルの複雑さに関係なく、課金は、低レイテンシで正確に処理され、トランザクションの一貫性が完全に確保されます。

アクティブ-アクティブ・モード

ノード、マシン、またはサイトに障害が発生した場合は、ビジネス継続性の中断を回避します。セッションを削除したり、収益やデータを失うことなく、分散型マルチサイト・デプロイメントにわたって課金グリッドをフェデレートします。

柔軟な請求モデル

サブスクリプション請求、ホワイトラベル請求、および代理請求モデルなど、新たなサービスやビジネスモデルをサポートします。オラクルのソリューションは、複雑な収益認識を処理できるよう柔軟な契約管理を実現します。

包括的な請求処理

正確な請求処理エクスペリエンスを提供し、顧客満足度を確保できます。オラクルのビジネス・サポート・システムには、支払、回収、請求、売掛/未収金、課税、一般会計の統合、およびレポートの包括的な管理が含まれます。

複雑な階層構造をサポート

B2C、B2B、およびB2B2Xモデル用のこの一元的な統合ソリューションにより、CSPは柔軟なグループ・アカウント・プラン、請求時割引、調整、定型料金、使用料金、購入料金などのオファーを簡単に開始できます。

パートナー収益決済

収益ライフサイクルの各段階で正確な説明責任を確保しながら、任意の収益ストリームを収益化します。オラクルのソリューションは、B2B2Xのパートナー決済やパートナー主導の新しいビジネスモデルをサポートしています。

単一の製品カタログ

コンポーネントに課金および請求するための一元化された価格プランを作成し、より低コストで市場投入までの期間を短縮できます。

単一ソリューションのプロビジョニング

別の方法では分離が発生した可能性がある課金システムや請求システム全体で、データの重複、複雑なプロビジョニング、問題発生の可能性を軽減します。Open APIではカスタマイズが不要です。

単一の階層構造

複雑な課金および請求構造を簡単かつ迅速に作成できます。別の方法では分離が発生した可能性がある課金システムや請求システム全体で、同一の構造を作成する必要がなくなります。

包括的な収益ライフサイクル管理

正確な収益説明責任により現金化までの時間を短縮し、B2C、B2B、B2B2Xサービス全体でネットワーク認証から課金および請求まで、新しいビジネスモデルを迅速に試すことができます。

ODAに適合したローコード・プラットフォーム

Cloud Scale Charging and Billingは、IT、ネットワーク、および事業部門の緊密な連携を実現するOpen Digital Architecture(ODA)に適合したプラットフォームとして製品化されています。技術的な知識のない業務専門家が、ローコード構成ツールおよび価格設定ツールを使用して、迅速にイノベーションを実現できます。

Open APIに適合

Open APIのアプローチにより、最新のデジタル・エクスペリエンスおよび複雑さを増すバリューチェーンとの統合が簡単になり、ベンダーロックインのリスクを相殺できます。

TM Forum SID認定の価格設計

TM Forum認定の価格設計により、ビジネスユーザーは、直感的なWebベースのナビゲーション・ワークフローを使用して、新しいオファーを迅速に構成できます。製品化された機能が、新しい収益化サービスを迅速に実験できるよう、さらにサポートします。

既存の製品カタログとの統合

状態変更通知を受け入れ、データモデルを変換できる統合フレームワークにより、業務を簡素化し、既存のTMF 620製品カタログへの投資を保護できます。

クラウドネイティブ

コンテナ化およびオーケストレートされた環境にデプロイして、クラウド・インフラストラクチャおよびDevOps CI/CDツールを活用できます。イノベーションを加速させ、業務を効率化し、ビジネスニーズの高まりに合わせて拡張できます。

業界標準の可観測性の活用

Cloud Scale Charging and Billingを使用すると、業務を簡素化し、リアルタイムの運用ビューを実現できます。ソリューション全体で、Kafka通知フレームワーク、メトリック収集用のPrometheus、システム全体のデータダッシュボード用のGrafana、およびロギング用のElasticsearch、Fluentd、Kibanaスタックを使用します。

柔軟な導入モデル

包括的なマルチサイト・デプロイメント・オプションは、ディザスタ・リカバリおよびビジネス継続性のニーズを満たすように設計されています。ファイアウォールの背後にあるプライベートクラウドまたはパブリック・クラウド・インフラストラクチャにデプロイします。

検証済みのクラウドスケールのパフォーマンス

クラウド・ネイティブ・パフォーマンス・テストでは、線形スケーラビリティをサポートしながら、低レイテンシ、高トランザクション・スループット、および効率的なリソース使用率を実証しています。

Oracle Communicationsに関するお客様事例をご確認ください

他のお客様事例も見る
Telenor社、Oracle Communicationsの支援により、アジアに1億7,500万人の加入者がいる5Gサービスを収益化
Vodafone Business社、Oracle Cloud Infrastructure上のOracle Communications Billing and Revenue ManagementによりIoTサービスを収益化
Africell、オラクルを活用してモバイルサービスの開始を迅速化
BH Telecom社、オラクルのコンバージド課金システムを活用してプリペイド収益を増やし5Gに備える
Cablenet、オラクルを活用し、急成長するモバイルビジネスを収益化

クラウドスケール課金のパフォーマンス

  • 1億人の加入者に対するクラウドネイティブのシングルおよびデュアルサイト課金テスト

    マルチサイト・デプロイメントを使用したオラクルのインメモリー課金グリッドのパワーを実証するために、トラフィックを分散し、課金の更新を2つのデータ・センター・クラウド・リージョンにフェデレートしました。パフォーマンスの結果では、2つのサイトで1秒当たり270,000件を超えるトランザクションが、ミリ秒単位で1桁のレイテンシで測定されました。

    1億人の加入者に対するOracle Cloud Scale Chargingパフォーマンステストのレポートを読む(PDF)

  • 5千万人の加入者に対するクラウドネイティブのシングルサイト課金テスト

    Oracle Cloud Infrastructureでのクラウド・ネイティブ・デプロイメントの一環として、業界の現実的な課金シナリオを使用したところ、Oracle Cloud Scale Chargingは、ミリ秒単位で1桁のレイテンシ、高いトランザクション・スループット、効率的なリソース使用率、およびリニアなスケーラビリティを実現しました。

    Oracle CCSのパフォーマンス・テスト・レポートを読む(PDF)

「コンバージド課金およびポリシーを備えたOracle Billing and Revenue Managementでは、デプロイメントコストをより適切に管理し、中断のない継続的なアップグレードを実現できます。また、Billing and Revenue Managementのオープン・アーキテクチャにより、ビジネスモデルと要件の変更に応じて、制限を受けることなく他のソリューションを統合できます。」

Yiannos Michaelides氏

Cablenet社、最高情報責任者

クラウドスケールのコンポーネント

01Oracle Communications Offline Mediation Controller

このキャリアクラスのコンバージェント課金仲介ソリューションは、5Gおよびハイブリッド4G/LTE/5Gネットワーク、および非電気通信事業者アプリケーションを含む複数のネットワークタイプ向けに設計されています。ネットワークデータの包括的な収集、集計、関連付けを実現します。

データシートを読む(PDF)

02Oracle Communications Convergent Charging Controller

SS7ベースの音声およびメッセージング・サービス、強化されたINサービス、およびバウチャ管理用のこのスケーラビリティの高いオンライン課金コントロール・プラットフォームを使用することで、CSPは従来のサイロをコスト効率の高い単一プラットフォームに統合し、サポートを継続しながら、5Gに転換することができます。

データシートを読む(PDF)

03Oracle Communications Elastic Charging Engine

このデジタル・エクスペリエンス・エンジンは、3GPPに適合したリアルタイム・コンバージド・データおよび通信セッションの課金および残高管理を提供します。オラクルの請求および収益管理機能のフルスイートにネイティブに統合されており、TM Forumの原則に従って設計されています。

データシートを読む(PDF)

04Oracle Communications Billing and Revenue Management

この機能豊富な製品では、さまざまな業界にまたがるサービスプロバイダが必要とする収益ライフサイクルの各フェーズを分析、評価、最適化する継続的プロセスがサポートされています。サービスプロバイダやパートナーと顧客の収益関係に関する包括的なインサイトとインテリジェンスを提供します。

データシートを読む(PDF)

CSPがB2B2Xで5Gを最大限に活用する方法

製品マーケティング担当ディレクタ、Chantel Cary

ほとんどのCSPにとって、5Gに関する最重要事項は、実行可能なビジネスモデルを特定し、意味のある収益ストリームを創出することです。5Gの「キラー用途」が明確でない場合は、何が最も有効かを判断するまで、迅速かつ頻繁な構築に備える必要があります。新しいサービスを(特に新しい垂直業界で)迅速に立ち上げることは、単独で達成するのが困難な課題です。この場合は、パートナー・エコシステムを拡張することで、5Gの収益化を開始すると同時にB2B2Xを最大限に活用できます。

全文を読む

その他のリソースを探す

最新の収益化:クラウドネイティブのメリットを活用

CSPが俊敏性を高め、新しいサービスを収益化するにはどうすればよいでしょうか。

図解を見る(PDF)

Omdiaレポート:5Gのためのエクスペリエンス主導の収益化の実現

将来実装される可能性のある収益化戦略とビジネスモデルをサポートできるコンバージド課金システムに投資してください。5Gコンバージド課金によって、エクスペリエンスで差別化されたサービスをどのように実現できるかを解説します。

レポートを読む(PDF)

オラクルによる調査:5G時代の課金と収益化に関するCSPの認識

今後開始予定の高度なサービスの種類、現在のテクノロジの課題、主要なビジネス促進要因など、サービスプロバイダによる5Gへの投資を形成する優先順位に関するインサイトを確認してください。

5Gの準備状況に関するレポートを読む

Oracle Communicationsの概要


デモをリクエスト

5Gおよびデジタルサービスの収益化ソリューションのライブデモをご覧ください。


お問い合わせ

オラクルのソリューションについてご質問がある場合は、ご遠慮なくお問い合わせください。